ラテ飼育格闘日記(685)

一月二日に近隣の諏訪神社へ初詣にでかけた。今年も昨年同様ご近所のKさんファミリーと待ち合わせて向かったが無論ラテも一緒だ。昨年は元日にでかけたが、小さな神社にもかかわらず並んでいて待たされたので、今回は混雑日を外したわけだが、二日はガラガラだった(笑)。


自宅から15分程度の距離だがラテを連れているとなかなか思うようには進まない。しかし女房も一緒だったしいつもラテを可愛がってくださる方たちだからしてラテも嬉しそうだ。
わいわいと賑やかに歩いていると寒さも気にならないから不思議だ(笑)。

Latte685_04.jpg

※KさんファミリーのAちゃんと諏訪神社で。ラテの喜びはストレートに表情に出てる


年末に初詣は元旦にするかどうかをも含めてKファミリーのオカーサンとメールし合った結果混雑を避けるのが第一と二日に決まった。普段は閑古鳥が鳴いているような小さな神社だし足を踏み入れることもないし正直不信心者だからして初詣はあくまでセレモニーだ(笑)。
しかし初詣といえば両親がいた時代は正月というと皆で京都に宿泊して清水寺や八坂神社などを回ったことをふと思い出す…。

Latte685_01.jpg

※Kさんファミリーとご一緒に歩く。ラテの足取りも快調


いま思えば贅沢な時代だったが一流ホテルに泊まり、上げ膳据え膳で京都を堪能していたがそのときの八坂神社などの混雑は歩けないほどだったから近隣の諏訪神社が混雑といったところで大したことは無いのだが、寒いから本殿に入るのに行列するのを避けた次第。
まあまあそうした時代と比べると最近は正月気分も一向に盛り上がらないが、我が家にとってKさんファミリーとの初詣が唯一正月気分を味わえた行事だった。

Latte685_02.jpg

※神社はガラガラだった(笑)


ともあれ近隣の諏訪神社はワンコ連れでも注意されないのが嬉しい。ふと本殿を見上げると小型犬が拝殿上まで飼い主と一緒に登っている姿が目に付いたが、さすがにオトーサンはラテのリードを持ったままでは万一オシッコでもするようなことがあれば失礼だと女房と参拝時にはKさんご一家にリードを預かっていただいた。ただしラテの名誉のために付け加えるなら、ラテは神社の敷地内では粗相はしなかった…。

Latte685_03.jpg

※お賽銭を女房に借りて手を合わせた…


しかし、オトーサンは参拝時に小銭がなかったので隣の女房に貸して貰って手を合わせたわけで、これでは御利益は期待できない(笑)。だからと言うわけでもないがおみくじも引かなかった。ただし女房が破魔矢を買った…。
これまた罰当たりだが「いくらだった?」と聞くと「1000円」だという。破魔矢の相場があるのかないのかは知らないが思わず「安いなあ。京都の神社なら2800円はする」と根拠も無い知ったかぶりを放ったが、これでまた御利益は逃げたかも知れない…。

Latte685_05.jpg

※Kさんファミリーのオカーサンにラテファミリーの記念写真を撮っていただく。ラテは大あくび(笑)


ともあれオトーサンは年男なのである。無論今更吉だの凶だのに興味も無いが、例えば節分の豆まき神事では鬼を追い払う豆まき担当は年男・年女だというし、年始を祝う歳旦祭(さいたんさい)の初太鼓を鳴らす人は年男から選ぶという神社もあるそうだから、ここは神様と縁を結ぶことが多い年と言うことでポジティブに縁起が良いことと捉えておきたいところだ。
そういえば一緒に初詣に行ったKファミリーのAちゃんも年女なのだ。
こうして短い初詣は終わったが、オトーサンの祈りはKファミリーと我が家に幸あれと…。そしてきな臭い世界情勢となってきたが、平和が何とか続きますように…と願った次第。



ラテ飼育格闘日記(684)

新年明けましておめでとうございます。と、型通りのご挨拶をするものの、我が家は正月気分はほとんどない。それでも今年は元旦と二日の2日間、女房が仕事を休めたのでラテと共にまったりしたり近隣の神社に初詣に行ったりすることができたのでまずまずか(笑)。


