ラテ飼育格闘日記(760)

お陰様でラテは15歳の誕生日を無事迎え、幸いなことにいまのところ元気である。また女房も一応目眩は収まり仕事にでかけているが一番だらしがないのがオトーサンであろうか…。相変わらず全身の痒みと戦ってはいるが、完全終息の先はまだ見えてこない。


で、体調不良で注意力散漫なためか、先週の夕刻珍しく包丁で左人差し指をかなり深く切ってしまった。この十数年…こんなことはなかったのだが、まずは血止めしてから治療をしないと…とキッチンペーパーで指を巻き、強くならないように注意しつつ輪ゴムで止めた。

Latte760_01.jpg

※雨の日も風の日も、オトーサンの人指し指が痛くても散歩は続く…


切ったのは人指し指の第二関節あたりで関節上部の皮膚を削いでしまうかのように包丁が滑った…。ただし切れる刃物で切ったからかその時痛みは感じないが出血は目立った。
まったく料理もそして何らかの工作時にも刃物や工具の切っ先方向に手を置かないことは基本中の基本のはずだしそう注意をしていたつもりがこの有様だ。

ともあれ、やってしまったのは戻せないからと血止めをしたまま調理を続けたが、指一本使えないだけでメチャ不自由なのを改めて痛感する。
簡単には止血しないようなので女房が帰宅後に手伝ってもらいつつ本格的な治療と後始末をする。ただしその頃になるとさすがに傷が痛んできた…。

Latte760_03.jpg

※止血が出来てから指関節が曲がらないよう自作の指プロテクターを装着


問題は無意識にも指を曲げると傷口が開き、またまた出血してしまうことだ。そこで化膿止めの薬を塗ったガーゼを包帯で巻いた後、昔ばね指の痛み防止にと3Dプリンターで作ったプロテクターを挿してみたらこれがなかなか具合がよろしいので現在も使っている。

Latte760_05.jpg

※女房に「なにか頂戴!」と催促


さて今週の出来事の中で特筆すべきはオトーサンが第1回目の新型コロナウイルスワクチンを接種したことだ。世間では相変わらず陰謀説もどきの怪しい意見や見解もあるが、オトーサンは機会ができたら必ず接種すると決めていた。
ともあれ6月14日に予約が取れたが、接種会場は第一希望の近隣ではなく電車で一駅離れた場所でしか取れなかった。

Latte760_04.jpg

※接種後に30分待機する。時刻も遅くなったのでそろそろ人がいなくなってくる…


当日、足腰にも不安があるオトーサンはこの際少々贅沢だがタクシーを使うことにしてこれまた初めてタクシーを呼ぶスマホアプリを使ってみた。
そもそも運転免許を持ってないから現役時代はタクシーもそしてハイヤーもよく使ったものだが、遠出をしなくなった分だけタクシーを利用する機会もなくなったので本当に久しぶりだ。そしてスマホアプリも大変便利に往復活用した。

その日は女房が仕事を休みの日だったこともあり、留守番させるラテに気遣うこともなく心置きなく出かけることができた。とはいえ初めての体験なので勝手が分からなかったが、接種そのものはスムーズに終わり、特に痛みも感じなかった。ただし普通接種後15分の様子見をするところ、オトーサンの場合は疾患も多いからか30分待機するように言われた。

Latte760_02.jpg

※舌をしまい忘れているのかな?


帰りはタクシーを自宅のマンション前まで横付けしてもらい本当に楽が出来た。そして2回目の接種予定日も決まったわけだが、その後もワクチンによる体調不良や強い痛みはなく安堵している。
ということで、今週も「ラテ格闘日記」と言うより「オトーサン格闘日記」でした(笑)。




ラテ飼育格闘日記(759)

これまでにも機会がある毎に6月10日はラテ満15歳の誕生日だと記してきた。人間同様ワンコの寿命も個体差が大きいのだろうが、今のところは幸いなことに視力も聴覚もまずまずのようだ。そして一週間前の3日はオトーサンの誕生日…。歳を取るのは些か残酷な面も見えてくるものだと分かったようなことを前回にも記したが、6月4日の朝に思いもかけない事件が起こった…。


