ラテ飼育格闘日記(659)

早く梅雨明けになって欲しいが、そうなればきっとまた猛暑が待っているに違いない。ラテならずとも散歩には辛い時期が続くが、工夫して健康で今年の夏も乗りきりたいものだ。歩くスピードはともかく、ラテとの散歩の天敵は雨と暑さなので暫くは辛い季節だ。


雨が続いたからか、雨上がりの日には気温も低く、そうなるとラテも結構歩く。
先日はちょうど女房が仕事休みだったので朝の散歩に参加したが、やはりラテは嬉しいのか久しぶりに小一時間ゆっくりとではあるが歩いた。

Latte659_01.jpg

※穏やかな表情


天気の悪い日が続くと散歩自体が短いし、そもそもが外で写真を撮る余裕も無い。一応習慣でウェアラブルカメラをバッグの肩ベルトに取り付けて歩いているが、ほとんどは路面を撮影しているようなものだから少しも面白くないし自宅に戻りラテの体を綺麗にした後は消去するのが日課となっている。

Latte659_02.jpg

※さあ、出陣だぞラテ!


ということは必然的に当該「ラテ日記」に使うべき写真も乏しくなるわけでまともな散歩ができないのは実に困るのだ。
散歩の写真といえば小型カメラと前記したウェアラブルカメラから採取しているわけだが、ウェアラブルカメラは画質が些か劣るものの、意図的にシャッターを押すというのでは間に合わないシーンも撮影できることが多く、意外性ある映像が残せる可能性がある。
ともかく朝夕二度の散歩の後、オトーサンは通常この二種のカメラの写真や映像をまとめて年月日別に保存するようにしている。

Latte659_04.jpg

※幼児たちに囲まれ、ちょっと戸惑い(笑)


ただしオトーサンとラテの散歩だと、当然のことながら自撮りでもしない限り撮影者のオトーサンは写っていないが、女房が加わるとカメラマンは女房に任せることになっているので時にオトーサンとラテのツーショットもあり得るから楽しいのだ。

ウェアラブルカメラの携帯は2014年9月からだから、すでに5年ほどになる。ただしラテとの散歩を写真で記録し始めたのはラテが我が家に来た2006年12月からなのでその保存写真枚数はすでに膨大な数だ。
前記したように年月日のフォルダー別にまずまずの写真を放り込んできたが、中には動画もあり1年ともなればそのファイル容量も馬鹿にならない。ということでこれまで1年間が経過するとその一年分を古くはCD-Rに、近年ではDVD-Rに保存するようになった。

Latte659_06.jpg

※2006年末から現在までの映像記録を保存しているCD-RおよびDVD-R(一部)


問題はその数も50枚を越える…。まあ、よほどのことがない限り、何年も前の写真を探そうなどしないはずだが、少なくともこれらの写真や映像は二度と撮れないその瞬間だけのもの。それだけにいつでも閲覧できるようにと思っているがそれぞれのデータに特別検索タグ等が付いているわけでもなく検索時の頼りは年月日だけ。
これでは「あの時の写真があるはずだ」と思ってもおいそれと探すことはできない。やろうとするなら一枚一枚CD-RやDVD-Rをパソコンにマウントして中身を確認しなければならないからだ。

Latte659_03.jpg

※得意のエンスト(泣)


しかし数回、そうした検索をやったことがあるものの一番の検索タグは当該「ラテ日記」なのだった。
ここにはラテにまつわる印象深い出来事が一週間に一度とはいえ載せてある。したがって年月の見当をつけてまずは「ラテ日記」を検索してみるわけだ。ここならテキスト検索も可能だし…。
そして最終目的の年月および日付を推定し、その付近のCD-R、DVD-Rを確認するとまずまずそんなに時間をかけずに探したい一枚を取り出すことが出来る。
「ラテ日記」を続けている所以のひとつでもある…。
それにしても貝取北公園で遊んでくれたお仲間のワンコたち、そして多々お世話になった飼い主さんたちはお元気なのだろうか?


ラテ飼育格闘日記(658)

雨の日が続く…。オトーサンは雨雲レーダーを確認しつつなるべく雨雲が切れた頃を狙って散歩に出るよう心がけているが、それも時間的に難しければ仕方なくラテにレインコートを着せて出かける。雨とレインコートの大嫌いなラテは必然的に排泄を済ませば自らスタスタと自宅に戻っていく。


というわけで雨の日は散歩の時間が極端に短く、それ自体はオトーサンの体力消耗がないから歓迎ではある。しかしまともな散歩ができないのではラテにとってもストレスに違いないだろうし、いくら老犬だからといっても家の中でずっと寝ているのでは面白くもないだろうと思う。

Latte658_01.jpg

※アタシ、動くのやだもんね!


