ラテ飼育格闘日記(681)

12月10日はラテを家族として迎えた記念日。2006年のことだから14年目となる。当然のことながらラテもオトーサンたちも13年の歳月を重ねてきたわけだが、これまで多くの貴重な思い出を積み重ねてきた。


ラテを向かえた当日から心した事がある。それは毎日できるだけ写真に残しておこうということだ。また当該「ラテ飼育格闘日記」を向かえた翌日の土曜から週一で公開しようと決めた。ただし内容は毎週読んでくれる人たちをビックリさせる、あるいは感動させる出来事などあるはずもないわけで「今日も先週と同じ平凡な1日…」といった内容が許されるであろう「日記」と命名したわけだ。

Latte681_01.jpg

※この12月10日はラテを我が家に迎えた記念日だ


したがってその間デジカメで撮った写真と動画は文字通り膨大な量であり、CD-RやDVD-Rに年毎に記録保存しているものの正直検索にしても撮影年月日とオトーサンの記憶だけがキーなので今となってはなかなかに難しい。また「ラテ飼育格闘日記」も前記した週一の連載をこれまで一度も休んだことはない。

Latte681_02.jpg

※飼い始めた翌月の記録の一枚。随分と細かった


いや、一週休もうが二週トンズラしようが困る人はいないし苦情を言う人もいないだろうが、台風の週も大地震の週も、インフルエンザの週や白内障手術の週も休まず続けてきたわけで、友人から「もしラテ日記が更新されなかったらお前が倒れたか死んだという証しだな」といわれたがその通りかも知れない(笑)。

無論この13年間の思い出はラテとオトーサンたちにとって楽しい出来事ばかりでは無かった。ワンコを飼った経験が無いビギナー飼い主としては毎日ハラハラドキドキだったが、いつもの公園でノーリードのワンコに前足を噛まれ血を滴らせたラテを抱き上げて動物病院に向かったこと。走っているとき度々後ろ足が痙って「キャーン」と声を上げたことが数回あったし、飼い始めて間もなく近隣の駅前で首輪が切れ、ラテが離れていったときには身が凍る思いをした。

Latte681_03.jpg

※好き嫌いが激しいラテが大好きなマキちゃん(雄)と手を重ねて遊ぶ(2007年)


またアトピーを発症した時にはオトーサンたちも苦労したがラテ自身もさぞや辛かったに違いない。四つ脚の肉球やらは噛んで出血し噛ませないために包帯をするが、そんなものは一時的ですぐに取ってしまう。そうしたらまた包帯を持って追いかけるわけだが、ラテは当然包帯をされることを嫌がるし傷口が痛いからか、処置しようとするオトーサンの手にガウッと歯を当てに来る。

Latte681_06.jpg

※2012年7月の写真。四つ脚は包帯だらけだった


ラテは噛むつもりはなくても歯が当たれば時にオトーサンの手は出血する。為に一時オトーサンの両掌は傷だらけとなった。
その傷は四つ脚だけで無く、目の周りやマズルも掻き壊して紫色に変色し、なにか顔面を殴られたかのような惨めな具合になった時期もあった。無論塗り薬といったものもあるわけだが、これまた必ずホータイでプロテクトしないと舐めてしまって効果がなくなるし、その包帯も今度は外そうとすると血で固まり貼り付いてなかなかに取れないばかりか痛いから大騒ぎとなる。

そういえば、室内で遊ばせていた直径45mmほどのゴムボールが朝起きたら内蔵されていた小さな笛部分しか残っていないときもオトーサンは青ざめた。
考えたくないことだが、状況は明らかにラテがボールを食べてしまったことを示していた!
もし目の前でボールを食べたのなら、すぐに病院に駆け込んで吐かすこともできるだろうが、どう考えてもラテが食べてから時間はすでに7時間を過ぎている。だとすればすでに胃の中にはなく腸に回っているかも知れないし、素人考えながらそれを無理矢理取り出すためには外科手術するしかないと思われた…。