Latte759_01.jpg

※この6月10日でラテは満15歳になりました


その朝は雨だったが女房の仕事が遅番のため、朝食の前にラテの散歩を済まそうとオトーサンは準備をしていた。遅番の日は多少時間の余裕があるため女房は布団に入ったままだったが「目が回る…」と言い始めた。
しばらく横になっていれば治るだろうと本人も言うのでオトーサンはラテを散歩に連れ出した。ただしレインコートを着たラテはやる気がない(笑)。

思ったよりも時間が経ってしまったが排泄も終わったので急ぎ帰宅。そしてラテの体を綺麗にして…といういつもの手筈のはずだったが、女房は目眩は治らず立てないと言う。そして吐き気もするし左手が少し痺れる感じだと言うではないか…。
オトーサンの脳裏に「これが脳梗塞の前兆か…」が浮かんだ。

Latte759_02.jpg

※救急搬送中の女房。救急車の中で写真など不謹慎と思われるかも知れないがストレッチャーに乗ったままの姿が永遠の別れとなるかも…と考えたら、恐怖でiPhoneのシャッターを切っていた


オトーサンはすぐに救急車を呼ぼうとするが、当の女房は救急車の必要はないと主張。しかし女房も歳だし、もしここで「あのとき119番へ連絡していれば…」などと後悔するようなことは絶対まずいと思い、生涯で初めて119番に電話をかけた。
問題はこのコロナ騒動で入院拒否されることもある等というニュースを見聞きしていたことでもありそれが心配だった。

とにかく保険証を含む貴重品を確認して用意をしておいたが、救急車は思ったより早く到着。救急隊員の方は男二名、女一名で玄関にストレッチャーを用意していた。早速運び出すのかと思ったら玄関に座り込んでいる女房に「お名前は」「生年月日を教えてください」との質問…。
オトーサンは思わず答えようとすると「ご本人に返事をいただくのも診断のひとつなので」と止められ苦笑。

その他、救急隊員の指先に指を合わせ、次に自分の鼻先に…など運動域に問題がないかどうかを確認した上でストレッチャーに乗せ救急車へ運び込んだ。無論オトーサンも付き添いとして同乗したが問題はラテだった。些か雨に濡れたままだったし朝食の用意をする暇もなかった。しかし女房の命が最優先であることは明白なのでオトーサンは新しい水を用意し、一室に閉じ込めて出かけた。
水があれば最悪1日程度は問題ないと判断したが、後ろ髪を引かれる思いだった。

さて話しには聞いていたが、どの病院に向かうかは救急車から住居になるべく近くの病院を当たり、受け入れができると返答があった病院へ搬送するという。万一入院ともなればなるべく近くの病院が望ましいとは思うがこればかりはどうしようもない。
ともあれ幸いにも受け入れてくれる病院があり、そこへ緊急搬送となった。

昔々…母が緊急搬送の際に父と共に救急車へ乗り込んだとが一度あったが、手続きやらには口を挟まなかったからゼロからの体験としては初めての事であり、本当に身の回りのものしか持参していないので例えば費用などが高額だった場合はどうなるのか…とか、入院となればオトーサンの日常はがらりと変わり本当に悲惨なことになる。また最悪を考えたくはないが、万一ともなればストレッチャーに寝ている女房の姿が最後だったという可能性も…と考えるといてもたってもいられない。

搬送は緊急外来受付口になされ、オトーサンはまずは女房の健康保健証を提示し診療の手続きをした。後とは待つのが仕事となるが、事が事だけに待っているのが辛い。

Latte759_03.jpg

※緊急外来受付を済ませて後は待つばかり…


それに残してきたラテのことも気になるし、そういえばオトーサンも朝食をとっていないのでお腹が空いてきた。ともかく万一場合はオトーサン一人では手が回らないことも考えられると思いつき、ご近所で家族ぐるみでお付き合いいただいている奥様に電話をし事情をお話しした。話しを聞いていただくだけでオトーサンの肩の荷が少し軽くなるのが感じられる。

