ラテ飼育格闘日記(725)

毎年10月になると「ラテ飼育格闘日記(723)」でも記したが引越のことを思い出す。ただし前回ご紹介した2013年と違い2006年の10月は単なる引越ではなく、そもそも我が家にワンコを迎え入れようと決心した記念すべき引越だった。


その3年前のことだが14年続いた会社を清算し、やっと気持ちも落ち着いてきた時期だったが、糖尿病の治療を続けていたもののそのせいだけではなく気力が失せていく自分に気づいていた。
お陰様で仕事は個人になってもいくつか声をかけていただいたし、またいまは亡き父が入退院を繰り返していた時期でもあって気は張っていたが気力が薄れていたというべきか…。

Latte725_01.jpg

※涼しくなったのでラテも大分楽そうだ


その随分と前からオトーサンは「ワンコを飼いたい」と呟く日があったが、これまでまったく経験の無いことでもあったし、なによりも女房がワンコだけでなく生き物が苦手ということで実現しなかった。しかしいま想像するにオトーサンの覇気がないことを気遣ってくれたのだろう…女房の許可が下りた!

Latte725_04.jpg

※今日も近くの公園には子供たちが沢山遊んでる


ただしことは簡単ではなかった。なにしろそのとき住んでいた埼玉県川口市のマンションはワンコを飼うのが禁止だったのである。しかし可笑しな事に隣からワンコの吠え声が聞こえる(笑)。早速管理者に問い合わせて見ると、ワンコ禁止になったのはほんの数年前のことだという。飼い主の不始末、あるいは気遣いが足りないのか他の住民からの苦情も多く、組合員の投票の結果禁止になったという。

しかしこれまで飼ってきたワンコを手放せ…というのは現実的ではないからと現状のワンコは許可するものの、新規に飼うことは禁止となったのだという。
それではオトーサンたちが考えなければならないことは住居を変えることだ。当然のこと、近隣でワンコを飼える住居をと多々探して見たが納得できる物件は見つからなかった。

Latte725_02.jpg

※ダブルリードをまたまた替えました ^^;


それならば思い切ってワンコを飼うのにも良い地域を探そうと考えたが、ひとつ考慮しなければならないことは女房の通勤に支障がないことは必須だった。
結局女房がネットで探したのが東京都多摩市永山…にある戸建て形式のテラスハウスだった。早速2006年の10月に賃貸契約を結んだものの、どうしたことか肝心のワンコが見つからない(笑)。

ネットで保護犬のボランティアをされているホームページなどを活用しようと考えたものの要領が分からずチャンスをいくつか逃していた。
ともあれ、それからあっと言う間に14年が過ぎた。ラテを迎入れた日からオトーサンの思いつきで散歩にはデジカメを持参しとにかく記録としての写真を撮っていこうと決めた。そして当該日記も始めることにした。
いま思うと勢いというものは恐ろしいが、もしこのラテ日記や膨大な写真データがなければ怒濤のように過ごした日々がどのようなものであったかなどすでに記憶が薄れていたに違いない。

Latte725_05.jpg

※右後ろ足を庇うためか、こんな変則的な座り方となった…


ただし正直言えばワンコを飼うと言うことは思っていた以上に大変なことだ。生き物を飼うと言うことはその生涯をきちんと責任持って見守ることだ。
確かにワンコは頭の良い動物だが、話せばすべてを理解するわけではない(笑)。根気強く相対していかなければならないし信頼を勝ち得なければ良い飼い主とワンコとの関係は築けない。
ともあれ様々なワンコに関する情報を見ていると、個性はあるものの人間に寄り添う動物はやはりワンコが一番であろう。

Latte725_03.jpg

※ソーシャル・ディスタンス?