Latte681_05.jpg

※下校途中のAちゃんと


まだまだ拾い食いが止まない時期でもありオトーサンは常々朝早い散歩や夕刻の散歩にも懐中電灯を持ち、暗闇で変な物を拾い食いしないようにと目をサラのようにしているというのに、何と言うことか自宅で大きなミスをしてしまったのである。この後に及んでは待つしかないと覚悟した…。
苦しみ出したりしたらすぐに病院へ駆け込むし、もし数編に噛みきって飲み込んだとすれば便と一緒に出てくるかも知れないと。
幸い数日後に便と共に3辺が出てきたときには驚喜したことをいまでも覚えている。オトーサンは嬉しさのあまり...というより自戒を込めて、iPhoneを取り出しそのウンチをカメラに収めた(笑)。

Latte681_04.jpg

※爆睡している姿は可愛い…


とはいえ幸いなことにこれまで命に関わるような大病にあったことはない。しかしラテも来年6月で14歳となり、人間の年齢と比較するならオトーサンと同じような歳だといえるが、この歳になっての体調がどのようなものであるかを日々実感しているからラテの体調も心配せざるを得ない。
まあ、お互いに毎日を大切に過ごしていくしかないが、時はすでに師走も中日…。一年の短さを痛感する今日この頃である。



カラー3Dプリンター、ダヴィンチColor miniで「造型サンプル出力サービス」を体験

現在愛用している3Dプリンターは4台目で一年前に手に入れたJ&T 3Dプリンター JT-28-004-Ⅱだ。最大造型サイズ 310 × 310 × 410mmの本製品はFDM方式の3Dプリンターとしては構造もシンプルでメンテも楽だし大変使いやすく気に入っている。しかしここのところ考えていることはなるべく早い時期にXYZ Printing社のダヴィンチColor miniを手に入れたいということだった…が、届いてしまった(笑)。


mtl20191209pm_02.jpg

※届いたばかりのXYZ Printing社のダヴィンチColor mini雄姿


カラーの3Dプリンターとして個人でなんとか手に入る製品はいまのところこのXYZ PrintingのColor miniでしかない。とはいっても気楽に買える価格でも無いが新しいMac購入を後回しにしても手に入れたいと考えていた…。時期としては来年の早い時期にと漠然と思っていたが、先日Amazonを覗いたのが運の尽き。なんとクリスマスセールとCyber Mondayそしてタイムセールの合わせ技で約21%ほどの大幅割引になっていたので思わずポチッてしまった ^^;

しかしそのダヴィンチColor miniはこれまで実機を手にしたことも無く情報はメーカーサイトか僅かなネット情報でしかない。とはいえこれまで少ない情報をかき集め、メーカーにも問い合わせてきたので概要は掴んでいるつもりである。
私がやりたい主なことは3Dスキャナーでスキャニングしたオブジェクトをカラー情報を持ったまま編集し、カラー3Dプリンターで出力することだ。したがってというか、一番確認したいことは色合いの問題である。
無論プリンターの仕様に従い、各種パラメーターのあれこれで変わってくるとは思うが、基本的なプリントで自分が創った3Dデーターがどのような色味でプリントされるのかを確認しないと闇雲に製品を買うわけにはいかない。

XYZColormini_02.jpg

※専用アプリ「XYZprint」で自作の3Dスキャニングデータを読み込んだ例。これをプリンターに出力した際の色味を確認したかった


しかしXYZ Printing社のサイトで「造型サンプル出力サービス」があることを知り、ポチるとは考えもしなかった先月のこと、お願いすることにした。ただし制約もあり、サイズが一辺50mmまで、そして積層ピッチが0.2mmでの出力となる。
ともかくiPhone XRとSandy Proでスキャニングしたデータを送った。

XYZColormini_03.jpg

※高さ約5cmのカラープリントサンプル(右)


ピッチも0.2mmと粗めだし非常に小さな胸像なので期待はしていなかったが、仕上がりの結果は概略考えていたとおりだった。このダヴィンチColor miniの最大プリントサイズは13cm立方なのでサイズを大きくすればデティールも良くなるように思うがそもそもデータの解像度が高くないので納得の範囲だった。ただし実用を考えると個人的には大きな問題が浮かび上がってきた。

その一番の問題はプリント…造型時間である。なぜなら「造型サンプル出力サービス」に使ったデータは手元の一般的な3Dプリンターなら1時間ほどでプリントができるものだが、ダヴィンチColor miniではなんと8.5時間かかるという。ちなみに親分格のダヴィンチColorなら2.5時間だという…。無論この造型の時間差はデータとプリント時のパラメーターによってかなりの幅で変わるはずだが…。

