Appleのチーフ・デザイン・オフィサー、ジョナサン・アイブ氏退社についての個人的な考察

Appleは、チーフ·デザイン·オフィサーのジョナサン・アイブ氏ことジョニー・アイブ氏が今年後半にAppleを退社すると発表した。その影響でAppleの時価総額が約1兆円減少したとか、今後のAppleを心配する声も聞くが、個人的には些か遅きに期したと考えている。またアイブ氏の退職はApple Park完成を機会にしてのことだろうが、アイブ氏自身はもっと早くAppleを離れたかったように思う。【以下敬称略】


tim-cook-jonathan-ive.jpg

まず最初に申し上げておくが、私は1980年にApple IIを手にして以来今日まで熱烈なAppleユーザーというだけでなく、スティーブ・ジョブズ不在の時代から復帰の初期まで、約14年間をアップルジャパンのデベロッパーとしてソフトウェア開発に従事していた。そしてその間、自社開発アプリ数点…Performaへのバンドルを実現しただけでなくスポット販売などにより、Appleはビジネス取引の相手でもあった。

さらに歴代のアップルジャパン社長は勿論、ギル・アメリオ、エレン・ハンコック、ドナルド・A・ノーマン、ガイ・カワサキ、ハイディ・ロイゼン、ロン・オカモトら、その時代時代の要人たちとお会いする機会も得た。そして名刺交換したAppleの本社スタッフは100人をくだらないだろう…。したがってというか、Appleの闇の部分も多々体験してきたし一般のユーザー諸氏やメディアの方々とは些か違い、いまだに公言出来ないことも多くAppleへの評価は手放しで褒めちぎるわけにはいかず必然的に辛口にならざるを得ない…。

ということで、私は大方の人々の評価とは裏腹にアイブのデザイン力に関しても闇雲には認めていない。何故なら古くは20世紀モデルの電源コードのあり方、初代iMacの円形マウスはもとより、現在でもiPhoneのカメラの出っ張りやマウスの充電ポートが裏側にある点などなどデザイン面だけでなく使い勝手を犠牲にしてきた面も目立つからだ。またアイブはソフトウェアのUIに関しても責任を負ったが決して成功したとは思えない。

さて、アイブはスティーブ・ジョブズが復帰したときすでにデザイン部門にいた。そしてジョブズがApple復興を賭けて発表するiMacのデザインをアイブに依頼したことからジョブズとアイブの蜜月が始まった。
要はアイブのデザイン力を認めるか認めないかを含め、スペックは勿論デザインを最終決断したのはCEOのジョブズであっただけでなく、いわばAppleにおけるジョニー・アイブや現CEOのティム・クックを "生み出した" のはまぎれもないスティーブ・ジョブズなのだ。したがって個人の能力や貢献はきちんと評価するにしてもいたずらに「Apple復活を支えたジョナサン・アイブ」等という物言いはどうかと思う。そうした点からも個人的にはAppleにおけるアイブの評価は過大評価されていると考えている。

また逆にアイブから見てAppleにおける仕事はどうだったのだろうか…。
スティーブ・ジョブズが生きているうちはともかく、亡くなってからは決して100%満足していた状態ではなかったと思われる。それは多額の報酬といった面ではなくAppleにおいてのデザインの限界について常々悩んでいたに違いない…。
どういうことかといえばAppleのプロダクトは基本多くはない。Mac、iPhone、iPadなどを列記するまでもなくコンピュータといわゆるガジェット類だ。
そしてアイブの限界以前にAppleにはこれまでの歴史で培ってきた「Appleらしさ」が求められている。したがってアイブならずとも、この伝統といった圧力に暗に縛られているようにも思え、結果新しいデザイン構築に壁というか限界を感じていたに違いない。
要はiMacにしろiPhoneにしろ、その基本デザインはスティーブ・ジョブズの影響力からいまだ脱していないのだ。

それにiMacにしてもiPhoneにしても考えるまでもなく使い勝手を無視したデザインなど出来ようもないし、そうして考えれば現在の基本デザインはiMacにしてもiPhoneにしてもなるべくしてそうなったデザインだともいえる。事実悪い事ではないが、この数年 iMacにしてもiPhoneにしてもデザイン面に目を見張る改革はない。
したがってアイブにしてみればそろそろAppleの呪縛から離れ、自由な仕事をしてみたいと考えたとしても不思議ではなく、Apple Park完成を目処にAppleを離れる決意をしたに違いない。

