ラテ飼育格闘日記(754)

先週末から今週の半ばまではゴールデンウィーク。しかし世は新型コロナウィルスの押さえ込みに失敗し3度目の緊急事態宣言が出る始末。したがって心ある人は遠出もできないし手持ち無沙汰に違いない。とはいえオトーサンたちにはそもそもゴールデンウィークなど無いわけで、相変わらずの日々を淡々と続けている。


しかし散歩、特に夕方の散歩はラテにとって些か寂しいものになってしまった。何故ならお馴染みになった女の子たちがこの春中学へ進学したからだ。それ自体はお目出度いことだし、幼稚園年長組時代からずっとその成長を眺めてきたオトーサンにとっても年月の経つのは早いと感じると共に、そうした子供たちの成長ぶりに思わず頬が緩んでしまう。

Latte754_01.jpg

※ご機嫌です


ただしその新中学生たちは小学校時代とは違い、学校にいる時間が長いから以前のように日々公園に出て遊ぶという事は出来なく…しなくなってくる。
さらに教科も多くて下校時間が遅くなるだけでなく部活とやらが加わり、時間の割り振りがまったく違うことになる。

そんなことは知る由もないラテはいつものように公園に行っても、閑古鳥が鳴いている公園を不思議の顔で眺めている。面倒なのはそうした理屈は分からないものの、ここで待っていればそのうち女子たちが来るとでも思っているのか、オトーサンがその場を立ち去ろうとリードを引いてもガンとして動かないときがあることだ。

Latte754_02.jpg

※お馴染みの女子たちに囲まれてご満悦なラテとオトーサン


寂しいのはオトーサンも一緒だが、こればかりは仕方がない。しかしどうやら水曜日は部活がお休みと聞いたしこのゴールデンウィークもお馴染みの女子たちとも会えた。
まあまあ、小学生のときは毎日この公園で走り回っていた子供たちだが、考えればいつまでも走り回って遊ぶ年代ではないから、オトーサンたちが気持ちを切り換えなければならない。しかしラテはなあ…(笑)。

Latte754_04.jpg

※必然的に室内遊びが多くなるが実によい表情をする


何しろワンコのエピソード記憶というのは本当に馬鹿にできないのである。ラテを可愛がってくださるファミリーがお住まいのマンションの前をたまたま通ると必ずそこで立ち止まり、あわよくばエントランスに入ろうとする。これまで数度エントランス内にお邪魔したことがあるが、そこに入ればAちゃんやそのオカーサンが登場すると考えているに違いない。そんなラテに子供たちの生活環境が変わった事実を納得させることは無理だが、さてさてどうなりますやら…。

Latte754_03.jpg

※Aファミリーが住むマンション前を通ると必ず立ち止まってエントランスに入りたがる…


散歩といえば、愛用していた散歩カメラのコンデジ(Canon PowerShot SX610 HS)が壊れた。散歩時には必ずドライブレコーダー代わりのウェアラブルカメラを 装着すると同時にラテの様子は勿論、季節の花々や風景、そして時には野鳥等々を撮ってきたわけでオトーサンの必須アイテムなのだ。
勿論デジカメなら一眼レフも含めて数種持ってはいるが、散歩時には片手しか空かないしそもそも芸術作品を撮ろうとするのではなくあくまでスナップだ。したがって掌に乗り、ジャケットのポケットに収まるコンパクトなものでなければ散歩時には扱えないのである。

Latte754_05.jpg

※散歩に必須なコンデジを買い換えた。右が新型のCanon PowerShot SX720 HSだ


ということで予定なき散財となったが型落ちの新品を購入した。後継機種のひとつであるCanon PowerShot SX720 HSだ。これならサイズも操作系もほぼ同じな上に解像度やズーム倍率も大幅に向上している。したがってマニュアルを眺めなくても使えるに違いない。
散歩にコンデジを持つ…というと「スマホでいいじゃん」と良く言われる。確かにスマホも最新の製品ではコンデジ顔負けの綺麗な写真が撮れる。

