HomePod、8月23日(金)より日本で販売開始

Appleは革新的なワイヤレススピーカー、HomePodが、日本で本日(8月16日)より予約注文開始し、8月23日(金)より販売開始となると発表。HomePodはどこに置いても素晴らしいオーディオクオリティを提供し、Appleが開発した独自のオーディオテクノロジーと高度なソフトウェアの組み合わせにより、部屋を満たす高精度の音を提供する。


HomePod_20190816.jpg

HomePodはSiriとApple Musicのサブスクリプションと連動して、これまでにないリスニングの体験を創造する。また、ボイスコントロール対応デザインとなっているため、大音量で音楽を再生中でも部屋の反対側から「Hey Siri」と呼びかけて操作することができる。

HomePodは、Appleが開発したオーディオテクノロジーと先進のソフトウェアを組み合わせ、小型のスピーカーのための新しいオーディオクオリティースタンダードを確立した。自動室内センシング技術を用いて、HomePodは部屋の中の自らの位置、例えば部屋の隅に置かれているのか、テーブルの上に置かれているのか、あるいは本棚に置かれているのかをすぐに学習し、どこに置かれていてもほんの数秒で没入感のあるリスニングの体験を提供できるように最適化する。
HomePodは、深みのあるクリーンな低音を実現するAppleが設計したウーファー、信じられないほど優れた指向性制御でピュアな高周波音を出す7つのビームフォーミングツイーターのカスタムアレイ、そしてパワフルなテクノロジーを組み込み、原音の豊かさと意図を忠実に再現する。

Newsroom




Instagram、投稿の「いいね!」数を非表示にするテストを日本でも実施

Instagramは7月19日、投稿の「いいね!」数と動画再生回数を非表示にするテストを、日本を含む一部の国において実施すると発表した。このテストは、コミュニティに「いいね!」の数ではなくInstagram上でのつながりやシェアする写真や動画の内容を重視してもらいたいという思いから実施するもので、対象となるアカウントのフィードやプロフィール画面などの全ての写真・動画に対する「いいね!」数と動画再生回数が、投稿した利用者本人にのみ表示されるようになる。


Instagram20190719.jpg

投稿上の「XXXさん他が『いいね!』しました」ををタップすると、引き続き自分の投稿に付いた「いいね!」数と動画再生回数を確認することができ、どのアカウントが「いいね!」したのかも一覧で確認することができる。
本テストは今年5月にカナダで開始し、コミュニティからのフィードバックを収集していたが、より多くの国と地域の利用者に与える影響を学ぶため、Instagramにとって重要市場の一つである日本でもテストを実施することになった。今回のテストから得られる新たな学びを活かし、今後もInstagramが家族や友だちとの距離を縮め、自分の趣味・関心、お気に入りのビジネスとのつながりを深める場になるよう、様々な取り組みを続けていくという。

ニュースルーム



Instagram、第25回参議院選挙に向けて「選挙スタンプ」を日本初ローンチ

Instagramは2019年7月18日(木)、第25回参議院議員選挙が21日に行われるのを受け、若い世代の選挙への関心・関与を高めるための「選挙スタンプ」を、日本で初めてローンチすると発表。


Instagram20190718.jpg

選挙スタンプは昨年11月に中間選挙に合わせて米国で初めてローンチした機能で、Instagramストーリーズで使える期間限定のスタンプです。今年に入ってからはオーストラリア、インド、インドネシアなどの国でも現地の選挙に向けて導入してきた。
投稿が24時間で消えるストーリーズは、気軽に自己表現したり、日常の瞬間をシェアしたりするのに欠かせない機能で、日本ではデイリーアクティブアカウントの70%が利用するほどに浸透している。若い世代の利用者にも日常的に使われているため、若年層の投票率向上の一助になればという思いから、日本でも選挙スタンプをローンチするとのこと。

デザインを手がけたのは、若い世代から高い支持を得ており、自身も現役美大生である美術家のmonetさん(@arturtle128)。投票日をリマインドして参加を呼びかけたり、投票したことをフォロワーに報告したりするときに使えるよう、3種類のスタンプをデザインした。
また、他の人がシェアしたストーリーズ投稿に選挙スタンプが含まれる場合、スタンプをタップすると第25回参議院選挙の特設サイトに飛び、選挙の概要や投票方法などの情報を知ることができる。

使い方は以下の通り:
● ストーリーズの投稿画面でスタンプトレーを表示し、「投票完了」のスタンプを選択。スタンプをタップし、デザインを変更することも可能
● 写真や動画にスタンプを貼り、ストーリーズに投稿
● 他の人がシェアしたストーリーズ投稿に選挙スタンプが含まれる場合、スタンプをタップすると「https://2019senkyo-sanin.go.jp/で参議院選挙の公式情報を見る」というメッセージが表示される。タップすると、参議院選挙の特設サイトが表示