この辺はもっと情報を出してほしいものだが、時間がかかるのはダヴィンチColor miniの仕様だから仕方がない。カラーの3Dプリンターとして我々の手に入る範囲の製品をリリースしてくれたことには敬意を表するが、動作の基本が「積層→塗色」を繰り返す仕様なためであり、かつインクが三色一体なのでプリンタヘッドのクリーニングを頻繁にやらないと色が混じってしまうのだ。

二つ目はランニングコストの問題。ダヴィンチColor miniの使うフィラメント(PLA)は専用チップが乗った専用製品であり割高である。しかし問題はそこではない…。
ダヴィンチColor miniは前記したように3色一体型インク仕様のため、例えばシアン・マゼンタ・イエローのうちどれかひとつでも無くなればカートリッジ自体を交換しなければならない。そして今回サンプル出力していただいた作例でインク使用料はCMYそれぞれ約9.5%だという。

ということはこの作例程度のカラープリントを10回でカートリッジ交換となる計算だ。そしてメーカーサイトによればインクカートリッジの価格は10,780円(税込)というから一度のプリントでインク代が1,000円ほどかかるわけだ。
となればおいそれと闇雲に試行錯誤するわけにもいかない(笑)。ちなみにダヴィンチColor miniはCMYのインクがそれぞれ4.5ml(合計13.5ml)入っている。
このインクの4.5mlという量はいまいちピンとこないが、私が使っている目薬の新品容量が5mlだったので見当がついたが、プリンタメーカーの中にはカートリッジ内のインク量を非公開にしているケースも多いので正確には不明なものの4.5ml程度のものもあるようなので特に少ないというわけではないようだ。

XYZColormini_04.jpg

※ 各色4.5mlという量の感覚を掴みたいと医者から処方されている目薬と比べてみた。こちらは赤線部位まで5ml入っている


さて繰り返すができるだけ早い時期に何とか手に入れたいと考えてきたわけだが、こうしたあれこれを踏まえて考えるに個人の持ち物として十分に使い切ることが出来るのか…と正直一抹の不安が生じてきたのも事実。しかし結局手に入れてしまった(笑)。
プリント時間や稼働時の騒音(㏈)といった情報は時に販売にブレーキをかけることになる可能性もあるが、ダヴィンチColor miniに限らずメーカーは積極的に情報を提供すべきではないか。事実メーカーサイトはもとより製品紹介に関わるウェブサイトを検索してもダヴィンチColor miniのプリント時間が大幅にかかるという情報はほとんど見つからないのだ。この種のことは納得して購入するのと手にして初めて知るのとの間には大きな違いがある。

ともあれダヴィンチColor miniはカラーインクを使わない一般的な3Dプリンターとしても活用できるしオプションでレーザーモジュールも揃っている。
ということでカラーの3Dプリンター、それも何とか個人でも手の届く製品と考えれば今のところColor miniは他に選択肢がないユニークで魅力ある製品なのだ。
これから少しずつダヴィンチColor miniの実機を使いつつ、知り得たことをレポートしていきたい。




ラテ飼育格闘日記(680)

言いたくは無いけど…寒い。若い時は冬場でも足を布団の外に出して寝ていたし、布団に入る際にひやりとするのがむしろ快感だったが、最近は足が冷えて仕方がない。まあ自宅にいるときには多々対処もできるがラテとの散歩となればそうそう工夫も限られる。で、今年は電熱ベストと電熱パンツで乗り切るつもり…。


次週12月10日はラテが我が家に来てから丸13年となる記念すべき日である。茨城から車で連れてこられたが、車酔いしながらのご対面であった。
オトーサンたちも引越直後でラテを迎えるために用意したクレートを設置したリビングにはまだ未開封のダンボールがいくつか積んである状態だった。ラテはオトーサンたちと一ヶ月前に里親会で会っていたものの初めての環境にさぞや心細い思いをしたのではないかと思う。

Latte680_00.jpg

※2006年12月10日、我が家に来た当日のラテ


その日、2006年12月10日時点でラテは生後推定6ヶ月の幼犬だったがいまその夜に撮った写真を見ると好奇心と共にその表情には不安が浮かんでいるようにも思える。
オトーサンたちは初めての環境で夜泣きが心配だったが、長旅で疲れたのかちゃっかりと電気マッサージチェアを占有して眠ってくれた。