またCEOのティム・クックから見れば、Apple社内に置いて絶大なる発言力を持つようになったアイブはそろそろ鼻についていたのではないだろうか。ある意味、スティーブ・ジョブズ亡き後のAppleはティム・クックとジョニー・アイブの二人体制で外面を維持してきた傾向があり、その過程でジョニー・アイブをいたずらに怪物にしてしまったのはAppleというよりティム・クックの失策だったともいえる。

さて、ジョニー・アイブが去ったAppleを心配する向きもあるが、プロダクトデザイン/インダストリアルデザインはアイブだけのものではない。世界には優秀なデザイナーは多々存在するし、そうした人たちに光が当たる良い機会になればよい。
したがってアイブ退職後もAppleはクライアントだという話しもあるが、それはお互い未練たらしい(笑)。Appleにしてもアイブにしても退職時のリップサービスであって欲しいと思う。
我々ユーザーは、アイブがデザインしたiPhoneと別のデザイナーがデザインしたiPhoneを選んで使うことはできない。誰の手になるにしろAppleからその時代のニーズに合った優れたデザインが生まれるに違いないしそう願っている。




手持ちの透明レンズなサングラスは本当に紫外線カットできているのか?

夏日が続くような季節になってきた。必然的に天気が良ければ日射しも強く、白内障を患い緑内障も治療している眼を持つ当人としてはサングラスが必須である。一応ネットショッピングした色の濃いものと透明のサングラスを用意してあるが共にUVカット率99%と謳っているもののこれら安物のサングラスは本当にUVカット効果があるのだろうか…。


というわけで、紫外線は大敵のため愛犬との散歩など比較的外にいる時間が長くなりがちなときにはサングラスをかけるようにしているわけだが、色の濃いサングラスは見やすいものの視力が弱いこともあり、少し薄暗い場所では見えにくいし愛犬とのアイコンタクトも思うようにいかない。

UVlevelchecker_01.jpg

※UVカット仕様を確認したいサングラスと「UVレベルチェック・リップミラー UV-004」


また紫外線カット機能のない、色の濃いサングラスは瞳孔を開かせてしまうために目を痛めてしまうとも聞くし、なんとか手持ちの透明レンズのサングラスが本当にUVカットの能力があるのかを確認したいと簡単なUVチェッカーを使ってみた。

紫外線の強度を測る計器は多々あるが総じて高価だ。しかし今回のミッションは紫外線の強度を精密に測ってどうのこうのというのではなく、紫外線が間違いなく届いている場所で所有しているサングラスがその紫外線をきちんと遮っているかどうかを確認したいわけで、それだけの為に数万も数千円も出せないと考えていたところ適当なアイテムを見つけた。

それが「UVレベルチェック・リップミラー UV-004」という商品でその名の通り背面側には小さなミラーが貼られており、チェーンが付いているのでキーホルダーやバッグなどに掛けておくこともできるし小型で薄いのでポケットに納めておくのも苦にならない。
なによりもAmazonで500円程度で買えたことだ。無論きちんと動作しなければ意味は無いが…。

このUVチェッカーは日射しに数秒当てるだけで上部の太陽のアイコンだけでなく全体が赤紫色に染まる。しかしスイッチやボタンはないし電池も不要だ。
ボディには4段階のUVレベルが表示されており、それが計測したUVレベルを表すというわけでまったく手間はいらない。一端染まったUVチェッカーはUV照射がない場所に置けばすぐに元のレベルに戻る。
要はこの4段階のレベルであれば誰もがUVカットが必要だということになる。

UVlevelchecker_03.jpg

※ベランダに出て、日向にUVチェッカーを置くとすぐに真っ赤に変色した


さて私のミッションはUVレベルチェックをすることではなかった。手持ちの透明なサングラスが売り文句の通りUVカット効果があるのかどうかを確認したいと考えたわけだ。
したがって実験はいたって簡単。明らかに紫外線照射がある場所にUVチェッカーを置き、その前面に目的のサングラスのレンズ部位を置いて確認するだけだ。
サングラスのレンズにUVカットの能力があればチェッカーの色は変わらないか、変わっても僅かだが識別できるような濃さになったとすればUVカットの能力はないということになる。