さらに、選挙への参加を促すため、7月20日(土)午前より「投票しよう📝」ストーリーズがアプリ内に表示される。利用者がフォローしているアカウントが選挙スタンプを使った場合、それらの投稿が「投票しよう📝」ストーリーズとして表示されるため、家族や友人、お気に入りのクリエイターなどがどのように選挙にまつわる瞬間をシェアしているのかを、スライドショーのような形式で見ることができる。

選挙スタンプ、「投票しよう📝」ストーリーズは7月22日(月)午前7時まで利用可能。なお、先日発表したように、Facebookでも投票に行くように呼び掛ける機能「投票者メガホン」が参議院選挙投票日当日の7月21日(日)に利用者のニュースフィードに登場する。選挙への参加を促すだけでなく、「投票したことを友達に知らせよう」と書かれたボタンを押すことで簡単に投票についてシェアすることが可能。

ニュースルーム




Apple、この秋iPhoneに やって来る新しい絵文字をプレビュー

世界絵文字デーを祝い、Appleはこの秋登場する新しい絵文字のセレクションをプレビューし、食べ物、動物、アクティビティやスマイリーフェイスといった人気カテゴリーに加わる楽しくわくわくするようなものと共に、これまで以上の多様性をキーボードにもたらす最新のデザインを披露する。


apple_emoji.jpg

カップルや恋人同士を表すのに良く使われる、手を繋ぐ絵文字が大きくアップデートされ、性別に加え、肌の色を自由に組み合わせて、手を繋いでいる人たちをカスタマイズすることができるようになり、75以上の組み合わせが可能になる。

昨年Appleは、より障害者をテーマにした絵文字を導入するようにユニコードコンソーシアムに提案した。これに続き、盲導犬、補聴器を付けた耳、車椅子、義手そして義足が新たに絵文字キーボードで使えるようになる。あらゆる形が存在する多様性を賛美することはAppleの価値観に不可欠であり、これらの新しい選択肢は絵文字キーボードの重要なギャップを埋めるのに役立つ。

これ以外の多くの絵文字カテゴリーにも、あくびをする新しいスマイリーフェイス、ワンピースの水着、ワッフル、ファラフェル、バターとガーリックといった新しい食べ物や、ナマケモノ、フラミンゴ、オランウータンにスカンクといった新しい動物を含む楽しいアップデートが施されている。

この秋、iPhone、iPad、MacそしてApple Watchの無料ソフトウェアアップデートで59の新しい絵文字デザインが使えるようになる。現在、感情を表すスマイリーフェイス、ジェンダーフリーキャラクター、より多くの職業、様々な衣服の選択肢、食べ物のタイプ、動物、架空の生き物など、何千もの絵文字を使うことができる。新しい絵文字はユニコード12.0で承認されたキャラクターに基づいて作成されている。

Newsroom




Apple、MacBook AirとMacBook Proをアップデート

Appleは本日、MacBook Airと13インチMacBook Proエントリーモデルをアップデートした。MacBook Airは、True Toneテクノロジーの採用で画面の見え方がより自然になったRetinaディスプレイを新たに搭載しながら、価格を従来より引き下げて119,800円としたほか、学生·教職員の皆様はさらにお得に109,800円で購入できる。


applenews_20190709.jpg

また、13インチMacBook Proエントリーモデルは、価格を139,800円に引き下げながら、最新の第8世代クアッドコアプロセッサを搭載して前モデルの2倍の性能アップを果たし、新たにTouch Bar、Touch ID、True Toneテクノロジー対応のRetinaディスプレイ、Apple T2 Securityチップも搭載した。こちらの学生·教職員向け価格は129,800円となる。

すっきりと洗練された持ち運びしやすいデザイン、Retinaディスプレイ、日々の作業に十分なパフォーマンス、丸一日使い続けられるバッテリーを備え、macOSが稼働するMacノートブックは、いずれも高等教育の現場で圧倒的な人気を誇り、大学生を対象とする市場調査会社 Student Monitor のデータによれば、米国の大学生のうちノートブック購入者の約60パーセントがMacを所有しているとのこと。

Newsroom




広告
ブログ内検索
Related websites
Macの達人 無料公開
[小説]未来を垣間見た男 - スティーブ・ジョブズ公開
オリジナル時代小説「首巻き春貞」一巻から完結編まで全公開
ラテ飼育格闘日記
最新記事
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

appletechlab

Author:appletechlab

主宰は松田純一。1989年Macのソフトウェア開発専門のコーシングラフィックシステムズ社設立、代表取締役就任 (2003年解散)。1999年Apple WWDC(世界開発者会議)で日本のデベロッパー初のApple Design Award/Best Apple Technology Adoption (最優秀技術賞) 受賞。

2000年2月第10回MACWORLD EXPO/TOKYOにおいて長年業界に対する貢献度を高く評価され、主催者からMac Fan MVP’99特別賞を授与される。著書多数。音楽、美術、写真、読書を好み、Macと愛犬三昧の毎日。マネキン造形研究中。2017年6月3日、時代小説「首巻き春貞 - 小石川養生所始末」を上梓(電子出版)。続けて2017年7月1日「小説・未来を垣間見た男 スティーブ・ジョブズ」を電子書籍で公開。ゆうMUG会員