ラテ飼育格闘日記(673)

まあまあ雨が続く天気で困ってしまうが、先週はこれまた大型台風19号が大きな被害をもたらした。被害を受けられた方々には心よりお見舞い申し上げると共に一日も早い復興を願っている。ともあれ幸いオトーサンのところは特にトラブルもなく過ごせたから良かったが、やはり大変なのはラテの散歩だった。


15号を凌ぐ超大型台風だというので最低限の備えはしようと考えたがオトーサンの住居はマンションだし河川の近くでも無く多摩市から告知されているハザードマップを見ても特に土砂災害や水没といった危険性がある地域では無い。
ただし角部屋なので窓が多いのがこうした時には些か心配だった。

Latte673_01.jpg

※ラテはそもそも雨が嫌い


1箇所を除いてすべてワイヤー入りのガラスではあるから風圧だけで簡単に割れるとは思わなかったものの何かが飛んできてぶつかれば割れる可能性も考えられる。
ニュースを見れば窓ガラスにテープを米印に貼り、ダンボールをガムテープで貼ると安全だとしきりに勧めるのが目立つので初めてだがオトーサンもやってみようかと腰を上げた。無論それは万一割れた場合の飛散防止が第一目的である。

Latte673_02.jpg

※一部のガラス窓を除いてダンボールを貼り、台風の強風に備えた


たまたま厚手でサイズも大きなダンボールがあったので部屋の窓をこれで覆うことにした。中には家具やらで窓が全部見えていない場所もありなかなかに手間取ったが、万一の場合には何らかの役に立ってくれるだろうと考えながら作業を終えた。
そして台風が通過する夜は念のため、寝間着に着替えず横になろうと覚悟をしていたが、幸いに雨は凄かったが風は覚悟していたほどではなくピークは短時間で終わった…。

しかし厄介なのはラテの散歩…というより排泄をどうするかだ。室内でしなくなってしまったのは飼い主の教育が至らなかったからだと言われれば返す言葉もないが、現実がそうなってしまったので例え数分でも外に連れ出さなくてはならない。
ともかく雨の日でも朝夕と寝る前の一日三回、自宅の周りを歩かせているからラテも要領は理解している。レインコートも着せられているからとマンションのエントランスを出た途端にオシッコをしてそそくさと戻るという時もあった。

Latte673_06.jpg

※雨上がり、ラテはオトーサンにアイコンタクトしながら走る


とはいえ台風の場合は難易度が桁違いに高くなる。風が強ければ傘は役に立たないばかりかかえって危険でもあるからだが、そもそもは不用意に外に出ない方が良いに決まっている。それは分かってはいるもののラテの尿意や便意を無視するわけにもいかず、気象情報をこまめに確認しながらなるべく雨が弱く風も凪いでいるときを狙ってラテを連れ出した。
ただしオトーサンもラテもびしょ濡れは免れなかったわけで後処理が大変。特にラテは長毛なのでレインコートを着せても濡れた後を綺麗にして乾かすのにはドライヤーを使ったりと手間がかかった。

さて、台風が去った13日の夕方、道端に落ちている木々などに注視しながらいつもの公園にラテと向かった。公園に至る歩道を直進しているとき前方からワンコ連れのお二人がこちらに歩いてくるのが見えた。
オトーサンは白内障の手術はしたがそもそも視力が弱いので近くでないとなかなか判別できないのが普通だがその時は「あっ、ボビーちゃんのオトーサンとオネーサンだ!」とすぐに分かった。

Latte673_03.jpg

※「あっ、ボビーちゃんのオトーサンとオネーサンだ!」


ボビーちゃんはボストンテリアのワンコだが、以前の住居のときには毎日通っていた広い公園で知り合ったお仲間である。ラテが偏屈なのでなかなかワンコ同士は遊んだことは無いが、飼い主さんご夫婦とお二人のお嬢さんにラテは随分と可愛がっていただいた…。
記録を確認すると2年半程前にこの公園でお会いしただけだった。今回は長女のオネーサンもご一緒だったわけでこちらは実に4年とか5年ぶりになると思うがラテは覚えていたようでオネーサンの口元をしきりに舐めている。