UVlevelchecker_04.jpg

※前記の上に目的のサングラスのレンズ部位を重ねてみると数秒後に赤色は消えた


いろいろと事前に調べた範囲ではそもそもプラスチックレンズにはUVカット効果があるようだ。ただし99%のカットを謳うためには何らかのコーティングを施している場合が多いらしい。
さて実験の結論だが、目的のサングラスはUVカット機能が間違いなくあることがわかった。レンズ越しのUVチェッカーは見事に反応しなかったからだ。
これで安心して手元のサングラスをこれからの季節に愛用することが出来る。



出版物のご案内〜Macテクノロジー研究所もお手伝いした「くらしを変えた日本の技術」発刊

2月27日、くもん出版からリリースされた「くらしを変えた日本の技術~未来技術遺産でわかる工業の歩み/情報・通信(4)」というハードカバーの書籍がある。監修は独立行政法人 国立科学博物館/産業技術史資料センターでありどこかお堅いイメージを受けるかもしれないが、本書は小中学校の学校図書館を対象とした本なのだ。


ということで、一般の書店店頭での取り扱いはほとんどにないとのことだが、内容は子供向けでありアルファベットの表記は使わないなど統一されたコンセプトも含み、実に要領よくそして分かりやすく構成されている。
またこの「くらしを変えた日本の技術」はシリーズ化されており、「1.人のために働く機械」「2.交通・輸送」「3.映像・音声」に続く4巻目であるという。

kumonbook_01.jpg

※「くらしを変えた日本の技術~未来技術遺産でわかる工業の歩み/情報・通信(4)」表紙


詳しい内容は本書を手にしていただきたいが、タイトルからお分かりの通り、本編は電卓や電話機、そしてパソコンの歴史や仕組みについての解説が主となっている。
当Macテクノロジー研究所では編集部の方からの要請があり一部写真の提供や固有名詞の表記についてアドバイスをさせていただいた。

その結果、個人的には内容もさることながらもし手にされる機会があれば是非ご覧いただきたいのが奥付である。そこには「写真提供・協力」の覧に独立行政法人国立科学博物館をはじめ錚々たる大学の研究所や博物館・文学館、そして日本IBM/アンリツ株式会社/NTT技術資料館/KDDI株式会社/株式会社ドコモ/NEC/朝日新聞社/日本ユニシス株式会社/日本マイクロソフト株式会社などの超大手企業に挟まれ、我が「Macテクノロジー研究所」の名が記されているからだ…(笑)。

kumonbook_02.jpg

※「くらしを変えた日本の技術~未来技術遺産でわかる工業の歩み/情報・通信(4)奥付【クリックで拡大】


当事者が笑っては洒落にもならないが、この奥付に記された企業や組織の中で自慢ながら一番存在価値が薄いのが我が「Macテクノロジー研究所」であり、まるでギャグみたいだ(笑)。
そういえばその昔、2003年に「Macテクノロジー研究所」の冠でウェブサイトをスタートさせるとき、協力していただいたU氏と冠名をどうするかの話しをしたことを思い出す。

最初の案は「Macテクノロジー研究室」だった。「室」というイメージでも立派だと思ったが私は「所」に拘りたかった。どっちみちと言ってしまえば身も蓋もないが、これらはいわゆる屋号である。実際に研究室を確保したり、ましてや立派な研究所を建てることもないだろうがもし「室」であれば別のカテゴリーのアピールをしたい場合、別の「室」にしないとしっくりこない場合があるかも知れない。
しかし「所」であればその中にいくつでも「室」を置ける。
ということで大風呂敷を広げて「Macテクノロジー研究所」に決まったという経緯がある。まあ16年も使っていれば当事者もそうそう可笑しくは感じなくなるのだから面白い。
そんな「Macテクノロジー研究所」が本書の奥付では実在の名だたる大企業や組織と肩を並べているわけで、可笑しさと共にちょっぴり誇らしさも感じるのだ(笑)。

