Apple、最も大きく先進的なディスプレイを搭載したApple Watch Series 7発表

Appleは本日、再設計された常時表示Retinaディスプレイを搭載したApple Watch Series 7を発表しました。一段と広くなった画面領域と細くなった外枠により、これまでで最も大きく最も先進的なディスプレイになっています。


AppleWatch7.jpg

この細くなった外枠により、Apple Watch自体の寸法の変更は最小限に抑えながら、ディスプレイの画面領域を最大化しています。Apple Watch Series 7のデザインは、四隅がより柔らかく丸みを帯びるように改良されています。新しいディスプレイは、縁で光を屈折させ、フルスクリーンの文字盤とアプリケーションがケースの曲面とシームレスに統合しているように見えます。Apple Watch Series 7ではより大きくなったディスプレイに最適化されたユーザーインターフェイスも採用し、読みやすさと使いやすさを向上させています。また、この新しいデバイスのためにデザインされた2つの新しい文字盤「輪郭」と「モジュラーデュオ」が加わります。ディスプレイの向上とこれまでと同様に一日中使える18時間のバッテリー駆動時間1に加え、33パーセント高速に充電できるようになりました。
Apple Watch Series 7はこれまでで最も耐久性の高いApple Watchであり、これまで以上に強く、耐亀裂性の高い前面クリスタルを備えています。また、Apple Watchで初めて防塵のためのIP6X認定を取得すると共に、WR50の耐水性能を維持しています。

最新のApple Watchは電気心拍センサーと心電図アプリケーション、血中酸素ウェルネスセンサーとアプリケーションなど、健康とウェルネスにとって欠かせないツールをこれからも提供し続けます。
watchOS 8は、新しいワークアウトの種類、新しいマインドフルネスアプリケーション、革新的なアクセシビリティ機能、Appleウォレットによるアクセス性の向上、ホームアプリケーションのより多くの機能、メッセージおよび写真アプリケーションの機能強化を通じて、お客様が健康で、アクティブで、つながり続けられるようにします。
Apple Watch Series 7には、5つの美しく新しいアルミニウムケースの仕上げ、様々な新色のバンドとスタイルが加わります。Apple Watch Series 7のすべてのラインナップはこの秋の後半に販売が開始されます。

Newsroom





最も人気が高いiPadがさらに優れたパフォーマンスと先進的な機能を提供

Appleは本日、新しいiPad(第9世代)を発表しました。パワフルなA13 Bionicチップを搭載し、一日中使えるバッテリーはそのままに、さらに優れたパフォーマンスと機能を最も人気が高いiPadで提供します。

iPad9.jpg

わずか39,800円(税込)からお求めいただける新しいiPadは、True Toneを備えた10.2インチRetinaディスプレイ、センターフレームに対応した12MPの超広角フロントカメラ、Apple Pencil(第1世代)とSmart Keyboardへの対応、直感的な操作を可能にするiPadOS 15、前世代と比べて2倍のストレージ容量が特長です。新しいiPadは本日からapple.com/jpで注文可能となり、9月24日(金)から販売が開始されます。

Newsroom




Apple、美しい新デザインで画期的なパフォーマンスを備えた新しいiPad mini発表

Appleは本日、より大きな8.3インチのLiquid Retinaディスプレイを搭載した、魅力的な4つの仕上げのパワフルな新しいiPad miniを発表しました。まったく新しいA15 Bionicチップを搭載した新しいiPad miniは、前世代と比べて最大80パーセント速いパフォーマンスをもたらし、これまでで最も有能なiPad miniとなりました。

iPadmini.jpg

新しいUSB-Cポートにより、より高速な接続が可能になり、5G対応のCellularモデルはさらに柔軟なモバイル環境でのワークフローをもたらします。新しい先進的なカメラ、センターフレーム、Apple Pencil(第2世代)への対応により、ユーザーは新しい方法で写真やビデオを撮影したり、大切な人とコミュニケーションを取ったり、クリエイティブなことを思いついたらすぐにアイデアを書き留めたりすることが可能になります。新しいiPad miniは本日から注文可能となり、9月24日(金)から販売が開始されます。

