ラテ飼育格闘日記_819

当然のことだが、オトーサンたちが現在のところへ転居してから9年近くになるから当時から知り合ったワンコたちもそれだけ歳を重ねたことになる。したがって白内障になったとか耳が遠くなった...などなどということをお聞きする機会も増えた。


それだけではなく我々人間同様痴呆症が目立つようになるワンコもいる。昼と夜というか時間の感覚が分からなくなったり、悪戯に徘徊し歩き回ったり、怒りっぽくなったりすることもあるという。
しかし幸いな事に15歳9か月で亡くなったラテはいわゆる惚けといった様子はなかったように思う。

Latte819_01.jpg


そういえばラテを飼い始めてから暫くして、ラテは聴覚に異常があるのかも...と心配したこともあった。なぜなら一般的にワンコはドライヤーや掃除機の音が嫌いなだけでなく、雷になるとパニックになるワンコもいる。為に当時はそうした音を収録したCDまで製品化されており、それを少しずつワンコに聞かせて慣れさせようという代物だった。
しかしラテはドライヤーはもとより掃除機が傍を通っても平気だった。さらにある日の午後に散歩中雷雨となり雷が激しくなってきた時があった。

mtl20220809am_02.jpg


この歳になってもオトーサンは雷が大嫌いで怖いのだが、ラテはルンルンで歩いていたことがあり、耳が遠いのかとも疑ったが普段の生活の中で呼びかけにはきちんと反応することからその心配はなくなった。
またものの本などによればワンコの視力は弱いという話もあったが、ラテは片側二車線の道路の向こう側にいる人間を見分けていたことから最後まで視力の心配は無用だった。

Latte819_03.jpg


勿論嗅覚も視力も若い時と比較すれば衰えた部分もあったのだろうが、いずれも日常生活において不自由なことはなかった。そしてありがたいことに認知症とか痴呆症といった病気にも縁が無かった...。何よりもおむつを余儀なくされた時期でさえラテは律儀にもよおすと外に出たがったしなかなか自力で立てないはずなのに玄関へ向かおうとするその姿には感動したほどだった。

Latte819_04.jpg


確かに2020年後半あたりから足腰に難が見えてきたし、その動作も血気盛んな時代と比較すれば動きもいささかスローになったし、悪戯にリードを強く引くこともなく、また見知らぬ人間に対してもあまり吠えなくなってきていた。
とはいえ挙動がおかしいということもなかったし反応がない訳でもない...。動きは緩慢にしてもその表情は洋犬時代に戻ったように...というより幼犬時代よりずっとずっと可愛い表情を浮かべていた。

Latte819_05.jpg


そういえば昨日の事だ...。強風注意報が出ていたが、玄関のドアの隙間などから圧が加わるのだろう、リビングに続くドアがきちんと閉まっていなかったか「ギギッ」と小さな音をたてて少し開いた。
オトーサンは一瞬、ラテがマズルでそのドアを押し開けたのかと思い思わず「ラテ...」と呟いてしまった。



ラテ飼育格闘日記_818

またまた猛暑…というより激暑とでも言いたくなるような暑さが続いている。なにしろ外気温が38℃とか39℃にもなるのだから体感としてはそれ以上だと思うし、屋外のアスファルトなどは注意しないと50℃前後にもなり、ワンコの肉球も火傷を負う熱さだ…。


室内でも電力不足で省エネがどうのと言われているもののエアコンのお世話にならざるを得ない。へたに電気代が…とか省エネのためにとエアコン利用をケチると熱中症の危険が大だ。
ましてや日中の外気温は半端ではなく、こんなときにワンコを連れだしては命の危険にさらすことになる。

Latte818_01.jpg


そんなあれこれを考えると、ラテが亡くなったことはとても残念だが、この季節に散歩に出なくても済むことは有り難いとまで思うような暑さだ。
勿論15年の間に夏の季節は15回くるわけで(笑)幾多の経験を踏まえてラテに負担がかからないような工夫と気遣いをしてきたつもりだ。