Latte673_05.jpg

※ボビーのオネーサンには5年ほどお会いしていないと思うが、ラテは尻尾を振りながら口元を舐めた


どうやらこのブログをお読みいただいているようで、3週間ほど前の日記で昔の友達ワンコたちは元気だろうかと書いたのをご覧になり、立ち寄ってくださったようだ。
ボビーちゃんも白内障を患っていはいるが元気とのことで安心したが、その他マキちゃん、クロちゃん、アポロちゃん、ムギちゃんらの近況写真も見せていただいた。
ラテにとってもオトーサンにとっても台風を忘れるような嬉しいひとときだった!
ボビーちゃんのオトーサンとオネーサン…ありがとうございました。



ラテ飼育格闘日記(672)

すでに10月も半ば近くになるものの天気が落ち着かない。30度近くまで温度が上がる日があるかと思えば最高気温が20度前後の日があったりもするし、そもそも雨が多いしまたまた大型の台風が来る。このラテ日記をアップする前後では影響を受ける地域も広くなりそうだが大きな被害にならないことを祈るばかり…。


台風15号の被害からまだまだ立ち直っていない地域も多いのにまたまた大型台風とは…。またオトーサンの地域ではこの時期、幼稚園や保育園の運動会が予定されているが台風ど真ん中になりそうな気配だ。
とはいえ天気がまあまあの日の朝晩は秋の訪れを感じさせてくれるし街路樹なども一部紅葉が始まっていてラテとの散歩に文字通り彩りを加えてくれる。

Latte672_01.jpg

※天気が良ければ散歩に最適な季節になった


気温が低いからか、ラテは気が乗ればゆっくりであっても小一時間歩き続けるし、かと思えば10分も歩いていないのに路面に腹ばいになって動かない日もある。
ラテお気に入りのエンスト場所のひとつは幅3メートルほどの歩道である。ラテは他のことは全く忖度しないから場合によっては道の真ん中に陣取ったりもするが、そんなときにオトーサンは他の方の行き来に邪魔だから車道側ガードレールに近いところに引っ張るのも日課。

Latte672_03.jpg

※歩道に座り込むラテ


座り込まれて困るのは飼い主のオトーサンだけではない…。歩道だからして人が行き来するし時には自転車も通る。通行人は杖を突きつつ歩くお年寄りからよちよち歩きの幼児まで様々だが、万が一にもトラブルがあってはならないと人が近づくとよりリードを引き、ラテが大きく動けないようにと注視する。

特に注意しなければならないのは老人と自転車、そして幼児。
老人の中にはボケているのか端に収まっている我々のところを強引に通過しようとしたり、杖がラテの尻尾を突いたりすることがあるからだ。その上にそもそもラテは老人が嫌いだ(笑)。近づくと間違いなく吠えるからなかなかに対処が難しい。

Latte672_04.jpg

※日の出の時間も大分遅くなった…


無論自転車は一方的に危険な存在である。道路交通法がどうのこうのを振り回して車道を走れとばかりは言いたく無いが、ママチャリであってもゆっくり通って欲しい。中には前後にお子さんを乗せ、バランスが見るからに悪そうなのに猛スピードで近づく自転車がいてこれは怖い。

まあ、歩道に座り込むワンコというのも確かに邪魔な存在だし誉められることではないだろうが(笑)。確かに他のワンコ連れには迷惑をかけるときがあるのも事実。
近隣のワンコたちの多くは何度か出会っているから吠え合うワンコたちはお互いに分かっている。だから向こうからそうしたワンコがやってくるとオトーサンはラテのリードを引き、歩き出そうとするがそれでも頑固に居座ろうと抵抗する場合もある。

Latte672_02.jpg

※ラテも興が乗れば結構な距離を歩くようになってきた


そんなとき、相手の飼い主さんは少し逆戻りして別の道を選ぶ方もいるし、ワンコが小型犬の場合は我々の脇を通るときに愛犬を抱き上げて通られる方もいる。
また人でもワンコ嫌いの方もいる。そのような方には前方にワンコが居座っていると落ち着いて通り難いかも知れずやはり居座りが長いと多々迷惑をかけることになる…。

