ラテ飼育格闘日記(712)

雨が多く蒸し暑い日が続く。お陰様でラテの右後ろ足は完全に元には戻っていないものの、地に足を付けて歩いている。なんとかこれ以上悪くならなければよいとオトーサンは願うばかりだが、ラテは雨降りでなければ喜んで散歩に出る。


さて、ここの所の問題はラテが食事を喉に詰まらせたことだ。結果的に問題なかったものの一時はオトーサンたちも狼狽えたほどだったし、後でネットなどで調べて見るとこうしたことで命を失っているワンコたちも多い事を知りあらためて背筋が寒くなった。

Latte712_01.jpg

※反対の歩道を歩くワンコに熱い視線を送る


一番の問題は食べ物で咽せる…ということはままあるからして窒息するに至る事故もいつでも起こり得るということだ。これまでたまたま無事だっただけで次の食事の際にはもしかしたら命取りになるかも知れない。
いや、大げさだと笑う人はお笑いになっても結構だが、実際に苦しむ愛犬の姿は二度と見たくないし、もしそれを防ぐ手立てがあるなら飼い主の責任において考えるべきことだと思う。

Latte712_03.jpg

※早食い防止容器で餌を食べる


ということで先週から早食い防止の食器で食事を出すようにした。
食べる時間を計ってみると、これまで普通の容器の場合は約30秒ほどで完食していたものが、早食い防止食器だと5分程度かかる。無論それはラテにとってはかなり食べづらいからだと思うし、結果マズルや舌が届きにくい隅などにドッグフードが数粒残っていることもある。

Latte712_02.jpg

※問題の右後ろ足でなんとか階段も登れるように…


それは後で食べやすい位置に移動してやればまたのこのこやってきて綺麗にしていく。
とはいえ一週間ほどでラテもコツを掴んだようで、容器の向こう側を食べる時には回り込んで食べたりと工夫しているのは面白い。
そして肝心なことだがまだ一週間程度と短い時間ではあるがその間、ラテが食事で少しでも咽せる気配を見せたことはなかった。

Latte712_05.jpg

※大好きなAちゃんを目の前にして顔舐め体勢に入るラテ(笑)


正直、オトーサンとしても意地悪しているようで心苦しいものがあるがラテの命には替えられない。多少食べづらくても安全安心に食べることができるのが特に老犬のラテにとっては重要な事だと信じてこのまま続けたいと考えている。
ただしこの早食い防止の食器だが、ふとラテが食べているのを見ていて気がついたのだが、これまでドッグフードなどを均等に配置してきたが、工夫の余地があるかも知れない…。

Latte712_04.jpg

※早食い防止容器はサイズが大きいのでこんな感じでフードを盛るのもありかも…


容器の直径(内径)は約165mmある。その全体に僅かな量の餌を撒けばイソップ童話集の「きつねとつる」ではないが平たい皿に乗ったスープを長いクチバシのつるが飲めなかったと同種の食べにくさとなる。無論それはわざとそう設計されているからこそ早食い防止になるわけだが、餌の量によっては容器の半分ほどの面積に積んでも喉に詰まらせるほどの量にはならないようなので、様子を見ながら工夫してみたいと思っている…。




ラテ飼育格闘日記(711)

なにげない毎日の中で突如大変な事が起こるものらしい。普段は何の問題もないシーンでも時に大きな心配の種が生じる…。実は先週の夕飯時のことだが一時ラテを動物病院へかつぎ込まないとならないかと思った出来事があった。


いつものようにオトーサンはラテの夕食を用意し、ヨーグルトと新鮮な水と共に食事の台に乗せた。無論ラテは事前にそろそろ夕食が出てくることを察して身構えていた。
食事の内容だが、低アレルゲンのドッグフードの上に缶詰の牛肉(勿論ワンコ用)を少量トッピングしたものでチーズを少量乗せるといったものだ。

Latte711_01.jpg

※穏やかな表情のラ


これを当初床に置いていたが、ある程度高さがある台に乗せた方が食べやすいことを知り、専用の台を購入してその上に乗せている。
そのときもいつものように喜んで食器にマズルを突っ込んでいたが突如激しく咳き込み始めた。そもそもワンコは物をよく咀嚼して飲み込むということをやらない。少しは噛むがほとんどはいわゆる鵜呑みのようだ。