ただし、雨が上がった時間帯を選んで散歩に出たとしてもラテはなかなか歩かないのだから困りものだ。それは第一に年齢的なこともあるだろうが、足腰が痛いとか辛いといったことがあるとすれば治療しなければならないと思う。しかし宿敵ワンコを見つけると駆け出すし、室内でオトーサンとのボール遊びも飛び上がり、ボールを追いかけ跳ね回るわけで、瞬発力もあるからして幸いなことに今のところは足腰に難があるとは思えない。

Latte658_03.jpg

※大好きなAちゃんと一緒に


やはり気温が高めなことと共に何らかの意欲・刺激が少ないと我が娘はなかなか動きたくないようだ。
いつもの公園に出向いても砂場に腹ばいになったりお座りしたままじっと動かない。オトーサンも少しはラテに付き合って一緒に待ち状態を続けるが、もしオトーサンが強制的にリードを引かないとすると一時間でもこのままじっとしているといった感じだ。

Latte658_02.jpg

※ふと立ち止まって…


それでもオトーサンは毎回の散歩のルートを前回とは少しでも変えるようにしている。いつもいつも同じ場所しか歩かないのであれば刺激も少ないし新しい発見もないからだ。そしてラテ自身、未知の場所には強い興味を持つのでオトーサンも努力をしてきた。
とはいえラテを飼うためこの多摩市に来てからすでに12年半を越えた。いまでこそラテは遠方へ行くことはまれだが、若い頃はまあまあよく歩いた。

Latte658_04.jpg

※水分補給が大切な季節


したがって一時間から二時間程度で戻れる地域はほとんどの場所・道を回ったと言える。時に藪の中の道なき道に迷い込んだり、何だか怪しい場所に足を踏み入れたりもしたが近隣はほとんど制覇したからオトーサンにとっても目新しい場所は少ないのだ。
そしてそもそもが新しい場所を探るように遠方へと足を向けなくなったから散歩ルートを変えるのも結構大変なのである。未知のルート、場所があったとしても私有地へ立ち入るわけにはいかないし、散歩に適さない場所もある。

それでもラテは興が乗れば歩きながらオトーサンにアイコンタクトを送ってくれるし、オトーサンの脚の関節裏辺りをマズルでツンツンと突いて「水を飲みたい」とか「オヤツを頂戴」といった催促をしながら歩く。そして歩いてはまた日陰を見つけて腹ばいになって休みそしてまた歩き出す。そしてときに満面の笑顔をオトーサンに向ける…。

Latte658_05.jpg

※ラテの笑顔は値千金!


普段オトーサンには愛想のないラテだが、その笑顔と対峙するとオトーサンの疲れもイライラも吹っ飛ぶのだ。





ラテ飼育格闘日記(657)

ラテが寝る直前に女房の布団にオシッコをしてしまった。これまで12年と6ヶ月の間、幼犬時代は数回粗相はあったが今回のようなあからさまなことはほとんどなかった。これもまた加齢のせいなのかと心配したが、問題はこうしたことが習慣になっては困る…。


朝と夕方の散歩の他に夜にオシッコだけさせようと極々近所を一回りするようにしている。その日も21時頃だったか、外に連れ出し排泄をさせて戻った。
そういえば当日は女房の仕事が遅番で帰りが遅くなり、その後の夕食となったが、ラテはオトーサンだけと一緒にいるときには実に大人しいものの女房が帰ってくると甘えたいのかアクティブになる。

Latte657_01.jpg

※オトーサン、ちょっと疲れたよ


女房が食事しているテーブルの下に陣取り、いくばしかのおこぼれを貰って上機嫌のラテだったが今度はオトーサンにボール遊びを強請りはじめた。
これまた不思議なのだがオトーサンとだけのときにはこうした要求はしないのだ。要求は必ずと言ってよいほど女房がいるときなのが面白いところだが、オトーサンが無視するとラテはしつこく「ピーピー」と鳥のさえずりのような声を出したり、時には吠える。

Latte657_03.jpg

※散歩途中でお話し中


日中ならまだしも夜半近くになっての吠え声は近所迷惑だから結局オトーサンが負けてラテが大好きなゴムボールと数個の小さなオヤツを持って和室に向かうとラテは喜んで飛び上がりまたまた声を上げる。
オトーサンが本気で遊ぶ気持ちがないとラテも盛り上がらないのでほんの10分程度だがその場でラテを喜ばせるような演出をあれこれと工夫し、その日のボール遊びを終えた。

