新刊、西和彦著「反省記」を読んで…

新刊、西和彦著「反省記」ダイヤモンド社刊を早速入手して読んだ。「反省記」とは「半生記」にも掛けているようだが、西さんはパソコン黎明期を通ってきた者にとっては憧れというか雲の上の存在だった。マイコン月刊誌「I/O」創刊メンバーであり、すぐに「月刊ASCII」を立ち上げ、あれよあれよという間に時代の寵児に駆け上がった方だった。


Remince_01.jpg

※西和彦著「反省記」ダイヤモンド社刊


私は1977年にワンボードマイコンを手にしてこの泥沼の世界に足を踏み入れた一人だが、何度も「I/O」に投稿して原稿料をいただいたこともあるし、無論「月刊ASCII」は創刊号からの読者でこれまた何度か投稿させてもらったことがある…。
その後、西さんは数々の驚くべき事業に手を染められたが、特にパソコン通信のアスキーネットは私も当初から未来を指向するものとして期待を持って見ていた一人であり、無論ユーザーとして即登録した事を覚えている。

Remince_02.jpg

※NEC PC=9801とエプソンの音響カプラでアスキーネットにゲストとしてログインした画面(1985年7月)

そして西さんが米国マイクロソフトのボードメンバーとなったあたりまでは一人のパソコンユーザーとして彼の動向を眩しくも記憶に留めていた。しかし1989年3月に弾みとは恐ろしいもので、私自身がMacintosh向けのソフトウェアを開発する会社を起業したため、他人の動向に注視する余裕も無く、西さんの動向は他人事として興味の対象外になっていった。

そういえば、私は一度アップルジャパンで西さんと名刺交換をしたことがあった。月に1度ほど、アップルのデベロッパーリレーション担当者に近況報告および自社の新製品動向などをお話しし、時にはセミナールームでアプリケーションのデモをさせていただいていたが、アップルがまだ千駄ヶ谷にオフィスがあった頃だから1996年11月以前…そう、1995年あたりだったのかも知れない。

Remince_03.jpg

※1977年購入のワンボードマイコン L Kit-8(1978年撮影)


アップルの担当者に紹介されて私は形通りに名刺交換をしたが、恰幅の良い馴染みの顔はそのままにしても随分と頭に白いものが目立った印象を受けた。
正直言うとそれまで西さんとお会いしたことはなかったが、印象としては好きなタイプの人間ではなかった。まあどう考えても私などとすれ違う機会もないだろうと考えていたが、そもそも私らの認識では西さんは「おやじ殺し」などと言われ、大手企業の経営者たちを味方に付けるパワーがあった反面、部下を怒鳴り散らすワンマン経営者といったイメージがあったが、そのお会いした時の温和な表情はこれまでの勝手な印象とは違いどこか大黒様のようだった。
本書「反省記」を見ると1997年(平成9年)にCSK・セガを対象に第三者新株増資を行い、約100億円調達したもののCSKのグループ企業となった時代の少し前であり、心労が絶えない時期であったようだ。

Remince_04.jpg

※コモドール社オールインワンパソコンPET2001とデュアルフロッピーディスク(左)およびプリンタ(右)。1978年


西さんが辿ったこれまでの人生は本書をお読みいただけば良いが、ひとつの事業…企業を立ち上げ続けていくことがいかに困難なことかは分かるに違いない。だから私は「よい経験だ」とか「可能性を求めて」などなどと若い方にいたずらに起業は勧めないことにしてきた…。
ともあれ西さんの手腕の是非はその時その時のご本人しか到底わかり得ないことだと思う。まさしく勝海舟が批判されたときの言葉「行蔵は我に存す、毀誉は他人の主張、我に与らず我に関せずと存候」であろう。
しかし本書を読み進むうち、やはり私自身が起業し足掛け14年間Macintosh専門のソフトウェア会社として数々のオリジナルアプリと、キヤノン、ソニー、リコー、富士写真フィルム、NTTなどなど一流企業にソフトウェアを提供してきた自分自身の社長としての立場の苦悩とどうしても重なり合ってしまう。