しかしオトーサンは無論iPhoneは常に携帯しているが、写真は「撮れる」ことと「使える」ことは話しが違うのである。ましてや片手であの薄っぺらい板状のもので写真を撮るのはどうにも苦手だし、第一高倍率ズームを必要としているオトーサンには不向きなのだ。
ということで、さてそのコンデジを持っていそいそと散歩に出てくるつもりだが、今日はどんな一日になるのだろうか。



ラテ飼育格闘日記(753)

良い季節になったが三寒四温ということか、寒いほどの朝があったりと着るものを選ぶのが難しい時期だ。ラテは相変わらず歩くのは極端に遅いが元気である。しかし不思議なのは室内でボール遊びをするときは飛び上がったり軽く走ったりするわけで散歩の時のノロノロ歩きは嫌がらせか…と勘ぐってしまうほど元気である。


Latte753_01.jpg

※起床しオトーサンが朝の散歩の支度を終えるのを観察している…


先週は狂犬病予防注射の接種に動物病院に連れていったし、その後は美容室でトリミングや肛門腺絞り、爪切りなどなど定例のあれこれをやっていただいた。
どちらもラテは嫌いな場所だが、オトーサンたちが側にいる動物病院の方が少しは安心しているのかも知れない。それでも短い待ちの間、ずっと震えていた。とはいえいざ注射というときは暴れたりしないばかりか泣き声ひとつ上げないのは立派(笑)。

Latte753_02.jpg

※今年の狂犬病予防接種は無事終了


狂犬病予防注射やワクチン注射でラテが体調を崩したことは一度もないが、それでもその日は激しい運動は避けるように医師から言われる。
無論若い時のように走り回る事などできようもないが、夜になると恒例になってしまったボール遊びの要求が激しくなったので仕方なしに短めに終わることを考えながらラテと向かい合う。

天然ゴム製のボールを壁に投げ、跳ね返ってくるボールをラテがブロックしたり、オトーサンが投げたボールをラテが飛び上がってダイレクトキャッチするという遊びをいつものように行った。上手く出来れば小さなオヤツを与えるという約束になっている。

Latte753_05.jpg

※室内でのボール遊び!


狭い室内でやる訳だから走り回る…というのにはほど遠いが、それでもボールを追って素早く移動する様を見ていると視覚もまだまだ大丈夫のようなので安心する。しかしその機敏な動きを見ていると「なぜ散歩の時はあんなにも歩くのが遅いんだよ」と言いたくなるオトーサンであった…。

また動物病院では体重を計るわけだが17.65Kgと近年では一番減量に成功した結果となった。これまでラテは最高で21kgになったことがあったが、やはり足腰に負担がかかるからと減量作戦をあれこれとやってはいたがなかなか効果は現れなかった。
しかしここの所、極力間食を避けることを続けてきた結果ピーク体重時より約3kgの減量に成功した。これからこの体重をキープできるように努力することに注視しなければならない…。

Latte753_03.jpg

※美容室に引き取りに行くと満面の笑顔で出て来た


さて、ラテにとって動物病院より難関な美容室だが、引き取りに行ったときにはいつものように満面の笑顔で出で来る。そしてサービスのバンダナを首に巻いてもらい綺麗に刈り込まれたお尻をふりふり歩くラテを眺めるのはオトーサン至福の時でもある。
美容室から出てからしばらく極近所を一回りして帰宅したが単に見栄えが良いだけでなく、四つ脚の汚れ具合軽減にも関係するので嬉しい。

Latte753_04.jpg

※綺麗にトリミングされた魅惑のお尻(笑)


そのラテも後40日ほど経つと満15歳の誕生日を迎える。一時は心配した後ろ右足も幸い日常の動作には支障はないようだし前記したように視力も聴力も若い時と同じではないだろうが日常生活には支障はないようなので喜んでいる。
そんなラテと朝の散歩に出たとき、交差点の信号を飼い主さんと渡っている老犬が目に入った。
以前お聞きしたところでは5月で満二十歳を迎えるワンコだとか…。さすがに飼い主さんに支えながらヨタヨタしながら歩いているが、オトーサンは心の中で「頑張れ、先輩!」と声をかけた。