ただし座り込んでいるラテを見てわざわざ声をかけてくださる方もまた多い。
先日はお若い女性が一旦通り過ぎたのに何を思われたか引き返してきて「触ってもよろしいですか」と声をかけてきた。
飼い主はウェルカムでもラテは初対面の大人には敏感でまず十中八句は吠えるからその旨をお伝えすると女性はラテの斜め前に腰を落とした。無論オトーサンもリードを引いてラテが飛びかからないよう力をいれていたが、どういうわけかラテは吠えない…。

ままこういうこともあるが、聞けば最近愛犬を亡くされたとのこと。大型犬で16歳までの命をまっとうしたというのだから飼い主さんの思いがひしひしと伝わってくる。ほんの短い間だが、その方はラテの背を撫でて笑顔で立ち上がった。
そういえば大人に吠えるのが定番のラテだったが、歳のせいなのだろうか最近は多少穏やかになったことも確かなようで、公園で遊んでいる子供のオカーサンたちに近づいても落ち着いている。

Latte672_05.jpg

※いつもの公園でお馴染みのオカーサンたちに近づいてもラテは吠えなくなった


飼い主としては嬉しいのだがいつまた急変するか分からないのでオトーサンとしてはお馴染みの方々以外には気が抜けないのである。



ラテ飼育格闘日記(671)

読書の秋、運動の秋…というわけでオトーサンはご近所の小学5年生女子の運動会でカメラマンをやるため、先日の土曜日に近隣の小学校へと向かった。運動会の撮影は今回が初めてではないから要領は分かっているつもりだったが、己の体力の衰えを実感されられた…。


小学校の校庭に入り、Aちゃんのご家族が場所取りしてくださったところで開始まで一休みする。幸い天気もよく日射しが強いがあの真夏の猛暑とは違い過ごしやすい感じで、これは運動会日和だなと思いながら撮影ポジションをどうするかを思い描きながら校庭を一回り。

Latte671_01.jpg

※この日、ラテは7時間ほど留守番だった


近所の公園で顔見知りになった子供たちが近寄ってきて「あれ。ラテはどうしたの」と聞く。
「留守番してるよ。学校にワンコは連れてこれないでしょう」とオトーサンがいうと「あっそうか」と笑いながら駆けていく。また子供だけでなくその父兄の幾人かと朝の挨拶をするが、初回この校庭にAちゃんのファミリーと一緒だと「誰このひと」と些か訝しいと思われたかもしれない。しかしありがたいことに今回は「ああ、今年もね…」といった感じで挨拶をしてくださる。

そういえばそのラテだが、朝の8時20分に自宅を出たものの運動会終了予定は午後3時だ。ということは7時間近くラテだけで留守番させることになる。
一応気温も上がるようだからとエアコンをつけたまま「ラテ、良い子で留守番しているんだぞ」と腹ばいになっている頭を撫でて靴を履くが、ラテは追いかけようともしないし頭さえ上げず「ああ。そう…」といった感じで目だけでオトーサンを追う。
まあ分離不安で出かける度に大騒ぎになるよりはお互いに良いのだが、あまりにサッパリしているとつまらない(笑)。

オトーサンのミッションはAちゃんの雄姿を記録に残すことだが、家族らが見学出来る場所は限られている。そしてそうした場所にはビデオカメラなどを携えたオトーサン、オカーサンらが待ち構えているわけでベストポジションを探すこと自体が難しい。
ミッションは大別して三種目だった。まずは100メートル走だが、これは是非ともゴールをきちんと撮りたい。次は騎馬戦、そして最後は5年生と6年生合同で演じる「みかぐら」という踊りだ。

