ラテ飼育格闘日記(706)

ラテの左後ろ足が動かなくなってから散歩の仕方も様変わりせざるを得なくなった。無論長い距離の散歩は無理だが、意外なことにラテは歩く気満々なのだ。ただ季節は夏に向かい日中はかなり暑い日も出てきているのでコンクリートに腹ばいになり、動かなくなる時も多くなった。


四つ脚のひとつが自由にならないのだから、その足で体を支えることは出来ない。したがって最初はラテ自身戸惑ったようだが、ともかく基本3本の足で歩かざるを得ないから少しずつ要領を覚えていったように思う。

Latte796_01.jpg

※温かくなってきたからか、路面に腹ばいになることも目立つ


しかし歩けば体が大きく揺れ、足が悪い事は一目瞭然である。だから散歩中にすれ違う人たちの中には「あらあら可哀想に」とか「頑張ってるのね」と声をかけてくれる見知らぬ人もいる。
なんだかオトーサンが歩けないワンコを無理矢理歩かせているようにも聞こえるが、オトーサン自身はなるべく可哀想という考え方はしないようにと気持ちを切り換えた…。

Latte796_02.jpg

※介護用ハーネスも2個目を買ってみた。これは前足補助と後ろ足補助に分かれている製品だが、使い勝手は良くない


なぜなら歩こう、歩きたいというのはラテ自身の意志であり願望であり、オトーサンたちが思っているほどラテ自身は悲観して泣いているわけではないからだ。相変わらずポジティブにその時その時を懸命に生きようとしているように思えるし、飼い主が悲観したところで病が治るわけでもない。

だから歩みもメチャ遅いし階段などではハーネスを引いて補助する必要があるが、ラテが歩く気のある内は無理のないよう注視しながら足を使うよう工夫しようと思っている。
ワンコならずとも、足は使わないとすぐに萎えてくるというから激しい痛みがあれば別だが、例え補助輪程度でもよいから右後ろ足を使わせる機会を作ってみようと考えた。

Latte796_04.jpg

※嬉しいことに力は入らないものの、問題の右後ろ足を地に着けていることも多くなってきた


ともあれすべてが素人判断では危険なので動物病院に連れて行き診察を受けたが、老犬の宿命でもあると言われた上に体重を理想的にはあと2kgほど減らせると良いのだが…とも言われた。
しかし一時21kgを越えていた体重がやっと19.1kgまで落ちた現実を考えると医師のいう意味は分かるものの現実的には難しい。結局念のためと痛み止めの薬を処方して貰った…。

ワンコの生き甲斐は極論するなら飼い主との散歩を始めたとした共同生活と食事に尽きる。獣医の野村潤一郎氏は自著の中で「犬の考えていることは、90%が飼い主と一緒に行く散歩のこと。10%が食べ物のこと」だと書いている。そしてなによりも人間のように足が動かないということで悲観して…ということはまずないらしい。
ワンコは足がいま動かなくてもすぐにいつものように歩けるだろうと思っているに違いないし、生死感にしても己が死んでオトーサンたちと逢えなくなる…などとは夢にも思っていない。死ぬ寸前まで「また明日元気になって散歩に行こう」と思っているのだとこれまた野村潤一郎氏が書いている。

Latte796_05.jpg

※知り合いのオカーサンたちに出会えてご機嫌


したがって飼い主…オトーサンたちがいたずらに悲壮感一杯で接すると逆にラテを心配させ悲しませることになるようにも思う。ワンコは飼い主の感情の変化に敏感な生き物だからだ。
とはいえ現実は歳を取り、体が動かなくなったり、時に粗相をしたりと正直面倒なことが増えるが、叱ってはいけないことは無論のこと、オトーサンたちが悲しい顔をしないようにと心がけたいものだ。

そして獣医には怒られるが、決して満足な量ではないはずの餌をさらに少なくしてまでの減量は果たしてラテにとって幸せなのか…とも考えてしまう。長生きさせたかったら減量を…という意味は分かるが、果たしてそれが良いこと…正解なのかと考えてしまうのだ。

そんなあれこれの数日を送っていたが、ある夜のことラテがボール遊びをせがみ魅惑の表情を見せた…。足が痛いのであれば遊ぶ気にもなれないはずと思ったオトーサンは確認の意味も含め、無理をしない程度に遊んであげることにした。

Latte796_03.jpg

※室内でボール遊びの要求!