Apple、第2四半期の業績を発表

Apple は4月28日、2021年3月27日を末日とする当社の2021年会計年度第2四半期の業績を発表しました。当四半期の売上高は1〜3月期としては過去最高となる896億ドルを記録、前年同期比では54パーセント増加となりました。当四半期の希薄化後の1株当たり利益は1.40ドル、当四半期の米国市場以外の売上比率は67パーセントでした。


Apple Financial Results - Q2 2021

Appleの取締役会は、同社の普通株式1株につき、前年同期比で7パーセント増となる0.22ドルの現金配当を宣言しました。この配当金は、2021年5月10日の市場取引終了時点で株主名簿に記載されている当社株主を対象に、2021年5月13日に支払われます。同社の取締役会はまた、既存の自社株買いプログラムを900億ドル増額することも併せて承認しました。
Appleは、2021会計年度第2四半期業績発表のカンファレンスコールを、2021年4月28日14時00分(米国西部時間)より、apple.com/investor/earnings-call にてライブ配信します。このウェブキャストはライブ配信終了後も約2週間にわたりお聴きいただけます。

Newsroom





5段階の温度設定を備えたカップウォーマーレポート

温かくなってきたから少々時節外れかも知れないがカップウォーマーを買った。それはこれまで二年ほどスマートセラミックマグ「Ember 10 oz.Temperature Control Mug 2」という製品を愛用していたが接触不良で使えなくなったからだ。この製品はカップ自体にバッテリーを内蔵している逸品だったが安くはない製品なのでリピートは止めた…。



私はコーヒーを一日に最低三杯は飲む。まあ回数はともかく好きなのでいわゆるテレワークといった際にも机上の脇に置いておくのだが、つい画面に夢中になるとコーヒーが冷めているといった羽目になる。それを回避するためスマートセラミックマグを愛用していたが、壊れたものは仕方がない。
そこで色々と調べて見たら手頃な価格のカップウォーマーがあることを知った。

Cupwarmer_01.jpg

※Coffee Mug Warmer S-001


それはUSB仕様ではなく家庭用コンセントから電源供給するタイプの製品だが(110V:200W)、為にカップを置くことで最高100°Cまですばやく加熱できるという。USB仕様でもう少し安価なものもあるが、こちらはせいぜい50℃程度までだというので本製品を選んだ。

届いた品を早速開封し実際に陶器製のカップでコーヒーを煎れてカップウォーマーに乗せてみた。ちなみに電源コードは約140cmほどだから設置場所によっては短いかも。ただし本体はもとより熱い液体を乗せている訳だからコードに引っかけてこぼしたりすれば火傷を負う可能性もあるので十分設置場所には注意が必要だ。

このカップウォーマーのサイズだが157mm×130mm×25mmほどの円形で厚さは約25mmほどだ。通常はカップを置いて加熱程度を選択することになるが、電源を押しLEDが点滅している状態では加熱していない。カップを乗せると電源が入る仕組みだ。そしてカップを持ち上げると加熱を停止する 。そして 5分経過してもカップが置かれない場合、カップウォーマーは自動的に電源をシャットダウンするし、8時間継続して使用するとこれまた自動的に電源がオフになる。

Cupwarmer_02.jpg

※電源および温度調節ボタン


とういうことでカップウォーマーの中央部分が発熱帯域なので触らないよう注意しながら使うが、その部位にカップの底が触れるわけで、糸尻の高いカップより平たい底の方が熱伝導がよい理屈だが、実際にはあまり気にする必要はなく、金属・陶器・磁器・耐熱ガラス製のカップなら十分実用になる。ただしプラスチック製のカップは使用してはいけない…。また金属製の場合は取っ手部位が何らかの耐熱処理されたものでないと火傷を負う。