それから丸13年経った…。当時マズルはもとより顎や首まで真っ黒なラテは雌なのに鍾馗様みたいと美容室へ行ったとき首周りの黒い毛を切ってもらった(笑)。しかしそのマズルもいまでは真っ白だ。

Latte680_01.jpg

※目を瞑って知らんぷり…


そして歩くのも遅くなったし滅多に全速力で走ることもなくなったが、お陰様でアトピー以外は目立って悪いところはないようだしオトーサンはラテも歳だから寒いのではないかとフローリングに腹ばいになっていると下に何か敷いたり、時には体に薄い物をかけてあげたりもするが必要ないようだ。

オトーサンの感覚だと散歩に出るにもさぞや寒いのではないかとも思うがその気配は無くオトーサンだけが完全装備で出かけるようになってきた。
下は裏がフリースのジーパン、上着はダウンを着込み首にはネックウォーマーという出で立ちだ。さらに両手は指が出る形の手袋をしている。

Latte680_02.jpg

※初冬の朝


しかしこれでも寒く感じるようになった…。これ以上着込むと着ぶくれになってしまう。
ということで昨年から劇寒の際にはダウンジャケットの下に電熱ベストなるものを愛用し始めたがこれが大変具合が良かったので今年もお世話になるつもり。
要は背と左右の腰の部位にカーボンヒーターが仕込んであり、ポケット内部から出ているケーブルにモバイルバッテリーを接続すると3段階の温度調節できるもので最高温度は50℃ほどにもなる。

Latte680_04.jpg

※大好きなAちゃんと!


上半身はこれで完璧だと思えるが下半身が特に冷える。そこで調べて見たら電熱ベストならぬ電熱パンツ(ズボン)もあることが分かった。仕組みは基本同じでこちらは専用のバッテリーだがフル充電で約10時間ほど両膝あたりを温めてくれると言う製品だ。
粗悪品かな…と疑りながらも早速購入してみたが縫製もしっかりしていてすぐに気に入ったため着替えとして同じサイズの色違いも購入した。

これらの製品は本来アウトドア製品であり、特に電熱パンツは防水仕様でもあることから雨の日や雪の日の散歩に大活躍してくれるに違いないが、散歩だけでなく日常の部屋着としても重宝することがわかった。

Latte680_03.jpg

※自分で縫いぐるみを持ち出し並んで寝ている


オトーサンは寒がりだが空気がカラッカラに乾くエアコン暖房が苦手である。かといって仕事部屋に一人なのに600Wとか800Wのパネルヒーターや温風ヒーターなどを使い続けては電気代ももったいない。そこで日中も室温に応じてこの電熱ベストと電熱ヒーターを活用すればお一人様の暖房としてはメチャエコなのだ。

ということでラテとの散歩にはすでに活用しているが大変具合がよろしい。なにしろオトーサンが何とか動けなければラテだけで散歩に行ってこいという訳にはいかない(笑)。
寒いと出不精になるが、これらのアイテムで何とか快適にこの冬を乗り越えたいものだ。



今年の冬は「電熱ベスト」と「電熱パンツ」で乗り切るぞ!

昨年冬に初めて「電熱ベスト」なるものを経験した。モバイルバッテリーで体の前後を温めてくれるという製品である。犬の散歩などで外出する際は勿論、室内でも真冬は底冷えを感じる年齢でもあり何らかの対策は必要だが一般的な暖房はどちにかというと苦手でもあるので着衣そのものが暖かいのであれば理想的だ。


一応仕事部屋にも冷暖房が完備してあるがまずエアコンの暖房は空気が乾きすぎるのが苦手である。その他パネルヒーター、温風ヒーターもあるが暖房効率は良くないし一人のために600Wとか1000Wを一日中ONにしていては電気代も大変だ。
もっとコストパフォーマンスがよくて体に合う物はと探した結果、電気膝掛けと足温器を使うようになった。これなら電気代もたかが知れているし足腰の冷えも防げる。

確かに効果はあるし消費電力も膝掛けが50W、足温器は40Wという代物なのでコストパフォーマンスはよい。しかし欠点もある…。
当然のこととはいえ、仕事中の足腰回りを温めるために揃えたわけだが、椅子から離れれば恩恵には与れない。そして電気膝掛けの電源コードがやたらと椅子に絡まるので心配になってきた…。