100%元気なときと比べればパワーが落ちるが足をカバーしながらも時に床に置いて踏ん張っている瞬間が多々あった。もしこうしたことがリハビリの真似事になるならオトーサンも嬉しい!

その翌日だったか、急に女房が声を上げた…。ラテの方に目をやると動かないはずの右後ろ足でぎこちないものの顔を掻いているではないか!

Latte796_06.jpg

※なんと…問題の右後ろ足で顔を掻いていた!


歩くよりは楽なのかも知れないし治ったわけではないはずだが、ここ二三日はずっとぶらぶら状態だったから多少はコントロールできるようになったのかも知れない。
なんとかこれ以上支障がでないことを祈るばかりである。




ラテ飼育格闘日記(705)

ラテの足腰が大分弱ってきた来たことは実感していたが、23日の土曜日に後ろ右足が急に利かなくなった。外傷があるわけでもないので暫くは様子見だが、ラテ本人(本犬)が辛いであろうことは勿論、慣れないことでオトーサンたちも右往左往している。


先日、万一の場合だと考え、老犬介護用歩行補助ハーネスという製品を買ったばかりだったが…。
実は23日の朝、起床早々に散歩を終えて食事を取ったら俄然元気が出たようで「遊んでくれ」と吠え続けた。五月蠅いということもあり、オトーサンは自分たちの朝食準備の合間を見てラテの前に座るとラテは我が意を得たりと喜んで「遊ぼうのポーズ」をした。

Latte705_01.jpg

※ついに老老介護の時が来たか?


それは両前足を前に突き出して頭を低くしお尻を上げるという例のポーズである。その瞬間「キャイーン」と声を上げた。見ると右後ろ足を上げている…。
この足は幼犬時代からたまたま痙ることがあるので今回も痙ったのだろうから暫くすれば治ると考えたがその後も痛がりはしないものの力が入らないようなのだ。

Latte705_02.jpg

※右後ろ足が利かない…


しかし散歩に出ないで済む問題ではない。散歩に出ることは無論排泄させるためでもあるが、飼い主との散歩そのものがワンコは楽しみだというし事実ラテも例え歩かなくても外にいたい方だから連れ出してあげたい…。
ということでその日の夕方初めて前記した老犬介護用歩行補助ハーネスを使ってみることにした。要は胴体部分を下から巻くように背中側をベルクロで留め、左右に持ち手が付いているといった感じの製品だ。

Latte705_04.jpg

※老犬介護用歩行補助ハーネスも扱い方が慣れないと実用が難しい


勿論その持ち手を飼い主が上に引き、弱った足で歩こうとするワンコを支えようというものだが、ラテもオトーサンも慣れていないこともあってなかなか思うようにいかない。なにしろラテの体重は少しシェイプアップしたとは言え19.1Kgあるのだから大変だ。
まあ、完全に持ち上げてしまえば済むといったことでもないし、基本はなるべく自力でなんとか歩かせ、難しい場合や辛い場合は補助をするのが理想だが目の前にいる愛犬にそんな理屈や理想は役に立たない。

Latte705_05.jpg

※ただし、ラテは食欲もあり機嫌が良いのが救いだ


平坦な道ならともあれ、やはり階段の上り下りは難しいし下手をしてはかえって他の足を痛めてしまう。とはいえバリアフリーにはほど遠い箇所もあり、避けられるところはともかくどうしても通らなければならない場所は少しずつ工夫して慣れるしかない…。
ただしオトーサンが一番厄介だと思うのは近所の信号機のある交差点の横断歩道だ。

車優先から来るセッティングなのだろうか、青になっている時間が至極短いところがあり、普段でも老人ならずとも渡りきれないうちに赤になるような場所だ。
とはいえこれまた渡らなくてはならないわけで、この信号機のところだけはラテを抱き上げるべきかと色々と考えているところだ。

Latte705_03.jpg

※お馴染みの子供たちに囲まれて上機嫌!