Latte657_04.jpg

※なにか不安なことがあったのか、尻尾が下がり女房の膝に両前足を掛けた


オカーサンからの夕飯のおこぼれも貰い、ボール遊びにも満足したラテは冷たい水を置いてある場所に行き、猛烈に水を飲んでいる。それ自体は特に珍しいことではないしその後、好みの場所で眠りはじめるというのがいつもの行動なのだ。
ふとオトーサンがラテの様子をと覗いたとき、和室の一郭に寝る準備のために置いた女房用の布団(敷き布団と掛け布団を三つ折りにしてある)の上にラテが飛び乗った。

これまた珍しいことでもなく、ほんのひとときそこでベッドメイキングなのか前足で布団を引っかき回すときがあるが、すぐに自分のホームポジションに移動して横になるのが常なのだ。しかしラテはその日、その布団の山の上でしゃがみ込み、オシッコをし始めた!
「だめっ!」とオトーサンが飛び出したがすでに遅く、敷き布団はびしょ濡れ状態…。そのときのラテの顔が印象的だったが、実に気持ち良さそうな表情でしゃがみ込んでいた。ということはとっても満足し嬉しかったから "うれしょん" してしまったのかも…。

Latte657_05.jpg

※大好きなAちゃんなら跨がられても怒りません


無論その布団で寝るわけにはいかず、かといって室内に置いておけば臭いも気になるからと雨降りではなかったこともあって夜ではあったものの取りあえずはベランダに掛けて置くしかしなかった。
ともあれラテを張り倒したところで何の解決策にもならないから体罰はしないものの、問題はこうしたことが習慣となり度々同じことになっては困る…。

無論、布団でなくても畳の上だって困るわけだが、そのため翌朝の散歩まで持たそうと寝る前に排泄に出たというのにこの有様となった。
確かに気温も上昇し、喉が渇く季節となったから冬場と違い水をよく飲む。しかしこれまではこれほどあからさまな粗相はなかった。無論ラテは粗相とは思っていないのだろうが…。

Latte657_02.jpg

※じぶんの寝場所とは別に、オトーサンの布団の足元に脚を乗せて寝るときもある


室内にオシッコシートを敷いたところでラテはそこで済ませてくれなくなったのでわざわざ手間を掛けて外に連れ出すようになったのにこのざまだ。
きっと気持ち的に満足した上にふかふかの布団の山に登り、その肌触りが気持ち良かったので…ということなのだろうと思う。
とはいえまさか、水を飲ませないようにするというのも酷なことだしオトーサンたちのできることといえば寝る直前までオトーサンたちの寝具は置かないという注意くらいしかできないのが難しいところである。




ラテ飼育格闘日記(656)

まだ梅雨明けには至っていないから雨模様の日も多いが、天気が良い日には空気が綺麗なのか見通しが効く。そして見馴れているはずの散歩道にしても緑が深くなった木々が雨に濡れ、それが太陽光に当たって輝いている様は実に美しい。


とはいえ気温はすでに高めだからラテの歩みは遅いだけでなく、そもそもが歩くのがしんどいようできちんと歩けば小一時間のコースも、歩き始めて10分もするとUターンすることが多く、後は涼しげな場所で腹ばいになるというまったく散歩になっていない日々が続く。

Latte656_01.jpg

※おーい、ラテ…歩こうよ!


それでも朝の散歩では子供たちの登校時とかち合えば、嬉しいことにあちらこちらから「ラテ!」と声がかかる。
また初対面の子供でも中には「いつも公園にいるワンちゃんだよね」と近づいてくれる子供や「触っていいですか?」と聞いてくる女の子などなど、ラテにとっても良い意味で刺激の多いひとときになる。

Latte656_03.jpg

※散歩に出かけるときには意欲満々のときもあるが…


2,3年前なら子供たちと一緒にそのまま小学校の正門まで歩くといったケースもあったものの、そこは加齢なのか気温なのか、はてまたその両方なのか…適度なところでUターンしたり横断歩道を渡ったりして子供たちと別れるのが常だ。
まあ、ラテは子供にはフレンドリーだが、あまりベタベタした関係は特定の限られた子供だけで、後は意外にあっさりしているのも面白い。