Remince_05.jpg

※Apple IIとライトペンシステム。1982年


本書の前書きで西さんは「もしも、読者のみなさんが、僕の生きてきた半生記の反省記からわずかでもご自身の未来に生かす材料を見出していただくようなことがあれば、僕にとって望外の喜びである」と書いているが、西さんより八年長く生きてきた私に言わせれば、自己反省の効用はともかく、他人の人生はほとんど自分には役に立たないと思っている(笑)。
人は成功しようが失敗しようが、同じ事をまったく同じように2度3度とやり直すことは絶対にできない。例え形だけ同じに見えてもそれは申し上げるまでもなく時代というと大げさだが何かを成し遂げようとする背景が、廻りの人事が、社会情勢が違うからだ。
我々は昨日の出来事でさえ、文字通りには繰り返すことはできない…。したがって一見同じような場面に出くわしたとしてもその時々で判断は違わざるを得ない。

Remince_06.jpg

※西さんが開発の陣頭指揮を取ったというNEC PC-100。1983年


したがって本書はビジネスのノウハウ本とは言いがたく、西さんご本人も書いているとおり、パソコン黎明期へのタイムトリップを楽しむのには貴重な一冊かも知れない。
マイコンが…そしてパソコンが登場し始めたあの時代の雰囲気は本当に特別なものだったからだ。特に「I/O」や「月刊ASCII」創刊の裏話などを当事者の一人からお聞きするのは興味深いが、それは当然のことながら西和彦という時代の寵児の廻りだけに起こっていたことではない。
上手な説明は難しいが、マイコンとかパソコンといった、それまでには存在しなかったものが認知されていく過程にはソフトウェア、ハードウェアなど様々な分野で葛藤と成功および挫折が繰り返されていた。
よく歴史は勝ち残った者の記録だと言われるが、この三十数年間の文字通りの激動の業界を見聞きし肌で感じてきた一人として言えることは西さんの半生と同様な出来事は日々当たり前のように現れては消えて行ったのだ。

ということで同じ時代を駆け抜けてきた一人としては西さんの反省や感動に共感を覚える点も多いが、前記したパソコン黎明期へのタイムトリップを楽しむ…という主旨からすれば当然のこと本書は西和彦の半生というか身の回りに起こった出来事に終始しているわけで私には物足りなかった。ただし西和彦という一人の天才をよりよく知りたいという方にはお勧めの一冊だ。

最後に、私自身は後悔とか反省はしたくないが、ひとつだけ強く心していることがある。それはもしいま数億円、十数億円の資産がありなにか面白い事をやってみたい対象があったとしても、2度と社長(代表取締役)はやりたくないということだ(笑)。だから…「社長なんてやるものではない!」とかいうタイトルで、半生…いやもう終活論…を含めた一冊を書いてみたいと思っているのだが。




オリジナル時代小説「首巻き春貞(外伝)天一坊事件異聞」公開

本編は原稿用紙に換算して七十枚ほどの短編である。実はご承知の方も多いと思うが「松平藤九郎始末(三)首巻き春貞外伝」で一連の時代小説は完結と宣言し、すべてを見直し、一部の表紙を改変して「決定版」として整えたものの、おかしなことに心にぽっかりと穴が空いたような気持ちになった。


春貞外伝_天一坊事件表紙600

そもそもがこの時代小説「首巻き春貞」は筆者自身のボケ防止を目的に執筆を開始したのであった。したがって一冊書けば気が済むだろうと考えていたものの次から次へとアイデアが湧き出て結局全部で二十巻にもなってしまった。
そしてありがたいことに少なからず読者もおいでだが、書き手がこれほど楽しいと思ったことはないほど充実した日々であり、心の一旦は常に江戸中期の松平春貞の屋敷にあったともいえるほどだ。

さて、というわけで空虚な心の穴を埋めるためにオムニバス編ともいえる短編を書いてみようと思い立った。
「首巻き春貞」の時代背景は小石川養生所が開設された享保七年(一七二二年)十二月初旬からスタートし、主人公松平春貞は勿論、八代将軍吉宗と江戸南町奉行大岡越前守忠相が重要な役割を果たす時代小説である。
であるなら本来、享保十三年から十四年にかけて起きたといういわゆる「天一坊事件」は書かずにいられない大きなテーマであるはずだが、その時代を描いた「首巻き春貞(五 誕生」執筆当時、筆者の力量では小説としてどのように描くかがはっきりできず、結局事件を意図的に無視した経緯があった。