DEWBW_00.jpg

※DEWBU 電熱パンツ。図版はAmazon販売ページから借用。カラーは二色


一方、愛犬との散歩のときは去年から電熱ベストという製品を使い始めた。これはモバイルバッテリーを使い、ベストの腰と背中を温めてくれるというものだがとても具合が良いので今年の冬もお世話になるつもりだ。そして電熱ベストがあるなら電熱パンツもあるのではないかと思って調べたら結構な種類があった。
そうした中で一番違和感なくファッショナブルなものを買ってみた…。

いささか疑っていた感もあるが手元に届いたパンツは縫製もしっかりしており、実用的なものだった。裏地はフリースになっておりそれだけで防寒効果は期待できるし防水仕様なのがよい。
附属の5000 mAh リチウムバッテリーで両足の膝あたりを温めてくれる。
温度は右サイドボケット下にあるボタンで3段階に調節でき、約55℃、約45℃、そして38℃に切り換えられる。暖房効果はLowモードの38℃で最大10時間だという。

DEWBU_02.jpg

※専用リチウムバッテリーは附属。右再度のジッパー付きポケット内に接続ケーブルがある


実際に穿いてみると動きやすいしウエストも一部伸びるから具合がよい。ただし購入時はサイズを間違えないように注意をする必要があるが私はXLを選んだ。裾が多少長めとなったがウエストは楽でよい。
そして肝心の保温だが今のところは室内ならLowモードで十分だしとても暖かい。

DEWBU_01.jpg

※電源ボタンも右サイドポケット下にある(写真は鏡に映った映像を撮影したため左右逆となっている)


バッテリーは右サイドのジッパー付きポケットに収納するが、サイズにもよるかも知れないものの私の場合は異物感もなく快適だ。
また安全性にも考慮されており、電源ONでHIGHモードが5分間経過すると、HIGHモードからMEDIUMモードに自動的に切り替わる。また異常に温度が高くなるとすぐに動作を停止しするし短絡が発生するとシステムは自動的に電源を切断してくれるという。

基本的にはこれからは床も底冷えする季節なので室内用として購入したわけだが防水仕様だという点を考えるともともとアウトドア向けなのだ。したがって雨はもとより雪の場合にも愛犬との散歩で役立ってくれるに違いない。
というわけで同じ製品の色違いを追加オーダーすると共に専用バッテリーも交換用としてひとつ購入しておいた。
これからの冬場はこれら「電熱ベスト」と「電熱パンツ」で快適に乗り切る覚悟でいる。




ラテ飼育格闘日記(679)

なにか今年の秋は雨の日が多すぎる気がする。もともとラテは雨が嫌いだし、レインコートを着せられるのはもっと嫌いだから、雨の日の散歩は排泄が終わったらそそくさと戻る。したがってオトーサンとしては体力的には楽だが長毛だから後の手入れが大変なのだ。


いつもの公園にラテと行くと三人の未就学児童に囲まれた。「名前はなんというの?」「男の子なの?」「何歳?」と質問攻めに会う。
「13歳だよ。おねーちゃんたちより年上だよ」などと説明すると「へえ~じゃあお婆ちゃんだよね」と言う。どうやらワンコの年齢と人間の年齢を比較すると大きく違うことを知っているらしい。

Latte679_01.jpg

※ラテはそろそろ13歳半となる


ともかくオトーサンも多くのワンコの育児書とかトレーニング本を読んだが、ワンコの生物学的実年齢がどのようなものなのかを明確にした情報はあまりなかった。というより犬種の違いも大きいらしいし個体差も大きいようだから実のところははっきりしないと言って良いのかも…。

Latte679_02.jpg

※さあ今朝も日の出と共に散歩に出るぞ


しかし人間同様ワンコも確実に歳を取っていくしそのスピードは間違いなく人間より早い。なにしろ人間の平均寿命は80歳がどうのこうのという時代にワンコは10歳から15歳くらいが平均寿命だという。
無論犬種はもとより、小型犬・中型犬・大型犬でも寿命はかなり違う。小型犬では15歳以上になっても元気だという例も多々見知っているが大型犬のラブラドールレトリバーだと10歳とか11歳で亡くなるワンコが多い。