その後幾度かのメールもいただき、待ち時間が長くなるのなら一時期付き添いを交換しましょう…とまで言っていただく。いやはや本当に涙が出るほど嬉しいし心強い。
小一時間経ったとき、ストレッチャーに寝かされ点滴を打っているままの女房が出てきた。これからMRIの検査をするという…。意識はあるようでオトーサンは目配せし「がんばれよ」と声には出さないがサインを送った。
結局一時間半は優に超えたであろうときに担当医から声がかかった。いそいそと集中治療室に寝かされている女房のところへ案内され説明を受けた。
それによるとMRI や血液検査などの結果、脳梗塞などの兆候は見られないという。オトーサンは心の中でガッツポーズだ。

Latte759_04.jpg

※MRIによる診断画像では問題はなかった


医師の話では「良性発作性頭位めまい症」だという。良性発作性頭位めまい症とは、その名前の通り、発作的に突然、頭の位置を変えた時におこる良性のめまいのことだそうで生命の危険がなく、後遺症も残らず、治療をしなくても自然と軽快することも多いらしい。したがって帰宅できる事を知り安心したが、一度念のため耳鼻咽喉科で検査をして貰うようにとのアドバイスをいただいた。

会計の窓口まで回ると当該病院が思ったよりも規模の大きな病院であることを知った。ただしこれまで見知っていた病院ではないしそれなりに住居から離れていたからタクシーで帰ることにした。とはいえさすがに大規模な病院だからか受話器を上げるだけでタクシー会社の配送予約受付に回る専用電話があったのでお願いすると10分程度で車が来た。
こうして一時はどうなることかと心配した女房の異変騒ぎは幸いなことに一応集結を見た。

Latte759_05.jpg

※ラテと女房のツーショット


戻ってから早速女房はラテを綺麗にし始め、オトーサンは朝食の準備を始め…時間はいつもと三時間ほど遅くなったが我が家の日常が始まった。
年寄り夫婦の生活だから、これからもこううした突発的なトラブルは十分にあり得ると覚悟しなければならないが、いやはや冷静になろう…慌ててはダメだと自分に言い聞かせつつ慌てている自分を思い、こういうときに平常心でいられる人などいるのだろうかと己を正当化しているオトーサンでありました。




ラテ飼育格闘日記(758)

いよいよ六月に入った。梅雨時も間近なのだろうが、気分が晴れないのは天気の為だけではない。オトーサンの体調は相変わらず良くない。全てにおいて加齢がその一因かも知れないが、歳を取ることはなかなかに残酷なことだと今更ながら実感している。


加齢…といえば本編の日記が公開される2日前の6月3日はオトーサンの誕生日である。しかし次々に加齢がひとつの原因とも言われる健康トラブルが続くとなればお目出度いなどとは言っていられない。
ともかく内科、眼科、歯科そして皮膚科にお世話になっているが、相変わらず皮膚トラブルは収束していない。

Latte758_01.jpg

※ラテももうすぐ15歳…


さて、先週に書いた飲み薬ことだが、皮膚科の医師が書いてくれた書状を持参し内科の担当医に相談に行った。しかしいつもの医者はその日は別の場所にいたが、馴染みの看護師がiPadを使って担当医に繋いでくれたのでリモート診断および相談ができた。
今更だがその点はよき時代になったと思う。

結局現在服用している3種の飲み薬を一端止めて様子を見ることになった。それが効果として現れたのか、顔のむくみと腫れは数日で治ったようだ。
ただし皮膚の痒みは取れず、日々苦悩が続いている。

Latte758_05.jpg

※6月3日はオトーサン73歳の誕生日だった


そしてこれまた問題として浮上してきたのが味覚障害である…。要するに何を食べても美味しくないのだ。これは辛い…。よく熱を出し、下がったときに味が変わることとがあるものだが、その状態がずっと続いている感じだ。お腹は減るし、何らか食べなければならない訳だが飯もパンも味噌汁などはもとより、煎餅やアイスクリームまで美味くないのだから困ってしまう。