ともあれラテはこの劇寒の中、よく歩くこと歩くこと。時に一箇所に座り込んでエンスト状態になるが、朝の散歩は一時間は歩き回るからオトーサンは辛い(笑)。
そういえば昨年末、散歩の途中で24時間営業のスーパーの前を通った。ここは食品の買い出しによく立ち寄るところではあるがこれまで散歩中にオトーサンが店内に入って買い物をしたことはない。

Latte683_01_202001021829397b4.jpg

※今年も宜しくお願いします


それは当然のことながらラテをどこか安全確実な場所に固定しておかなければならないわけで、短い買い物の間とは言えラテが通りかかるワンコに吠えたり、近づいた人たちに唸ったりするのではないかと気が気でないからだ。
ともかくワンコも性格は一様であるはずもないが、ラテは番犬タイプのワンコだからして誰彼かまわず尻尾を振って愛想を振りまくワンコではない。

Latte683_02_20200102182940930.jpg

※朝日に迎えられながらの早朝散歩


臆病ということもあるだろうがワンコは勿論人間にしても好き嫌いははっきりしているし特に初対面の大人に対しては警戒を怠らない。したがってワンコ好きな人が「あらあら良い子ねぇ」などと近づき頭の一つでも撫でようとすれば唸って吠える可能性大なのだ。
以前住んでいた住居近くにコンビニがあったが、幼犬時代には散歩の帰りにラテをドア付近に繋いで短い買い物をすることもあったが、まあまあよく吠えること…。

顔馴染みになった店員さんが「ドアベルの代わりになりますね」と苦笑していたほど、出入りする人たちに向かって吠え続けていたのでオトーサンは肩身の狭い思いをしたものだ。
話しを戻すが、寒い日の朝に24時間スーパーの前を通ったときあれこれ数点の食材が不足していることを思い出した。いつもなら一旦自宅に戻り時間をあらためて買い物に来るわけだがオトーサンはこの劇寒の中、再度来るのは面倒だと思った。

Latte683_05_20200102182945799.jpg

※オトーサンは寒いから早く帰りたいがラテは平気だ!


周囲は時刻が早いこともあり、人の姿はほとんどないし店内を覗いても買い物客もこれまた少ない。この状態なら急ぎ買い物すればラテも待っていてくれるかも…と判断したオトーサンは近くの鉄柱にリードを短くして縛り急ぎ店内に駆け込んだ。
あらかじめ買いたい物、その置いてある場所は承知していたから駆け足でものの5分くらいでレジを通り店のドアを開けた途端にラテが猛烈に吠え始めた。

見れば年配の男性がラテのすぐ脇を…短いリードで固定したぎりぎり近くをズボンの裾が触れるような感じで無造作に通ったからだった。
ボケているのかわざとなのかは分からないが吠えられても気にもしない様子で振り向きもせず通り過ぎたしラテも吠えたものの飛びかかるようなことはしなかったから良かったが、オトーサンは冷やっとした。
狭い場所ではないしわざわざワンコに足が触れるような近くを歩く必要もない。そしてラテは小型犬と違い気がつかなかったと言うほど小さくて目立たない姿ではない。

Latte683_03_202001021829424e6.jpg

※ときに動かなくなるときも(笑)


まあ我々は時にスマホに気を取られたり考え事をしていて回りが見えないこともあるが、それでもラテが蹴飛ばされたり尻尾を踏まれたりすれば反撃のために噛みつくこともあり得るだろう。しかしそんな場合でも悪いのはワンコの方であり飼い主だ…ということになるのは自明の理だけにオトーサンはラテのリードを離すことが心配なのだ。

そんなラテだからきちんとホールドしていても心配でラテの側を離れるのを憚れるが、例えばワンコ連れで入れるコーヒーショップのテラス奥の柵にしっかりと縛り付けてオトーサンは店内にオーダーしに入ってときのことだ…。すでに8年ほど前になるはずだが冷や汗をかいたことがあった。
オトーサンがオーダーした飲み物を乗せて店内からテラスへと自動ドアを開けたとき、ラテが立ち上がっているように思えたがその姿を覆い隠すように若い女性が座り込んでいる光景が目に入った。