ラテを見ていると「本当はすべてを知りつつ、知らないフリをしていのでは?」と思うときも多々ある。モノを言わなくても表情と態度で何を求めているかはわかるようになった。しかしオトーサンたちがラテを理解している以上にラテはオトーサンたちの言動に敏感のような気がする。
14年といえば赤ん坊が中学生になるほどの期間だ。決して短い時間ではないはずだが、現在の感覚としては本当にあっと言う間に思えるのは何故なのだろうか…。



ラテ飼育格闘日記(724)

秋らしい陽気になったが、ラテは遠出が出来ないから必然的に近所の公園に出向くことになる。特に夕方の散歩は雨でも降らない限りはその公園に足を向ける…。なぜならそこには日によって違うものの、多くの子供たちやラテを可愛がった下さる方々がいらっしゃるからだ。


そうした日々の中でも子供たちのラテに対する反応は実に面白くオトーサンを楽しませてくれる。いや、時には困らせてくれる(笑)。
またラテの存在は間違い無くオトーサンの社交の鍵にもなってきた。ラテがいなければ爺さん一人が散歩をしていても誰も声などかけてはくれないだろう。いや、第一ラテがいなければそもそも散歩などしない…。

Latte724_01.jpg

※ラテと散歩していると様々な方が声をかけてくださる


現在嬉しいことに家族ぐるみでお付き合いをいただいているご近所のKファミリーとの切っ掛けはラテとそのご家族の長女Aちゃんとの出会いからだった。2013年の10月に現在の住居に引っ越しした訳だが、その翌年近所の公園で初めてAちゃんと出会った。Aちゃんはそのとき、幼稚園の年長組であったが出会った途端、Aちゃんはラテに跨がったもののラテはまったく怒らなかった。
それ以来、ラテと仲良しになってくれて現在に至っているが、Aちゃんは来年中学生である。そして大人の方には吠えるのが定番だったラテもしばしば近寄ってくださったAちゃんのオカーサンともその口元を舐めるまでになったのだ。

Latte724_03.jpg

※久しぶりに大好きなAちゃんの口元を舐めるラテ


世相で子供が少ないとは言え、公園には結構な人数の子供たちが集まるが、男の子の多くはサッカーを楽しんでいるしサッカークラブに入っているとかでとても上手な小学生も多い。その中に混じり、女の子たちが駆け回っているのも微笑ましいがラテはサッカーボールが嫌いなので近寄ることはできない。
たまたま蹴り合ったボールがラテの近くに来ると、「ラテはサッカーボールが嫌いだから近くに蹴ってはだめだよ」と言ってくれる子供もいる。

Latte724_04.jpg

※友達との遊びを中断して駆け寄ってくれる男子


そうした男の子たちの中でもラテの姿を認めると、遊びを中止して駆け寄ってきて頭をひと撫でして戻る子がいたり、休憩時にラテの眼前に座り込んでラテに顔を舐めさせる子もいてラテのよい刺激と喜びになっている。
とはいえ多くの子供たちの中でラテに近寄るのは女子…それも低学年の子供が多い。それでも最近の子はなかなかに礼儀正しく「触っていいですか」と聞いてくる。

Latte724_05.jpg

※「歩きたくない!」と抵抗…


なかにはやはりワンコが少々苦手の子もいるが、友達がラテの背や頭を撫でているのを見て自分も触ってみたいと思うのだろう。オトーサンに「噛まない?」と聞く子もいる。そんなときオトーサンは「虐めなければ噛まないよ」と答える。
幸いラテは子供たちにはとても寛容なので尻尾を掴まれても耳を少し引っ張られても怒らないがそこは限度もある(笑)。特に低学年の子供たちに囲まれてモミクチャが続くと顔を背けたりアクビが多くなる。そうなるとオトーサンは「はい、ありがとうね。ラテは少し疲れた様だから歩くね」と言って子供たちの手から解放する。