それにしてもなぜ私の所にコンタクトされたのか…。これまでくもん出版とは面識もなかったから、「たまたまネットで検索したら見つかったのかな」程度に思っていたがこれまた奥付を見て納得した。
そこには以前スティーブ・ジョブズ関連本出版に際し、執筆依頼をいただいた方のお名前が記されていた。もしかしたらこの方が紹介してくださったのかも知れない。だとすれば世の中、広いようで狭い。



NeXT Computer発表記念の盾「Our Time has Come /我らの時きたり」幻想

私の机上に魅惑的なアイテムが新たに置かれた。それはあのスティーブ・ジョブズの偉業を示すもので、ガラス製の盾である。この盾は1988年10月12日、スティーブ・ジョブズ率いるNeXT社がNeXT Cube を発表した際、感謝の意として関係者に配られたもので、そこにはNeXTのロゴと共に "Thanks to you Our Time has Come(おかげさまで 我らの時きたり)" と刻まれている。


この種の記念品など珍しいものではないが、ことスティーブ・ジョブズに関わる品であれば話しは違ってくる。
Appleを離れたスティーブ・ジョブズが当初の予定より遅れながらも1988年10月12日にNeXT Cubeを発表する際に関係者に配ったアイテムである。

NeXTShield_pe.jpg


なぜそのようなアイテムが私の机上にあるのか…。
それは当時NeXT Computer社の全てプロダクトデザインをスティーブ・ジョブズから依頼されて行い、最初の製品となったNeXT Cube発表会にも立ち会ったfrogdesign関係者からお譲りいただいたからだ。

ともあれ私がこの品に興味があるのは、あれほど自社が生み出すプロダクトに拘ったジョブズのことだ。記念すべき最初のプロダクト発表にあたり、関係者に感謝の意を表明するために作ったロゴ入りアイテムだから、きっとジョブズがゴーサインを出すまでには多々様々な変遷というと大げさだが、拘った末の品であろうと想像できるからだ。

ちなみに盾本体は厚さが約20mm、横幅が15mmで縦が155mmの透明なガラス製ですべての辺は面取りされ磨かれている。台座は黒く塗られていて材質はよく分からないが鋳物のように思え縦横90mm、厚みが40mmある。そして全体の重量は約1kgとずっしりとしていて安定感がある。
また台座とガラス部分は外すことはできないようだが、台座には斜めにガラス部分が20mmほど埋め込まれている。

NeXTShield_02.jpg


私自身も日本でNeXTの発表があった1989年7月10日、アップルジャパンの招待で幕張の東京ベイNKホールに座していたしその30分ほど前には東京ベイ・ヒルトンホテルのロビーに通じる場所で三人連れでこちらに歩いてくるスティーブ・ジョブズとすれちがった。

プレゼンを前にした彼はきちんとフォーマルスーツに身を包みながらも噂通りの気むずかしい顔をしていたのが印象的だったが男前だった。しかしステージにあがった彼のプレゼンは大変見事だった。
すでに30年もの歳月が過ぎたものの、この盾を眺めているとその若かりし頃のスティーブ・ジョブズの姿がガラスの向こうに見えるような気がする…。

スティーブ・ジョブズのプレゼンテーション秘話






J&T 3Dプリンター(JT-28-004-II)の改良策紹介〜特に振動対策は絶大なる効果

大きな造形が可能な J&T 3Dプリンター(JT-28-004-II)を気に入って日々愛用しているが、使い勝手をよりよくするためには工夫も必要だ。まあ大げさに言うならこうした組立式の製品はユーザーが色々と手を加える余地があるのも魅力と言えるかも知れない。今回は現時点での改良点のご紹介だ。


改良といってもエクストルーダーを改良するとかレベリングをオートにするといった大がかりなことではない。しかし日々活用する上で、よりよい造形を目指すには大切なあれこれだと認識しているし事実使い勝手も向上している。

(1)JT-28-004-II はフィラメントブラケットがフレームの頭上に装着するのが基本になっている。無論そこにはフィラメントスプールを差し込んで使う訳だが、そのィラメントブラケットの出来が中途半端でスプールの回転がスムーズでないことが分かった。