Newsroom





Apple、iPhone 13とiPhone 13 miniを発表

Appleは本日、iPhone 13とiPhone 13 miniを発表しました。この世界最高のスマートフォンの次世代モデルは、なめらかでフラットなエッジの美しいデザインを採用し、5色の魅力的な新しいカラーで提供されます。


iPhone13.jpg

どちらのモデルでも、iPhone史上最も先進的なデュアルカメラシステムなど、大きな技術革新の数々を採用しています。画素が大きくなり、センサーシフト光学式手ぶれ補正(OIS)を搭載した新しい広角カメラでは、明るさが足りない場面での写真やビデオがさらに素晴らしいものになります。
「フォトグラフスタイル」では、新しい方法でカメラを自分好みに設定できます。「シネマティックモード」は、ビデオを使った物語の表現を新しい次元に引き上げます。また、iPhone 13とiPhone 13 miniは、A15 Bionicによる超高速性能と優れた電力効率、より長くなったバッテリー駆動時間、さらに明るくなりコンテンツを生き生きと表示するSuper Retina XDRディスプレイ、Ceramic Shieldの前面カバーを採用した驚異的な耐久性、エントリーレベルで従来の2倍となる128GBのストレージ容量、業界最高クラスのIP68等級の耐水性能、先進的な5G体験を特長としています。
iPhone 13とiPhone 13 miniは、ピンク、ブルー、ミッドナイト、スターライト、そして(PRODUCT)RED1で提供されます。9月17日(金)から予約注文の受付を開始し、9月24日(金)から販売を開始します。

Newsroom




Apple、これまで以上にプロなiPhone 13 ProとiPhone 13 Pro Maxを発表

Appleは本日、スマートフォンでできることの限界を押し広げるiPhone 13 ProとiPhone 13 Pro Maxを発表しました。全面的に刷新された両モデルは、最大120Hzのアダプティブリフレッシュレートに対応し、タッチ体験をより速く、反応をより良くするProMotionを採用したSuper Retina XDRディスプレイを搭載しています。

iPhone13Pro.jpg

プロカメラシステムは、主要な他社よりもパワフルで比類のない性能を備えたA15 Bionicによって力を与えらえる、驚くほど美しい写真とビデオを撮影できる新しい超広角カメラ、広角カメラ、望遠カメラによって、かつてない大きな進歩を遂げています。
これらのテクノロジーにより、新しい超広角カメラでのマクロ写真撮影、新しい広角カメラで最大2.2倍向上した明るさが足りない場所でのパフォーマンスなど、iPhoneでこれまで不可能だった素晴らしい写真の新機能が実現します。
フォトグラフスタイルなどの新しいコンピュテーショナルフォトグラフィ機能によってカメラアプリケーションで写真の見た目をパーソナライズできるほか、どちらのモデルでもすべてのカメラでナイトモードを利用できるようになります。
ビデオは大きく飛躍し、美しい被写界深度の変化のためのシネマティックモード、マクロビデオ、タイムラプスとスローモーションを利用できるほか、明るさが足りない場所でのパフォーマンスもさらに向上します。
また、どちらのモデルも完結したプロのワークフローをドルビービジョンで提供し、初めてProResに対応します。これが可能なのはiPhoneだけです。iPhone 13 ProとiPhone 13 Pro Maxは、より多くの周波数帯に対応し、より広いエリアをカバーする5Gも搭載し、バッテリー駆動時間が大きく向上してiPhone 13 Pro MaxではiPhone史上最高のバッテリー駆動時間となり、新しい1TBのストレージ容量が提供されるほか、他のどのスマートフォンのガラスよりも強靭なCeramic Shieldの前面カバーを備えています。
iPhone 13 ProとiPhone 13 Pro Maxは、グラファイト、ゴールド、シルバー、そしてまったく新しいシエラブルーの美しい4つの仕上げでお届けします。予約注文は9月17日(金)から開始し、販売は9月24日(金)から開始します。

Newsroom



広告
ブログ内検索
Macの達人 無料公開
[小説]未来を垣間見た男 - スティーブ・ジョブズ公開
GUI を再発明する: ポスト・ウィンドウ・インターフェイス序論
オリジナル時代小説「首巻き春貞」一巻から外伝まで全完無料公開
ラテ飼育格闘日記
最新記事
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

mactechlab

Author:mactechlab

主宰は松田純一。1989年Macのソフトウェア開発専門のコーシングラフィックシステムズ社設立、代表取締役就任 (2003年解散)。1999年Apple WWDC(世界開発者会議)で日本のデベロッパー初のApple Design Award/Best Apple Technology Adoption (最優秀技術賞) 受賞。

2000年2月第10回MACWORLD EXPO/TOKYOにおいて長年業界に対する貢献度を高く評価され、主催者からMac Fan MVP’99特別賞を授与される。著書多数。音楽、美術、写真、読書を好み、Macと愛犬三昧の毎日。マネキン造形研究中。2017年6月3日、時代小説「首巻き春貞 - 小石川養生所始末」を上梓(電子出版)。続けて2017年7月1日「小説・未来を垣間見た男 スティーブ・ジョブズ」を電子書籍で公開。
2018年春から3Dプリンターを複数台活用中。ゆうMUG会員