Latte818_02.jpg


朝は日の出前後に、そして夕方の散歩は日が沈んでからラテを連れ出すことを基本としていたが、それでも外気温はかなりの高温の日々が多いしオトーサンの都合でどうしてもそうした時間帯がとれない場合もあった。
そんなときにはラテの首に保冷剤を巻いたり、晩年は首周りを別にしても保冷剤を数個収納できるジャケットを着せて散歩にでるようにもしていた。

Latte818_03.jpg


しかし「喉元過ぎれば…」の諺ではないが、毎年暑い夏ではあるけどどこかこの数年は年を追う毎に暑さが異常なレベルになっているようにも思える。
そういえば、回りに飼われているワンコたちで外飼いのワンコはオトーサンの知る限りいないが、もしワンコを外で飼っている人がいるとすれば、是非是非この異常な暑さの期間だけでも室内に入れてやっていただきたい。

Latte818_05.jpg

※近所のお仲間ワンコたちと


いくら日陰であっても、犬小屋の中にいて水を飲ましたとしても暑さに弱いワンコにとってはまさしく昨今の暑さは寿命を縮めることになってしまうだろう。
ワンコは我慢強いからして飼い主が気がついたときには…などとならぬよう注意をしなければならない。

Latte818_04.jpg

というわけでオトーサンは現実問題として暑い盛りに散歩という使命のために外出することはなくなってしまったが、おかしな事に歩いていると刹那左手に引っ張りの感覚を覚えるときがある…。15年もラテのリードを保持していたから、体が…脳がその感覚を忘れていないからかも知れないが、ちょっと慌てることがある。
不思議なもので、ラテの存在はオトーサンの全身に染み込んでおり、身近にいてくれる思いが日増しに増してくる昨今なのである。しかし本音はラテに会いたい…。オトーサンは寂しいゾ…。






ラテ飼育格闘日記_817

オトーサンはいまも毎朝ラテの霊前に「ラテ、おはよう。今日も宜しくな…」と声をかけ、就寝前には「お休み。また明日な…」と語りかける…。ラテの姿は見えなくてもいまでも一緒だという感覚で毎日を送っている…。


それにしてもラテが倒れてから息を引き取る七十六日間がいかにオトーサンたちにとって過酷な毎日だったかを思い知らされる。勿論そのまっただ中に、リアルタイムに入ってしまえば何とか対処せざるを得ないわけだが、後から振り返るとよくもまあ頑張ったなあと思うと同時にラテ自身もよくまあ頑張ってくれたと頭が下がる。

Latte817_01.jpg


昨年12月24日…そう、クリスマスイブにラテが倒れたときから食事も食べなくなったし正直これで駄目かとも思った。ともかく酸素吸入と点滴で年を越すことになったが、まあ七十六日間というのは結果論であり、オトーサンたちはラテが亡くなった3月6日早朝にラテが息を引き取るまでその日が一日でも延びて欲しいと思っていた。だからこそラテに酸素吸入器を使い、何とか食事をと気遣い、薬を飲ませ、点滴を行い、そして無論下の世話を続けていたわけだ。

Latte817_04.jpg

※自力で立てないときはオトーサンが支えてリハビリもした…


特にオトーサンにとって体力的に辛かったのはおむつをしたラテを外に連れ出すことだった。外に出なければ用を足さないという習慣になってしまったから歩けない…立てないラテを支えつつ朝と昼、夕方と寝る前の一日4回、ラテに排泄させようと外に連れ出していた。

基本立てないのでラテの体重は腹に巻いた補助具を保持するオトーサンの片腕にかかるわけで、いま考えるとよくもまあ続いたものだと自分でも感心する。その場になってみれば…いわば火事場の馬鹿力ではないが、やらないわけにはいかないのだから仕方がない。

Latte817_03.jpg

※おむつ交換直後に戯けるラテ


しかしオトーサンたちだけでなく毎日、死の直前までラテ自身も戦っていたことは明らかだった。勿論人間以外の動物には死という概念はないというのが定説で、それが本当であるならラテは死ぬまで自分が死ぬと言うことを知らなかったはずだ。ただただ生きよう、元気になりたいと考えていたに違いない。
ただし、体力的に辛いことは辛かったに違いない。歩けなくなり、おむつを着けるようになってからは夜も声を上げる頻度が高まった。
それを放置しておく訳にもいかず、オトーサンはその都度床から出てラテの体の向きを変えてやったり、しばし側にいてやったりしていたのでほとんど熟睡できる時間はなかった。

