ラテ飼育格闘日記(725)

毎年10月になると「ラテ飼育格闘日記(723)」でも記したが引越のことを思い出す。ただし前回ご紹介した2013年と違い2006年の10月は単なる引越ではなく、そもそも我が家にワンコを迎え入れようと決心した記念すべき引越だった。


その3年前のことだが14年続いた会社を清算し、やっと気持ちも落ち着いてきた時期だったが、糖尿病の治療を続けていたもののそのせいだけではなく気力が失せていく自分に気づいていた。
お陰様で仕事は個人になってもいくつか声をかけていただいたし、またいまは亡き父が入退院を繰り返していた時期でもあって気は張っていたが気力が薄れていたというべきか…。

Latte725_01.jpg

※涼しくなったのでラテも大分楽そうだ


その随分と前からオトーサンは「ワンコを飼いたい」と呟く日があったが、これまでまったく経験の無いことでもあったし、なによりも女房がワンコだけでなく生き物が苦手ということで実現しなかった。しかしいま想像するにオトーサンの覇気がないことを気遣ってくれたのだろう…女房の許可が下りた!

Latte725_04.jpg

※今日も近くの公園には子供たちが沢山遊んでる


ただしことは簡単ではなかった。なにしろそのとき住んでいた埼玉県川口市のマンションはワンコを飼うのが禁止だったのである。しかし可笑しな事に隣からワンコの吠え声が聞こえる(笑)。早速管理者に問い合わせて見ると、ワンコ禁止になったのはほんの数年前のことだという。飼い主の不始末、あるいは気遣いが足りないのか他の住民からの苦情も多く、組合員の投票の結果禁止になったという。

しかしこれまで飼ってきたワンコを手放せ…というのは現実的ではないからと現状のワンコは許可するものの、新規に飼うことは禁止となったのだという。
それではオトーサンたちが考えなければならないことは住居を変えることだ。当然のこと、近隣でワンコを飼える住居をと多々探して見たが納得できる物件は見つからなかった。

Latte725_02.jpg

※ダブルリードをまたまた替えました ^^;


それならば思い切ってワンコを飼うのにも良い地域を探そうと考えたが、ひとつ考慮しなければならないことは女房の通勤に支障がないことは必須だった。
結局女房がネットで探したのが東京都多摩市永山…にある戸建て形式のテラスハウスだった。早速2006年の10月に賃貸契約を結んだものの、どうしたことか肝心のワンコが見つからない(笑)。

ネットで保護犬のボランティアをされているホームページなどを活用しようと考えたものの要領が分からずチャンスをいくつか逃していた。
ともあれ、それからあっと言う間に14年が過ぎた。ラテを迎入れた日からオトーサンの思いつきで散歩にはデジカメを持参しとにかく記録としての写真を撮っていこうと決めた。そして当該日記も始めることにした。
いま思うと勢いというものは恐ろしいが、もしこのラテ日記や膨大な写真データがなければ怒濤のように過ごした日々がどのようなものであったかなどすでに記憶が薄れていたに違いない。

Latte725_05.jpg

※右後ろ足を庇うためか、こんな変則的な座り方となった…


ただし正直言えばワンコを飼うと言うことは思っていた以上に大変なことだ。生き物を飼うと言うことはその生涯をきちんと責任持って見守ることだ。
確かにワンコは頭の良い動物だが、話せばすべてを理解するわけではない(笑)。根気強く相対していかなければならないし信頼を勝ち得なければ良い飼い主とワンコとの関係は築けない。
ともあれ様々なワンコに関する情報を見ていると、個性はあるものの人間に寄り添う動物はやはりワンコが一番であろう。

Latte725_03.jpg

※ソーシャル・ディスタンス?


ラテを見ていると「本当はすべてを知りつつ、知らないフリをしていのでは?」と思うときも多々ある。モノを言わなくても表情と態度で何を求めているかはわかるようになった。しかしオトーサンたちがラテを理解している以上にラテはオトーサンたちの言動に敏感のような気がする。
14年といえば赤ん坊が中学生になるほどの期間だ。決して短い時間ではないはずだが、現在の感覚としては本当にあっと言う間に思えるのは何故なのだろうか…。



小川鼎三監修/大鳥蘭三郎校註「大鳥蘭三郎・解体新書」講談社刊とは

すでに「タートル・アナトミア」「解体新書」「蘭学事始」などなどの復刻版であるレプリカのセット「国公立所蔵史料刊行会編『日本医学の夜明け』」をご紹介した。今回はそれに先立つこと5年前、1973年に出版された講談社刊「大鳥蘭三郎・解体新書」をご紹介してみよう。