そんなわけで今回短編のオムニバスを書くにあたり、この「天一坊事件」にスポットを当て、特に江戸南町奉行大岡忠相の裁く苦悩を描いてみようと思い立った。
とはいえこれは小説だからして歴史としての事実は事実としてもストーリーは無論フィクションである。
いや、実はこの「天一坊事件」は「大岡政談」に収録され、大岡忠相の名裁きの一つとされていることでもあり、これまでにも小説や芝居あるいは映画など様々な作品が知られている。

しかし史実を言えば、このとき南町奉行大岡忠相はことが町奉行支配地外での事件のため、当該事件に実際には全く関与していないのだ。
実際には天一坊は勘定奉行、稲生下野守の裁きを受けて死罪となり、鈴ヶ森刑場で獄門になっている。

さて、奇遇といえば奇遇な話しだが、最初は漠然と天一坊事件を調べ始めたわけだが、天一坊が処刑されたのは小説の中にあるとおり享保十四年(一七二九年)四月二一日だがこれは無論旧暦で、新暦に換算すると本日公開初日の五月十八日となる。
ということで、書き始めたときに気がついたわけだが、偶然とは言えまさしく天一坊の命日目前に執筆を思い立ったわけで我ながら感慨深い思いに浸っている。
ともあれ、例えお一人でも楽しんでいただけるのであれば嬉しい…。

■オリジナル時代小説「首巻き春貞」&「外伝」掲載リスト




新型全自動エスプレッソマシン「デロンギESAM03110S」レポート

日々愛用し世話になっていた全自動エスプレッソマシン「デロンギEAM1000BJA」が壊れた。購入が2009年3月だったから丁度10年使ってきたわけで感謝しかない。とはいえこれまた無いわけにはいかないので無理して後継機種を買うことになったが懐の傷手には違いない…。


ともあれ新たに購入した製品もデロンギ全自動コーヒーメーカー マグニフィカの同じシリーズだが、型番は「シルバーESAM03110S」でその名の通り今回の機種は筐体フロントカラーがブラックではなくシルバーを選んだ。
基本機能は同じでサイズも奥行きが4cmほど大きくなっただけだが幅や高さはほぼ同じだし、オペレーションのすべてはフロント側で可能なので、置き場所も左右にあまり気を使わないですむ。

Delonghi_ESAM03110S_01.jpg

※デロンギ全自動コーヒーメーカー マグニフィカ「シルバーESAM03110S」


専用投入口にコーヒー豆と水をセットし前面パネルのダイアルでコーヒーの濃さと量を調節した後、抽出ボタンを押すだけでクレマも豊かに香り高いイタリアン・エスプレッソが抽出できるのも一緒である。なお、抽出は1杯は勿論2杯同時も可能である。そしてコーン式コーヒーグラインダー搭載(ミル)は低速回転でコーヒー豆を挽くため、摩擦熱が発生しにくい構造であり、為にコーヒーの命ともいえる揮発性のアロマを逃さずに豆を挽くことができる。
さらにミルクフォーマーも肌理の細かなものが容易に作れるからカプチーノも美味しい。

Delonghi_ESAM03110S_02.jpg

※早速カフェ・シェケラートを作ってみた。カップはイタリアのボルミオリ ロコ社製のガラス製カップ


ただし、さすがに十年前とまったく同じといったわけではなく操作ボタン類のデザインと配置が変わり、全体的にシャープな印象となっていると共に機能もパワーアップしている。
基本的な構造や仕組みはEAM1000BJAと同じだが、ESAM03110Sは元電源が装備されコーヒー抽出後に自動的にボイラーがオフになる節電機能が付いたり、オートオフまでの時間を設定可能になったり、抽出温度は4段階から選択可能になったりと機能アップしている。また実際に使ってみると抽出後に電源をOFFにすると内部洗浄が始まるが、その所要時間も短くなっているようだ。

またカップを温めるため、熱湯の抽出もできるし抽出口も上下にスライドさせ、カップの高さによって調節が可能になっている。ただしこのESAM03110Sは1450Wと消費電力もパワーアップしていることもあり、コンセントはタップなどは使わず直接接続しなければならない。
ということでセットアップの後に空気抜きや内部洗浄そして水の硬度確認とセットという前準備をした後に早速テストを数度やってみた。

そういえばせっかくコーヒーマシンを新調したのだからとこれまでやったことのないことに挑戦(大げさだが)することにした。それはカフェ・シェケラートとかラテ・シェケラートというイタリアで広く好まれているというアイスコーヒーを煎れてみようと考えた。
形から入る私としてはイタリアのボルミオリ ロコ社製のガラス製カップと共にカクテルシェーカーも手に入れた。カフェ・シェケラートの具体的なレシピはググっていただければ多々情報があるので今回は略すが、抽出したてのエスプレッソを氷で一気に冷やすため、芳醇な味と香りが楽しめる。