Latte817_02.jpg

※ラテと添い寝するオトーサン


このまま衰弱してしまうのか…と悲痛な思いのオトーサンたちだったが、食べないと分かってはいても、もし気が変わり少しでも固形物を食べてくれれば嬉しいという思いで牛乳に浸したドッグフードを入れた容器をしばし口元に置くようにしていたが、奇跡が起こった。
1月8日の朝、同じように牛乳に浸したドッグフードを置いたらラテが食べ始めたのだ!

「あたし、元気になるの…」とでも言いたげにオトーサンに一瞬視線を送ると20gを完食した。それに味をしめたオトーサンは回を重ねる毎にドッグフードの量を増やしていくが、ラテは美味しそうに食べた。そしてその甲斐があって1月12日にはオトーサンの支えはあったものの20日ぶりに立ち上がった…。その後は驚異的な回復と思わせるほど自力で歩き、時にはボール遊びをせがんだりしたがこれまた後から考えるとラテ精一杯の…最後のサプライズだったのかも知れない…。

介護はメチャ大変ではあったし正直外に連れ出すのを休みたいと思ったこともある。しかし大変ながらもそれらの行為はまさしくオトーサンとラテとの絆の証しだったし、いまになって振り返ればラテとの思い出をより深いものにしてくれたと思っている。

Latte817_05.jpg

※ラテの笑顔は最高だった!


オトーサンは痩せてあばら骨が浮き出るようになったラテの重みと暖かさの感触はいまもこの両手に残っているし、怖々ながらもラテの為だと自分を奮い立たせて打った点滴、おむつにカバーにされた💩の重み、そして立てないはずのラテが息を引き取る15分程前だったか、気丈にも排泄したいとよろよろと立ち上がり玄関まで歩いた姿を昨日のことのように覚えている。
なによりも、ラテ…お前の笑顔はまさしく可愛く天使の笑顔そのものだったよ…!




ラテ飼育格闘日記_816

ラテが子供好きなことはこれまで多々ご紹介した。ただしなぜラテが子供好きなのか…について本人(犬)は語らなかったから本当の所は不明だが、ラテの性向をよく知っている動物病院の院長はなかなか珍しいワンコだと常々言っていた。


仕事柄多くのワンコを見てきた専門家の言だから信用して良いのだろうが、一般的にワンコは子供が嫌いだったり苦手だったりするのが普通らしい。その原因は明白で、大きな高い声を上げ、予測不能に動き回り、ワンコの尻尾や耳を掴んだり、時にワンコの背に跨がったり…といった行為・行動をするからだ。

Latte815_01_2022072113533171f.jpg


無論苦手と言っても近寄ってきた子供たちを攻撃したり吠えたりするのが普通というわけではない。しかしラテの場合は子供たちが近づいてきても嫌がらないというだけでなく自ら見も知らずの子供たちに近づいていって愛想を振りまくのだから、やはり珍しいのかも…。

Latte815_02_20220721135333ee1.jpg

※初対面の子供たちがいる場所へ当然のように近づき笑顔を振りまく


ちなみにオトーサンはラテをボランティアの方から引き取った前後からのメールのやりとりをいまだに残している。したがって記憶が薄れてもそうした記録を確認することで当時の生々しい格闘ぶりを思い出すことができるのだ。
例えばラテを家族に迎えて一種間程度たったときの様子をオトーサンがボランティアのKさんに報告しているメールによれば…

Latte815_03_202207211353345e4.jpg

※この時もまた見知らぬ女子たちが集まっている場所に近づき撫でてもらうことに…


また、散歩時に子供と女性に興味を持ち、見かけると近づきたくてリードを強く引きます。さらに頻繁に後ろを振り向きます。なにか幼少時のトラウマなのでしょうか...(笑)。
とにかく人が好きなようで、バス停から下りてくる人たちをじっと見ていることもありました。
何故なのか、考えてもわかりませんが(^^;)、昨日ふと思いついたことがあります。それは、もしかしたらKさんのお姿を探してるのではないかということです。影響力ある時期、親身にお世話になったわけですから、強い記憶として残って当然です。