Latte711_02.jpg

※いつもの公園で大好きなファミリーのオカーサンやサッカー少年に撫でられてご機嫌なラテ


それにお腹が空いてるとは言え食べるのが実に早い。文字通りあっと言う間に食べ終わるのがいつものことだ。したがって食事だけでは無く水を飲むときも急ぎすぎるのか咳き込むことはままあるが、今回の咳き込み方はいつもとは違って非常に苦しそうだった。
そして一旦胃に入ったものではなく、喉に詰まった餌だろう…を吐きだしていたが気管支にでも入る寸前だったのかゼイゼイと喘いでいる。

実はオトーサンも注意をしているつもりでも、話しながら食べたり、呼吸と食べ物を喉に通すタイミングが合わないと咳き込むことが多くなった。これらの原因の一つはやはり加齢だという。
高齢者は、加齢とともに歯が欠損するし、舌の運動機能が低下、咀嚼能力も低下するだけでなく唾液の分泌も低下、口腔感覚の鈍化、塩味に対する味覚の低下などが生じて、咽頭への食べものの送り込みが遅れるような問題が生じ易くなると言う。
こうした原因で摂食・嚥下(えんげ)機能に影響を及ぼし、誤嚥(ごえん)と呼ぶ食べものの一部あるいは全部が声門以下の気道に流入し、肺炎を起こすことになりやすいと言う。

Latte711_03.jpg

※嫌いなレインコートほ着せられ、ちょっとふて腐れ気味


ある意味ワンコも同じで高齢になればなるほど呑み込み時の事故が多くなるらしい。前記した誤嚥による肺炎も命取りになるが、もっと端的に食べ物が喉に詰まり窒息死するケースも十分あり得ると言い、飼い主がオロオロしている間に3分ほどで窒息死することもあるらしい。

ともあれ、苦しがっているラテをどうにかしてあげなければならない。オトーサンは人間で言うところの肩甲骨の間の少し下あたりをかなり強く掌で叩いた。以前こうしたこともあるかもといくつかネットで知識を得ていたことだが、拳ではなくなるべく手を広げ、叩く面積を広くするのがコツだそうだ。
そんなうろ覚えの知識だったが暫く叩き続けても改善しない…。これは病院へかつぎ込むべきかと一瞬考えたが、苦しがっている19kgほどのラテを抱き上げて運んでいる内に3分や5分は経ってしまうと判断し、背を叩き続けると共に喉を刺激してみた。

すると大きくゲエッと体を揺らして最後の詰まりを吐きだし咳き込みが緩くなった。この間、時間を計ったわけではないが有に3分は経っていたのではないか…。オトーサンにはもっと長く感じたが。
そして少し容器から遠ざけて様子を見ていたが、幸いなことにどうやら喉が通ったようで続けて残りを食べ始めた。ただしオトーサンは心配なので横に付いてまた咳き込まないかを見ていたが今度はスムーズに食べ終えた。

Latte711_05.jpg

※ご機嫌!


「ゆっくり食べろ」と諭すわけにもいかないから、何とか方法を講じようと調べた結果、早食い防止の食器があることを知ったので早速注文した。そうそう高い物ではないが、金のかかる娘であるが(笑)命には替えられない。
後は食器を置く台をいま少し高くし、俯かないようにと工夫したこと。そしてドッグフードをお湯で少しふやけるようにしてから与えることにした。

Latte711_04.jpg

※早食いを防止するための食器


その早食い防止の食器だが、要は一度に多くを食べられないよう食器に突起がついているわけだ。なんだか意地悪しているようで気もひけるがラテの為なのだから仕方がない。
だからといってこれで全面的に安心とは言えないかも知れず、食事の時は注意して見ていることにしたい。
で、この早食い防止の食器、良さそうだが難点は洗うのが少々面倒なのだ(笑)。




ラテ飼育格闘日記(710)

ぐずついた天気が続いているが、お陰様でラテは何とか四つ脚で歩いている。ただし散歩に出ても嬉々として歩くことは歩くが、長距離となる道へは足を向けない。やはり長い時間の散歩は辛いのかも知れないが歩けるだけでオトーサンは嬉しい。