Delonghi_ESAM03110S_03.jpg

※こちらはミルクたっぷりのラテ・シェケラートだが実に美味しい。ちなみに"シェケラート"は「シェイクする」といった意味だという


初めての試みとしては上出来であった。
これでまた毎日が楽しみになったが、願わくば前機種同様10年ほどは無事故で楽しみたいものである。





杉田玄白「鷧斎日録」を読む

日記をつけている方は少なくないと思うが、私はといえば日々つぶやくTwitterやInstagramなどへの投稿が一種の日記になっていると思うし、愛犬の成長ぶりを軸に「ラテ飼育格闘日記」を本ブログに週一で載せており、あらためての日記はつけていない。また自分の日記はともあれ、他人の日記を覗くというのはなかなかに興味深いものだが、著名人の公開されている日記の中には公開される…公開することを意識して書かれているものも多い。


さて今回は江戸時代に「解体新書」を著したことで知られている医師、杉田玄白の日記についてのお話しである。
玄白は筆まめというか記録魔というべきか、日記をこまめにつけていた。その一部であろうと思われるが、天明8年〜文化3年(1788年~1806年)までの日記が全九冊「鷧斎(いさい)日録」という名で伝わっている。これらは玄白56歳から74歳まで約19年間の日々の貴重な記録であるが、玄白は文化14年(1817年)に85歳で没しているから文字通り晩年の記録である。

isainichiroku_01.jpg

※「鷧斎日録」全文が載っている株式会社生活社刊「杉田玄白全集第一巻」(1944年発行)


「鷧斎日録」の存在が世に知られだしたのは昭和11年(1936年)のことだったという。同年「東京朝日新聞」記事をはじめ、高浜二郎氏や原田謙太郎氏により「歴史地理」「日本医療新報」「中央公論」といった媒体に報道や論文の発表が相次いだ。
ちなみに私の手元には昭和11年9月に日本歴史地理学会発行「歴史地理」第六十八巻 第三号に「杉田玄白の手記『鷧斎日録』」と題された論文が載っている現物がある。

isainichiroku_04.jpg

isainichiroku_05.jpg

※昭和11年9月に日本歴史地理学会発行「歴史地理」と掲載されている高浜二郎氏の論文


ということで最初に「鷧斎日録」を玄白の子孫の方から閲覧を許されたのは高浜二郎氏だったが多々経緯もあってほとんど世に知られることなく、その後の新聞発表では「蘭学事始以上の珍本、百廿余年目に発見!」と国宝的珍書が発見されたと奉じている。

「鷧斎日録」は虫食いが甚だしいため、保険をかけた上で修理に出し、一枚一枚裏打ちをし一冊となるのを待ち構えるようにして原田謙太郎氏、内田孝一氏、岡本隆一氏、三廼俊一氏、杉靖三郎氏、村上秀氏の六氏により分担して写筆研究を行ったという。
結果予定よりかなり遅れたが、昭和19年11月15日に杉靖三郎氏を編者として株式会社生活社より「杉田玄白全集第一巻」として刊行された。

私の手元にはその初版本があるが、奥付を確認すると初版発行部数は1,500部で定価は十二円五十銭とある。ちなみにこの頃の物価をググってみると、1000円で家が建つとか軍事産業の工務部次長で34歳の男性の月給が167円だったといった話しがある。無論この前後は食料が配給制になったりと物価の変動が著しい戦渦の時代だった。ということで誤解を承知で言ってみれば十二円五十銭という価格は現在の50,000円ほどの重みがあったに違いない。
高価な専門書といった感じだったようだ。
ともかく戦時中でもあり紙不足でもあったからか紙質が著しく良くないものの600ページほどの本がまずまずの保存状態で入手できた。

isainichiroku_02.jpg

※「杉田玄白全集第一巻」の奥付


さて、内容を見てみると天候、体調はもとより日々の出来事だけでなく随想、和歌、狂歌、俳句、漢詩、年収などが多彩に織り込まれている。
特に玄白が毎日のように小石川、浅草、吉原、品川まで江戸の町を広く往診に出かけていることにも頭が下がる。
要は…「鷧斎日録」は臨床医としての玄白の往診記録を主軸として、玄白の回りの人たちの言動、玄白自作の詩歌、おそらく藩邸勤務や往診の過程で知り得た当時の社会事情やその情報を書き留めた日記なのである。
その記述は基本とても簡素なもので、諸情報の記録についても事実のみが記され、それに関して玄白自身のコメント類はほとんど書かれていない。