Latte758_06.jpg

※女房と仲良く並んで…


必然、量も食べられなくなったがこのままでは栄養バランスが云々といった以前の問題であり、体調にも悪影響を及ぼすに違いない。
これまた服用してきた薬(血糖値抑制剤)などが悪さをしている可能性もあるらしいが、一番の問題は加齢だという。

色々なサイトにアクセスし調べて見たが、オトーサンたちの舌表面や舌の付け根、上あごの表面などには、味を感じる細胞の集まりである「味蕾みらい」が点在している。これにより味覚を構成する甘味、苦味、酸味、塩味、旨味という5つの「基本味」を感じることができる訳だ。

Latte758_03.jpg

※先日は日が射していたのに急に大粒の雨が降られてしまった


この味蕾の数は加齢とともに減少するといわれており、舌の後方にある表面の突起(有郭乳頭ゆうかくにゅうとう)1個あたりの味蕾の数が0~20歳では平均245個であるのに対し、例えば74歳以上では88個と約35%まで減少しているという報告もあるという。
その他ストレス、亜鉛不足、水分不足などいくつかの原因が考えられるそうだが、誠に歳を取るということは厄介なことだ。

ということでオトーサンの散歩姿は前回記したようにツバの広いサファリハットを被り、サングラスとマスクそして腕にはUV対応のアームカバーと手袋をしている。ラテが横にいなければ不審者と間違えられて通報されそうな怪しいことになってしまった。
しかし、これは何とも暑苦しい(笑)。

Latte758_02.jpg

※オトーサンの散歩時の恰好はこんな恰好になる。怪しい感じだ(笑)


まさか、この歳になってアレルギーだの日光過敏症だのに悩まされるとは思ってもみなかったが、加齢と言えばオトーサンの誕生日からちょうど一週間後の6月10日がラテ15歳の誕生日だ。ラテはオトーサンとは違い、あっちが痛い、こっちの具合が悪い等と愚痴は言わないので実態は不明なものの、やはり年齢相応の不自由さは感じているのかも知れない。
なかなか言うことを聞かないワンコだが、年寄り同士…労り合いたいものだ。






ラテ飼育格闘日記(757)

本来なら今頃は一年で一番良い季節のはずだが、新型コロナも収まらずまたワクチン接種もままならず…といった有様で風流を決め込む余裕はない。その上にオトーサンは生涯初のアレルギー発症に悩まされ、落ち着かない毎日を過ごしている。


Latte757_01.jpg

※来月10日でラテは満15歳になる


ラテがアレルギーで苦しんでいるのを見たり治療したりの時期、オトーサンもとても苦しい時期だったが今度はオトーサン本人がアレルギーを発症し全身が痒みで苦しんでいるだけでなく、先日の朝奇妙なことが起こった。
女性は違うだろうが男は…というよりオトーサンは洗面所で顔を洗うときにも鏡を殆ど見ない。その朝も起床して顔を洗いメガネを掛けたらフレームの下部分が頬に当たり違和感が…。

Latte757_04.jpg

※アジサイが見頃になる季節だが、今年は気持ちに余裕がない…


これはメガネのツルやフレームが曲がってしまったのかと思い。その場でできる限りの調整をしてみたがどうにもオカシイ。まあ、仕方がないので取り急ぎそのままメガネを掛けてリビング行くと女房が開口一番「顔が腫れてるよ!」と言う。
早速鏡を覗き込むと自分でも驚くほどの酷い顔だった。

全体がむくんでいる感じだが特に頬の上部…目の下辺りが左右共にかなり膨らんでいる。「ああ、これがメガネのフレームが顔に触れる原因だったか」と思い至ったが、酷いのは両眼…特に右目がボクシングの試合の後といった感じで腫れ上がっているだけでなく瞼が変形し完全に人相が変わっているではないか。しかしその日は日曜日で病院は休みのため我慢するしかない。