Improvement cases_01

フィラメントは通常フィラメント切れ検出装置を通りエクストルーダーの押出ユニットでホットブロックへと引き込まれる。しかしスプールの回転だけではないがスムーズにエクストルーダーへ引かれないことがあれば即造形の積層に影響が出てくるのだ。
というわけでJT-28-004-II を手に入れ組み立てた後にすぐブラケットに差し込む円筒形の補助具をプリントした次第。この補助具をブラケットにはめてスプールを装着するわけだが、とても具合がよろしい。

Improvement cases_02

(2)レベリングすなわち水平出しの際にはホットベッド裏にある4箇所のレベリングナットでノズルとホットベッドとの距離を調節しなければならい。しかし手や指を差し込む十分なスペースがあるわけでもない上に標準で装備されているナットは小さく回すのがやりにくいのだ。

Improvement cases_08

※左が製品付属のナット。右が自作の大型ナット


ということで別途ネジに適合するM4六角ナット(ネジピッチ0.7)を購入すると共に直径5センチのオリジナルナットをこれまた3Dプリンターで作ってみた。さらにただの円形では使い勝手が良くないので花びらのような突起を作ったため指一本で楽々ナットを回すことができ、レベリングも苦にならなくなったし微調整もやりやすくなった。

Improvement cases_03

(3)レベリングナットを通る皿頭小ねじ(M4 ネジピッチ0.7)は長さが3センチのものが使われている。通常はこれで何の問題もないはずだが、レベリングを慎重にやっていると時にナットをネジ一杯に緩めなければならない場合が数度あった。ネジの長さぎりぎりなのでまさしく少しの振動などでナットが外れて落ちてしまいかねない。ということで1センチ長い4センチのネジと取り替えてみた。これであれば十分な余裕を持ったレベリングができる。

Improvement cases_07

(4)JT-28-004-II の動作音はこの種の製品としては静かな方だと思う。しかし一番気になるのはファンの音でも造形中のノイズでもなく振動音だった。特にプリントの状況に関わってくるが、極小のエリアを高速でノズルが行き来する場合にホットベッドが激しく動くわけで、その際に独特な振動音を立て、同時にプリンタを乗せている机までが振動する有様…。
これをなんとかしようと二重の対策を施した。ひとつはJT-28-004-II の四つ脚にそれぞれ防振ゴムとジェル静音パッドを重ねて敷いた。さらに机そのものには本来洗濯機や冷蔵庫の振動を和らげるための防振パッドを敷いてみたが効果は抜群だった。

Improvement cases_04

Improvement cases_05

その他にもいくつか工夫を加えているが、主なものをご紹介してみた。特にこの種のプリンタをお使いなら特に(4)の振動防止は早めに実行されることをお勧めする。
また改良ではないがJT-28-004-II のエクストルーダーの黒い金属カバーをカラフルなPLAフィラメントでいくつか試作をしている。

Improvement cases_06

JT-28-004-IIに限らないが3Dプリンターのほとんどは実用性を重視されるのは当然としても見栄えの楽しみといった点には目を瞑っている感がある。
例えばスマートフォンが幾多のカバーやケース類によって楽しみのバリエーションが増えているとすれば3Dプリンターだってそうした類の楽しみを加えてみるのも一興だと思ったからだ。




広告
ブログ内検索
Related websites
Macの達人 無料公開
[小説]未来を垣間見た男 - スティーブ・ジョブズ公開
オリジナル時代小説「首巻き春貞」一巻から完結編まで全公開
ラテ飼育格闘日記
最新記事
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

appletechlab

Author:appletechlab

主宰は松田純一。1989年Macのソフトウェア開発専門のコーシングラフィックシステムズ社設立、代表取締役就任 (2003年解散)。1999年Apple WWDC(世界開発者会議)で日本のデベロッパー初のApple Design Award/Best Apple Technology Adoption (最優秀技術賞) 受賞。

2000年2月第10回MACWORLD EXPO/TOKYOにおいて長年業界に対する貢献度を高く評価され、主催者からMac Fan MVP’99特別賞を授与される。著書多数。音楽、美術、写真、読書を好み、Macと愛犬三昧の毎日。マネキン造形研究中。2017年6月3日、時代小説「首巻き春貞 - 小石川養生所始末」を上梓(電子出版)。続けて2017年7月1日「小説・未来を垣間見た男 スティーブ・ジョブズ」を電子書籍で公開。ゆうMUG会員