ラテ飼育格闘日記(715)

やっと、やっと梅雨が明けた…。しかしそれは本格的な夏になったことになるわけで日中の最高気温も早くも34℃にもなっている。雨もワンコの散歩には大きな支障となるが、暑さもワンコにとっては命取りになりかねないので注意が必要となる。


この時期、オトーサンは非接触温度計をラテとの散歩時に持ち歩く…。それは路面の温度を数メートル前から測り、極端に温度が高い場所の通過は避けるためだ。

Latte715_01.jpg

※暑いのが苦手なラテだからして、特に夕刻の散歩を嫌がるときが出てきた ^^;


日中直射日光に照らされ続けたアスファルトなどの路面は想像以上に高温になる。実際梅雨明けしたと思ったら散歩ルートの一部は午後5時近くになっても44℃を越えている…。それでなくても足が悪く足早に歩けないラテなどが通れば時に肉球を傷つけるだけでなく熱中症になってしまう。

Latte715_03.jpg

※この時期、ラテとの夕方の散歩時には非接触温度計は欠かせない


よく言われるとおり、我々成人はそれなりの身長があるし路面からお腹も頭も離れている。そしてなによりも我々は汗をかくことで体温調節が図れている。それは人間は代謝によって熱を生み出しており、たとえ気温が人体の快適な温度を上回ったとしても、代謝による熱は生まれ続ける。しかし余剰な熱は人体から放出する必要があり、人間は汗をかき、皮膚表面から汗を蒸発させることで、気化熱によって体温を下げている。
が、ワンコの場合は肉球の一部程度しか汗をかけないからこの体温調節ができにくい。長い舌をだらりと出してハアハアしているのも体温を下げようとする働きだというが効率は悪い。
その上にお腹と路面との距離も…犬種でも違うもののかなり近い。

Latte715_02.jpg

※右後ろ足の具合が悪いからか、変な座り方だ(笑)


その上、ラテのようなワンコは長毛だから、言ってみればオトーサンが気温34℃の真夏の屋外でダウンジャケットを着て四つん這いになって歩いているといった感じなのだから、気温の高さとそれによる路面の温度が高いことは熱中症はもとより命取りとなる。

またこうした危険性は屋外だけのものではないという。真夏の時期、室内でもエアコンは欠かせないがそもそもワンコの快適室内温度は22℃程度らしい。とはいえ日常我々がエアコンの設定温度にしているのはこれほど低くはないのが普通だろう。

Latte715_05.jpg

※大好きなご近所のオカーサンと。出会えた後は心なしか足取りもスムーズだ!


ましてやオトーサンのように狭い部屋でエアコンをかけていると自分の感覚で「冷えすぎたから消そう」ということもあるはずだ…。しかしそれが過ぎるとワンコにとっては過酷な環境となる。

また温度だけでなく湿度が高すぎるのも熱中症の原因になり得るとどこかで聞いたことがある。したがって湿度も50~60%をキープするよう心がけたいがそもそも冷房をONにすると乾燥するわけでエアコンはワンコにとってこの時期必須のアイテムだということだが、飼い主としては電気代が心配だ(笑)。

Latte715_04.jpg

※近所に買い物へと出かける際に珍しく追ってきた(笑)


さて、我が家のラテだが足が悪いこともあるが暑いのもやはり嫌いだ…。想像するに散歩に出たとしても排泄はともかく、好きな場所を駆けずり回ることもできないからエアコンの効いた室内にいた方がラクチンだということを熟知しているようで、散歩に出かける支度をして誘っても一向に腰を上げないことがある。
問題は排泄だが、そうした場合はいつでも出られるようにして様子を見ることにするが、時間が経てば必ず外に出たくなると思うのでそのタイミングを図っりながら注視している。
まことに手のかかる娘である…。






ラテ飼育格闘日記(714)

雨が続く…。本来なら梅雨明けになってもよい時期だと思うが、まあまあよく振ること振ること。それも特に西日本では大きな災害となっているわけで被害に遭われた方々には心よりお見舞い申し上げます…。一日も早く梅雨が明けて欲しい。