Latte724_06.jpg

※朝起きがけに女房の枕に頭を乗せて微睡む


これまでそうした際にラテが唸ったりしたことはないが、ワンコのアクビは緊張のバロメーターでもあるので念のためである。
夕方に公園に行くと「ラテちゃん!待ってたよ」と駆け寄ってくれる子もいるが、そうした子供たちも歳を重ねて小学校の高学年になるとさすがに興味はワンコより同級の友達たちに向かい、滅多にラテには近づかなくなる。少々寂しいがそれが正常な成長というものなのだろうし、面白いもので離れていく子もいれば新しい低学年の女子が集まってくる。

そもそも以前の住居のときに広い公園でラテと走り回ってくれたり、ダルマさんが転んだ等の遊びに「ラテも入りな」と誘ってくれた幾多のこどもたちはすでに皆社会人だ。隔世の感があるが、そうした子供たちの記憶の隅にでも子供の時にラテという雑種のワンコと遊んだ…ということが残ってくれたらオトーサンもラテも嬉しい。




ラテ飼育格闘日記(723)

残暑が厳しかった9月も終わり10月に入った。10月というと7年前になるが同じ多摩市内ではあるものの、現在のマンションに引っ越ししたときのことを思い出す。2013年の10月は実に忙しいひと月だった…。


引越を決めたのはその前月だが9月の20日過ぎから10月末まで実に慌ただしい時期となった。引越のための荷造りはもとよりだが、それまで7年ほど済んでいた借家の契約解除手続きから引っ越し先の管理不動産に何度も足を運び、引越業者に見積をとる…。

Latte723_01.jpg

※さすがにラテも随分と落ち着いたワンコになった


同時に電気水道ガスの住所変更手続きやインターネット関連の変更手続きなど引越の定番となる作業を粛々とこなしていた矢先、親戚の不幸があり急遽葬儀に出なければならなくなったりもした。
そもそもが秋という季節はなにか新しい行動を起こしたくなる季節なのだろうか…。それまで経験がなかったワンコを飼うという決断をしたのも2006年の秋だったし里親会なる場所に初めて出向いたのも同年11月のことだった。

Latte723_02.jpg

※力はあまり入らないが右後ろ足を地面に着けて歩いている…


引越の日が近づくにつれダンボールの山が高くなっていったが、ラテはその隙間を遊び場と間違えたと思うほど走り回ったりした。
ひとつオトーサンたちが心配したことは、7歳になっていたラテが新しい環境に馴染んでくれるかどうかだった。聞いた話しでは引っ越し先で食事を取らなくなったり、睡眠不足になるワンコもいるという…。

ということでオトーサンたちはまだ荷物ひとつもない新居にラテを連れていくことにした。少しでも早く慣れて欲しいと思ったからだ。
興味を引くようにと愛用のボールもバッグに忍ばせ、徒歩だと30分程度かかる引っ越し先に散歩を兼ねて連れて行った。ラテが真新しい室内に入ったらどんな態度になるのか、期待と不安を胸に抱きながら(笑)。

Latte723_04.jpg

※ラテのボディに顔を埋めるAちゃん


どの部屋にもダンボール箱ひとつもない真っ新の部屋の玄関に立ったラテは一瞬たじろいだろうに見えたが、オトーサンがボールを投げるとラテはためらいなく走り出した。
その後はオトーサンたちが心配したのが嘘のようにラテは嬉しそうに部屋中を駆けずり回ったり、女房が自分の部屋にする予定の一室に入るとその後を追ったラテは、開けた窓に両前脚をかけて立ち上がり女房の隣で外を覗き込んだりもした。

Latte723_03.jpg

※窓の外を覗き込むラテ


要は我々の心配は奇遇に終わった。ラテがどのように感じたのかは無論分からないが、嫌がることはまったくなかったのだ。
その数日後、実際の引越に際してラテがいては作業の邪魔になるし怪我でもさせたら大変だからと前日の夕刻に初めてペットホテルで一泊させたことも忘れられない記憶の1シーンとなった。

