ラテ飼育格闘日記(773)

やっとやっと激暑が遠ざかり、雨さえ降らなければ散歩にも適した季節になってきた。とにかくオトーサンが日々注視していることは我々夫婦の健康はもとより、老犬ラテの健康をいかに維持するかにある。食事の量しかり内容しかりだが、体重は理想体重になったものの加齢のための難は少しずつ出始めているようだ。


ご近所のワンコたちにしても「あれっ、そういえば最近見てないなあ」と思っていたら亡くなっていた…というケースも目立つ。そして機会があり年齢を聞くと小型犬なのに10歳とか11歳で亡くなったという話しをお聞きした。
またこれまたご近所の柴犬だが11歳で耳が遠くなったという…。病気ならともかく早すぎないかとも思うが個体差が激しいわけで一概に他のワンコと比較できる問題ではないようだ。

Latte773_01.jpg

※睨んでます…


ラテはといえば、足の具合を危惧していたものの、今のところは足取りは相変わらずゆっくりだが足を引きずったりしていないので一安心しているが、聴力が些か劣ってきたのではないかと心配している。
もともと飼い主にでさえ愛想のよいワンコではないので「ラテ!」と呼びかけたところで飛んでくる玉ではない(笑)。とはいえ呼んでも耳を動かしもしないし反応がないことが目立つようになった。ちなみに例えばオトーサンが手を叩いたりすると何ごとかとこちらを向くことはある…。

Latte773_04.jpg

※十分も歩かないうちに一休み


したがって完全に聴力を失っている訳ではないが、人間同様ある声や音の高さの範囲が聞き取りづらくなってきたのではなかと思う。そうしたことが気になったのは呼びかけに反応しないことが多いということだけでなく特定の音にアクティブに反応していたのにそうしたことが無くなったことにも気がついたからだ。

Latte773_02.jpg

※掃除機の音を怖がるワンコもいるそうだが、ラテは幼犬のときから全然平気…


まあ、子犬の時代はともかく成犬になってからにしても自宅の中で大暴れするワンコではなかったが、やはりオトーサンとしては大いに悩まされたし苦労も重ねた。
甘噛みが酷く、オトーサンの両手は傷だらけだったし木製の家具は囓られ、フローリングの床にまで歯を立てた。
また外に出れば引きが強いだけでなく、目に付くは何でも口に入れようとするので目を離すことができなかった。煙草の吸い殻やガラスの破片を口にしたときにはオトーサンも決死の覚悟でラテのマズルを開き、口の中から異物を取り出したりもした。

そして若い時の特権か、よく歩いたことは勿論だが走ったこと…走ったこと。そして感情表現が大げさなほど豊かだった。好きな飼い主さんに近づきたくてその飼い犬に嫉妬し威嚇したり、好きな方には抱きついて口元を舐めにいく…。
オトーサンが困り果てるほどアクティブで表情豊かなワンコだったが近年はその昔が懐かしくなるほど大人しくなった。

Latte773_03.jpg

※なにか、楽しそうです…


初対面の大人には警戒心からか必ず威嚇したり吠えたりしたものだが、最近は初対面の方にも愛想をつかったりもするようになったし他のワンコに対してもあまり吠えなくなった。
それは単に成長し大人になったからだ…とも言えようが、それに加えてそうした元気、気力が弱まったのではないかとオトーサンは考えている。
さらに例えば大好きな方に出会ったとしても以前のように過激とも思える表現もほとんどしなくなった。そうした変化は単に加齢によるものというだけでなく、どうやら聴覚が不自由になったために刺激を受けることが激変したのかも知れない。

例えばラテが嫌いな音がいくつかある。近隣にプロパンガスのボンベ交換のためにトラックからボンベを運ぶとき、地面に落とす「カーン」といった高い金属音が響くと尻尾が下がり、時には怖いのか…吠えたモノだが最近は聞こえないからか、あるいは害が無いと学習したからか寝ていても頭を上げることさえしない。

Latte773_05.jpg

※跳ね返るボールを追ってマズルで上手にキャッチ!