Latte815_05_20220721135337c8c.jpg

※友達ワンコのハリーちゃんのオカーサンに飛びつくラテ


ことほど左様に幼犬時代から基本的には人好きなワンコだったが、一歳を過ぎた頃から大人に対して警戒をし始めた。ただしラテにとって何歳くらいまでが子供なのか…といったラインがあるのかないのか不明だが、基本は基本としてやはり相手次第のようだ…。
基本というのはそれまでの体験からラテが好んで近づくのは高校生くらいまでだと考えていたが、ある日 TULLY’S に連れて行ったとき、テラスの奥にラテを繋ぎオトーサンはオーダーをしに店内のカウンターに向かったが一瞬心臓が飛び出るかと思った。

ふとラテが心配でガラスのドア越しに様子を見ると、なんということか、リクルートスーツ姿の若い女性と抱き合っているではないか…。経緯はともかく万一にもラテが噛みついたりしたら大変だとオトーサンは飛び出したことがある。
「大丈夫ですか?」と声をかけると女性は「イヌ、大好きなんです」と振り向いたが、しゃがみ込んでいる女性の胸元にラテは嬉しそうに飛び込んでいた。
そういえば「ラテは若い女性は好きなんですが何故年寄りは嫌いなんでしょうね」と獣医に何気なく聞いたことがあったが、その答えは「飼い主さんがそうだからではないかな…」と笑われた(笑)。

それからオトーサンの記憶では幼犬時代からラテはオトーサンに愛想が無く、絡んでこないと思っていたが当時の記録を見ると結構アクティブだったようだ。これまたオトーサンがボランティアのKさんに当てた手紙の抜粋だが…

Latte815_04_20220721135336cb0.jpg


…問題は縫いぐるみで遊ぶにしても、自分一人で遊べばいいのですが、誰か観客がいないと面白くないらしいことです。
私が、夢中で遊んでいるようだからと席を立つと急に遊びを止め、そのまま二階に行こうものならしばらくは吠え続けるのに耐えなければなれません。時間があるときはリビングに置いてある椅子に座ってラテが遊んでいるのを眺めていますが、ツイうとうとしてしまうと、ラテのベロベロ攻撃が始まります。
「なんで寝るんだ!」「こっち見てて!」といわんばかりに、遊びを中断して私の膝に飛び乗り、口元をはじめ顔中をなめ回し、鼻や耳を甘噛みします...。こりゃあ、起きざるを得ません(笑)。
では眠らないようにと一昨日買ってきた本を開き読んでいたら、これもラテは気にくわないらしく、これまたいきなり膝に飛び乗り、カバーをかけたばかりの真新しい本にかぶりつく...。嗚呼...あっという間に新刊本がメチャメチャになりました(^^;)。


やはり記憶は当てにならないとつくづく思ったし、そういえばオトーサンがギター弾き始めるとどこからともなく現れて足元に腹ばいになる時期もあったことをあらためて思い出した。



ラテ飼育格闘日記_815

殺伐としたニュースが繰り返し報道されている今週だが、オトーサンは粛々と参議院選の投票に行って来た。そして一息入れているとき今度は悲しいニュースが飛び込んできた。それはラテの大親友というか一方的に好きな雄の雑種犬マキちゃんが7月10日の朝に亡くなったというメールだった。


ワンコ同士…ラテは気の合う…合わない…という判断をどのようにして行うのだろうか。そもそもがワンコに対して気難しく吠えることの方が断然多かったラテだが、不思議なくらい初対面からラブラブだったのがラテより1年ほど年上の雄ワンコ、マキちゃんだった。

Latte815_01b.jpg

※マキちゃんは7月10日朝に亡くなった…


マキちゃんはイケメンだけでなくとても温和なワンコで、オトーサンはマキちゃんが他のワンコなどに向かって威嚇したりましてや人間たちに吠えかかったという場面には遭遇したことはなかったほどだ。
まあ、どちらかというと一方的にラテがマキちゃんを好きなのは明らかだったが、マキちゃんは纏わり付くラテを怒ったこともなかった。
なぜそんなにラテがマキちゃんを好きなのか…。それはマキちゃんの人柄ならぬイヌ柄の良さに尽きるわけだが、後で不思議な縁で結ばれていたことを知った。