Latte679_03.jpg

※登校中の小学生たちがラテを見て笑顔を送ってくれる


なぜワンコの寿命は我々人間より大幅に短いのだろうか。もっと長ければ一緒に暮らせる時間も長くなり喜びも大きいに違いない…。
一説によれば一般的に動物の寿命は、体の大きさと心拍数が関係すると言う。特に哺乳類の心臓は種に関わらず一生の間に脈を打てる回数が約20億回と決まっているという。だからクジラは心拍数が約8回/分だから100~200年も生き、心拍数が約400回/分のハムスターの寿命は2,3年程度となる理屈らしい。
だからワンコの心拍数は人よりかなり早く約100回/分だというが、我々人間は男性で60~70程度、女性で65~75程度だというから単純計算では納得出来る理由ではない…。

ワンコは我々人間の人生スパンの途中で家族となり、そして通常は15年ほどでその愛らしい生涯を終える。もっと一緒にいたいと思うが、思っただけで胸が張り裂けそうな辛い別れは確実にやってくる。
それに正直言ってワンコを飼うということはなかなかに覚悟がいることだし体力的にも金銭的にも大変なことだ。

Latte679_04.jpg

※大好きなファミリーのオカーサンを見つめる目付きはキラッキラだ(笑)


大病をしなくても年間数十万の出費がかかり、甘噛みや排泄のしつけに苦労し、特に幼犬時代にはスリッパや木製の椅子の脚などはボロボロにされる。
時に夜泣きや分離不安に悩まされもするかも知れないし天地異変に関係なく散歩に出なければならない。事実オトーサンは台風の時も大地震の後も散歩に出たし、熱があるときやギックリ腰のときも、さらに白内障手術の当日も散歩に出た。
さらにラテが心配で泊まり込みの旅行も行かなくなったし数時間留守にするにも心が痛む(笑)。したがってラテを向かえてから女房と泊まり込みの旅行は一度も行っていない…。

また、朝晩の食事作りから排泄の世話やその心配、アトピーで四つ脚が出血したときには歯を当てられながらも包帯を巻いた。だから…恩を着せるつもりはないが、ワンコを飼うのは実に大変なのだ。
先日も動物病院へ薬を貰いに行ったら、診察室から院長の声が聞こえた。どうやら姿は見えないが新たにワンコの飼い主になった方が初めて動物病院へやってきたらしい。そこで飼い主として初歩中の初歩の心構えと必要なことを聞いているようだった。

Latte679_05.jpg

※ゆっくりだが、しっかりと歩いてくれる


狂犬病予防接種のこと、フィラリアという怖い病気があること、年1度は混合ワクチンを勧めたいということ、家族となったからにはまず血液検査…健康診断をされた方が良い。そして去勢・避妊といったこともきちんと考えてやらなければならない等などを説明している。
いやはやなかなかに大変なのだ。

しかしそれでも私たちは何故犬を飼うのだろう…。それはスリッパを何足ダメにされようとも、電気マッサージチェアをボロボロにされようと、畳みに粗相をされようと、そして自分の時間が大幅に削られようともそれ以上に得るもの…心が満たされるものがあるからだ。
ラテとオトーサンの関係もこれからは老老介護でなお大変だ(笑)。だけど「ラテ…」今日も仲良く楽しく過ごそうな!



広告
ブログ内検索
Related websites
Macの達人 無料公開
[小説]未来を垣間見た男 - スティーブ・ジョブズ公開
オリジナル時代小説「首巻き春貞」一巻から外伝まで全公開
ラテ飼育格闘日記
最新記事
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

appletechlab

Author:appletechlab

主宰は松田純一。1989年Macのソフトウェア開発専門のコーシングラフィックシステムズ社設立、代表取締役就任 (2003年解散)。1999年Apple WWDC(世界開発者会議)で日本のデベロッパー初のApple Design Award/Best Apple Technology Adoption (最優秀技術賞) 受賞。

2000年2月第10回MACWORLD EXPO/TOKYOにおいて長年業界に対する貢献度を高く評価され、主催者からMac Fan MVP’99特別賞を授与される。著書多数。音楽、美術、写真、読書を好み、Macと愛犬三昧の毎日。マネキン造形研究中。2017年6月3日、時代小説「首巻き春貞 - 小石川養生所始末」を上梓(電子出版)。続けて2017年7月1日「小説・未来を垣間見た男 スティーブ・ジョブズ」を電子書籍で公開。ゆうMUG会員