近年私のウェブやブログで「解体新書」といった記事が続いたからか、友人知人たちから「今更何で?」といった質問を受けた。実のところ、私が「解体新書」に興味を持ったのはすでに30年ほど前からなのだ。その頃から幾多の書籍や資料を手にして楽しんでいたがちょうどその時期は起業したばかりのときであり、趣味で時間を大きく潰すことは許されない時だったので深く掘り下げることができなかっただけなのだ。

それに是非ともに欲しいと考えていた「解体新書」のレプリカだったが、これまた限られた予算はMacintosh関連に優先せざるを得なかった。
ということで付きつ離れずであっと言う間に30年ほどが経ってしまったというわけだ…。やっとというか、時間だけは十分にあるからと最新の書籍や資料を集め出し、昔欲しかったが高価で買えなかった「解体新書」のレプリカを当然ながら中古で2種手に入れることができた…。

kaitaishinshotobira_kodansha_02.jpg

※小川鼎三監修/大鳥蘭三郎校註「大鳥蘭三郎・解体新書」講談社刊


ひとつには執筆した時代小説の時代設定がちょうど「解体新書」刊行の年代でもあり、事実とフィクションを織り交ぜて杉田玄白や前野良沢、あるいは平賀源内といった登場人物にリアリティを与えようと状況を調べたのも火に油を注ぐ結果となった。

今回ご紹介してみるのはこれまでいくつか「解体新書」の復刻版といった企画があったが、「国公立所蔵史料刊行会編『日本医学の夜明け』」の「解体新書」レプリカと双璧をなすものだ。それが小川鼎三監修/大鳥蘭三郎校註「大鳥蘭三郎・解体新書」である。1973年講談社から「解体新書」刊行二百年を記念しての企画だという。
手元に現物と共に当時のパンフレットもあるので詳しい状況も分かっている。

幾多の情報に寄れば、覆刻原本となったのは慶応義塾大学医学部北里記念医学図書館所蔵のもの。ただし所蔵の「解体新書」は一般に流布されたものではなく二巻にまとめられ判型も少し大きいという。校註の大鳥蘭三郎氏によればどうやら刊行に際して将軍家や宮家に献上するため、特別に刷られたものではないかというが、レプリカは一般に流布している五巻本の体裁をとっている。
そして版木を最初期に使ったであろうからかエッジも陰影も同類のものと比較すると格段にクリアなのが特徴だ。

kaitaishinshotobira_s01.jpg

※木版もエッジがクリア


さて造本および体裁だが、当時の出版関係者の意欲と執念のようなものを感じると同時に出版不況だとはいえ現在ではなしえない企画に違いない。
造本・用紙・印刷と共に原寸大でオリジナルに忠実に再現しているので観賞用は勿論、研究資料としても最適と謳われている。

まずは桐箱に収められている。その桐箱を開けると袱紗に包まれた帙(ちつ)函があり、その中に「解体新書」五巻がしっかりと収納されているわけだ。
「解体新書」は四つ目綴じと呼ばれる和綴じで表紙は雲母入鳥の子・渋茶、用紙は越前岩野特製和紙が使われている。また補強と装飾を兼ねて背の上下に角布が施されてもいる。そして別途解説書が付属。

kaitaishinshotobira_kodansh3.jpg

kaitaishinshotobira_kodansha_05.jpg

※「解体新書」は五巻構成。それぞれ補強と装飾を兼ねて背の上下に角布が施されてもいる


ちなみに監修は東京大学名誉教授・順天堂大学教授の小川鼎三氏、校註が慶應義塾大学教授の大島蘭三郎氏であるが、お二人ともすでに鬼籍に入られている。そして当時の価格は定価39,000円で限定3,000部が販売された。したがって刊行からすでに46年経っているわけだが、幸いというべきか私が手に入れたものは未使用といっても良いほどに綺麗であり、カビやシミといったものも見当たらない。

kaitaishinshotobira_kodansha_04.jpg

※桐箱に貼られている奥付


ただしカタログと比較して初めて分かったことは入手した際に袱紗がなかったことだった。こればかりは中古なので仕方がないが、雰囲気だけは再現しておきたいと似たようなものを手に入れ組み合わせている。
個人的にはお宝のひとつなのである。



Apple、5G対応のiPhone 12 ProとiPhone 12 Pro Maxを発表

Appleは本日、iPhoneに最大限のものを求めるユーザーのために、パワフルな5G体験を提供し、イノベーションの限界を押し広げる先進的なテクノロジーを搭載したiPhone 12 ProとiPhone 12 Pro Maxを発表しました。