翌日の朝も確認すると基本右後ろ足は上げている…。
ただ食事するときなどは一応下げているが力は入っていないようだ。ともかく食欲は変わらないようなのでその点は安心したし部屋の中もなんとか自力で歩いている。
この日記が掲載される日よりちょうど10日後にラテは満14歳となるが、覚悟はしていたもののダメージが思ったより急に現れたので正直困惑しているオトーサンである。



ラテ飼育格闘日記(704)

暑くなったと思ったら涼しくなったりと気温の変化が激しい。コロナならずとも風邪をひかないように注意が必要な季節である。そういえば、ラテはペット美容室が自粛でお休みだったので体毛が伸びてしまっていたがやっと営業開始してくれたので早速連れて行った。


相変わらず外に連れ出した途端、どこに行くかが分かったようでリードを引いて抵抗を始める。オトーサンも慣れたものであやしたり宥めたりしながらお店に入り預けたが2時間半ほど後に済んだとの連絡があったので早速引取に向かった。
時間的にちょうど夕方の散歩時間になっていたのでそのままいつもの公園を一回りしたが、さすがといっては変だが実に綺麗にカットしてくれたし爪もきちんと切りそろえてあって感謝。

Latte704_01.jpg

※ラテは足腰が大分弱くなったようなので心配


精算時に受け取るレシート代わりのプリントに体重が記されているが、前回より600g減量となっていた。最近は加齢のため足腰がかなり弱ってきたように思うので適切な減量はラテの為でもあるので嬉しい。
ラテは黙して語らずだが、特に階段の上り下りのときに躊躇いが多くなったし、その足運びも実に頼りない感じとなってきたからだ。そろそろ場合によっては体を引き上げる補助具を用意しておこうと考えている…。

Latte704_02.jpg

※ペット美容室でとても綺麗になりました


そういえぱ過日ラテの友達ワンコのハリーちゃんが星になってしまったが、数日前にまたまた気落ちするニュースをお聞きした。
夕方の散歩時にいつもの公園に足を向け、その一郭でラテに水を飲ませた。そしてふと前方を見ると一台の車が止まり、男性とワンコが出てきてこちらに歩いてきた。

Latte704_03.jpg

※ボビーちゃんと飼い主のオトーサンが会いに来てくれました!


オトーサンは視力に難があり、ディテールは分からなかったがそれがどなたであるかはすぐにわかった。ダンディなオトーサンに連れられたボストンテリアといえばボビーちゃんとその飼い主さんだ。以前の広い公園ではよくお目にかかっていたが最近はそこには滅多に立ち寄らなくなったからか、これまでにも数回ボビーちゃんとオトーサンが車で来て下さったことがある…。

そこでお聞きしたのだが先日星となったハリーちゃんに続き…というか、本当は半年ほど前に亡くなっていたことが分かったそうなのだが、ハリーちゃんやラテと同級生ともいえるコーギー犬のアポロちゃんがこれまた虹の橋を渡っていたことを知った。
詳しいことは不明なものの、飼い主さんが帰宅したらアポロちゃんはすでに亡くなっていたという。

Latte704_04.jpg

※右から元気な頃のアポロちゃんとハリーちゃん。左は幼犬時代のラテ


耳が大きく、クリクリした眼が特徴のアクティブなワンコでラテとも喧嘩していると思われるほど激しい取っ組み合いの遊びをしていたことを昨日のことのように思い出す。
残念な事だが老いて死に至ることは多少の長い短いはあるものの、生き物でそれを逃れたものはいないのだから自然の摂理で仕方がないこととは分かっているが、寂しいことだ。

Latte704_05.jpg

※大好きなAちゃんに水を飲ませてもらう


オトーサンにできることはラテとの毎日をとにかく精一杯楽しむことだ。とはいえ実際には言うことをきかずに腹を立てたり、四つ脚を噛むのを叱って止めさせたりとラテにとっては五月蠅い飼い主には間違いない。
しかしすべてラテの安全と健康のためにと努力しているつもりのオトーサンだからして、きっとラテも心の隅で認めてくれているものと思う…。
来月6月10日はラテ14歳の誕生日だがまだまだ元気でいて欲しい!




