ラテ飼育格闘日記(692)

毎日同じような時間帯に外に出ているとここの所随分と日の出が早くなっていることを実感する。一時は7時くらいにならないと真っ暗だったのが最近は6時半になると明るくなっている。とはいえこれで冬が終わりというわけではないだろうが、ここ数日は朝も劇寒ということではないので大分散歩が楽だ。


朝の散歩にしてもオトーサンに言わせればもう少し遅く家を出たい…。それは明るい暗いとか寒いということではなくできるだけ単調な散歩にならないようにと考えるからだ。
なぜなら朝の6時半頃に家を出たのでは他のワンコにもほとんど逢えないし学童たちの登校時間にもかち合わないのでただただ黙々と歩きクンクンして終わることになってしまう。

Latte692_01.jpg

※ラテは寒さに強し


近隣ならどのようなルートを通ろうがすでにどの程度時間がかかるのかは分かっているので、ここでこの道に入れば小学生たちの登校の時間帯に合うだろう…とか、こちらにいけば…この時間帯ならあのワンコや飼い主さんに会えるかも知れない…という目算はオトーサンの頭の中にある。

Latte692_02.jpg

※この日の朝は少し靄がかかっていた


しかしラテの頭の中にはそうしたあれこれはないようで(笑)ただひたすら排泄のこともあって早く外に行きたいと考えているようだ。
以前は朝7時過ぎでも問題はなかったが、やはり加齢の影響か6時半近くなるとそわそわが始まることがある。ただし感心なのは寝ている際の尿漏れは相変わらずあるものの、散歩に間に合わないからと室内で粗相することは今のところ無い。

Latte692_03.jpg

※どっちに行くか、話し合い中(笑)


また喉も渇いているはずだと散歩の前に水を入れた容器を差し出してもこういう時には飲まないのも健気である(笑)。しかしマンションのエントランスを出た途端、近くの草むらで早速排尿する所を見るとかなり我慢していたことがわかる。
可笑しいのはやはり排泄すると人心地ならぬ犬心地がつくのだろう、オトーサンにアイコンタクトをする余裕ができてくる。

Latte692_06.jpg

※場所によっては桜が咲き始めている


夕方の散歩も天気が悪くなければ大体家を出る時間は同じだが、それまで待てずにオトーサンの座っている椅子に手をかけて「早く行こうよ」と催促するときもあるし、余裕で寝ているときもある。しかし朝が早いとその分、夕方の散歩までの時間は長くなるわけでこれからどうなるか、オトーサンは少々心配しているのだが…。

Latte692_04.jpg

※この狡そうな表情がたまりませんな(笑)


朝の散歩は子供たちの登校時間に何らかの形で合うことがなければその時間帯にあったワンコと飼い主さんにお会いする程度だが、夕方の散歩は馴染みの公園に行けばその日によるものの旧知の子供たちが沢山遊んでいる。そして有り難いことに一部の未就学児童を別にすればラテがどのようなワンコかは知ってくれているのも嬉しい。
例えば先日、公園に入ろうと歩道を歩いていたら数メートル先に公園内で蹴ったサッカーボールが飛び出してきた。それを駆けて取りに来た男の子がそのボールを小脇に抱えて戻ろうとすると、公園のフェンス内から仲間の声がかかった。

「おーい。そこから蹴ってくれよ!」と…。
しかしその男の子は「ラテがいるんだよ。サッカーボールを怖がるから持ってくよ」と気遣いをしてくれた。嬉しいではありませんか!

Latte692_05.jpg

※ラテに配慮してくれ、サッカーボールを蹴らずに抱えて行く子


公園内はサッカーをしている子、縄跳び、バトミントンなどそれぞれが遊んでいるがサッカーは駆けずり回ることになる。したがってどうしてもボールがこちらに飛んでくるときがあるものの、顔見知りの女子たちは「ラテの近くにボールを蹴ってはダメだよ」と仲間に知らせてくれたりもする。

またサッカーボールを蹴っていてもラテの姿を見つけるとわざわざ中止してラテの頭を撫でに来てくれる男の子もいて、実にラテは幸せなワンコだと思うがラテはそうした恩恵を知ってか知らずか、限れた子供や大人以外は結構つれない態度だ(笑)。
さて…ラテ!今日の散歩は、どっち行くっ?