とはいっても梅雨が明ければきっと猛暑が続いたりするのだろうし、やはり確実に地球温暖化の影響が顕著に表れているのだと思う。

Latte714_01.jpg

※最近は介護モードが多くなり、散歩もなかなか大変


この日記を書き出したのは7月27日だが、その日の夕刻になんと虫の音が聞こえた!
そういえば今年はまだ蝉の抜け殻を見ていないし泣き声も聞いていない。猛暑も嫌だがまさかこのまま冷夏となれば作物などにも多大な損害を与えるわけだし困ったものだ。

困った…といえばやはりラテの足のことだ。幸い問題となった右後ろ足はあまり力は入らないものの地に足を付けて歩けるようになった。
ラテも人間の年齢にすればオトーサンと同じか一歳か二歳年上という勘定になるので無理も出来ないことは承知しているがとにかく歩くのが遅くて困る(笑)。

Latte714_03.jpg

※5人のお嬢さんたちに会えて幸せ…


天気の良い日はどうということもないが雨の日はゆっくりと歩けばそれだけ濡れるわけだから一分でも早く帰りたいオトーサンなのだ。しかしラテも雨が嫌いなものの、若い時のように急がせたからといって小走りに歩いてくれることはなくなった。これでも一生懸命歩いているのだろうとは思うものの急ぐときや雨の日は困ってしまう。
それに青の時間が短い信号の横断歩道を渡るときなど、間に合わなくなるので危ないのだ。

では絶対的に速めに歩けないかといえばそうでもなさそうだから腹が立つ(笑)。確かに問題の右後ろ足はともかく全体に足腰は弱っており、歩き方も確かにぎこちない。しかしラテが目の敵にするワンコを発見したり、前方に大好きなお子さんらを認めたときには小走りに近づくことがあるからだ。
「なんだ、少しは早く歩けるならオトーサンにも協力しろよ」と思うものの、体力だけでなく気力の問題でもあるようで肝心なときにはただの重い荷物と化す。

Latte714_02.jpg

※魅惑的なラテのウォーキング時のオシリ(笑)。問題の足も地に付けて歩いていたが…


歳を取ると何に対しても面倒になる…というのはオトーサン自身も実感しているから分からないでもないが、ラテにはまだまだ元気にそして好奇心満々のワンコでいて欲しい。
しかし思い過ごしかも知れないが少しずつ、ラテの行動も変わっているように思う。なかなかオトーサンの言うことを聞かないのは同じだが(笑)、まずは未知の大人を前にしても吠えなくなってきた。以前は100%といってよいほど吠えたものだが最近は吠えたとしても最初の一二回で、オトーサンがその方と立ち話でもすれば大人しくなる。

Latte714_04.jpg

※小雨の中の散歩を終え大あくび


また毎日一度は要求していた室内でのボール遊びも要求がない日が出てきた。足腰や気力も含めてやる気が起きないのかとオトーサンは心配しているし、数日前これまでにはなかったことだが別室で寝ていたラテが「ワンッ」とどこか甘えたような声を上げた。
何ごとかと思って部屋を覗くとこちらを笑顔で見ている。「よしよし」と頭を撫でてまたオトーサンは仕事部屋に行くと暫くして同じく「ワンッ」と吠える。

どこか悪いのかと心配して駆けつけるがやはり笑顔だ。どうやら滅多にないことだがオトーサンを呼んでいるのだろうか。寂しければこちらに来れば良いのにとも思うが、オトーサンを呼びつける…。ラテはそこがなかなか難しいワンコなのである(笑)。

Latte714_06.jpg

※嗚呼、問題が再発したようで右後ろ足を上げるようになった


しかしやはり悪い感は当たった…。立ち上がったラテを見てみると体が揺れている。ふと問題の右後ろ足を確認したら何と上がっているではないか。オトーサンはもう泣きそうである。




ラテ飼育格闘日記(713)

はっきりしない天気が続くが、日が出ればさすが7月も後半だからか気温は32℃にもなる。雨も嫌だが暑いのも嫌では散歩にならないが、これはオトーサンだけでなくラテの本音でもある。


ここのところTwitterのタイムラインには犬猫の投稿が目立つようになってきた。子犬や子猫はその存在だけで頬が緩むが、様々な芸をするワンコ、特別な行動をするワンコ、あるいは飼い主との絶妙な仲をアピールするワンコなどなど思わず見とれてしまう写真や動画が多い。