Latte683_04_20200102182943245.jpg

※寒い中、冷たい水のボトルを保持するのもなかなかに辛いのです ^^;


一瞬オトーサンはラテが女性に襲いかかっているのではないかと思い、「大丈夫ですか?!」と声をかけながら飲み物がこぼれるのも構わず駆け寄った…。と、振り向いた女性は笑顔で「可愛いですね、ワンコ大好きなんです」と言った。
なんとラテは座り込んでくれたリクルートスーツ姿の女性に抱きついているのだった(笑)。
無論その女性は見知らぬ方であったが、どういうわけかラテは吠えずに喜んだらしい。

そのときのオトーサンのほっとした気持ちは今でも忘れられないが、一瞬大変な事になったか…と震え上がる思いだった。
子供の場合は初対面でもフレンドリーなラテだが、大人はそれまでにも全てと言って良いほど近づいてくれる男女共に警戒心を露わにするのが普通なのだが、相手次第でこうしたこともあり得る希有な例だった。

いまでもその警戒心は薄れていないように思えるがその後幾多の観察の結果、立ったまま近づくのではなく視線を低くし座り込んで近づく場合…それも女性の場合は比較的安心するのか吠えたり唸ったりしない場合があることがわかった。しかしそのときラテがどのような気持ちなのかは簡単に分かるはずもなく飼い主としては最悪の結果にならぬよう常に注意を怠らないように努力をしているつもりだが、それもなかなかに難しい…。



ラテ飼育格闘日記(683)

この原稿を書き始めたのが12月22日、冬至の日である。ということは明日から日々少しずつ日の出の時間が早くなると思うとちょっぴり嬉しい…。それにしても今回は今年最後の「ラテ飼育格闘日記」である。


毎日寒い日が続くが、オトーサンはともかくお陰様でラテは元気である。オトーサンは寒いからと30分ほど近所を歩いてお茶を濁そうとするがラテは許してくれない。どこに行くというあても無いのにとにかく外にいたいようだ。でもそれではこちらが参ってしまうから適当なところで強制帰宅しなければならないが抵抗すること…すること(笑)。

Latte683_01.jpg

※朝日を浴びてご機嫌なラテ


特にこの時期は寒いこともあって公園に子供たちの姿がない日もある。そんなラテにとって刺激の無い散歩の時には実に機嫌が悪く表情と態度に出るから面白い…。
反対に大好きな人たちと出会い、頭でも撫でて貰ったりすれば帰り道の足取りも軽いのだから現金な奴なのだ。

Latte683_03.jpg

※と思ったら、またまたエンスト


そう言えばラテを飼い始めて三年ほどの夏場だったか、散歩の帰りに駅近くの小さなトンネルを潜ったところでラテはガンとして動かなくなったことがある。オトーサンは今思えばまだ要領がわからずラテの気持ちの動きについてあまり理解していなかったから、もしかしたら足の具合かあるいは体のどこかが悪いのではないかと心配した。

リードを強く引いてもラテは全体重をかけて抵抗し寝そべったままなのだ。
これはこまった…最悪ラテを抱き上げたまま戻らなければならないかと思案していたとき、トンネルの向こうから若い母親と娘さん二人が買い物帰りなのか歩いて来た。
それは時々散歩中に出会うと小学生と中学生の娘さんは勿論、母親もラテを可愛がってくださる方々だったが立ち往生している我々を見て「あら、ラテちゃんどうしたの?」と声をかけてくださった。

Latte683_02.jpg

※美しい日の出


オトーサンはこれこれしかじかと状況を話すと母親が「あらあら、ラテちゃんオトーサンを困らせてはダメよ。そこまで一緒にいきましょう」と頭をひと撫でしてくれた…途端にラテはピョンと立ち上がり母親たちについていくのだ(笑)。
これにはほっとしたと同時に無性に腹が立ってきた…。
ラテはそんな娘なのだが、それから十年…オトーサンも幾多の経験と学習をしたから今ではそうそう騙されない(笑)。

