ラテ飼育格闘日記(778)

朝などは涼しいのを通り越して寒さを感じる日が増えてきた。無論ラテは大歓迎な季節到来である。だからといって長距離を歩いたり走ったりするわけではないが、それでも気温が低いのは楽なようで散歩から戻ろうとすると「もっとここにいたい」と抵抗する…。


仕方がないのでオトーサンは歩道の安全なエリアにラテと一休み状態になる。ラテはお座り状態だったり、腹ばいになってリラックスすることもあるがオトーサンは立ちっぱなしだ。
こうしたときのラテは何を考えているのかは分かるはずもないが、ワンコが通ればそのワンコを目で追うが、そうでない場合は行き交う人を観察しているように思える。

Latte778_01.jpg

※歩道に居座ってなにを見ているのか…


2006年12月10日に我が家に迎えてから早速散歩を始めたわけだが、例えばバス停などで昇降客が出てくる場面に遭遇すると立ち止まって出てくる人たちを目で追うのが常だった。まるで誰かを探しているようにも思えたので、それはもしかしたらラテが保護されてから三ヶ月ほど預かってくれていたボランティアの方の姿でも探しているのではないかと思った。

Latte778_02.jpg

※完全にリラックス状態


しかし、それはそれとしても人の姿を意識してそれらの人々を目で追っているのは今も一緒だ…。
幸い15歳になっても視力はまずまずのこともあって人の姿はかなり正確に判断できるようだ。昔読んだ本によればワンコは基本的に近視だという話しだったが、いやいや10数メートル離れた反対側の歩道を歩く人物が他人なのか女房なのかが分かるのだから大したものである。

Latte778_04.jpg

※この日は女子たちにモミクチャに(笑)。しかしこうして触れ合った後は機嫌がよろしい


無論脇を通っていく人たちへも視線を送るのが常だ。基本的に人間が好きだという理由があるかも知れないが、本当のところは警戒心からくる行動かとオトーサンは思っている。しかしそうとも思えない場合も多々あるのもまた事実…。

先日朝散歩の帰り道、近所の美容室のお婆ちゃんが道端を掃き掃除していた。オトーサンは邪魔にならないようにと脇をすり抜けようとすると「おはようございます」と声をかけてくださったのでオトーサンも「おはようございます」と挨拶した。
実はちょくちょくお会いしていた方なのだがその日初めて言葉を交わしたのだった。

何故ならその家には小型犬がいてラテを遠目にも見つけると激しく吠えるのだ。ラテは吠え返すこともないしオトーサンも気にしたことはないがリードを引いているお婆ちゃんとしては申し訳なく思うのか、抱き上げたり反対方向へ引いたりといったことが続いていたからだった。

Latte778_05.jpg

※散歩から戻って爆睡


しかしその日お婆ちゃんは「何歳になりましたか」と聞いてくれたが、先日そのワンコが病気で亡くなったことを耳にしていたオトーサンは15歳を過ぎたことをお話しした後、「お宅のワンちゃん、亡くなられたとお聞きしましたが…」と言葉に出したことから短い会話が続いた。

そのワンコはまだ11歳だったが膀胱癌だったとのこと…。
するとラテはその方の足元に近づき、顔を見上げた。一昔前なら猛烈に吠えたであろうがその表情にお婆ちゃんは「可愛いわねぇ」と言ってくださった。ラテは頬をお婆ちゃんの足に触れるように近づき顔を見上げている。
ラテはこのお婆ちゃんとは前記した理由で近接したのは初めてだった訳だが、とてもよい表情だ…。

オトーサンはその様子を眺めていてふと思い出したことがあった。
2014年だったが、当時毎日通っていた広い公園を我が物顔で、そして独特な声を上げながら走り回っていたワンコ…コーギー犬のプリンちゃんが亡くなった。大先輩のプリンちゃんを怖がってかラテは近づかないため、必然的にその飼い主さんとも黙礼程度しか挨拶ができなかったが5月のこと…珍しく愛犬を連れていない飼い主さんと出会った。