ただし視力はかんぜんでとは言えないだろうが日常に難はないようで、ボール遊びでも壁に跳ね返ったボールを口でキャッチすることもできるのでいわゆる動体視力はまだまだ大丈夫のようだ。しかし眼球をよく見ると僅かに濁っているようにも思えるから、やはり歳相応に白内障が始まっているのかも知れない。




ラテ飼育格闘日記(772)

ここの所、低温注意報が出るほど急激に気温が下がる日が出て来た。今朝なんて17℃であるがまだ九月上旬だ。確かに暦の上では秋ではあるが寒くなるのはまだ早すぎる。ただしオトーサンたちもエアコンが不要になったことは有り難いし、ラテも熟睡できるようで寝返りも少ないようだ。


熟睡といえばオトーサンもよく眠る…眠りたいと思っている。よく年寄りは睡眠時間が少なくてよく、朝早く目が覚めるなどといわれるが、オトーサンは出来ることなら朝を通り越して昼頃まで寝続けたいと思う…。
また決して睡眠が浅いということではないが、外的要因で結構目を覚ますことが多い。

Latte772_01.jpg

※天気が悪いとまともな散歩にならないのでラテも不満顔だ


その一つがラテのオナラだ(笑)。いや、笑い事ではない…。
夜だけではないが、ラテの寝場所は専用のベッドを用意している。いかにもクッションが効いていて周りは一段高く、頭や顎を乗せられるようになっている。さぞや気に入ってくれるだろうとオトーサンは買ったわけだが、どう言うわけかラテの使用頻度は低いのだ。

Latte772_04.jpg

※寝顔は可愛いのだが…


二つ目はそのベッド横の畳である。まったく有難味を知らぬワンコでしゃくに障るが、ベッド横…ちょうどオトーサンの布団の足元にあたる場所に横になったりする。しかし万一にも粗相をされると困るからとそこにはペットシートを敷きしめてあるが、それでも…特に夏場はそこに横になることが多かった。

多かった…というのはこの数ヶ月、新しい寝場所を見つけたようでもっぱらそこで一晩を過ごすことが多くなった。それはオトーサンたちの寝室(和室)の隣に位置するリビングである。リビングの床はフローリングだが、そのままではラテの足が滑りやすいので一部にマットを敷いている。ラテはそのリビングと和室の境のリビング側に横になることが多くなったのだ。

Latte772_05.jpg

※見ず知らずの方にも吠えずに愛想を振りまくようになった


専用のベッドの方が体が楽だろうと思うのだが、こればかりはラテ自身が選んでいるので仕方がない。で、何が問題かというとラテがそこに寝るとき、オトーサンの枕側に頭ではなくお尻を向けて寝る形になることだ。
これは多分に五月蠅い親父と顔を突き合わせたくないという思いなのかも知れないしそれ自体はどうということもないが、ラテがいつでも和室にあるベッドに移れるようにとドアを開けている…。ということはオトーサンの頭とラテのお尻はものの50センチほどしか離れていないのである。

Latte772_03.jpg

※寝てるラテのお尻とオトーサンが寝る布団は隣接しているのでオナラは勘弁して欲しい(笑)


この状態でラテがオナラをするとその毒ガスはもろにオトーサンが吸ってしまうことになり当然その臭さで目を覚ましてしまうというわけだ。しかし今のところラテは他の場所で寝る気配は無く唯一できることはドアを閉めて寝ることでしかないが、それでも完全に悪臭を防ぐことはできずオトーサンの受難が続いている…。

二つ目の問題は寝言だ。いや、ラテのではなく女房のだ(笑)。
女房の寝言の特徴は「むにゃむにゃ」的なものではなくはっきりとした言葉を発することだ。だから就寝中に「だから、ダメだって言ったでしょ!」だなんて言われれば、何ごとかと起きてしまう。
そんな調子で彼女の寝言は起きているときのように普通の話し方なので何ごとかとビックリすることになる。ではオトーサンが起きてしまっただけでなく夜中に一人で笑ってしまった寝言の名言をご紹介してみよう…。

Latte772_02.jpg

※前足の不調を心配したが、お陰様で今のところはなんとか大丈夫なようだ


女房の仕事は介護職なので心身共に大変な事は想像できるから、寝言で「ああ、疲れた…」とか「体が痛い」と発することがあってもそれは笑い事ではない。しかし、ある夜のことオトーサンは「嗚呼〜眠たい!」という寝言で飛び起きてしまった。しかし当の本人は隣で軽いイビキをかいている。
「おまえ、寝てるよ」と声をかけてみたい衝動にかられたが…やめた(笑)。
オトーサンは女房とラテの狭間でなかなか寝られないときがあるのだ。