その散歩は近所を回ることになる。しかし少しでも変化をつけてやろうと歩く道を変えたりしているが時には短い階段を上り下りもするし坂道もある。ラテは多少体を揺らしながらも四つ脚で機嫌良く歩いてくれるが、一時休憩も多い(笑)。

Latte710_01.jpg

※機嫌の良いときの表情は可愛い(笑)


しかしアイコンタクトしてくれるその表情は何とも可愛い…。
この調子で過ごしたいものだが、オトーサン自身も足の膝を痛めたり腰を痛めたりしながらの散歩なので時に辛いが、ラテの嬉しそうな表情を見ていると文字通り癒やされる思いだ。

Latte710_02.jpg

※調子の良い悪いはあるものの、問題の右後ろ足も地につけて歩いている


そういえば先日柴犬の老犬に久しぶりに出会った。なかなかラテと性に合うワンコが周りにはいないのだが、そのワンコには初対面の時からラテは「クーン」と鼻を鳴らし、マズルを近づけた珍しいワンコなのだ。
そのワンコが体を大きく揺らしながらこちらに歩いてくるのを察知したラテは早くも動かざる事山の如し…で座り込む。相手の飼い主さんも苦笑しながら挨拶させてくださったが、あらためてお聞きしたところ何と19歳だという。

Latte710_03.jpg

※19歳だというワンコと出会った。何とか自力で歩いているのは凄い!


ワンコの19歳といえば、人間の年齢に換算したら間違いなく有に100歳を超えた年齢に違いない。確かに歩き方はかなりおぼつかないものの自分の四つ脚できちんと歩いているのには感動した。
去って行くそのワンコの後ろ姿をしばし眺めていたオトーサンは思わず「ラテ、お前も頑張らないとな」と語りかけていた…。

その散歩、朝は時間帯も早いこともあってほとんど知り合いとは会えないが30分ほどの散歩を心がけている。それでもそのうちの5分10分は座り込んだり腹ばいになったりすることもあるが、排泄はその間に大体済ませてくれるのは有り難い。

夕方の散歩は雨が降らなければ子供たちやラテを可愛がってくださる方がいるかも知れないといつもの公園に足を向けるが、好きな子供さんや大人の方に出会うと現金なもので帰り道の足取りも良く機嫌が良い(笑)。
しかしお目当ての人たちがいないと待てば会えると思うのか、座り込んで待ちの姿勢に入り、少しリードを引いたくらいでは頑として動かない。

Latte710_05.jpg

※お馴染みの大好きなオカーサンに出会った後は機嫌良く帰る(笑)


とはいっても同じ場所で20分も30分も立ちん坊ではオトーサンの足腰が持たないので強引にラテを引き剥がすようにして立ち去るが、公園を出ても後ろ髪を引かれるようにしばしばエンストを起こすのは困りものだ。
それでも弱々しいものの、問題の右後ろ足で踏ん張ろうとする姿にはつい応援したくなる(笑)。

しかしワンコとは不思議なものだ。確かにオトーサンはワンコを飼うことが子供時代からの夢だった。小学校以前にガキ大将らと近所を駆けずり回っていたときには必ず側に数匹のワンコがいた。無論当時の事だから皆飼い犬ではなく野良だったはずだ。
ともあれオトーサンは2006年12月にやっと一匹の雑種犬と暮らすことになったわけだが、当初は大層な目的や目標があったわけでもなく、ただただワンコと暮らす己を夢見ていた感がある。

Latte710_04.jpg

※「ラテ、もう一息頑張ろうぜ!」


それがどうしたことか、可愛がるのは当然としても日増しにラテと名付けたこの生意気な生後六ヶ月のワンコが愛しくて仕方がなくなった。そして毎日をただただ慌ただしく過ごしてた…と思ったらあっと言う間にラテは14歳を向かえていたのだ。
最近はいつも「ラテ…。元気に長生きしてくれよな」と声がけしながら、散歩から戻った足を洗いブラッシングをしているオトーサンなのだ。




ラテ飼育格闘日記(709)

梅雨時だから仕方がないが、雨の日の散歩は憂鬱だ。それに傘を差し、ラテにレインコートを着せて…と天気の日と比べると同じ散歩でも手間が掛かるし体力もいる。暗くなってからは別途懐中電灯も持たなければならないといった大変さがついて回る…。