ラテ飼育格闘日記(691)

いよいよ二月も下旬に、そして来月は三月。とはいえ「春は三月花見時、かちかち小山も花盛り…」というわけにはいかず、まだまだ寒い日も続くに違いない。世間では新型コロナウィルスのニュースが行き交っているものの幸いオトーサンたちは今のところ寝込むような風邪も引かずに過ごしている。


とはいえ、先日は急に洟垂れが酷くて往生したので月1回の定期検診で行ったクリニックでアレルギー検査をしてもらった。
オトーサンは乾燥肌でこの時期、手はあかぎれが酷いだけでなく足首や腕などが痒くて困るがアレルギーだとは思っていない。またときに「目が赤いですが花粉症ですか?」と聞かれる場合もあるが、これは緑内障の強い目薬を使っているいわば副作用なのでアレルギーではない…。

Latte691_02.jpg

※ラテのアレルギーも今のところ一時期のような酷い症状には至っていない


まあ、己で「自分はアレルギーではない」と納得したところで本当の所は分からない。なぜならオトーサンはこれまで特に困ったこともなく一度もアレルギーの検査をしたことがなかったからだ。
しかし、ちょうど月1度の定期検診で馴染みのクリニックへでかけた際にこの二三日洟垂れが酷いということを相談したら、ともかく一度アレルギー検査をすべきだと言われたわけ…。

Latte691_03.jpg

※朝の散歩に出ると残月が綺麗だった


検査は毎回採取される採血で済むというので生涯初めてのアレルギー検査をやった。とはいえ結果を知るのは次回になるのでその間は取り急ぎポピュラーなアレルギー抑制の薬を飲むことにした。
アレルギーの検査項目は「吸入系」が18種、「食餌系」が20種、「その他」としてラテックスで計39項目あるという。ちなみに「吸入系」にはハウスダスト、ヤケヒョウヒダニ、イヌ皮屑、ネコ皮屑、ゴキブリ、スギ、ヒノキ、ブタクサなどなどが含まれている。また「食餌系」としてはエビやカニ、ミルク、卵白、ピーナッツ、小麦、米、ソバ、サバ、鶏肉、リンゴなどなどよく食すものが多い。

Latte691_05.jpg

※モミクチャ(笑)


しかし素人考えだが、食品系ではアレルゲンはないだろうとは思っていた。好き嫌いはともかくこれまで何かに当たったということはなかったからだ。もし何らかのアレルギーのもと、アレルゲンがあるとすれば一番はハウスダストか花粉かな…と思っていた。
とはいえイヌやネコのアレルギーもあり得るわけで、万一ワンコのアレルギーだったらどうしようもないぞと女房と冗談を言っていた。

というわけで、先日その結果を知ったのだが、安堵しつつ笑ってしまった。
それは前記39項目のうち、スギが一番低い陽性だったが陽性ではない擬陽性の項目になんと「イヌ皮屑」が入っていたのだ。ちなみに「ネコ皮屑」は陰性なのに…。
後、マラセチアやブタクサなどいくつかが同じく擬陽性だったが幸い食餌系で陽性はゼロだった!

Latte691_04.jpg

※オトーサン生涯初のアレルゲン検査結果


医師いわく擬陽性にしてもスギ花粉にしてもこの程度ならなにをしなければならないということはないとのこと。しばらくは過日の薬を続けてみてくれとのことだった。ではあの洟垂れはといえばやはり検査結果からしてスギ花粉によるものということになるらしい。

ということでどうやらオトーサンは最低クラスの陽性ではあるものの花粉症の仲間入りになってしまったようだ(笑)。そもそもラテはアレルギー持ちであることは検査で明白なので、これで目出度く?親子でアレルギーとなったわけだが、オトーサンは事実上影響がありそうなのはスギ花粉だけなのでまあまあ今のところは楽観視している。
やはり直近の問題はラテのアレルギーが一酷くならないよう日々注視することを第一に考えなければ…。




ラテ飼育格闘日記(690)

相変わらず劇寒の朝夕の散歩は欠かせないのでオトーサンは完全防寒対策をして出かけるが、それだけに室内も劇寒の外も一張羅の毛皮だけのラテは大丈夫か…などと気になってしまう。しかしお陰様でラテは散歩に出るのを楽しみにしているし寒そうな素振りは微塵も見せない。


特に朝の散歩は早い時刻に出ることが多いので寒さはひとしおだ。ただしオトーサンは頭にはキャップを被り耳当て、そしてネックウォーマーと手袋は欠かせない。しかし手袋はラテの排泄の始末やら細かなことをしなければならないからと指だけ出ているタイプのものを使っている。

Latte690_01.jpg

※ラテは劇寒もなんのその!