Latte671_02.jpg

Latte671_03.jpg

Latte671_07.jpg

※100メートル走、騎馬戦そして "みかぐら" 踊りの各シーン


結果騎馬戦の撮影は失敗に終わった…。数枚の写真は撮れたが動画は惨敗だった。それは撮影ポジションが悪く肝心のAちゃんの姿がトラックの向こう側と遠方でありすぎたことが一番だが、大きな問題はオトーサンの視力であった。
白内障は手術で良い結果となったがもともとの視力が弱いから、遠くであるほど裸眼でAちゃんの姿を終えなかったのだ。さらに炎天下だったから持参カメラの液晶が見づらく望遠は効くにしてもこれまた瞬時の判断が出来にくかった。

次の機会にはせめて液晶遮光フードを装備して臨もうと思うが視力ばかりはどうしようもない。
勿論視力が弱いのは今始まったわけではないが、昨年よりも認識率が落ちていることを実感させられてオトーサンはがっかりした…。
運動会は午後3時頃に終わり学校を後にしたオトーサンだったが「ラテが寂しがってるかなあ」と思いながらも足を速めたが、ドアを開け「ラテ、帰ったぞ」と声を上げても姿を現さない。

Latte671_06.jpg

※散歩の途中、ラテは苦手なワンコが通るとオトーサンの足の上に前足を乗せて体を寄せる


ちょっと心配になり、部屋を覗くとラテは出かけたときとほぼそのままの姿で寝そべっている。「お前なあ…」と言いながら頭をなぜるとやっと顔をこちらに向けた。
まったく、普通なら7時間も飼い主が留守して戻ってきたら喜んで飛びついて来ても良いと思うが…。まあ逆に考えればオトーサンは絶対に戻ってくると信じているのかも知れないが。

Latte671_04.jpg

※戻ってから気がついたが、両腕と顔は日焼けでかなり赤くなっていた


オトーサンは冷たい水で顔を洗い一息ついたが、ふと気がつくと両手がこれまでになく日焼けし赤くなっていることに気がついた。使っている眼鏡はUVカット99.9%を謳うレンズだが、眼も時間が経つにつれ疲労していったに違いない。
その日の日射しは感じていたよりずっと紫外線が強かったようだ…。



ラテ飼育格闘日記(670)

天気が良ければ朝晩の散歩は快適になってきた。とはいっても老人と老犬の組合せではそうそう長い間歩き回るのは無理だし、通常はラテも極々近所を回って満足しているが、ときに思い出すのか昔遊んでいた広い公園に足を向けたがるときがある。



日曜日の朝、ちょうど女房も仕事が休みだったこともあり早めにラテとの散歩を終えようと一緒に出かけた。面白いというか、憎らしいというか、オトーサン一人の時と女房が一緒の時はラテの態度が違う。
直進していても曲がり角でも必ずと言って良いほど、ラテはちゃあんと女房がついてきているかを確認するかのように振り向く。

Latte670_01.jpg

※真剣な眼差し


外気温は20℃。天気も良いし、朝食前であったことを除けば急ぐこともないからとのんびり歩き始めた。無論どのルートを通るかはラテとリードを持つオトーサンの気分次第だが、ラテは女房を気にしながらも普段は進まない方向にリードを引き始めた。
まあ多少長時間になってもいいかな…といった気分でオトーサンたちも歩く。

Latte670_02.jpg

※途中で一休みするぞ!


どうやらラテが進みたい方向が次第に分かってくる。それは片道30分ほどかかる場所だが、現在の住居に引っ越す前に毎日のように通った広い公園だ。
ラテを我が家に引き取ってから約7年間、同じ年代のワンコたちと駆けずり回った思い出深い場所であるから、ラテにとっても忘れようにも忘れられないことは分かる…。しかし前記したように片道30分ほどもかかるとなればオトーサンの体力も含めてそう容易に足を向けられない。

それに、過去に何度か帰り道にえらいことになったこともある。公園に行ったはよいが、誰もいない…。まあそもそもが昔みたいに多くのワンコが集まる場所ではなくなったようだが、待ち合わせをした訳でもないのだから仕方のない事だ。しかしラテは納得しない。
待てば誰かがやってくるろうと考えたのか草むらに腹ばいになり動かないのだ。やっと引っ剥がすようにして公園を後にしたまでは良かったがラテの機嫌が悪く、帰り道をスムーズに歩かず頻繁に座り込む。仕方がないので一部区間は20Kgのラテを抱き上げて進むという苦行になってしまった。

Latte670_03.jpg

※なんと…向こうからハリーちゃんがやってきた!