Cupwarmer_03.jpg

※背面の様子。矢印部が圧ボタンになっていてカップを置かれると加熱が始まる


早速コーヒーを煎れ、テストの意味も含め底の平たいウェッジウッドのカップに注いでカップウォーマーの中央に置いた。
ちなみにコーヒーを楽しむ適温は60度~70度だというがまずは設定を5にして数分おいておくとコーヒーの温度は煎れた直後よりかなり熱くなってていた。季節や室温にも影響を受けるだろうが、最高温度が100℃、最低が50℃との仕様だからして設定を5にすれば沸騰する理屈だ。したがって実際にコーヒーを楽しむには3(約70℃)あたりが適当かも知れない。ま、好みもあるし加熱のロスもあるだろうから適温はこれから使いながら探っていきたいが、ゆっくりと楽しみながらコーヒーを楽しむという目的は十分果たせることが分かった。

Cupwarmer_04.jpg

※磁器製コーヒーカップで試してみたが十分実用となる


コーヒーの実地テストの後、金属製の計量カップに200ccの水を入れカップウォーマーの設定を5にして置いてみた。
その結果、約10分後に非接触温度計で水の温度を測ってみるとすでに90℃に達し、さらに数分で93.6℃を示した。これはウォーマーというより小さなクッキングヒーターである。

最後に、コーヒー…コーヒーと記してきたが無論緑茶だったり紅茶あるいはミルクなどなど温かい飲み物を楽しむのにも最適なアイテムであることは申し上げるまでもない。




ラテ飼育格闘日記(752)

春は雨も多い…。天気の良き日はラテとの散歩も気持ちが良いが雨の日は憂鬱である。自分が濡れるのはほとんど気にならないが(程度によるけど)ラテを本格的に濡らしてしまうと後始末が実に大変だからだ。そして当然雨の日は傘を必要とするが、近年この傘を差すのも実に辛い。


使っている傘はいわゆるビニール傘だが直径が大きめのやつだ。それはラテと相合い傘なので小型の傘では役に立たないからだが、さらに風に強いようにと傘の骨がカーボン製のものを使っている。
透明のビニール傘であるのは当然のこと視界を塞がないようにとの安全配慮のためだが、一般的なビニール傘の欠点は壊れやすいことで、一度おちょこになれば使い物にならなくなってしまう。

その点、カーボン製の骨の傘はおちょこになっても折れたり壊れたりしにくいので愛用しているわけだが、オトーサンの手は基本腱鞘炎と加齢の合併で特に力を使う風の強い日などは柄を保持するのが辛いのだ。その上、もう片方の手には傘より力がいるラテのリードを保持するわけで、嗚呼…思っただけで嫌だ(笑)。
さらにさらに、夜ともなれば照明も必要だから小型で強力な懐中電灯を持参することになるわけで、これはもう苦行でしかない。
そんな風にときに大変な散歩だが、何度も記すもののラテと歩いているとなかなかの確率ですれ違う方々から声がかかる。

もともと年配の方の中には見知らぬ人に対しても「おはようございます」の挨拶をし合う方が多い。亡くなった大正生まれの母などは旅行に行っても触れ合う人たち誰彼構わずに声をかけるのでひやひやものだった(笑)。
そして他の地域は知らないがオトーサンが住んでいる地域もお若い方はともかく、年寄りは挨拶をする場合が多いようだ。オトーサンだって年寄りだが誰も彼もに対して無闇に声をかけることはしないものの同じマンションの住人とは挨拶を交わすように心がけているし相手から声をかけられれば丁寧にお返しする。

そしてこれまた当該日記に多々書いているが、ラテと散歩しているとオトーサンにというよりラテがいるからこそ様々な声がけをいただくことがある。
無言であってもラテを見て笑顔のままに通り過ぎていく方もいるが、それだけでもオトーサンは嬉しい。またラテが家から出て10分も歩いていないのに歩道に座り込んでいると必ずといって良いほど「あら、疲れちゃったのね」とか「早く帰してもらいなさいな」といった声がかかる。なんだかオトーサンが無理矢理歩かせているようだが、ラテは疲れたのでも帰りたいのでもないのだ(笑)。