Latte683_04.jpg

※冬場でも水分補給は大切


その後もスムーズに歩いたとしても片道30分ほどかかる公園の帰りにラテなりの成果がなかったのか数メートル歩くとすぐにしゃがみ込んでしまうこともあった。そんなとき闇雲にリードを引いたところで益もないからオトーサンはラテを抱き上げ歩けるところまで歩いてラテを降ろし、一休みしてまた抱き上げるといったことを繰り返したときもあった。
なにしろその当時でもラテは体重18kgから19kgあったのだからオトーサンはフラフラだ…。

この時にしてもラテは体力的に問題があり歩けなかったわけではない。歩きたくなかっただけなのだ(笑)。ラテが焦れるまでそのまま待つという手もある訳だが、それが5分や10分で済むならまだしも、平気で20分でも30分でもそのままでいるという奴だから到底付き合えない。

Latte683_05.jpg

※なんだかんだと言いながら…今日も散歩は続くのでありました


ただし次第にオトーサンも要領が分かってきたことも確かだった。意固地になって座り込み抵抗するときに強引にリードを引くのは大変だがほんの2分か3分エンストに気持ち良く付き合うと対応次第ではすんなりと歩き始めるのだ(笑)。まあラテの立場と気持ちを尊重して?理解を示すフリをするのも作戦の一つなのだ。
これが小型犬ならすっと持ち上げて先に行けるが現在20kgもある中型犬はそうそう簡単にはいかない。
というわけでこの週一度の日記に「格闘」というのは大げさではないかと常々友人らは笑うが、格闘はいまだに日々続いているのである。

ともあれこの一年、ご愛読ありがとうございました。
よい年をお迎えください!




ラテ飼育格闘日記(682)

寒い日が続くが後十日もすれば新しい年になる。今年がどのような一年だったかを振り返るのはまだ早いかも知れないが、世情はともあれ家族全員大病もせずに過ごせたのはまずまずというべきか…。まあオトーサンは白内障手術をしたけど即日退院だった。


さて、ラテの健康はオトーサンたちに責任があるといえようが、オトーサンの健康はラテに支えられていると言ってもよいのかも知れない。
あっちが痛い、こっちが痛いなどと言いながらも毎日ラテとの散歩を続けているわけで、それが有酸素運動になっているに違いない。しかし日々の散歩は…特に朝の散歩はこの時期正直辛いものがある。

Latte682_01.jpg

※知らんぷり…


もうすぐ冬至だが、日の出の時間が遅いから7時くらいに家を出ても天気が良くない日はまだ回りが薄暗い。その上に寒いことこのうえないわけで、電熱パンツと電熱ベストを着込み、ネックウォーマーに帽子を被り耳当てまでした完全防備をしても体が縮こまる。しかしラテは素のままなのだから見ているだけで寒そうで「おい、大丈夫か」と思わず声をかけてしまう。

Latte682_02.jpg

※散歩と日の出の時間が重なるときも多々ある


足関節はギシギシと音がするように思えて不安定だし腰も重い。もう少し寝ていたいというのが本音だが、ラテの排泄もあるし時間になると早く行こうと五月蠅い(笑)。
ただし可笑しなものでヒーヒー言いながら歩き始めるものの15分程度進むと体の重いのが大分回復し、膝の痛みや違和感も緩和されたように思えるのだ。

Latte682_03.jpg

※散歩に行こうとオトーサンたちを催促するときの表情は可愛い(笑)


そもそもラテがいなければ毎日外に出かけるオトーサンであるはずはない。
大昔、埼玉県川口市に住んでいた頃、健康診断で血糖値が高いと指摘されて医者から「食後20分でいいから歩きなさい」といわれたので仕方なく家の周りを歩くことにしたが十日も続かなかった(笑)。いくら健康のためとはいえ一人で見馴れた場所を歩くなど面白くもなんともない。

そんなオトーサンだし近年はくどいようだが寄る年波に勝てず、とにかくまとまった歩きが辛いのだ。唯一ラテとの散歩は何とか続けているが、ラテの歩みもかなり遅くなったからバランスも取れ、年寄りワンコと爺さん飼い主が寄り添うように歩いている。