ラテ飼育格闘日記(771)

もう雨も猛暑も勘弁して欲しい。しかしやっと気温は30℃を下回る日が続くようだが雨はまだ続くようだ。そうした気候のせいではないが、オトーサンもラテも健康面で些か心配が続いている。


オトーサンはすでに腹部CTスキャン検査の結果、幸い何も問題がないことがわかった。しかし実はCTスキャン検査は血糖値が異常に高かったので急遽決まったことで、その前に腹部のエコー検診を受けることになっていたのだ。CTスキャンの結果を見ればエコー検診はキャンセルしようかと思ったが、ものは念のためだと予定通り受けることにしたのだった…。

Latte771_01.jpg

※年齢を考えれば元気なラテだが、問題も生じやすい


結果は脂肪肝気味であることや前立腺肥大が見られるものの、現時点で問題はなく1年後にまた検診するようにとのことでオトーサンの心配事は一応の終息を見た。
また半年以上苦しんできた味覚異常も何が原因だったかはともかく正常に戻った。では万々歳かといえば若い時とは違い、歳相応の思うようにならないことがある。

Latte771_02.jpg

※ふと歩きを止め、何かを…誰かを探しているようにじっと一方向を見据えることがある


言葉では巧く説明できないのだが、どうにも体が重い。歩くのが辛いし肺活量も随分と小さくなったように思えて疲れやすい。また今更らだが視力にも難があるし左手中指が重度のバネ指でこれまた辛いことだが幸い今のところ日常生活に大きく支障をきたすことはないので良しとするしかない(笑)。

一方ラテは言葉を発しないだけに心配事は多い。ともかく歩く速度が極端に遅いのだ。だからといってリードをいつもいつも無理矢理引くのも可哀想だからとなるべくラテのスピードに合わすよう心がけているが、しかしそれでは信号を青の内に渡りきれなかったりと危険でもある。

Latte771_03.jpg

※自分のベッドからシート類を引出してメイキング後、その上でくつろぐ


まあ、人間同様ワンコにも個人(犬)差が大きいだろうし他のワンコと比べてみても益はない。しかし満15歳を過ぎたワンコとしてはまずまず健康を保っているようにも思えるのだが…。
勿論アトピー抑制の薬は朝晩餌に加えて与えているものの即医者へ…といった問題はない。一時期大変心配した右後ろ足も幸い元に戻ったようだしと安堵していたが、またまた心配事が生じた。

今度も足だが、右前足に何かが起こったようなのだ。散歩中にいきなり「がくっ」となり右前足を上げて「プルプル」と振った。当初なにか路面にある尖ったものでも踏んだか、あるいは肉球を噛んで傷めてしまったのかと思ったがどうもそうではなさそう…。
その後も戻るまで右前足を引きずり、ときにまたまた「がくっ」となったり足を振ったりする行動が見られたし階段を上がるのが辛そうだったのでオトーサンがアシストし体を支えて引き上げた。

Latte771_04.jpg

※右前足を引きずりながら戻ってきました…


ただし「キャーン」などと声を上げるようなことはなく、部屋に戻り足を洗う際も肉球を触られたりするのを嫌がったり痛がったりすることはなかった。また前足そのものを軽く握ったりもしたがこれまた痛がる様子は見られなかった。
オトーサンの脳裏には右後ろ足を痛めたときのあれこれがよぎったが、こればかりは様子を見るしかなかった。
その後も室内でぎこちない動きが続いたが、夜寝る前に再度外に連れ出した際には至極慎重な歩き方だったが、しっかりと踏みしめて歩いていたのでオトーサンも少しは安堵した。

さて、翌日の朝の散歩は慎重に歩かせると同時によく観察することにした。しかしマンションのエントランスにある階段をゆっくりながら格段共に問題の右前足から踏み出し、しっかりとした足取りでスタートしたのにはちょっと安心した。

Latte771_05.jpg

※問題が生じた翌朝はゆっくりではあるが階段をしっかりと降りていた


一時的な足の痙りといったことであればよいのだが…。




ラテ飼育格闘日記(770)

この時期になると毎年思い出すことがある。すでに15年前だから2006年のことだが、長年の夢だったワンコを飼う許可が女房から出たので早速初めての体験をすることになったときのあれこれだ。しかし気持ちばかりが逸るもののどこから手をつけて良いかが分からず今思えば笑止千万なワンコ探しだった。