Latte757_03.jpg

※皮膚科から処方されている塗り薬たち


翌日の月曜日に診療開始時間を待って皮膚科に飛び込んだ…。
ここはとても丁寧に診察してくれる。待ち時間も必然的に長くなるがそれは仕方がないと思うほど丁寧に細かく診察してくれ最後に腫れた顔の写真も撮られた。診察の結果だがアトピーの直接の要因は2つあるのでは…という。
ひとつは毎日服用している血糖値抑制の飲み薬が悪さをしているようだ…とのこと。いまひとつは光線過敏症、すなわち紫外線によるものらしい。
今更紫外線…とも思うがこれはいきなり発症するらしい。

Latte757_02.jpg

※暫くすると憂鬱な梅雨時が待ってますなあ…


医師の「散歩しますか?」の問いに「犬の散歩のため日に2, 3度外に出ます」と答える…。「マスクはしてますか?」との問いには「このマスクを常用してます」とその日にも使っていたマスクを見せて答えた。医師曰く、鼻から顎と唇周りには湿疹がないが、その端や首筋そして両耳と両手の甲などが酷いことを考えるとすべて日が当たっている箇所ではないかと言う。そう言われれば確かに言われる通りの場所に発疹が出ている。

ということで内服薬の件は毎月検診に行っているクリニックの医師へ皮膚科として書面を書くから早いうちに相談に行けとのことだった。それは良いとしても散歩をどうするかだ。
そもそもこれからの暑い季節はラテが最も苦手な季節でもあり、朝はともかく夕方の散歩は多少でも気温が下がってから出かけるようにしている。したがってできれば日の出前と日の入り後が理想だが、それは無理だ(笑)。

Latte757_05.jpg

※ラテを可愛がってくださるご夫婦に甘えるラテ


それでも日陰が出来るようになるのを待ち、サファリハットのようなツバの広い帽子にサングラス、そしてマスクをして、長袖に手袋をするしかない。但し隠せない襟元と両耳などには適切な日焼け止めクリームを塗ることになる。
今年の夏はラテにとっては勿論だが、オトーサンにとっても辛い季節になりそうだ…。





ラテ飼育格闘日記(756)

どうにも体調がはっきりしない。春だからだろうか…(笑)。そんな中、今週19日から65歳以上のCOVID-19ワンチン接種予約が始まったのでなにはともあれ予約をしようと開始時間に専用サイトにアクセスしたものの予約できなかった…。


Latte756_01.jpg

※ラテは春…というより歳を取ったからかよく眠る


春といえば、温かくなると変な人たちが出没するようにもなる。先日の夜のこと、寝る前にラテを排泄のため外に連れ出した。懐中電灯を点けていつものコースを歩くが、ふと前方の歩道に大きな物体があることに気づいた。
オトーサンは最初、家電かなにかの不法投棄かな…と思ったがしばし進むと何とその物体が動いたのだ。思わず声を上げそうになったが回りは街灯と民家から漏れる灯りくらいでしか判断できない環境。とはいえ不用意に懐中電灯で照らすのもマズイかと思いラテのリードを短く保持してさらに近づいてみた。

Latte756_04.jpg

※通学途中の馴染みの中学生女子と手を振り合う♪


それはホームレスなのか…明らかに人が毛布か何かを被って蹲っている姿だった。勿論オトーサンとて例えば急に具合が悪くなりしゃがみこんでいる人がいれば声をかけるが、その姿は申し訳ないが夜目にも尋常な姿ではなかった。

他人の姿形をあれこれ言うのは誉められたことではないが、肩から毛布みたいなもので体を包んでいる。ただしその頭髪の天辺は大きく禿げていただけでなく髪自体は肩に届くほど長い。両膝を立て両腕を回して伏せているので表情は分からないが、時代劇に登場する残腹髪の落ち武者のような感じだった。