Latte752_01.jpg

※一休み中です


とはいえ人と人とは挨拶し合うのが自然でお互いに気持ちの良いことだが、ときにはそうでもないことも起きる。前記したように見も知らぬ方から「おはようございます」と声をかけてくださるのはそれがどなたであっても嬉しいことだが、覚えのない人から頭を下げられるのは…悩んでしまう。
例えば最近二十代後半ではないかと思われる男性から二度にわたり無言で頭を下げられた。
オトーサンは自分で言うのも烏滸がましいが、人の顔は記憶に留めておくことができると自負している。時に名前は失念しても会ったことがあるやなしやには自信があるが、その方には覚えがないのだ。

Latte752_05.jpg

※先日8年ほどぶりにお会いしたご婦人。向こうは忘れていたようだがオトーサンは覚えていた


無論誰しも人違いや勘違い・間違いはあり得る。オトーサンも昔日本橋を歩いていて中年の男性と目が合った。名前はともかくよく見知っていると咄嗟に会釈をして通り過ぎたが、どうにも誰かは思い出せない。その夜だったかNHKのニュース番組の後で天気予報が始まったのだが、なんと日本橋で会った人はその気象予報士だったのだ(爆)。

Latte752_03.jpg

※こちらは二年ぶりにであった女子。高校一年生になっていたがラテは差し出された手をペロリと舐めた


しかしオトーサンは有名人でも無ければTVに出ているわけでもないし散歩時にはキャップを被りマスクをしている。だから誰かと間違ったという可能性も大だが、同じ人から二度というのが気になるではないか。
また先日のこと不思議なことがあった。これまたラテと散歩時に前方から自転車に乗った老人(男性)がすれ違いざま「おめでとうございます」と頭を下げたのだ…。

Latte752_04b.jpg

※すれ違いざま「おめでとうございます」と頭を下げられた…?


勿論知らない方なのだから「こんにちは」でも変なのに「おめでとうございます」とは何ごとなのかとしばし頭を抱えてしまった。
咄嗟に回りを確認したが、オトーサンたち以外は誰もいない。
「こんにちは」というべきところを間違ったのか、失礼ながら痴呆症を患っている方なのかとも考えたが、一番あり得ることはオトーサンの聞き間違いだと思い、帰宅してから早速ウェアラブルカメラを確認してみた。

Latte752_02.jpg

※しっかりと歩いています!


そして音声を確認してみたが、やはり「おめでとうございます」と言っている。
なぜ「おめでとうございます」なのか…などと考えても結論は出ないのだが、気になるではないか…。で、ふと頭をよぎったのはポジティブに考えるべきであのお年寄りはもしかしたら「福の神」かも…と思うことにした。であるならば…と、近年当たるはずもないからと買わなかった宝くじを買ってみた(爆)。




広告
ブログ内検索
Macの達人 無料公開
[小説]未来を垣間見た男 - スティーブ・ジョブズ公開
GUI を再発明する: ポスト・ウィンドウ・インターフェイス序論
オリジナル時代小説「首巻き春貞」一巻から外伝まで全完無料公開
ラテ飼育格闘日記
最新記事
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

appletechlab

Author:appletechlab

主宰は松田純一。1989年Macのソフトウェア開発専門のコーシングラフィックシステムズ社設立、代表取締役就任 (2003年解散)。1999年Apple WWDC(世界開発者会議)で日本のデベロッパー初のApple Design Award/Best Apple Technology Adoption (最優秀技術賞) 受賞。

2000年2月第10回MACWORLD EXPO/TOKYOにおいて長年業界に対する貢献度を高く評価され、主催者からMac Fan MVP’99特別賞を授与される。著書多数。音楽、美術、写真、読書を好み、Macと愛犬三昧の毎日。マネキン造形研究中。2017年6月3日、時代小説「首巻き春貞 - 小石川養生所始末」を上梓(電子出版)。続けて2017年7月1日「小説・未来を垣間見た男 スティーブ・ジョブズ」を電子書籍で公開。
2018年春から3Dプリンターを複数台活用中。ゆうMUG会員