そのときオトーサンたちは埼玉県の川口に住んでいた。住み慣れた地域でもあり本来ならそこでワンコを飼いたいと考えたが中型・大型犬を飼う条件がどうしても揃わない。
仕方がなくワンコと共に過ごすに適切な、そして女房の通勤にも具合の良い場所を探すこととなった。住居探しはもっぱら女房が担当したがオトーサンはワンコ探しだ。

Latte770_01.jpg

※休憩中です


予備知識がなにもなかったオトーサンは当初どこかのペットショップで買おうかと漠然と考えていたが殺処分の可能性があるワンコが沢山いることを知りネットでそうした保護犬を斡旋しているボランティアのサイトを覗くようになった。
文字通り様々な犬種(といっても殆どは雑種)がずらりと並ぶ様に唖然としたが、好みもなにも自分に何らの基準すらないことに改めて気づく…。

Latte770_05.jpg

※ハーネスを自分で取ろうともがいたあげくが(笑)


また当然だとは思う物の譲渡の条件もなかなかに厳しくサイトによっては高齢者や一人暮らしの人には譲渡できないといった制限があることもわかった。
いま思えば根拠も無く闇雲にとあるサイトでワンコの譲渡を求めたが返事はすでに決まってしまったということだった。そんなことを3度ほど経験した後、サイトの管理人の方から出来るなら是非当のワンコに会って相性を確認すべきだとアドバイスを受けた。

Latte770_03.jpg

※帰省されていたので2週間ぶりにお会い出来たKファミリーのオカーサンと♫


一方住居の方は女房が多摩永山に適当な戸建て(テラスハウス)を見つけてくれた。すでにリタイヤしていたオトーサンは特にどこでなくてはならないといった制約も希望もなかったから二つ返事で決まった。そして環境は緑が多くワンコが走り回れる公園もあり、ワンコと生活するには最適な場所だった。

さてワンコを飼うと決心して住居は決まり引越の日取りも決まったものの肝心のワンコが未だあてもなく、ボランティアの方の勧めを受け11月12日(土曜日)のこと、横浜のとある動物病院を開放して行われた里親会に女房と参加することにした。
ラテとの出会いに関しては当日記に何度も書いたので端折るが、やはり運命…縁としかいいようのない出会いだった。

Latte770_02.jpg

※散歩から戻り体を綺麗にした後のおやつタイム!


こうしてまだ生後5ヶ月ほどだという見るからに雑種犬が里親会の翌月…12月10日に茨城から連れて来られて我が家の家族となったのだ。
オトーサンはこの未経験の育児ならぬワンコとの日常を記録に止めておこうとこの「ラテ飼育格闘日記」なる連載を始めた。友人らの中には格闘は大げさではないかとの意見もあったが文字通り日々が格闘の場となった。猛烈な甘噛みに悩まされ、散歩に出れば引きが強く、目に付いた物は何でも口に入れようとするワンコに三日でオトーサンの肩と腕は痛み、1ヶ月ほどで左足の膝が壊れた…。

それからアッという間に15年だ…。オトーサンも歳を取ったがラテも同様だ。事実2007年自宅近くにあった広い公園にデビューした当時の友達ワンコは残念ながらほとんどと言ってよいほど虹の橋を渡ってしまった。特にお互い遠慮の無い遊び方をしていたビーグルのハリーちゃんやボーダーコリーのボーちゃんが亡くなったのにはラテならずともオトーサンも随分と気落ちしたものだ。

Latte770_04.jpg

※オトーサンが朝の散歩準備中にラテは女房の布団でうつらうつら…


ラテも加齢のために落ち着いたというべきなのか、初対面の人にも吠えずフレンドリーになったがオトーサンの勝手な思い過ごしかも知れないものの、気を許しあうワンコもいないしどこか寂しいような表情を見せるときがある。オトーサンの歳が後15年…20年ほど若ければ子犬とか子猫を迎えてラテに面倒を見させるという手もあるかも知れないが現状ではそうもいかず、ただただ毎日健康を気遣いながら安全に過ごすことが大切だと思っているのだが…。




ラテ飼育格闘日記(769)

先週から今週頭にかけて酷い雨で、特に西日本では大きな被害・災害をもたらした。無論大雨はたまたまあり得るものだが、これほど長引いたのは台風の影響もあったもののやはり異常気象なのだろうか…。この多摩市にも災害警報が何度も続けて発令された。