Latte778_03.jpg

※出会った直後のコーギー犬「プリンちゃん」と飼い主のご主人。2007年3月撮影

飼い主さんは「プーは亡くなりました」とつとめて明るくお話しされていたが、そのとき不思議なことにラテは飼い主さんの足元に近づき、顔を見上げながらその足元にうずくまった。初めてのことだった…。
Aさんは「ラテ、お前…慰めてくれるのか? お利口だねえ」と頭を撫でてくれた。
その飼い主さんもそれから3ヶ月後の8月8日、癌で身罷られたのだった。

その光景と美容室のお婆ちゃんの足元で大人しく見上げているラテの姿が既視感さながらにオーバーラップしてオトーサンはしばし白昼夢を見ているような気持ちになった。
そのワンコとは一度も遊んだことはないラテだったが、やはり飼い主さんを慰めていたのだろうか…。



Apple、M1 ProとM1 Maxを搭載した革新的なMacBook Pro発表

Appleは本日、Macのために設計された初のプロ向けチップでまったく新しいM1 ProとM1 Maxを搭載し、完全に刷新されたMacBook Proを発表しました。14インチと16インチのモデルが用意されているMacBook Proは、バッテリー駆動中でも電源に接続している時でも、処理やグラフィックス、機械学習(ML)で画期的なパフォーマンスを発揮し、驚異的なバッテリー駆動時間によってノートブックではこれまで想像もできなかったようなワークフローを可能にします。


M1proM1MAXMBP.jpg

また、新しいMacBook Proは、目を奪うようなLiquid Retina XDRディスプレイ、先進的な接続性のための多様なポート、1080p FaceTime HDカメラ、ノートブックの中で最高のオーディオシステムも備えています。M1 ProとM1 Maxを最大限に活かすために徹底的にこだわって設計されたmacOS Monterey(モントレー)と組み合わせれば、ユーザー体験は他の追随をまったく許さないものになります。ノートブックでできることの限界を軽々と超えて、MacBook Proは、デベロッパ、フォトグラファー、映画制作者、3Dアーティスト、科学者、音楽プロデューサー、そして世界最高のノートブックを求める人のためにデザインされています。M1搭載の13インチMacBook Proに新しいMacBook Proが加わり、プロ仕様ノートブック史上最も強力なラインナップが誕生します。新しい14インチおよび16インチのMacBook Proモデルは本日より予約注文を開始し、10月26日(火)から販売を開始します。

Newsroom




Apple史上最もパワフルなチップ:M1 ProとM1 Maxが登場

Appleは本日、Macのための新しい画期的なチップであるM1 ProとM1 Maxを発表しました。M1の革新的なアーキテクチャをスケールアップしたM1 Proは、業界をリードする電力効率と共に驚異的なパフォーマンスを提供します。


M1 ProM1 Max

さらに、M1 Maxはこれらの能力を新たな高みに引き上げます。M1 ProとM1 MaxのCPUは、M1よりも最大70パーセント高速なCPUパフォーマンスを提供するため、Xcodeでのプロジェクトのコンパイルのようなタスクがこれまで以上に高速になります。M1 ProのGPUはM1よりも最大2倍の速さに、一方で、M1 MaxはM1の最大4倍という驚異的な速さになり、プロユーザーは最も負荷の高いグラフィックスワークフローをすばやく処理できます。

M1 ProとM1 Maxは、プロ向けのシステムでは初めて、システムオンチップ(SoC)を採用しています。これらのチップは、高速ユニファイドメモリ、業界をリードするワット当たりのパフォーマンス、驚異的な電力効率、増加したメモリ帯域幅と容量を備えています。M1 Proは最大200GB/sのメモリ帯域幅を提供し、最大32GBのユニファイドメモリに対応しています。M1 Maxは、M1 Proの2倍、M1のほぼ6倍となる、最大400GB/sのメモリ帯域幅を提供し、最大64GBのユニファイドメモリに対応しています。