例えば丙辰年(1796年)正月からの記述の一部をご紹介すると、

・元旦 雨夜雪 御屋敷御禮相済。
    歳旦
  若水の汲上られて今年哉
  天神下出ル。
・二日 雨 天神下出ル。
・三日 曇 在宿。
・四日 晴 風気在宿。
・五日 雨 同。
・六日 雨 前夜より大風雨。
・七日 曇夕晴 近所年禮。
・八日 晴 浅草・吉原病用。夜御福引。
・九日 同 牛込・小川町邊年禮。
・十日 雪 在宿鏡開。

といった具合…。 
また家族のこともよく記録されており、特に出産や死亡、藩邸への出向や子供を連れて芝居見物に行ったこと、あるいは墓参などを書き留めている。さらに子供や孫を可愛がっていたことが伺われるし、市川団十郎(五世)や火付盗賊改の長官こと長谷川平蔵宣似の名も登場している。
この「鷧斎日録」は杉田玄白という史実の人物をよりよく知るためにも重要なタイムカプセルであるが、当時の世相をリアルに知ることができる一級の資料でもある。

なお私が知る限り「鷧斎日録」の全文が読めるのは前記した株式会社生活社刊「杉田玄白全集第一巻」だけのようだがすでに書籍を入手されるのは難しい。ただし幸いなことに国立国会図書館デジタルコレクションにアップされており、無料でPDFファイルとしてダウンロードできる。

isainichiroku_06.jpg

※「杉田玄白全集第一巻」は国立国会図書館デジタルコレクションにアップされている


とはいえこれを読破するのも正直大変だと思うので興味のある方には松崎欣一著「杉田玄白晩年の世界〜『鷧斎日録』を読む」(慶應義塾大学出版会)をお勧めしたい。
本書も500ページを超える本だが、全文掲載というのではなく例えば「臨床医として」「教養人として」「記録者として」といった具合にいくつかの項目別に「鷧斎日録」を読み解き、実に詳細なる研究結果を公開している。

isainichiroku_07.jpg

※松崎欣一著「杉田玄白晩年の世界〜『鷧斎日録』を読む」(慶應義塾大学出版会)


少し例を上げれば、医者仲間の会合や俳会などの会合への出席頻度、大雨・洪水の記事の集計、火災関係の記事リストなどだが火事の記録をこれだけ整然と列べられると「火事と喧嘩は江戸の華」ではないが、いかに江戸の町は火災が多かったのかが分かる。その他、往診のために外出した地域と回数、打ち壊しや百姓一揆の詳細が分かるだけでなく、玄白の家族や親族がどのようなものであったかも理解しやすい。
「解体新書」の翻訳で知られる蘭学者・臨床医の豊かな晩年と共に同時代の世相まで眼前に浮かんでくる「鷧斎日録」はもっともっと一般にも知られて良き内容に思えるのだが。


書籍「幕末諸役人の打明け話 〜 旧事諮問録」考

いま脇机の上に開かれているのが青蛙房刊「幕末諸役人の打明け話 〜 旧事諮問録」(以下旧事諮問録)という400ページを超える書籍である。「旧事諮問録」は「きゅうじしもんろく」と読むが別途「ふるきこと たずねし きろく」ともふりがながつけられている。


「旧事諮問録」は、明治維新から二十余年、文明開花、欧化主義の嵐が静まり過去の歴史への反省が生まれる頃、それまで否定してきた德川の幕政へ新たな検討が始まった…。そして東京帝国大学の当代トップクラスの学者グループが、政治・経済・法政・外交の各般にわたり、旧幕古老たちにたずねた問答体の速記録である。

jmphoto20190709pm_01.jpg

歴史は勝者の記録とはよく言われるが、明治維新のような大きな変化があったときは尚更のこと、100年…いや50年もすればそれ以前の社会のあれこれなど忘れ去られてしまうものだ。特に明治維新はそれまでの幕政体勢を完全否定したわけだから文明開花、欧化主義への変化だけでなく、それまでの文化や体勢といったものは否定され急速に忘れられていった。
さらに当時は現在のように動画で世情や人々の暮らしを記録することなどできようもなかったから、往時を生きた人々が亡くなれば生の記憶は完全消滅する。