そして小型USB充電型アンカをダウンジャケットのポケットに入れておく。指が出ているだけに劇寒の日はリードを持つ指が痛くなり、次第に感覚が無くなっていく…。それをアンカで温めながら歩くわけだがオトーサンの一番の武器は何度もご紹介している通り、ヒートベストとヒートパンツ(ズボン)である。

Latte690_03.jpg

※白梅が綺麗


ヒートベストは一般のモバイルバッテリーを使うがパンツの方は専用のバッテリーなので双方ともにフル充電を忘れないようにしなければならない。
ヒートベストは今年新たに購入した製品で、首の後ろ回りも温めてくれるタイプのものだが実に具合がよい。シャツの上にこのヒートベストを着てネックウォーマーをした上でダウンジャケットを着る。これで体の背中や腰と腹回りはもとより、首もネックウォーマーのおかげでヒートベストの熱が逃げずに常に首周りも温かい。

Latte690_05.jpg

※大好きなご近所のオカーサンにペロリ


したがって劇寒の中でも足腰などが寒いということはないが、両手指と顔は冷気に触れているだけに寒い…。
それなら寒さの中でも散歩も苦にならないだろうと言われるかも知れないが、そうは問屋が卸さない(笑)。散歩といっても静かにもくもくと歩くだけではないからだ。リードを引かなければならないことも頻繁だしオヤツの催促ならまだしも水を飲ませたり、排泄の後始末をしなければならない。

Latte690_02.jpg

※さて、いざ出陣


とくにこの季節は水飲みが辛い…。水は春夏秋冬冷蔵庫に入れてあるものを専用のペットボトルに移し替えて散歩用バッグに入れる。理屈は真冬に冷蔵庫の水は必要ないかも知れないが、浄水器を通して溜めてあるこの水は人間ならずともラテも美味しいと感じるようで、水道水そのままの水より好んで飲むからだ。

ものの本に寄れば冷たい水は胃腸に良くないとも言われるようだがラテはたまたま冷たい水を好んだためにそれが現在でも続いている。無論夏場は冷やした水でなければ飲まない(笑)。
ともあれこの劇寒の中、散歩中にオトーサンの足をマズルでツンツンするから振り向くと自分の口元を舐めているときは「水が飲みたい」という意思表示なのだ。

Latte690_04.jpg

※劇寒の中、ラテに水を飲ますのはなかなか辛い…


オトーサンは安全な場所を見極め、バッグからボトルを取りだしカップ兼用の蓋を取り外し、そこに水を満たしてラテの鼻先に差し出すということになる。どうという事ではないはずだが、この季節だけは結構辛い作業になる。
なぜならボトル自体が冷えているだけでなく外はマイナスの気温の中、指が出ている左手でボトルを保持して右手でカップ型の容器を持つわけだが、ラテは容赦なく水を飲みながらオトーサンの手に水を跳ね飛ばす。

問題は十数秒で飲み終えるのならまだしも、ラテが満足するまで飲ませようとすると結構な時間が掛かるのだ。十数秒ペチャペチャやっては小休止…。ただし飲み終えたわけではなく小休止である(笑)。万一ここでボトルをしまい込むとまた足をツンツンとくる。
よい季節ならゆっくりと思い通りに飲ませてやりたいが、くどいようだが外気温はマイナス。その中に冷たい水の容器を保持するだけでなく手に冷水をかけられるのだからこれは辛い。

Latte690_06.jpg

※子供には寛容なラテだが、しつこいと「お手っ!」も無視(笑)


ただしそれを我慢しつつラテが満足すれば、カップを持っているオトーサンの指を最後にペロリとやってくれる。これは多分に「サンキュー」の意思表示だと思っているが、ここでやっとボトルをバッグにしまうことになる。一二度時間を計ってみたが5分は過ぎていた。
それもこの時期、空気が乾燥しているからか小一時間の散歩中に二度も水を要求されるときもあり、とぼけようかとも思いつつも仕方なくオトーサンは腰を屈める毎日なのでした。




ラテ飼育格闘日記(689)

ラテの体毛がかなり伸びたので美容室へ連れて行った。ここではシャンプーやカットと共に爪切り・肛門腺絞り・耳掃除・歯磨き(奥歯は除く)などをやってもらえるのでラテを飼い始めた当初から利用させてもらっている。しかしラテはどうやら動物病院よりこの美容室の方が嫌い…怖いらしく店に入ると震えている。