最新のWindowsノートパソコンに搭載されているビデオメモリが最大16GBであるところ、このような大容量のメモリを搭載したことで、これまでノートブックでは想像もできなかったようなグラフィックスを駆使するワークフローが可能になります。M1 ProとM1 Maxの効率的なアーキテクチャは、MacBook Proが電源に接続していてもバッテリー使用時でも、同じレベルのパフォーマンスを実現します。M1 ProとM1 Maxは、プロのビデオ処理に特化した専用のProResアクセラレータによって強化されたメディアエンジンも搭載しています。M1 ProとM1 Maxは、Appleが今までに作った中で群を抜いて最もパワフルなチップです。

Newsroom




Apple、次世代のAirPodsを発表

Appleは本日、先進的な機能と魔法のような体験を耳にフィットする新しいデザインで提供する、空間オーディオを備えた第3世代のAirPodsを発表しました。H1チップのパワーとAppleが設計した音響システムを組み合わせることで、新しいAirPodsはコンピュテーショナルオーディオを使って、アダプティブイコライゼーションによる画期的なサウンドをお届けします。


NewAirPods.jpg

ユーザーは、Apple Music、映画、テレビ番組でドルビーアトモスに対応した空間オーディオを、ダイナミックヘッドトラッキングを利用して様々なAppleデバイスで楽しむことができます。新しいAirPodsは耐汗耐水性能を備え、音楽や通話を簡単かつ直感的にコントロールするための感圧センサーを搭載しています。長くなったバッテリー駆動時間により、最大6時間の再生時間が実現し、便利な充電ケースを使用すれば最大30時間の合計再生時間が実現します。AirPods(第3世代)は世界で最も人気が高いヘッドフォンファミリーに加わり、本日より予約注文を開始し、10月26日(火)より販売を開始します。

Newsroom




Apple、新しい大胆で表情豊かなカラーのHomePod miniを発表

Appleは本日、イエロー、オレンジー、ブルーの3つの大胆で新しいカラーのHomePod miniを発表しました。これにより、ユーザーはあらゆるスペースで自分の個性とスタイルをさらに多くの方法で表現することができます。高さが8.5センチを下回るほどのHomePod miniは、プライバシーとセキュリティが組み込まれた優れた音楽リスニング体験、賢いSiri、スマートホームの機能を提供します。


HomePod mini

Appleの製品やサービスとシームレスに連係するHomePod miniは、Appleのデバイスを所有するあらゆる人にとって究極のスマートスピーカーです。HomePod miniは、ホワイト、スペースグレイに加えて、これらの新しいカラーが登場し、色づけされたTouchサーフェス、メッシュ生地、音量アイコン、編み込み電源ケーブルなどの細部に至るまで同色で統一されており、11月より11,880円(税込)で販売が開始されます。

Newsroom





広告
ブログ内検索
Macの達人 無料公開
[小説]未来を垣間見た男 - スティーブ・ジョブズ公開
GUI を再発明する: ポスト・ウィンドウ・インターフェイス序論
オリジナル時代小説「首巻き春貞」一巻から外伝まで全完無料公開
ラテ飼育格闘日記
最新記事
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

mactechlab

Author:mactechlab

主宰は松田純一。1989年Macのソフトウェア開発専門のコーシングラフィックシステムズ社設立、代表取締役就任 (2003年解散)。1999年Apple WWDC(世界開発者会議)で日本のデベロッパー初のApple Design Award/Best Apple Technology Adoption (最優秀技術賞) 受賞。

2000年2月第10回MACWORLD EXPO/TOKYOにおいて長年業界に対する貢献度を高く評価され、主催者からMac Fan MVP’99特別賞を授与される。著書多数。音楽、美術、写真、読書を好み、Macと愛犬三昧の毎日。マネキン造形研究中。2017年6月3日、時代小説「首巻き春貞 - 小石川養生所始末」を上梓(電子出版)。続けて2017年7月1日「小説・未来を垣間見た男 スティーブ・ジョブズ」を電子書籍で公開。
2018年春から3Dプリンターを複数台活用中。ゆうMUG会員