何故なら、引越が終わった翌日の夕刻にラテを引き取りに行ったが、係りの女性がいうには昨晩とその日の朝の食事および水飲みは一切取らず、短い散歩をしたにも関わらず排泄は一度もしてくれなかった…と言うのだ。
初めてオトーサンたちと離れたラテはもしかしたら捨てられたのかも知れないと思ったのだろうか、係りの女性を心配させるほどかたくなに縮こまっていたという。

Latte723_05.jpg

※散歩は休憩時間が多くなった ^^;


その話を聞いたオトーサンは涙ぐんだがそのときに連れ出されて来たラテがオトーサンを認めて奇妙な歓喜の声を聞いたとき思わずしゃくり上げてしまった。それは呻きとも喜びとも、また責める意味もあったのかもしれない「ギエ〜ッ」といった一声を上げて飛びついてきたが、いまでも耳の底にその声がこびりついている。

それから早くも7年になる訳だが14歳になったラテはその頃の体力はないしやはり歳なのか、かなり落ち着いたし、オトーサンに対してもベタベタすることはほとんどなくなった。
正直少々物足りないが、老犬は幼犬のときの可愛らしさとはまた違う愛しさが増している昨今なのである。



ラテ飼育格闘日記(722)

やっと涼しさを体感できる季節になった。外気温19度の朝の散歩がこれほど快適か、久しく忘れていた感じだ。とはいえ猛暑は去ってもラテの右後ろ足の具合は相変わらずなので遠出は出来ず、朝の散歩は30分程度そして夕方は近所にある馴染みの公園を一回りして戻るという日々だ…。


Latte722_01.jpg

※ラテはお陰様で機嫌良く散歩に出る


問題の右後ろ足だが、外歩きしているときは一見きちんと機能しているかに見えるときもあるが時にその足を上げたままだったりと機能は戻っていない。
しかし自力でなんとか歩けるだけ有り難いと思わなければならなが、室内で横になっているとき、その右後ろ足を撫でたり、いわゆる太腿を軽く握ったりするとその衰え具合がわかる。

Latte722_02.jpg

※長毛に覆われているので見た目にはあまり目立たないが、右後ろ足の筋肉はかなり衰えているようだ


なぜなら左後ろ足と比較すると見るからに筋肉が薄くなっているからだ。この数ヶ月、足の筋肉をフルに使っていないとこれほどにも違うのかと驚くが、それでも少しは地に足を付けて足を支えたりもしているのでこの程度で済んでいるのかも知れない。

とはいえ、全体重をかけての「動かないわよ」的なパワーの強さはまだまだ衰えていないようだ。本来なら散歩時のリードは首輪につける方がコントロールが楽なのだが、いまはハーネスを使っており、そこにリードを付けているわけだが、これが時にして大変具合が悪い…。

Latte722_04.jpg

※ご近所のご主人にご挨拶 ^^


ハーネスを使わざるを得ないのはラテの体を支えるためだ。階段の上り下りなどは少しは慣れたとは言え不自由な足ではなかなかに100%自力てでは難しい場合があるから、オトーサンがハーネスに繋いだリードを適宜持ち上げてラテの負担を軽くするためだ。
ただし、ハーネスにも様々なタイプがあるのだろうが、リードを繋ぐD管はかなり背の側に位置している。無論そうでなければリードを上に引いたとき、ラテの腹に回っている帯で体重を支えるわけでこの位置が首側や腰にあってはバランスが悪く役に立たない。

無論首輪にリードの状態で体を支えるほど引いては喉が締まってしまうからこそハーネスを使っているわけだが、ラテのコントロールという役割からするとこのハーネスはかなり使いにくいのだ。
例えばラテが拾い食いをしようとしたとき(実際はすでに拾い食いはしないが)リードが首輪にある状態ならツンと引けばその力は直接ラテの首に伝わり、マズルを対象から外すことができる。それも特に力を加えずに…。しかしハーネスではそうはいかないのだ。