Latte656_02.jpg

※やはり天気が良い日の散歩は気持ちが良い


それから、これまた歳を重ねたせいなのかも知れないが、公園で出会う初対面の母親たちにあまり吠えなくなったようだ。昔は誰彼かまわず初対面の大人が近づくと吠えるモノと決まっていたが、やはり歳のせいで多少は温和になったのか…。
ただし、よくよく観察していると吠えない場合の条件というのがあるようだ。ひとつはラテがよく知っている方と一緒にいる場合、そしてオトーサンと挨拶程度だとしても会話を交わした方には警戒を解くのかも知れない。

それ以外のケースでは相変わらずのラテでもある。
最近、近隣の道路工事が続いているが、へルメットをかぶった工事にたずさわる人たちが多く行き来する。その人たちの側を通るときにはオトーサンがリードを短く持ったり、行き交う人たちとの間にオトーサンが入るようにして歩かないとラテは必ずといってよいほど吠える。

Latte656_04.jpg

※いつもの公園で大好きなオカーサンと!


他に行き交うワンコたちを見ると、ワンコ同士で吠え合うことはあるが、人間に対して吠えるワンコはあまりいないのでオトーサンの肩身が狭いところでもある。
また行き交う人たちの中でやはりワンコ好きの方は多々いるから、そうした方の中にはラテに視線を送り声をかけてくれる場合も多いが、黙って通り過ぎれば何ということもないものの、声をかけてくれたばかりに吠えられるというのも実に申し訳ない…。

しかしこの傾向は幼犬時代からであり大人に対して何らかのトラウマでも持っているのかも知れないが、ラテは語ってくれないので分からない…。
やはり見も知らずの大人に吠えるというのは何らかの危険というか脅威を感じるからだと思う。そもそもが臆病なワンコなのだ。

Latte656_05.jpg

※機嫌がよかったのか、オトーサンが手を出したらその上に前足と顎を乗せてくれた


ただし単純に吠えるといってもラテの感情にはバリエーションがあるのも事実。知っている方に対して声を上げるのは決して威嚇とか拒否ではなく一種の挨拶だとオトーサンは思っている。
その吠え声はいささか乾いた感じだし、マズルに皺も作らず、ラテの表情にも緊迫感はないし尾を振っている場合が多い。
ともあれ、散歩はまず歩かなければ始まらない(笑)。




ラテ飼育格闘日記(655)

梅雨の季節に入ったのだから仕方がないが、雨が続くと散歩が思うように出来ず実に困る。ラテが大嫌いなレインコートを着せて出ても頭や尻尾あるいはお尻と足元はびしょ濡れだから後始末にも時間と手間がかかって大変だ。そんな時期ではあるがこの6月10日はラテ13歳の誕生日であった。


保護犬に誕生日など…と思われる方がいるだろうが、まさしく雨の日にとある家屋の軒下で雨宿りしていた子犬の誕生日など分かるはずもないが、根拠がまったくないわけではない。

Latte655_01.jpg

※ラテは13歳の誕生日を迎えた


2006年9月に茨城県で保護されたとき、獣医の診断で生後3か月と推定され、それから3か月経った同年12月10日に我が家に迎えることになった。その為、誕生月は6月、誕生日は10日と決めたのだ。

Latte655_02.jpg

※女房が立派なバースディーケーキを用意してくれた


痩せていて最初の健康診断のとき、獣医から「少し太らせるようにしましょう」と言われたが、どうやら太らせ過ぎてしまった(笑)。またその表情はキツい感じだったがそれはオトーサンたちはもとより新しい環境に警戒をしていたからに違いない。

Latte655_06.jpg

※我が家に来て約2ヶ月ほどのラテ。とても細かった


さて、ここのところNHKテレビ番組でもワンコと人の絆がなぜ強いのかといった事実を解明するような番組がいくつか続いたが、ワンコの飼い主ならワンコの賢さを日々見せつけられているに違いない。
言葉でワンコと語り合うことはできないが、どこか我々の言動のすべて…感情の起伏でさえ見通しているだけでなく己の置かれた立場をも理解しているように思えてならない。

Latte655_05.jpg

※ご近所のオカーサン方に愛嬌を振りまく


何故なら何度も同じことをご紹介しているが、2006年11月に横浜の動物病院で里親会という祭事があり飼い犬を求めてオトーサンと女房も初めて出向いたときにラテ(当時の仮の名は違っていたが)と出会った。
それまでワンコを飼ったことがないオトーサンとしては予備知識がほとんどなかったことでもあり、具体的にこうしたワンコが欲しいといった希望もなかった。