ラテ飼育格闘日記(703)

コロナウィルスのお陰で自粛自粛の毎日だが、オトーサンはともかくラテは散歩に出ても知り合いの飼い主さんや子供たちと会う機会も少なく些かストレスが溜まっているように思う。とはいえ老犬だからか、全てを達観しているようにも思える…。


そういえばワンコの年齢を人の年齢に換算したら…といった話しをよく聞くが、一昔前の考え方は近年一蹴されてきたようだ。
昨年11月25日のニューズウィーク日本版に「犬の年齢をヒトの年齢に換算するための新たな計算式が明らかに」という少々長ったらしいタイトルのニュースが掲載された。

Latte703_01.jpg

※ラテはオトーサンとほぼ同じ年齢なのだ…


それによるとワンコ一歳はヒトの31歳に相当するという。そしてよくワンコは7歳からシニアだといった話しがあるが、ワンコ7歳はヒトの62歳だという。
要はワンコの幼犬からの数年はヒトの年齢に換算すると一年の差はヒトの年齢の数歳経過に相当するが、7歳あたりからはその差が急激に緩やかになってくるようだ。

Latte703_02.jpg

※久しぶりのツーショット


その表を見るとまさしくラテの年齢はオトーサンの年齢とほぼ合致していることになる。
具体的に言うなら、来月ラテは満14歳になるが、ヒトの年齢に換算するなら73歳に相当するとのことでオトーサンの年齢を1歳上回る計算になる。

Latte703_03.jpg

※後ろ足の変な座り方は幼犬時代からだ


こうして考えれば日常ラテは元気そうではあるものの、歩くのが急激に遅くなっただけでなくあれほど階段を駆け上がるのが好きでオトーサンを悩ましたラテが最近はその階段もできれば使いたくないといった態度を見せる。
笑ってしまうのはマンションの自宅から散歩に出ようとするとき、オトーサンは階段を使って降りるのを常としている。帰ってきたときはエレベータを使って登るが、散歩に出るときにはすでに排泄の意志表示も出しているわけで、万一エレベータの中で粗相させてはならぬと考えているからだ。

Latte703_04.jpg

※階下に降りるとき、ラテは階段を嫌ってエレベータホールへと歩く(笑


幸いこれまで一度もそうした粗相をしたことはないが、帰りは膀胱も空になっているはずだからして安心してエレベータに乗せる。ということで出かけるときには階段で降りることにしているわけだ。
しかしここの所、ラテは階段を眼前にするとリードを引いて嫌だと抵抗するようになった。しかしその後が面白い…。

Latte703_05.jpg

※Kファミリーのオカーサンの口元をペロリ


我が家の玄関からエレベータホールまでは近いこともあるが、ラテはスタスタとエレベータホールの方へ歩き、そこで止まってオトーサンにアイコンタクトする。
要はエレベータを使いたいということなのだ。我が娘はエレベータという名など知る由もないが、これを使うと歩かず階下に行けることを学習しているのである。

Latte703_06.jpg

※散歩から戻り、玄関でオカーサンに四つ脚を綺麗にしてもらう


オトーサンは苦笑しながらもラテの要望に応えてエレベータで下がるが、強引に階段を使わせると最近は上りより下りが慎重になったようで、なかなかスムーズにスタスタというわけには行かなくなっている。
というわけで些かイライラすることもあるが、ラテは幼犬時代よりマズルも白くなった現在のほうがより愛しく感じているオトーサンなのだ。




広告
ブログ内検索
Macの達人 無料公開
[小説]未来を垣間見た男 - スティーブ・ジョブズ公開
オリジナル時代小説「首巻き春貞」一巻から外伝まで全完公開
ラテ飼育格闘日記
最新記事
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

appletechlab

Author:appletechlab

主宰は松田純一。1989年Macのソフトウェア開発専門のコーシングラフィックシステムズ社設立、代表取締役就任 (2003年解散)。1999年Apple WWDC(世界開発者会議)で日本のデベロッパー初のApple Design Award/Best Apple Technology Adoption (最優秀技術賞) 受賞。

2000年2月第10回MACWORLD EXPO/TOKYOにおいて長年業界に対する貢献度を高く評価され、主催者からMac Fan MVP’99特別賞を授与される。著書多数。音楽、美術、写真、読書を好み、Macと愛犬三昧の毎日。マネキン造形研究中。2017年6月3日、時代小説「首巻き春貞 - 小石川養生所始末」を上梓(電子出版)。続けて2017年7月1日「小説・未来を垣間見た男 スティーブ・ジョブズ」を電子書籍で公開。
2018年春から3Dプリンターを複数台活用中。ゆうMUG会員