Latte722_05.jpg

※ラテのレッドカーペット(笑)


前記したようにハーネスのリードを繋ぐ位置は背中にあり、ここをツンと引いただけではラテのマズルを外したり、方向転換させる力にはならない。したがって体全体を持ち上げる感じで19kg近い体重のラテを制御するとなると正直瞬時には難しいのだ。
オトーサンはまだまだ片手でラテの体を浮かせるほどの力は保持しているが、これが度々ではなかなかに辛いものがある。

ということで今般新しいリードを手に入れることにした。
実は前々から考えていたことではあったが、先日散歩中に柴犬を連れている飼い主さんを見かけた。そのワンコが首輪とハーネスの両方にリードが掛かり、二本のリードが途中で一本になって飼い主さんが保持…という場面に出くわした…。

Latte722_03.jpg

※新たに購入してみたダブルリード


調べて見るとこの種のリードは二頭一緒に散歩させるためのリードとして多種多様なものがあることが分かったので良さそうなものを買ってみた…。
手に入れたものは一本のリードを中央付近で別の一本のリードでT字のようにカバーしており、ラテの場合首輪側とハーネス側の長さが簡易的に調整ができるという製品だった。

一時的に二本のリードをそれぞれに付けて試したこともあったが扱いが煩雑で難しい事から断念していたが、これなら少し慣れれば使いこなせると確信し早速実践している。
無論これを有効に使うにはその場面場面で首輪側を引くかハーネス側を引くかを瞬時に選択する必要があるが、全長も1.2mと短めであることも関係し使いこなすことが出来そうだ。
ともあれラテもいまは何ごとかと思っているかも知れないが、これまた早々に慣れてくれるだろう。




ラテ飼育格闘日記(721)

ラテを足掛け3ヶ月ぶりに美容室へ連れて行った。ボディや顔はそうそう毛の伸びが目立たないが、四つ脚やお尻周りがかなり伸び、特に足先は大げさに言うと筆先みたいにボーボーになってしまった。見た目の悪さだけでなく掃除もやりにくいし無論汚れやすい。


またお尻周りの毛が伸びるとバッチイ話で恐縮だが、便をしたときにくっついたりする可能性も大きくなる…。手足の毛の伸びくらい自分で…と思われるかも知れないが、これはなかなか難しい。
当初ワンコ用のバリカンや爪切りなどを揃えて意気込んだオトーサンだが、見栄え良く刈るのは至難の技だし肉球の間などは程度問題素人にはなかなかに難しい。

Latte721_01.jpg

※何故か…ご機嫌


さらに美容室はトリミングだけのためにお願いするのではなく、いつものコースだとトリミングは勿論、シャンプー、爪切り、耳掃除、肛門腺絞り、歯磨きなども一緒にお願いしているのでラテの健康を維持するひとつの良策なのだ。

ただ13年間行きつけの美容室だが、最近はなかなか思ったように予約が取れなくなった…。今回も8月の22日だったかに店頭を通ったついでにと予約を入れようとしたが間近の日程は取れなかった。
やはりその大きな要因は近年ワンコを飼う人が増えたからに違いない。
そして何とか予約を取った三日後だったか、いつもの公園に向かうと未就学児童と思われる女子2人組が近づいて来た。

Latte721_02.jpg

※特に四つ脚の毛が伸びると見栄えが悪いだけでなく汚れやすいし


どうやらうち1人はワンコを飼っているらしく「わたしは犬に詳しいの…」とラテに手を伸ばしたが、何度か背中を撫でてくれた後に「おじさん、この子…毛が伸びてるね」と言う…(笑)。
オトーサンは「そうだね。だから美容室に予約を取ったんだよ」というと納得したように笑顔になった。やはり女の子はそうしたことにも気が回るんだとオトーサンは苦笑した。