何しろ歩道の真ん中を占領しているから横を通るかUターンするしかない。しかしここまできてあからさまな態度も申し訳ないと思ってリードを強く引きながら横を通過したが幸いラテは吠えなかった。ただし当の男性は知ってら知らずか顔を上げたりはしなかった。

Latte756_05.jpg

※二度目は背後から遭遇したが、まるで首無し人間みたいだった ^^;


その数日後今度は朝の散歩時に別の場所でまたまた出くわした。当日はピーカンの朝だったが毛布ではなく厚手のフリースジャケットみたいなものに腕を通さないまま羽織り寝ているのだろうか、俯いた姿の後ろから遭遇したオトーサンにはまるで首無しの人に見えた。
後で知ったことだが場所を変えて近隣に出没するらしく、他人に悪さをするわけではないが道路の真ん中で脱糞したりと尋常の神経の持ち主ではないようだ。ただ朝の通学時に出くわした女子は怖くてその道を通れなかったという。

また近隣の公園は子供たちが集まるからか変質者の出没が多いという。だからなのか、オカーサン方がいることも多いがそういう日を避けて問題は起きる。
先日も近隣小学校の校長名で不審な目撃情報が寄せられた。それは市民からの目撃情報として警察署から教育委員会へ連絡が入ったとのことで、公園付近の道端で低学年ぐらいの男子児童が、40歳ぐらいの男性に声を掛けられ、黒い乗用車に乗った…という内容だった。そして何か心当たりがあったら学校もしくは、市役所の庁舎管理室までご連絡くださいとのメールが配布された。ただしこの件は幸い誤報のようで事件性はなかったのは良かった。

Latte756_02.jpg

※いつもの公園で不審な男に遭遇。この後公衆トイレの陰でコートを脱いで公園を出て行った


そんな記憶がまだ残っている先日、いつものようにオトーサンはラテを連れて公園に行った。低学年の子供が数人遊んでいたがふと動きと服装に違和感のある男が目に止まった。その日は日中気温が上がったためその時間帯も蒸し暑かったが、コートを着ている…。オトーサンから15メートルほど離れていたので細部までは分からないものの履き物も片方壊れているようにも思えた。

男は公衆トイレに入ったが用を足すわけでもなく目隠しボードの内側でコートを脱いであたりを見回すようにしながら出口に向かった。直後気づくとパトカーが止まり警察官が二人出て来たと思ったら一人の男性が「私が通報した者です」と名乗った。どうやらその方が不審者に気づいたらしくて警察に通報したようだが、その時には先ほどの男の姿は公園から消えていた。

Latte756_03.jpg

※男が去った直後、パトカーが止まった


これまたそのときは実害はなかったようだが、こればかりは子供を守るため回りの大人たちが注意するしかない。しかしせめて公園に監視カメラがあれば抑止にもなるのではないかと思うのだが…。



広告
ブログ内検索
Macの達人 無料公開
[小説]未来を垣間見た男 - スティーブ・ジョブズ公開
GUI を再発明する: ポスト・ウィンドウ・インターフェイス序論
オリジナル時代小説「首巻き春貞」一巻から外伝まで全完無料公開
ラテ飼育格闘日記
最新記事
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

appletechlab

Author:appletechlab

主宰は松田純一。1989年Macのソフトウェア開発専門のコーシングラフィックシステムズ社設立、代表取締役就任 (2003年解散)。1999年Apple WWDC(世界開発者会議)で日本のデベロッパー初のApple Design Award/Best Apple Technology Adoption (最優秀技術賞) 受賞。

2000年2月第10回MACWORLD EXPO/TOKYOにおいて長年業界に対する貢献度を高く評価され、主催者からMac Fan MVP’99特別賞を授与される。著書多数。音楽、美術、写真、読書を好み、Macと愛犬三昧の毎日。マネキン造形研究中。2017年6月3日、時代小説「首巻き春貞 - 小石川養生所始末」を上梓(電子出版)。続けて2017年7月1日「小説・未来を垣間見た男 スティーブ・ジョブズ」を電子書籍で公開。
2018年春から3Dプリンターを複数台活用中。ゆうMUG会員