Latte713_01.jpg

※果たしてラテはオトーサンをどう思っているのだろうか(笑


しかしふと気がつくと、それらのワンコとラテを心のどこかで比べている自分がいることに気がつく。ラテに限らずワンコも一匹一匹オンリーワンの存在だとは理屈で分かっているつもりだが「ラテはあのような行動はしない」とか「いいなあ…」などと思っているオトーサンがいる。

Latte713_03.jpg

※雨だから散歩に出たくない!と踏ん張る


飼い主の帰宅を玄関で待ち、ドアが開くと飛びつくようにして全身で喜びを表すワンコ。飼い主がベッドで寝ているとその隙間に大きな体を埋めるように抱きつくワンコ。実に羨ましい…。
ラテは子犬時代の最初期は愛想もよくオトーサンが外出のために玄関に向かうと心配そうについてきたし、戻ってドアを上げれば強烈な歓迎はしないまでも玄関まで出てきてきてアイコンタクトしてくれた。

当初オトーサンは分離不安とならないよう、飼育ガイドブックに載っていたやり方で玄関のドアを開けて外に出るもすぐに戻ることを何度も繰り返し、次に30秒ほど経ってから戻る…1分経って…ということで次第に外にいる時間を延ばしていきつつ、オトーサンは必ず帰ってくるから心配するなという事を教えたつもりである。

Latte713_05.jpg

※一時動かなかった右後ろ足もなんとか地に付けて歩いている


それが生きたかどうか、いまでは「ラテ出かけてくるからね」と声をかけて玄関に向かうもラテは寝たまま頭も上げず尻尾も振らない(笑)。その後5, 6時間経って戻りドアを開けても床に寝そべったラテはそのままで動かない。
まあ、分離不安で留守中に暴れ回ってあちこちに害を及ぼすことを考えれば良いのだろうが、飼い主としては些か物足りないのも事実…。

コンビニへ10数分行って来ただけならまだしも朝出て夕方に戻ったときくらい、お帰りなさいの歓迎をしてもらいたいものだがラテはどこ吹く風だ…。
しかし女房が仕事から戻った時には反応は違い、のっそりと起き上がって玄関まで行き、女房の口元を舐めたりするわけだが、この違いは一体何なんなのだろうか(笑)。

Latte713_04.jpg

※何だかんだと言っても寝顔は可愛い(笑


顔を舐めるといえば、ラテがオトーサンの顔をメチャメチャ舐めたのは里親会で初めて会ったときだ。それ以降はオトーサンに対して態度が実に硬い。
公園に行き、馴染みの子供やそのオカーサンだけでなくご主人に対してもラテは信頼しているのか正面に腰を落としてくださったときには喜んで口元を舐めにいく。

Latte713_02.jpg

※大好きなご近所のオカーサンと


しかるになぜオトーサンには同じように接してくれないのか…。
恩に着せる訳ではないが、朝晩の食事の世話から散歩やその後のケアまで基本はオトーサンの担当だ。これを13年半も続けてきたというのに外で近所の子供たちには進んで顔を舐めにいくのにオトーサンが顔を近づけると「ぷいっ」と横を向いてしまうラテ。
もう少し感謝の気持ちでオトーサンに接して貰いたいと思うわけだが、贅沢な悩みだろうか…。





ラテ飼育格闘日記(712)

雨が多く蒸し暑い日が続く。お陰様でラテの右後ろ足は完全に元には戻っていないものの、地に足を付けて歩いている。なんとかこれ以上悪くならなければよいとオトーサンは願うばかりだが、ラテは雨降りでなければ喜んで散歩に出る。


さて、ここの所の問題はラテが食事を喉に詰まらせたことだ。結果的に問題なかったものの一時はオトーサンたちも狼狽えたほどだったし、後でネットなどで調べて見るとこうしたことで命を失っているワンコたちも多い事を知りあらためて背筋が寒くなった。

Latte712_01.jpg

※反対の歩道を歩くワンコに熱い視線を送る


一番の問題は食べ物で咽せる…ということはままあるからして窒息するに至る事故もいつでも起こり得るということだ。これまでたまたま無事だっただけで次の食事の際にはもしかしたら命取りになるかも知れない。
いや、大げさだと笑う人はお笑いになっても結構だが、実際に苦しむ愛犬の姿は二度と見たくないし、もしそれを防ぐ手立てがあるなら飼い主の責任において考えるべきことだと思う。