予約の当日が来た。予約の時間は11時だったが10分前に自宅を出た。どういうわけかラテは動物病院より美容室が嫌いなようでいつも震えてオトーサンにしがみついたり、ある時にはオシッコをしてしまったりもするので念のため店内に入る前に排泄を済ませようとする作戦だ。

Latte721_05.jpg

※ラテは揉みくちゃ(笑)


勿論中途半端な時間に外に出ればラテはすぐにそれと察してしまうが、最近はラテも加齢のためにオシッコが近くなったこともあり、昼時にも5分、10分だけ連れ出すようにしているから疑られないかも…と思ったが、大したもので?早くも尻尾が半分下がっている(笑)。

それでも嫌がるラテを引きずるようにしながら美容室に向かうが、面白い事に店が見えてくる頃になるとラテの歩くスピードが速くなる。普段は足が悪い事もあってオトーサンより前に出ることはまずないのだが、歩くスピードを速めて前へ前へと進む。
思うに、出来ることなら少しでも早く店の前を通り過ぎたいという願望なのだろう。すでに尻尾は完全に下がってしまったもののそそくさと美容室前を通り過ぎようとオトーサンの数歩先を進む。

いつものことだがオトーサンはリード1本でラテの体を店内に引き入れるわけだが、ちょっぴり心が痛む。
ラテを預けて受付で手続きをしていると店の女性が「狂犬病予防とワクチン接種の月日を後で教えてください」という。初めてのことなので何ごとかと聞けば、当局より狂犬病予防とワクチン接種をしていないワンコは扱わないようにとのお達しがあったとか…。

Latte721_03.jpg

※今回狂犬病予防とワクチン接種の月日を求められた


確かに廻りにワンコは増えたが、それらの中には鑑札を取っていなかったり狂犬病予防注射をしていないワンコも多いらしい。ペット美容室はワンコとトリマーが一対一で作業をする訳だから中には甘噛みにしろ手などを傷つけられるケースもありうるから遅きに失する感もあるものの良いことだと思う。

さて、預けて3時間近くになってオトーサンのiPhoneが鳴った。ラテの一切が終わったとのこと。早速オトーサンは引き取りに出かけたが、料金を支払う際、受け取る領収書の備考欄に体重が明記されている。ふと見ると18.9kgとあったが前回は19.1kgだったからまた200g減量になったことになる。
18kg台は数年ぶりの快挙だ…。

Latte721_04.jpg

※美容室から戻っていつも感心するのがお尻周りのカットの巧みさだ…


また領収書の備考欄には別途、首周りの毛量が減って部分カットする手間が減ったので550円料金を差し引くと書かれてあった。
少しでも料金が安くなるのは歓迎だが、毛量が減って…というのは些か寂しく複雑な思いでオトーサンはラテを連れて帰路についた。



広告
ブログ内検索
Macの達人 無料公開
[小説]未来を垣間見た男 - スティーブ・ジョブズ公開
オリジナル時代小説「首巻き春貞」一巻から外伝まで全完無料公開
ラテ飼育格闘日記
最新記事
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

appletechlab

Author:appletechlab

主宰は松田純一。1989年Macのソフトウェア開発専門のコーシングラフィックシステムズ社設立、代表取締役就任 (2003年解散)。1999年Apple WWDC(世界開発者会議)で日本のデベロッパー初のApple Design Award/Best Apple Technology Adoption (最優秀技術賞) 受賞。

2000年2月第10回MACWORLD EXPO/TOKYOにおいて長年業界に対する貢献度を高く評価され、主催者からMac Fan MVP’99特別賞を授与される。著書多数。音楽、美術、写真、読書を好み、Macと愛犬三昧の毎日。マネキン造形研究中。2017年6月3日、時代小説「首巻き春貞 - 小石川養生所始末」を上梓(電子出版)。続けて2017年7月1日「小説・未来を垣間見た男 スティーブ・ジョブズ」を電子書籍で公開。
2018年春から3Dプリンターを複数台活用中。ゆうMUG会員