Latte682_05.jpg

※公園で子供たちが蹴ったサッカーボールが腰に当たりオトーサンに震えながらしがみついたので久しぶりに抱っこを(笑)


そんな感じで日々ラテの年齢やら自分の歳を自覚しないではいられないからか、先日すれ違い様に見知らぬ年配の男性から「おいくつですか?」と聞かれ思わず「これのことですか?」とラテを指さしながら念を入れてしまった(笑)。
後で思わず笑ってしまった。
「13歳半です」と答えると「ほう、元気だねえ」と言いながら男性は離れていった。

ともかくオトーサンはラテがいなければ絶対に…絶対に散歩などしないという自信がある(笑)。一日くらい休みたいな…と思う時も正直あるわけだが散歩を休んだのは記憶する限り13年間でたった一度程度のはずだ。それもオトーサンの都合ではなくラテの都合だった。それはまだラテが幼犬でオシッコを室内シートでやっていた時代だったが、外は大雨だったからかドアを開けて外に出ようとしたら慌てて室内に戻ってしまったことがあった。

Latte682_06.jpg

※ワンコも寒さが苦手という子もいるようだが、ラテは平気!


散歩はそれ自体体力を使うわけだが、戻ったからそれで終わりではない。ラテの四つ脚や体を綺麗にするということをやらなければならずなかなかに時間が取られ文字通り大変なのだ。
それでも極たまにだが、ラテの前足をお湯で洗い、タオルで拭いているとき、前足を持っているオトーサンの手をペロリと舐めたり頬ずりするときがある。きっと「サンキュー」という意味だろうとオトーサンは考えているが、そんなときにはそうした単調な作業がふと誇らしく思えて嬉しくなるオトーサンなのだ…。



ラテ飼育格闘日記(681)

12月10日はラテを家族として迎えた記念日。2006年のことだから14年目となる。当然のことながらラテもオトーサンたちも13年の歳月を重ねてきたわけだが、これまで多くの貴重な思い出を積み重ねてきた。


ラテを向かえた当日から心した事がある。それは毎日できるだけ写真に残しておこうということだ。また当該「ラテ飼育格闘日記」を向かえた翌日の土曜から週一で公開しようと決めた。ただし内容は毎週読んでくれる人たちをビックリさせる、あるいは感動させる出来事などあるはずもないわけで「今日も先週と同じ平凡な1日…」といった内容が許されるであろう「日記」と命名したわけだ。

Latte681_01.jpg

※この12月10日はラテを我が家に迎えた記念日だ


したがってその間デジカメで撮った写真と動画は文字通り膨大な量であり、CD-RやDVD-Rに年毎に記録保存しているものの正直検索にしても撮影年月日とオトーサンの記憶だけがキーなので今となってはなかなかに難しい。また「ラテ飼育格闘日記」も前記した週一の連載をこれまで一度も休んだことはない。

Latte681_02.jpg

※飼い始めた翌月の記録の一枚。随分と細かった


いや、一週休もうが二週トンズラしようが困る人はいないし苦情を言う人もいないだろうが、台風の週も大地震の週も、インフルエンザの週や白内障手術の週も休まず続けてきたわけで、友人から「もしラテ日記が更新されなかったらお前が倒れたか死んだという証しだな」といわれたがその通りかも知れない(笑)。

無論この13年間の思い出はラテとオトーサンたちにとって楽しい出来事ばかりでは無かった。ワンコを飼った経験が無いビギナー飼い主としては毎日ハラハラドキドキだったが、いつもの公園でノーリードのワンコに前足を噛まれ血を滴らせたラテを抱き上げて動物病院に向かったこと。走っているとき度々後ろ足が痙って「キャーン」と声を上げたことが数回あったし、飼い始めて間もなく近隣の駅前で首輪が切れ、ラテが離れていったときには身が凍る思いをした。

Latte681_03.jpg

※好き嫌いが激しいラテが大好きなマキちゃん(雄)と手を重ねて遊ぶ(2007年)