なにしろ気温も34℃だ35℃だと言っていたのにあっと言う間に18℃とは体を壊してしまう人も多いのではないか。ただオトーサンは素人考えながらこの猛雨が人の流れを少しでも抑制することになり、それが新型コロナ感染の広がりを抑える要因になればと思ったが、こちらは残念ながら効果はなく、政府や都政の無能・無策が一番の原因で一向に先が見えないのが不安だ。

Latte769_01.jpg

※悪天候だとラテを連れ出すのに苦労する


オトーサンたちの住居地は近隣の地図を確認すると土地が些か低い地域にある。ただし河川からは離れているので洪水の危険性はないしマンションの上階でもあり浸水の可能性もない。ただし数年前までは面する道路の排水効率が悪く豪雨が続くと場所によってはマンホールが浮き上がる…などということもあったし、車道を走る心ないドライバーのおかげで歩道側に波のような跳ね上げがあったりと問題も多かった。

Latte769_02.jpg

※保冷服を着て歩道に腹ばいになる。ラテ、歩こうよ!


しかし幸い、排水の工事が進み、現在では水捌けが格段に良くなったが自宅の周りにも土砂災害の危険性がゼロでは
ない…。
まず天気なら必ずといってよいほど夕方の散歩に立ち寄る近隣の公園奥付近はこの大雨で高齢者批難エリアにされていた。聖ヶ丘学園通沿いの崖が危ないということで万一崖崩れでもあれば公園の半分は土砂に埋まるといった予測もされているようだ。

Latte769_05.jpg

※天気の日はこれまた気温が高くて難儀する


また近くには小田急線と京王線が道路を跨いで走っている場所があり、その通り添いのガード下コンクリート壁が一部亀裂があって大雨が降ると雨水が漏れ出すのが常だ。今回の大雨ではこれまでになく単に漏れているのではなく放水状態の場所もあり、万全の排水設備がなされているとしても水圧で崩れでもしたらと大雨の後もオトーサンはなるべく通らない算段をしている。

Latte769_04.jpg

※散歩から戻り、お気に入りの場所で睡眠中


ともかくそんな豪雨がまるで梅雨時みたいに長く続くのだからラテを連れ出すのはなかなかに厄介だ。ラテ自身もレインコートを着せられて雨の中を歩くのは嫌いだが、そうかといって出ないわけにはいかない。無論排泄のためだが、出来ることなら土砂降りの中は出たくない。

Latte769_03.jpg

※雨の日はラテも外に出たくないようで抵抗する(笑)


ということでオトーサンはiPhoneアプリの「アメミル」で雨雲の動きを多々確認しながら少しでも小降りの時間帯を探してラテを連れ出すよう努力しているが相手は自然…。そうそう予測通りにはいかず、結局びしょ濡れで戻るときもある。

それにしても近年は雨にしても気温にしても極端過ぎる。
とはいえ先日の朝、雨が止んでいたからかこの季節初めて虫の音が聞こえた。猛暑・豪雨はもとよりコロナも吹っ飛ばしてくれるよき季節が来てくれることを願うばかりだ。



広告
ブログ内検索
Macの達人 無料公開
[小説]未来を垣間見た男 - スティーブ・ジョブズ公開
GUI を再発明する: ポスト・ウィンドウ・インターフェイス序論
オリジナル時代小説「首巻き春貞」一巻から外伝まで全完無料公開
ラテ飼育格闘日記
最新記事
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

mactechlab

Author:mactechlab

主宰は松田純一。1989年Macのソフトウェア開発専門のコーシングラフィックシステムズ社設立、代表取締役就任 (2003年解散)。1999年Apple WWDC(世界開発者会議)で日本のデベロッパー初のApple Design Award/Best Apple Technology Adoption (最優秀技術賞) 受賞。

2000年2月第10回MACWORLD EXPO/TOKYOにおいて長年業界に対する貢献度を高く評価され、主催者からMac Fan MVP’99特別賞を授与される。著書多数。音楽、美術、写真、読書を好み、Macと愛犬三昧の毎日。マネキン造形研究中。2017年6月3日、時代小説「首巻き春貞 - 小石川養生所始末」を上梓(電子出版)。続けて2017年7月1日「小説・未来を垣間見た男 スティーブ・ジョブズ」を電子書籍で公開。
2018年春から3Dプリンターを複数台活用中。ゆうMUG会員