Latte815_02_20220713080917228.jpg

※イケメンなマキちゃん


当ラテ日記には何度もご紹介したが、ラテとオトーサンたちは横浜のとある動物病院で開催されたワンコの里親会で知りあったのだ。ワンコを飼いたいと引越まで決意したオトーサンたちだったが、肝心のワンコが決まっていなかったのである。そこでとある方の勧めでその里親譲渡会に初めて足を運んだのだったが、そこでラテと運命的な出会いをすることになり、その翌月…師走の10日にラテは我が家の家族となった。

そして年が明けた春頃の話しだが、ラテは女房に連れられ徒歩20分ほど先にある広い公園に行き、そこで幾多のワンコたちと知り合うことになった。それらの中にマキちゃんやハリーちゃんらがいた。そして次第にその飼い主さんたちと知り合い、雑談の中でお互いのワンコとの出会いなどを話す機会が増えた。

Latte815_03_20220713080918141.jpg

※ラテはマキちゃんが大好きだった…


ある日、ラテとどのようにして知り合ったか…といった話しをマキちゃんの飼い主さんにしたところ、驚いたことにマキちゃんもオトーサンたちがラテと知り合ったその同じ動物病院での里親譲渡会で出会い、オトーサンたちより約半年ほど前に家族として迎えられたという。
まったくの偶然とはいえ、ラテとマキちゃんは同系のボランティアさんたちの努力のお陰で同じ里親譲渡会でそれぞれ家族を得たのだった。

とはいえマキちゃんとラテが同じ場所で顔を合わせたことがあるのかないのか…については分からない。というか、ラテが保護されてからオトーサンたちと出会うのは2ヶ月後だったことを考えればマキちゃんとラテが出会っていた可能性はほとんどないに違いない。

Latte815_05_20220713080921f6e.jpg

※マキちゃんと並んで歩くご機嫌なラテ


そのマキちゃんもラテが寝込んだ時期辺りから足腰が弱くなっていたようだ。そしてラテが亡くなった後にラテが短い間とはいえ使っていたカートや褥瘡になりにくいというマットなどをマキちゃんのオカーサンに使っていただくことになった。さらに6月中旬くらいから歩けなくなったため、カートを使われるようになったとお聞きしたが、7月10日の朝方にご家族に看取られ息を引き取ったという。

Latte815_04_202207130809197f4.jpg

※カートに横たわるマキちゃん


マキちゃん、ハリーちゃん、そしてボーチちゃん…。ラテが体を張って心から信頼し遊んでくれた友達ワンコはこれで皆虹の橋を渡ってしまったことになる。
マキちゃん、そっちの世界でもラテと仲良くしてねっ🥲





広告
ブログ内検索
Macの達人 無料公開
[小説]未来を垣間見た男 - スティーブ・ジョブズ公開
オリジナル時代小説「木挽町お鶴御用控」無料公開
オリジナル時代小説「首巻き春貞」一巻から外伝まで全完無料公開
ラテ飼育格闘日記
最新記事
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

mactechlab

Author:mactechlab
主宰は松田純一。1989年Macのソフトウェア開発専門のコーシングラフィックシステムズ社設立、代表取締役就任 (2003年解散)。1999年Apple WWDC(世界開発者会議)で日本のデベロッパー初のApple Design Award/Best Apple Technology Adoption (最優秀技術賞) 受賞。

2000年2月第10回MACWORLD EXPO/TOKYOにおいて長年業界に対する貢献度を高く評価され、主催者からMac Fan MVP’99特別賞を授与される。著書多数。音楽、美術、写真、読書を好み、Macと愛犬三昧の毎日。2017年6月3日、時代小説「首巻き春貞 - 小石川養生所始末」を上梓(電子出版)。続けて2017年7月1日「小説・未来を垣間見た男 スティーブ・ジョブズ」を電子書籍で公開。また直近では「木挽町お鶴捕物控え」を発表している。
2018年春から3Dプリンターを複数台活用中であり2021年からはレーザー加工機にも目を向けている。ゆうMUG会員