ということで後で記録を調べて見たら、この公園に足を向けた最後は今年の2月末のようだからすでに6ヶ月は経っているし、その前は何と1年2か月ほど足を踏み入れていなかった。
しかし感心するのはすでに老犬のラテがよい記憶が多々あるからなのだろうが、ゆっくりではあるものの自分から進んで30分ほどをしっかりと歩くのだから面白い。

さて、やっと目的の公園に入ってはみたがやはり誰もいない。ただ赤とんぼの群れが飛び回っているだけだった…。
しばらく写真を撮ったりしていたがこのまま長居するわけにもいかないからとオトーサンが「帰ろう」と踵を返したとき女房が「あっ、ハリーちゃんだ」と声を上げた。
見れば散歩が終わって戻るところのようだが、ご主人に連れられたビーグル犬のハリーちゃんがやってきた!

Latte670_04b.jpg

※2年以上会っていなかったが、お互いによく覚えていてリラックスモード


ご無沙汰の挨拶も早々にお聞きしたところによればハリーちゃんは最近大手術をしたのだという。それは癌の手術でマズルの左側の切開だったらしい。
ご主人は「顔が歪んでしまって…」とおっしゃったが、確かに正面から見れば口元が左右均一では無い。また術後は食欲も出て元気なのだが、病気が病気だから転移が心配だと言われていた。

Latte670_05.jpg

※ハリーちゃんは左マズルの上を手術したそうだが、元気でした


そうしたことを知る由もないラテは旧友に遊びのポーズをしてモーションをかけている。なにしろハリーちゃんはオスのワンコだが、ラテが遊ぶ数少ないワンコだし、オスにもメスにも好かれる人気者なのだが、ラテはといえばどういうわけか良く遊んでいた時期にはハリーちゃんの後ろ足を甘噛み狙いするのが日課だった。
しかしハリーちゃんはラテのことは勿論、オトーサンやいつもオヤツを持っている女房のことも覚えていてしきりに女房に近づいていく(笑)。

Latte670_06.jpg

※女房がオヤツを持っていることも覚えていたようだ(笑)


大病を患ったハリーちゃんだが、なに…口元が少し歪んでいることなどハリーちゃんの可愛さを損なうものではない。これからも元気でいて欲しい!
またハリーのオトーサンからはお仲間のマキちゃんも元気だとお聞きした。
そんなこんなで午前中だけでオトーサンの歩数は7,000歩を越えたし正直疲れた。しかしハリーちゃんに会えたからか、帰り道もラテは支障なく歩いてくれたのだった。




ラテ飼育格闘日記(669)

やっと朝晩は散歩に適した気温になってきた。先日の朝は19℃でなんと快適なことか…。しかしラテは相変わらずはっきりしないグダグダ散歩が多い。それも年齢のせいなら仕方がないことだと思うし、無理をさせるつもりもないがちょっと寂しい。


Latte669_01.jpg

※涼しくなったけど、相変わらずグダグダの散歩が多い


寂しい…といえば、先日9月16日のこと、ラテと散歩をしているとき信号で止まった車の中から「ラテちゃん!」と声がかかった。それは貝取北公園という大きな公園でラテが飛び回っていた時代に知り合ったヒナタちゃんというゴールデン・レトリバーの飼い主さんだった。
オトーサンたちがいまの地域に引っ越ししてからも駅前のTULLY’Sで一度お会いしたはずだが、ここ五年ほどはお会いしたことは無かった。

Latte669_02.jpg

※赤信号で止まった車から「ラテちゃん!」の声が


ラテの名を覚えていて下さったのも嬉しいが、信号待ちの短い時間だからあれこれとお話しする訳にはいかない。「ラテ、元気そうでよかった」と言って下さったので手短に「ヒナタちゃんは?」とお聞きした。
実はヒナタちゃんに限らないが、昔一緒に遊んでくれたお仲間の動向を時折思い出して元気でいるのかと気に掛けていたのだ。