震えるだけならまだしも、時に怖いからか受付をしている時にオシッコをしてしまうことがあるから店はすぐ近くとはいえダイレクトに行かず少し早めに出て排泄させてから店に行くという手間の掛かることをやっている…。
ともかく震えるラテのリードを後ろ髪を引かれる思いでお店の担当者に預けてから約2時間半、オトーサンの携帯電話が鳴った。処置が済んだという連絡を受け、すぐに向かえに行くことにする。

Latte689_01.jpg

※お陰様で元気です


毎度のことだが、料金を払った後にラテが奥から出てくるときの表情は楽しみである。あれほど震えていたラテが安心し、オトーサンの姿を確認したときの顔は独特のものだ。
今回もメチャ輝いた顔で出てきた!
そして毎回そうだが、近隣を一巡りし、途中で水を飲ましてから自宅へと戻った。

Latte689_04.jpg

※美容室の奥から出てきたラテの表情が何ともいえない!


そういえばラテの尿漏れは程度はともかく続いている。日中はまず漏らすことはないが朝起きると寝床のシートの一部分が汚れているといった感じである。
ちなみに寝る場所はオトーサンたちと同じ和室なので一番困るのは畳に粗相されることである。それを防ぐためにラテが横になる場所には “ペットシーツ超厚型ダブルワイド” という大型のシートを敷き、同じ物をラテの専用ベッドのふかふかシートの下にも敷いてある。

Latte689_03.jpg

※オトーサンへアイコンタクト


後はラテがオトーサンたちの寝具や畳に粗相しないようにと寝具の片付けが一段落するとラテを寝室に入れないなどという配慮をすることで何とか問題解決を図ろうと考えている。
まあまあシート上はもとよりフローリングなら多少漏らされても掃除が楽だから良い。しかし畳だけは注視しないとならない…。

ともあれいくつか健康面で問題がないわけではないが、ありがたいことに日日歩くスピードは遅くなったものの散歩の意欲も好奇心も衰えていないようだし、視力や聴力にも問題はなさそうだ。
とはいえこの6月になればラテも満14歳。オトーサンの頭には「老老介護」という語が浮かぶ(笑)。

Latte689_05.jpg

※美容室で綺麗にして貰ったナイスバディ!500g減量していた


散歩で行き交うワンコたちを見ても若いワンコはともかく10歳を過ぎるといろいろなトラブルを抱えているようだ。
白内障で視力に難が出たり、心臓疾患で病院通いしているワンコもいるしよろよろと歩くのもおぼつかないワンコも多々見かける。

Latte689_06.jpg

※朝の散歩で登校途中の小学生に出会う。皆素敵な笑顔で挨拶してくれる


中には飼い主さんが吊り上げるような補助具を使って何とか散歩しているワンコも見かけるが、人間同様老いは足腰が弱ると加速するように思われるから足腰は要注意だ。
ラテがこれからどのような老後を向かえることになるかは知る由もないが、オトーサンたち共々これまで通り…とはいかないだろう。しかし家族として、人生ならびに犬生を共に楽しもうと考えているのだが…。




ラテ飼育格闘日記(688)

言いたくは無いけれど…寒い。オトーサンは若い時には足が火照るので寝るときも素足を布団の外に出して寝てた。それがいまではアンカを使っている(笑)。ことほど然様にオトーサンは自分の老いを日日自覚しているが物言わぬラテにもそんな感覚はあるのだろうか…。


今年に入って…この1ヵ月の間、ラテの様子がこれまでとはかなり違ってきていることを感じる。それはやはり老いに関係するのではないかとも思うのだ。
ひとつにはオシッコを我慢できる時間が短くなった。ものの本に寄ればワンコは半日程度は十分にオシッコを我慢できるとあるし事実ラテもペットホテルに預けた際にほぼ24時間排泄をしなかった。それは例えば朝の散歩で排泄すれば夕方の散歩まで楽勝で待てることを意味するし、寝る前に排泄させれば翌朝の散歩まで我慢することができるわけだ。

Latte688_01.jpg

※寒いのへいちゃら!