Latte712_03.jpg

※早食い防止容器で餌を食べる


ということで先週から早食い防止の食器で食事を出すようにした。
食べる時間を計ってみると、これまで普通の容器の場合は約30秒ほどで完食していたものが、早食い防止食器だと5分程度かかる。無論それはラテにとってはかなり食べづらいからだと思うし、結果マズルや舌が届きにくい隅などにドッグフードが数粒残っていることもある。

Latte712_02.jpg

※問題の右後ろ足でなんとか階段も登れるように…


それは後で食べやすい位置に移動してやればまたのこのこやってきて綺麗にしていく。
とはいえ一週間ほどでラテもコツを掴んだようで、容器の向こう側を食べる時には回り込んで食べたりと工夫しているのは面白い。
そして肝心なことだがまだ一週間程度と短い時間ではあるがその間、ラテが食事で少しでも咽せる気配を見せたことはなかった。

Latte712_05.jpg

※大好きなAちゃんを目の前にして顔舐め体勢に入るラテ(笑)


正直、オトーサンとしても意地悪しているようで心苦しいものがあるがラテの命には替えられない。多少食べづらくても安全安心に食べることができるのが特に老犬のラテにとっては重要な事だと信じてこのまま続けたいと考えている。
ただしこの早食い防止の食器だが、ふとラテが食べているのを見ていて気がついたのだが、これまでドッグフードなどを均等に配置してきたが、工夫の余地があるかも知れない…。

Latte712_04.jpg

※早食い防止容器はサイズが大きいのでこんな感じでフードを盛るのもありかも…


容器の直径(内径)は約165mmある。その全体に僅かな量の餌を撒けばイソップ童話集の「きつねとつる」ではないが平たい皿に乗ったスープを長いクチバシのつるが飲めなかったと同種の食べにくさとなる。無論それはわざとそう設計されているからこそ早食い防止になるわけだが、餌の量によっては容器の半分ほどの面積に積んでも喉に詰まらせるほどの量にはならないようなので、様子を見ながら工夫してみたいと思っている…。




ラテ飼育格闘日記(711)

なにげない毎日の中で突如大変な事が起こるものらしい。普段は何の問題もないシーンでも時に大きな心配の種が生じる…。実は先週の夕飯時のことだが一時ラテを動物病院へかつぎ込まないとならないかと思った出来事があった。


いつものようにオトーサンはラテの夕食を用意し、ヨーグルトと新鮮な水と共に食事の台に乗せた。無論ラテは事前にそろそろ夕食が出てくることを察して身構えていた。
食事の内容だが、低アレルゲンのドッグフードの上に缶詰の牛肉(勿論ワンコ用)を少量トッピングしたものでチーズを少量乗せるといったものだ。

Latte711_01.jpg

※穏やかな表情のラ


これを当初床に置いていたが、ある程度高さがある台に乗せた方が食べやすいことを知り、専用の台を購入してその上に乗せている。
そのときもいつものように喜んで食器にマズルを突っ込んでいたが突如激しく咳き込み始めた。そもそもワンコは物をよく咀嚼して飲み込むということをやらない。少しは噛むがほとんどはいわゆる鵜呑みのようだ。

Latte711_02.jpg

※いつもの公園で大好きなファミリーのオカーサンやサッカー少年に撫でられてご機嫌なラテ


それにお腹が空いてるとは言え食べるのが実に早い。文字通りあっと言う間に食べ終わるのがいつものことだ。したがって食事だけでは無く水を飲むときも急ぎすぎるのか咳き込むことはままあるが、今回の咳き込み方はいつもとは違って非常に苦しそうだった。
そして一旦胃に入ったものではなく、喉に詰まった餌だろう…を吐きだしていたが気管支にでも入る寸前だったのかゼイゼイと喘いでいる。