iPhone12Pro.jpg

iPhone 12 Proの各モデルは、これまでで最も大きく隅々まで広がるSuper Retina XDRディスプレイを搭載し、新しいデザインを採用しています。まったく新しいCeramic Shieldで強化された前面のカバーで保護することにより、耐久性がiPhone史上最も大きく向上しています。スマートフォン史上最速のチップであるAppleが設計したA14 Bionicチップは、写真により一層のクリエイティブコントロールをもたらすまったく新しいApple ProRAWなどの素晴らしいコンピュテーショナルフォトグラフィ機能に力を与え、またワークフロー全体を通した最高60fpsのDolby Visionビデオ体験を実現しました。一新されたプロレベルのカメラシステムは広大な超広角カメラ、iPhone 12 Pro Maxにおいては焦点距離がさらに長い望遠カメラ、新しい広角カメラを備え、明るい環境でも低照度な環境でも、美しいプロフェッショナル品質の写真とビデオ撮影ができます。さらに、iPhone 12 Proの各モデルでは、臨場感あふれるAR体験のための新しいLiDARスキャナを搭載し、パワフルなワイヤレス充電と、iPhoneへ簡単に付けられる全く新しいアクセサリのエコシステムを提供するMagSafeも登場しました。

iPhone 12 ProとiPhone 12 Pro Maxは、グラファイト、シルバー、ゴールド、パシフィックブルーの4色のステンレススチールの仕上げからお選びいただけます。iPhone 12 Proの予約注文は10月16日(金)より開始、店頭販売は10月23日(金)から開始します。iPhone 12 Pro Maxの予約注文は11月6日(金)より開始、店頭販売は11月13日(金)からの開始を予定しています。

Newsroom





Apple、iPhone 12とiPhone 12 miniを発表

Appleは本日、iPhone 12とiPhone 12 miniを発表しました。5Gテクノロジー対応のiPhone 12とiPhone 12 miniは、世界最高のスマートフォンであるiPhoneにとって新時代の幕開けとなるモデルです。


iPhone12mini.jpg

新しいデザインのiPhone 12モデルでは、ボディの隅々まで広がるSuper Retina XDRディスプレイにより、さらに明るく、臨場感あふれる視覚体験を提供するほか、新しいCeramic Shieldで強化された前面のカバーにより、耐久性がiPhone史上最も大きく向上しています。
Appleが設計したスマートフォン史上最速のチップであるA14 Bionicは、iPhone 12のすべての体験に力を与えます。さらに、先進のデュアルカメラシステムと連携し、意義のある新しいコンピュテーショナルフォトグラフィ機能と、スマートフォンの中で最も高品質なビデオを提供します。また、iPhone 12の各モデルにあわせて、パワフルなワイヤレス充電と、iPhoneへ簡単に付けられる全く新しいアクセサリのエコシステムを提供するMagSafeが登場します。

iPhone 12とiPhone 12 miniはブルー、グリーン、ブラック、ホワイト、(PRODUCT)REDの5色の美しいアルミニウムの仕上げでお届けします。
iPhone 12の予約注文は10月16日(金)より開始、店頭販売は10月23日(金)から開始します。iPhone 12 miniの予約注文は11月6日(金)より開始、店頭販売は11月13日(金)からの開始を予定しています。

Newsroom




Apple、HomePod miniを発表

Appleは本日、HomePodファミリーに新しく加わるHomePod miniを発表しました。HomePod miniは、素晴らしいサウンド、あらゆるタスクをこなす賢いSiri、そして複雑さを伴わずに快適さと便利さをもたらすスマートホーム体験を提供します。


HomePod mini

高さが8.5センチを下回るほどのHome Pod miniには、革新的なテクノロジーと先進的なソフトウェアが満載されており、それらがコンピュテーショナルオーディオを可能にし、どこに置いても画期的なオーディオ品質を提供します。HomePod miniはホワイトとスペースグレイの2色が用意され、価格はお求めやすい10,800円(税別)です。

Newsroom




広告
ブログ内検索
Macの達人 無料公開
[小説]未来を垣間見た男 - スティーブ・ジョブズ公開
オリジナル時代小説「首巻き春貞」一巻から外伝まで全完無料公開
ラテ飼育格闘日記
最新記事
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

appletechlab

Author:appletechlab

主宰は松田純一。1989年Macのソフトウェア開発専門のコーシングラフィックシステムズ社設立、代表取締役就任 (2003年解散)。1999年Apple WWDC(世界開発者会議)で日本のデベロッパー初のApple Design Award/Best Apple Technology Adoption (最優秀技術賞) 受賞。

2000年2月第10回MACWORLD EXPO/TOKYOにおいて長年業界に対する貢献度を高く評価され、主催者からMac Fan MVP’99特別賞を授与される。著書多数。音楽、美術、写真、読書を好み、Macと愛犬三昧の毎日。マネキン造形研究中。2017年6月3日、時代小説「首巻き春貞 - 小石川養生所始末」を上梓(電子出版)。続けて2017年7月1日「小説・未来を垣間見た男 スティーブ・ジョブズ」を電子書籍で公開。
2018年春から3Dプリンターを複数台活用中。ゆうMUG会員