そうしたことを学問の立場から危惧したのであろう、帝大の中にあった史談会という学者グループの有志が集まり「旧事諮問会」が発足したのだった。
要は失われるであろう幕政のあれこれを記録し後世に残すべしと考えた「旧幕勤仕の古老に物を聞く会」である。そして明治二十三年秋冬のころより毎月一回、その職を旧幕府に奉じ、事務に練達せる耆老を招聘して未だ文書にあらわれざる事実を質問する事となった。

その内容は多義に渡り、役向きの勤めぶりや諸般の慣習、風俗を知る以外に奇話や秘聞に属するものも多い。
内容を目次に従い大別すると「将軍の日常生活」「勘定所の話」「評定所の話」「大奥の話」「目付・町奉行・外国奉行の話」「御側御用取次・外国奉行の話」「八州取締・代官手代の話」「昌平坂学問所の話」「欧州派遣使節・奥御右筆の話」「御庭番の話」そして「町与力の話」と様々だ。

しかし「旧事諮問録」は一般的な回顧録とは違う。大概の回顧談は自叙か聞書かによって生まれたが、本書は座談会形式という珍しい例であり、かつ当時流行だったという速記術によって記録されたものだったからだ。
さらに諮問会会員の氏名リストも載っているが、我が国初の博士号を授与された者も含めて五十九名であり、私などが見ても分からないが当時の錚々たる顔ぶれであるという。

さてさて問題の中身であるが往時を知りたい者にとってまさしく一級の資料であり他に類の無い内容だといえよう。
例えば「将軍の日常生活」を覗いても着るものから夜具の揃えの話があったり、将軍はだいたい一日のうち三分の二以上は中奥に在しているとか、ご飯は蒸飯だとか、食事の器物も粗末なもので椀のごときは世間に売っている普通の椀であるなどひとつひとつの問答が実に興味深い。
また有徳院(八代将軍德川吉宗)は実際に相手の身分が低い者であっても構わず話しをする人で、書生同様大坂などを歩いていたというし、厩の掃除をする者に酒を与えるくらい開けた公方であったという。こうした事実が暴れん坊将軍といった魅力あるフィクションを生む背景だったに違いない。

なぜ学者でもない者がこうした書籍を手にしたかといえば、それは時代小説を書く中でフィクションはフィクションとしても時代考証や史実の登場人物、例えば八代将軍吉宗や南町奉行大岡越前守忠相などなどの活躍ぶりをできるだけきちんと描きたかったからだ。
なお「旧事諮問録」というと、岩波文庫版が知られているようだ。しかし旧仮名遣いであることから私はあえて本書三好一光校注の青蛙房版を選んだ。本書は三好一光氏が解題末に述べているようにすべて話し言葉の記録であること、一部の研究者のためというより一般に読んで貰いたいということで現代語調に改められている。

ということで、旧幕府の役人たちの肉声が詰まっている「旧事諮問録」は歴史を学ぶ者、興味を持っているすべての人たちの宝でありタイムカプセルだといえよう。




広告
ブログ内検索
Macの達人 無料公開
[小説]未来を垣間見た男 - スティーブ・ジョブズ公開
オリジナル時代小説「首巻き春貞」一巻から外伝まで全完無料公開
ラテ飼育格闘日記
最新記事
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

appletechlab

Author:appletechlab

主宰は松田純一。1989年Macのソフトウェア開発専門のコーシングラフィックシステムズ社設立、代表取締役就任 (2003年解散)。1999年Apple WWDC(世界開発者会議)で日本のデベロッパー初のApple Design Award/Best Apple Technology Adoption (最優秀技術賞) 受賞。

2000年2月第10回MACWORLD EXPO/TOKYOにおいて長年業界に対する貢献度を高く評価され、主催者からMac Fan MVP’99特別賞を授与される。著書多数。音楽、美術、写真、読書を好み、Macと愛犬三昧の毎日。マネキン造形研究中。2017年6月3日、時代小説「首巻き春貞 - 小石川養生所始末」を上梓(電子出版)。続けて2017年7月1日「小説・未来を垣間見た男 スティーブ・ジョブズ」を電子書籍で公開。
2018年春から3Dプリンターを複数台活用中。ゆうMUG会員