またアトピーを発症した時にはオトーサンたちも苦労したがラテ自身もさぞや辛かったに違いない。四つ脚の肉球やらは噛んで出血し噛ませないために包帯をするが、そんなものは一時的ですぐに取ってしまう。そうしたらまた包帯を持って追いかけるわけだが、ラテは当然包帯をされることを嫌がるし傷口が痛いからか、処置しようとするオトーサンの手にガウッと歯を当てに来る。

Latte681_06.jpg

※2012年7月の写真。四つ脚は包帯だらけだった


ラテは噛むつもりはなくても歯が当たれば時にオトーサンの手は出血する。為に一時オトーサンの両掌は傷だらけとなった。
その傷は四つ脚だけで無く、目の周りやマズルも掻き壊して紫色に変色し、なにか顔面を殴られたかのような惨めな具合になった時期もあった。無論塗り薬といったものもあるわけだが、これまた必ずホータイでプロテクトしないと舐めてしまって効果がなくなるし、その包帯も今度は外そうとすると血で固まり貼り付いてなかなかに取れないばかりか痛いから大騒ぎとなる。

そういえば、室内で遊ばせていた直径45mmほどのゴムボールが朝起きたら内蔵されていた小さな笛部分しか残っていないときもオトーサンは青ざめた。
考えたくないことだが、状況は明らかにラテがボールを食べてしまったことを示していた!
もし目の前でボールを食べたのなら、すぐに病院に駆け込んで吐かすこともできるだろうが、どう考えてもラテが食べてから時間はすでに7時間を過ぎている。だとすればすでに胃の中にはなく腸に回っているかも知れないし、素人考えながらそれを無理矢理取り出すためには外科手術するしかないと思われた…。

Latte681_05.jpg

※下校途中のAちゃんと


まだまだ拾い食いが止まない時期でもありオトーサンは常々朝早い散歩や夕刻の散歩にも懐中電灯を持ち、暗闇で変な物を拾い食いしないようにと目をサラのようにしているというのに、何と言うことか自宅で大きなミスをしてしまったのである。この後に及んでは待つしかないと覚悟した…。
苦しみ出したりしたらすぐに病院へ駆け込むし、もし数編に噛みきって飲み込んだとすれば便と一緒に出てくるかも知れないと。
幸い数日後に便と共に3辺が出てきたときには驚喜したことをいまでも覚えている。オトーサンは嬉しさのあまり...というより自戒を込めて、iPhoneを取り出しそのウンチをカメラに収めた(笑)。

Latte681_04.jpg

※爆睡している姿は可愛い…


とはいえ幸いなことにこれまで命に関わるような大病にあったことはない。しかしラテも来年6月で14歳となり、人間の年齢と比較するならオトーサンと同じような歳だといえるが、この歳になっての体調がどのようなものであるかを日々実感しているからラテの体調も心配せざるを得ない。
まあ、お互いに毎日を大切に過ごしていくしかないが、時はすでに師走も中日…。一年の短さを痛感する今日この頃である。



広告
ブログ内検索
Related websites
Macの達人 無料公開
[小説]未来を垣間見た男 - スティーブ・ジョブズ公開
オリジナル時代小説「首巻き春貞」一巻から外伝まで全公開
ラテ飼育格闘日記
最新記事
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

appletechlab

Author:appletechlab

主宰は松田純一。1989年Macのソフトウェア開発専門のコーシングラフィックシステムズ社設立、代表取締役就任 (2003年解散)。1999年Apple WWDC(世界開発者会議)で日本のデベロッパー初のApple Design Award/Best Apple Technology Adoption (最優秀技術賞) 受賞。

2000年2月第10回MACWORLD EXPO/TOKYOにおいて長年業界に対する貢献度を高く評価され、主催者からMac Fan MVP’99特別賞を授与される。著書多数。音楽、美術、写真、読書を好み、Macと愛犬三昧の毎日。マネキン造形研究中。2017年6月3日、時代小説「首巻き春貞 - 小石川養生所始末」を上梓(電子出版)。続けて2017年7月1日「小説・未来を垣間見た男 スティーブ・ジョブズ」を電子書籍で公開。
2018年春から3Dプリンターを複数台活用中。ゆうMUG会員