それに戻ってからも濡れた程度にも寄るが後始末がなかなか大変なのだ。長毛のラテは本格的に濡れると乾かすのに苦労する。シャンプータオルで雨の跡を拭き取り、乾拭きした程度ではさっぱりとしないからどうしてもドライヤーを使わざるを得ない。厄介が続く…。

Latte709_01.jpg

※お陰様で足以外、ラテは元気です


しかし反面、雨とレインコートが嫌いなラテは長居はしないのがオトーサンにとっても救いになっている。普段なら帰りたくないと途中で座り込んだり腹ばいになり、オトーサンが引くリードをものともせず強い抵抗を示すが、雨の日は排泄が済むと自主的にUターンしてスタスタと戻るからだ。

Latte709_02.jpg

※雨とレインコートが嫌いなラテは恨めしそうな顔でオトーサンを見上げる


ただし足を悪くする以前からラテはリードを引いたとしてもオトーサンより前に出て歩くということをしないワンコなので傘で雨をカバーし難いのだ。
ラテが幼犬時代にはオトーサンの保持するリードをぐいぐいと引いて先行することも多かったが、オトーサンはオトーサンの歩みに合わせて横に付いて歩くようにと訓練した。

なかなか大変だったが、盲導犬のようにオトーサンの左右どちらかにぴたりと寄り添って…とまではいかなかったが、オトーサンより先に飛び出て進むことは無くなった。その上に副産物といえばラテに叱られようが、オトーサンの前に出なくなったのは良いが前に出ない…先行しないということはオトーサンの前を横切らないようにもなった。例外は上り階段の時だけ、ラテ自身の足腰の都合なのかオトーサンに先んじて登ることが多いが…。

Latte709_03.jpg

※上り階段は早く登りきりたいようで動きが速くなる


ともあれワンコは…というか、ラテは例えばオトーサンの右側に付いて歩いているとしても左側に気になる植え込みがあったり電信柱があったりすると左側に寄ろうとする。
オトーサンの前を歩いているなら右側に寄って歩いていたとしてもそのまま左に寄り添えばよい理屈だ。まあ、普通はそうなるに違いない。オトーサンの歩みの前を横切って右から左に車線ならぬワン線変換するわけだが、オトーサンより前を歩かなくなったラテは、オトーサンの後ろでワン線転換するようになった(笑)。

Latte709_05.jpg

※大好きな小学女子に過酷な「待て!」を命じられたが、きちんと守った(笑)


これは実にややこしく面倒だ。
なぜなら、普通にオトーサンの前で右から左にあるいは左から右に路線変更するならオトーサンがリードを右手で持っていようと左であろうとそのまま歩き続けるのに支障は無い。しかし後ろを通られると例えばリードを右手で保持している場合なら、リードはオトーサンの右手から後ろに回り、左側に向かう。要はオトーサンがリードを持ち替えるか、くるりと回ってリードを自分の前に戻さないと歩きづらいし危険なのだ。

またラテの頭がオトーサンの足より前に出ないということは体のほとんどがオトーサンの後ろにあることになる。それは普段なら別に問題でもないが雨の日には少々困ったことになる。
なぜならオトーサンはオトーサン自身とラテ両方をカバーしなければならないからと直径が大きめの傘を常用しているが、こうした状況だと体が長いラテの後ろ半身、特に尻尾とお尻は濡れてしまう。

Latte709_04.jpg

※問題の右後ろ足、まだまだ完全では無いがこうして地に足を付けて歩く


それに足が悪い以前に雨の日の歩みは遅いので時間がかかればそれだけ濡れることになるからとオトーサンはどうしてもリードを前に引くことになるが、頑としてオトーサンの前には来ないし歩みもマイペースだ。
その上にオトーサンを見上げるその視線も些か反抗的だ(笑)。

というわけで、雨の日の散歩は気が重いが休むわけにはいかないからとラテとオトーサン自身を鼓舞して出かけることにする。
天気予報もあまりアテにならないからと比較的ピンポイントの雨雲の動きを教えてくれるiPhoneアプリも駆使して少しでも小降りのタイミングを計りながらラテに嫌がるレインコートを着せる毎日である。




ラテ飼育格闘日記(708)

1週間経つのは本当に早い。このラテ日記もアップロードしたと思ったら次の原稿を準備しなくてはならない。いや、別に遅れようが1週間休もうが困る人はいないはずだし、たまには休んでもいいかな…と思うが、貧乏性で一度決めたら続けないと気が済まない(笑)。