どこか「ワンコなんてどれも同じだろう」といった思いを持っていたに違いない。しかしそうした里親会といった場所に参加したのは初めてだったこともあり要領が悪かったのかオトーサンたちがいいなあと思うワンコはあっというまに里親の申込みが殺到して決まっていった。
そんな中に割り込んでは申し訳がないし別のワンコを探そうと漠然と思っていたとき、係の方から「すみませんがこの子のリードを持っていてくれませんか」と頼まれたワンコがラテだった。

Latte655_04.jpg

※雨の日の散歩は嫌いだからか、戻ったときに漫画のような笑顔を見せた


見るからに雑種のワンコはなかなか里親希望も出ずに取り残されていったが、オトーサンたちもワンコが決まらず取り残されていった(笑)。
その間の約2時間ほど、生後5か月だというそのワンコはメチャメチャフレンドリーだった。
頼みもしないのにオトーサンたちの顔を舐め、オトーサンのキャップで遊んで唾液まみれにしたが、お腹を触っても耳や尻尾を持っても怒る様子はなかった。またリードを引き他のワンコと走り回ろうということもなく、大人しく一度も吠えることなくオトーサンたちの脇に寄り添い続けた。

後から考えれば生後5ヶ月の幼犬には違いなかったが、この場が己の命を繋ぐために重要な “時” であることを本能で知っていたのではないかと思う。いや、こう言うと犬の擬人化だと否定する声もあるだろうが、同種の経験体験をしたという情報は他にもある。
例えばエリザベス・M・トーマス著/木村博江訳「犬たちの礼節ある社会生活」(草思社刊)に登場する問題行動で捨てられ、保護施設預かりになっていたジャーマン・シェパードに似たワンコの話しは印象的だ。

エリザベスがTV番組で出会ったとき、ケージから出されたそのワンコは嬉しくてたまらないようで笑みを浮かべ、その場に座り込むと後ろ足を開いて腹を見せた。
筆者の表現では「自分を気に入ってもらいたがっていることは、誰の目にも見て取れた。明らかに、できるだけ早く私たちに愛されようと最善をつくしていたのだ。自分にはあまり時間が残されていないのを、知っているかのように」。


Latte655_03.jpg

※手を合わせあうラテ・ファミリー


ワンコは番組中も大変フレンドリーだったがプロデューサーがリードを持ってスタジオから連れ出そうとするとき、ワンコは新しい飼い主に引き取られるのだと思ったらしく踊るように飛び跳ね有頂天の様子だったが、すぐにまたケージに戻されるのを察知したとき、まるで明かりが消えたように呻きはじめたという。
その様子を観察していたエリザベスは思わずそのワンコを引き取ることにしたという。そのワンコは己の運命を知り、なんとか命を繋ぎたいと最善の努力をしていたのだ。

ワンコが我々人間と同じ思考を持つとはいえないが、喜怒哀楽は勿論、己が置かれている立場というものを敏感に感じ取っていることは間違いないように思える。
とにかく大げさで無く、オトーサンに対するラテのフレンドリーさというよりサービス精神はその里親会のときが一番だった(笑)。顔を…口元を舐め、体を押しつけ、お腹を出し、ぶつかると痛いほど振る尻尾をオトーサンに向けていた。
絶対にあのときのラテはワンコのくせに猫を被っていたのだ…。

そのラテも13歳になった。ときにしゃくに障ることもあるが、ある意味でとても “人間くさい” ワンコだともいえる。
あと何年オトーサンたちと元気で暮らせるかは分からないが、一日一日を大切にしたいものだ。
「お誕生日おめでとう!ラテ!」


広告
ブログ内検索
Related websites
Macの達人 無料公開
[小説]未来を垣間見た男 - スティーブ・ジョブズ公開
オリジナル時代小説「首巻き春貞」一巻から完結編まで全公開
ラテ飼育格闘日記
最新記事
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

appletechlab

Author:appletechlab

主宰は松田純一。1989年Macのソフトウェア開発専門のコーシングラフィックシステムズ社設立、代表取締役就任 (2003年解散)。1999年Apple WWDC(世界開発者会議)で日本のデベロッパー初のApple Design Award/Best Apple Technology Adoption (最優秀技術賞) 受賞。

2000年2月第10回MACWORLD EXPO/TOKYOにおいて長年業界に対する貢献度を高く評価され、主催者からMac Fan MVP’99特別賞を授与される。著書多数。音楽、美術、写真、読書を好み、Macと愛犬三昧の毎日。マネキン造形研究中。2017年6月3日、時代小説「首巻き春貞 - 小石川養生所始末」を上梓(電子出版)。続けて2017年7月1日「小説・未来を垣間見た男 スティーブ・ジョブズ」を電子書籍で公開。ゆうMUG会員