だから「ヒナタちゃんは?」とお聞きしたときも「もしかしたら…」というニュアンスを含んだ問いだったが、飼い主さんは無言で首を横に振られた後に「昨年…」と声に出された。そして「お仲間が元気な姿を見るのは嬉しい」と言わたがオトーサンは「それは…寂しいですね。お気をつけて」と返答するのが精一杯だった。

Latte669_03.jpg

※2009年9月撮影のヒナタちゃん。画面下頭が写っているのがラテ


ラテはヒナタちゃんと一対一で遊ぶことは無かったが、幼犬時代から見知っていたからか吠えることもなく、ただただ他のワンコたちと混じって広い公園を駆けずり回っていた。
オトーサンはそういうときもラテのリードを外さなかったから、5メートルまで伸びるリードをコントロールしつつオトーサン自身もリードが絡まないようにと注意をしながら走り回っていた。

そんな中でヒナタちゃんの動きというか運動神経は群を抜いていた。時に十匹ものワンコが全速力で走り回るわけでワンコ同士がぶつかりそうになる時もあったが、そんなときヒナタちゃんはスピードを落とさずラテの上を軽く飛び越えて行くのだった。
オトーサンは感歎し「牛若丸みたいだ」と常々話していた。

Latte669_05.jpg

※散歩途中でオトーサンと一休み


また飼い主さんと一緒にTULLY’Sでお会いするときもとてもお利口さんなワンコだった。ただし現在もそうだが、オトーサンは嫉妬深いラテのリードを引いているわけで、残念ながら行き交うワンコと本当の意味で交流することは難しいことを残念に思っているが、こればかりは仕方がない。
だからヒナタちゃんに対しても頭を撫でたりしたことはあってもそれ以上の交流はなく、どちらかというとヒナタちゃんの飼い主さんにワンコの飼い方云々などについて多々お話しを聞いてきた記憶がある。

当時その飼い主さんは未婚のお姉さんとそのオカーサンのお二人でヒナタちゃんを公園に連れてくることが多かった。
ある冬の季節…ラテが室内で少し咳き込むことをお話ししたらヒナタちゃんのオカーサンに「乾燥しているのが原因だから加湿器をつけてあげるといい」とアドバイスいただき早速やってみたら効果があった。
当時のオトーサンはワンコを飼うノウハウなど持っていなかったから公園で出会う先輩飼い主さんたちにひとつひとつ教えていただいたのだ。

Latte669_04.jpg

※水飲みよりKファミリーのオカーサンの方が好き!


ともあれラテが13歳なのだから、あのとき公園で一緒に駆けずり回った仲間たちも同じかそれ以上の年齢である。また小型犬はともあれ大型犬の平均寿命は10歳がひとつの峠だと聞いたこともあり、すでに亡くなったことを承知しているワンコたちを別にしても、しばらく会っていない中型犬、大型犬のお仲間たちの動向が気になるこの頃である。




広告
ブログ内検索
Related websites
Macの達人 無料公開
[小説]未来を垣間見た男 - スティーブ・ジョブズ公開
オリジナル時代小説「首巻き春貞」一巻から外伝まで全公開
ラテ飼育格闘日記
最新記事
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

appletechlab

Author:appletechlab

主宰は松田純一。1989年Macのソフトウェア開発専門のコーシングラフィックシステムズ社設立、代表取締役就任 (2003年解散)。1999年Apple WWDC(世界開発者会議)で日本のデベロッパー初のApple Design Award/Best Apple Technology Adoption (最優秀技術賞) 受賞。

2000年2月第10回MACWORLD EXPO/TOKYOにおいて長年業界に対する貢献度を高く評価され、主催者からMac Fan MVP’99特別賞を授与される。著書多数。音楽、美術、写真、読書を好み、Macと愛犬三昧の毎日。マネキン造形研究中。2017年6月3日、時代小説「首巻き春貞 - 小石川養生所始末」を上梓(電子出版)。続けて2017年7月1日「小説・未来を垣間見た男 スティーブ・ジョブズ」を電子書籍で公開。ゆうMUG会員