それはそうとラテの右後ろ足だが、不安定ながら一時よりは大分力が入るようになった。
足が自由にならないのはラテ自身一番難儀していることに違いないが、オトーサンたちも気を遣うだけでなく体力も消耗するからお互い大変である。

Latte708_01.jpg

※ラテは右後ろ足を別にすれば食欲もありいたって元気です


無論その第一は散歩の問題だ。診察を受けた獣医はなるべく歩かせないように…とアドバイスしてくれたが、オトーサンは飼い主の責任でその言葉通りにはしなかった。
当然のこと、足が痛いようならラテ自身が歩きたがらないだろうが、ラテ自身が3本足でも歩くことに意欲を見せたからだ。そして特に外傷があったわけではなく右後ろ足を握ってもマッサージしても痛がらなかったこともあってラテが歩きたいのなら少しずつでもよいから短い時間歩かせようと考えた。

Latte708_03.jpg

Latte708_02.jpg

※左後ろ足を庇いながらもきちんと足を地に付けて歩くようになった



それに我々も例えば1週間や十日、ベッドに寝たきりになると足腰はみるみる弱くなる。使わないと足も腕も弱くなるし細くなってしまう。そうなれば益々歩けなくなるのは目に見えている…。
なにもこれまで通り1時間もの散歩をしようとするのではなく、5分歩いて一休みし、また5分歩くといった休み休みでも良いから意欲があるうちに歩かせてみようと思った。
このことは上手く行けばリハビリにもなるだろう…。

Latte708_05.jpg

※散歩途中で買い物に行かれるKファミリーと出会う。ラテは嬉しそう!


問題発生から小1ヶ月経ったいま、ラテは体を揺らしながらもゆっくりと四つ脚で歩いている。ただし階段の上り下りの際にはハーネスの付けたリードを引き、補助をしているが嬉しいことに歩く意欲は落ちていないし、今のところだが問題の右後ろ足にも力が入ってきたように思える。
このまま完治するとは思わないが、ラテに意欲がある限り、少しずつでも歩かせたいと願っている。

Latte708_04.jpg

※足が悪い割りには「帰りたくない」の抵抗は強い(笑)


まったく14歳の誕生日を直前にしてえらいことになったが、受け入れるべきは受け入れて過ごしていく他はない。ただし不自由な足だけでなくこれからの3ヶ月ほどは暑さ対策にも気を配らなければならない。オトーサンは「ネッククーラー」というハイテク機器を駆使して乗り切ろうとしているが、ラテはやはり保冷剤入り首巻きを使いつつ、なるべく高温の時間帯は外出しないようにしなければと思っているが、相手は自然…。暑いだけでなく雨も降れば台風も来るに違いない。

そんな際、片手で傘を持ちもう片手でラテの体を浮かすほどハーネスを引き上げるといった事をやらなければならず、オトーサンの右腕は悲鳴を上げているがこればかりは騙しだましやるしか仕方がない。毎日をポジティブに生きていくことが大切なのだ!




広告
ブログ内検索
Macの達人 無料公開
[小説]未来を垣間見た男 - スティーブ・ジョブズ公開
オリジナル時代小説「首巻き春貞」一巻から外伝まで全完無料公開
ラテ飼育格闘日記
最新記事
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

appletechlab

Author:appletechlab

主宰は松田純一。1989年Macのソフトウェア開発専門のコーシングラフィックシステムズ社設立、代表取締役就任 (2003年解散)。1999年Apple WWDC(世界開発者会議)で日本のデベロッパー初のApple Design Award/Best Apple Technology Adoption (最優秀技術賞) 受賞。

2000年2月第10回MACWORLD EXPO/TOKYOにおいて長年業界に対する貢献度を高く評価され、主催者からMac Fan MVP’99特別賞を授与される。著書多数。音楽、美術、写真、読書を好み、Macと愛犬三昧の毎日。マネキン造形研究中。2017年6月3日、時代小説「首巻き春貞 - 小石川養生所始末」を上梓(電子出版)。続けて2017年7月1日「小説・未来を垣間見た男 スティーブ・ジョブズ」を電子書籍で公開。
2018年春から3Dプリンターを複数台活用中。ゆうMUG会員