実はオトーサンも注意をしているつもりでも、話しながら食べたり、呼吸と食べ物を喉に通すタイミングが合わないと咳き込むことが多くなった。これらの原因の一つはやはり加齢だという。
高齢者は、加齢とともに歯が欠損するし、舌の運動機能が低下、咀嚼能力も低下するだけでなく唾液の分泌も低下、口腔感覚の鈍化、塩味に対する味覚の低下などが生じて、咽頭への食べものの送り込みが遅れるような問題が生じ易くなると言う。
こうした原因で摂食・嚥下(えんげ)機能に影響を及ぼし、誤嚥(ごえん)と呼ぶ食べものの一部あるいは全部が声門以下の気道に流入し、肺炎を起こすことになりやすいと言う。

Latte711_03.jpg

※嫌いなレインコートほ着せられ、ちょっとふて腐れ気味


ある意味ワンコも同じで高齢になればなるほど呑み込み時の事故が多くなるらしい。前記した誤嚥による肺炎も命取りになるが、もっと端的に食べ物が喉に詰まり窒息死するケースも十分あり得ると言い、飼い主がオロオロしている間に3分ほどで窒息死することもあるらしい。

ともあれ、苦しがっているラテをどうにかしてあげなければならない。オトーサンは人間で言うところの肩甲骨の間の少し下あたりをかなり強く掌で叩いた。以前こうしたこともあるかもといくつかネットで知識を得ていたことだが、拳ではなくなるべく手を広げ、叩く面積を広くするのがコツだそうだ。
そんなうろ覚えの知識だったが暫く叩き続けても改善しない…。これは病院へかつぎ込むべきかと一瞬考えたが、苦しがっている19kgほどのラテを抱き上げて運んでいる内に3分や5分は経ってしまうと判断し、背を叩き続けると共に喉を刺激してみた。

すると大きくゲエッと体を揺らして最後の詰まりを吐きだし咳き込みが緩くなった。この間、時間を計ったわけではないが有に3分は経っていたのではないか…。オトーサンにはもっと長く感じたが。
そして少し容器から遠ざけて様子を見ていたが、幸いなことにどうやら喉が通ったようで続けて残りを食べ始めた。ただしオトーサンは心配なので横に付いてまた咳き込まないかを見ていたが今度はスムーズに食べ終えた。

Latte711_05.jpg

※ご機嫌!


「ゆっくり食べろ」と諭すわけにもいかないから、何とか方法を講じようと調べた結果、早食い防止の食器があることを知ったので早速注文した。そうそう高い物ではないが、金のかかる娘であるが(笑)命には替えられない。
後は食器を置く台をいま少し高くし、俯かないようにと工夫したこと。そしてドッグフードをお湯で少しふやけるようにしてから与えることにした。

Latte711_04.jpg

※早食いを防止するための食器


その早食い防止の食器だが、要は一度に多くを食べられないよう食器に突起がついているわけだ。なんだか意地悪しているようで気もひけるがラテの為なのだから仕方がない。
だからといってこれで全面的に安心とは言えないかも知れず、食事の時は注意して見ていることにしたい。
で、この早食い防止の食器、良さそうだが難点は洗うのが少々面倒なのだ(笑)。




広告
ブログ内検索
Macの達人 無料公開
[小説]未来を垣間見た男 - スティーブ・ジョブズ公開
オリジナル時代小説「首巻き春貞」一巻から外伝まで全完無料公開
ラテ飼育格闘日記
最新記事
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

appletechlab

Author:appletechlab

主宰は松田純一。1989年Macのソフトウェア開発専門のコーシングラフィックシステムズ社設立、代表取締役就任 (2003年解散)。1999年Apple WWDC(世界開発者会議)で日本のデベロッパー初のApple Design Award/Best Apple Technology Adoption (最優秀技術賞) 受賞。

2000年2月第10回MACWORLD EXPO/TOKYOにおいて長年業界に対する貢献度を高く評価され、主催者からMac Fan MVP’99特別賞を授与される。著書多数。音楽、美術、写真、読書を好み、Macと愛犬三昧の毎日。マネキン造形研究中。2017年6月3日、時代小説「首巻き春貞 - 小石川養生所始末」を上梓(電子出版)。続けて2017年7月1日「小説・未来を垣間見た男 スティーブ・ジョブズ」を電子書籍で公開。
2018年春から3Dプリンターを複数台活用中。ゆうMUG会員