そして事実ラテもこれまで難なくそうして生活してきた。ラテの寝る場所はオトーサンたちと同じ寝室だが、そこにオシッコシートなど敷かなくてもよかったし使うこともなかった。しかし最近は些か様子が違ってきた。
オトーサンは夕方の散歩とは別に就寝時間の前にラテを外に連れ出して排泄させるように習慣づけてきた。些かオトーサンにとっては面倒だしこうした冬場などでは辛いものの翌朝の散歩までラテが膀胱炎などになるような我慢をさせないようにとの配慮だ。

Latte688_03.jpg

※ラテに新しいベッドを買いました


そしてそれは功を奏したのかこれまで何の問題もなかったが、ごく最近になって時に朝起きると寝床が濡れていることがあった。明らかにオシッコをしたに違いない。膀胱を空にするような大量のケースはあまりないもののいわゆる尿漏れみたいだが粗相は粗相だ…。
とはいえ叱って済むことではないし多分に加齢によるものだということは推測できる。オトーサンだって若い時と比べれば催す時間が短くなっていることは自覚している(笑)。

先日など朝5時半頃にオトーサンの座っている椅子に手をかけて気を引こうとする。これは明らかに外に行きたいというサインだ。昔ならともかく、そのまま無視し続ければ室内で粗相をしかねないからと仕方なくオトーサンは支度して連れ出した。
無論まだ日の出前だから真っ暗で外灯の明かりと懐中電灯が頼りだが、案の定外に出ると即座に排泄を始めた。

Latte688_02.jpg

※日の出前なのでまだ真っ暗だ!


こんな極端に朝早いとこのまま夕方まで持つわけもないから結局日中のどこかでまた一度出かける必要があるし、出かければかならず戻った際に四つ脚の掃除が必要だから面倒だし時間が取られる。

気を引く…といえば、何度も書いているがラテはそもそも飼い主にさえベタベタするワンコではない。特にオトーサンに対しては冷たいのではと思うほど距離を置いている。散歩に出て、好きな方に出会えば尻尾を振り口元を舐め、お尻をぶつけて親愛の情を表すがオトーサンに対してはそうした行為にでることはまずない。
半日外出して帰宅しても喜んで迎えに出ることもないし、こちらに顔を向けることなくお尻を向けたままだ(笑)。

Latte688_06.jpg

※公園で大好きなAちゃんと


そんなだったラテが最近では些か態度に変化が出てきたようなのだ。
日常、女房が仕事で外出しているときオトーサンは仕事場にそしてラテは三箇所ばかりあるお気に入りの場所で寝ているのが普通だった。そのお気に入りの場所とは和室の寝床、女房の部屋、そしてリビングの一郭といった具合だ。無論オトーサンのいる部屋に来ることは滅多になかったが、ここのところその頻度が多くなってきた…。

Latte688_05.jpg

Latte688_04.jpg

※オトーサンが座っている椅子の脇に陣取ることが多くなった…

この原稿を書いている数日は日中ほとんどオトーサンの椅子の足元に転がって寝ている。どのような心境の変化かは分からないがやはり歳を取りあらゆる面で自信が薄くなり飼い主を頼ろうとする気持ちが強くなってきたのだろうか。
そのこと自体オトーサンは嬉しいものの、椅子を不用意に動かすとキャスターでラテの尻尾などを引きそうで怖いし、椅子に限りなく近く横になったは良いがオナラが臭い(笑)。

オトーサンはある意味、日日自分の老いを自覚せざるを得ないが、ラテはどのような気持ちなのだろうかと考えると愛おしくてならない。
後どれほど元気に一緒にいられるか、こればかりは神のみぞ知ることなのだろうが毎日を何とか楽しく過ごせる算段をしたいものだ。




広告
ブログ内検索
Related websites
Macの達人 無料公開
[小説]未来を垣間見た男 - スティーブ・ジョブズ公開
オリジナル時代小説「首巻き春貞」一巻から外伝まで全完公開
ラテ飼育格闘日記
最新記事
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

appletechlab

Author:appletechlab

主宰は松田純一。1989年Macのソフトウェア開発専門のコーシングラフィックシステムズ社設立、代表取締役就任 (2003年解散)。1999年Apple WWDC(世界開発者会議)で日本のデベロッパー初のApple Design Award/Best Apple Technology Adoption (最優秀技術賞) 受賞。

2000年2月第10回MACWORLD EXPO/TOKYOにおいて長年業界に対する貢献度を高く評価され、主催者からMac Fan MVP’99特別賞を授与される。著書多数。音楽、美術、写真、読書を好み、Macと愛犬三昧の毎日。マネキン造形研究中。2017年6月3日、時代小説「首巻き春貞 - 小石川養生所始末」を上梓(電子出版)。続けて2017年7月1日「小説・未来を垣間見た男 スティーブ・ジョブズ」を電子書籍で公開。
2018年春から3Dプリンターを複数台活用中。ゆうMUG会員