ラテ飼育格闘日記_835

こうして多々一年前の記録を振り返り、写真を選別していると実に辛い…。時期的にラテの死が近づいているからだ。リアルタイムでは無論そんなことは分からずただただ一日でも長くラテと一緒にいたいという願いだけで介護を続けていたのだが…。


Latte835_01.jpg


この頃は幸いというか自力で立ち上がり、ドッグフードと牛乳をきちんと食べていたから点滴はまぬがれていた。しかし日常その魅力的だった両眼は力なく閉じられていることが多かったものの、ときに思い出したようにオトーサンたちのいる場所に様子を伺うように歩いてくることがあった。

Latte835_02.jpg

※女房の様子を見によたよたと出て来た


また相変わらず首の腺腫からの出血もあり、包帯は欠かせないでいたからさぞや鬱陶しかったに違いないがそれをふるい落とす力もないようだった。
ただし室内をときによたよたと歩くことがあるものの、通常の散歩ができるはずもなく、カートで公園に連れて行ったり、排泄目的だけのときにはボディを吊る下げる治具をつけ、オトーサンが引っ張り上げる形で外に連れ出していた。

あれだけ歩くのが好きで散歩から帰るのを拒否していたラテがまともな散歩すらできない現実をどう感じていたのか、それを考えるとラテの体重を右手一本に支えているオトーサンはいつも涙ぐんでいた。
そんなわけで散歩というか外にいる時間は僅かだったが、自宅に戻れば四つ脚を綺麗に拭き、体もブラッシングを欠かさなかったしお尻のメンテはもとより首の包帯を取り替え、ときに左右の腰にできた床擦れの手当と老犬の介護は大変だった。

Latte835_04.jpg

※この頃の表情は実に穏やかで幼く忘れられない…


一番辛かったのは夜泣きが多くなり、オトーサンたちもまともな睡眠を取れなくなっていたことだ。ときに女房が起きて様子を見に行くこともあったが仕事に行かなければならず睡眠不足は冗談ではなく命取りの恐れもあり、できるだけオトーサンがラテのケアをするつもりでいたがときに起きたくても起きられないのには困った。
しかしある時期から考え方を変えた…。確かに辛いが、希望はともかくこの状態が半年続くとは思えなかったから、この大変で辛いあれこれもラテが生きていればこそだと…。

Latte835_03.jpg

※カートで公園に連れていっても立っているのがやっとで歩くことができないでいた


ともかく元気な時には夜泣きなどまったくなかったラテだが、辛いのかあるいは心細いのか真夜中に声をあげるとマンションなので廻りに気を使わざるを得ない。
幸い我々の部屋は特別な構造というか、作りのおかげで直接声が響くとすれば上階のお宅だったのである日その上階の方に事情を話し迷惑をかけるがしばしお許し願いたいと申し出た。そのご家庭もワンコを飼っていたからか「まったく気になりませんよ」とおっしゃっていただけたのは有り難かった。

ということでオトーサンたちはラテを決して粗略に扱ったことはなく心から愛していたが、ラテが亡くなってみると「あのとき、もっとこうしてあげたらよかった」とか「もっとやり方があったではないか」といった自責の念も湧いてくる。
今一度タイムマシンであのときに戻りたいとは思わないが、もしそんなことがあったらいま少しよい接し方があったのではないかと今でも考えるときがある。

Latte835_05.jpg

※オムツはしているものの外で排泄したいからとまともに歩けない体で玄関のドアに頭を付けるラテ


オトーサンの両手はいまでもラテの体のボリュームや暖かさ、重さを覚えているし抱っこしたときのラテの頬の感触も忘れられない。
他のワンコたちと比較すると決して飼い主だからといって特別ベタベタするワンコではなかったが、ラテなりの愛情を振りまいてくれたことは間違いなく、ラテなくしてこの16年間はあり得ないと思うほど大きな存在だった。



Apple Watch Ultra ファーストインプレッション

4年ぶりにApple Watchを買った。今回はやはりというべきかApple Watch Ultra(GPS + Cellularモデル)- 49mmおよびオレンジアルパインループの組合せである。Apple Watch Ultraが登場したとき、アウトドアやスポーツユーザー向けを強調していたことでもあり私には無縁だと考えていたが、最近そのスペックやデザイン、認識性の良さを考えるとアップルのプロモーションの方が些か考えが偏っているように思い始めた…。


Ultra_01.jpg

※Apple Watch Ultraのパッケージ


Apple Watch Ultraの売りは確かにそのハード的な頑強・屈強さにある。100メートルの耐水性能、MIL-STD 810H準拠、IP6X等級の防塵性能などは山に登り、海に潜り、ランニングやトレーニングにも欠かせないスペックである。
しかしApple Watch Ultraには他にも見るべき点が多いのも事実だ。

常時表示は勿論、49mmのワイドなディスプレイ、これまでの倍明るい2,000二トのRetinaディスプレイ、カスタマイズ可能なアクションボタン、高精度2周波GPS、デュアルスピーカー、風が強い環境でもオーディオのために完璧なマイクを選択する3マイクアレイ、2日以上使えるバッテリーなどなどだ。

これらはなにもスポーツに関係なくすべてのユーザーにとっても有益な機能であろう。どうにもアップルはApple Watch Ultraの頑強・屈強さをアピールするためアドベンチャーユーザーを意識し過ぎていると私には思える。
別途スタイリッシュな指向というか、都市生活者にもアピールするべきだと思うのだが、いかがだろうか…。

Ultra_02.jpg

Ultra_03.jpg


またケースサイズが49mmとなったことでもあり、腕時計としては大きすぎて使いずらいとのでは…いう印象もあるようだ。
しかし一般的な腕時計と比較し49mmは確かに小さくはないが、Apple Watchの場合は矩形の縦サイズだけであり横幅は44mmだから特別なサイズには思えないし、そのディスプレスサイズが410×502ピクセルはこれまで使いづらかったテキスト入力もかなりやりやすくなる。

Ultra_04.jpg

※なお純正品のバンド、オレンジアルパインループも買ったが写真はサードパーティー製のものだ


とはいえまだ届いたばかりであり、iPhone 14 Proとペアリングして腕に装着したばかりなので使用感についての細かなことを申し上げるのは早計だが、iPhoneを取り出す機会がかなり少なくなるような予感がする。それは日常のあれこれの多くがApple Watch Ultraで済んでしまうからである。
Apple Watchそのものはすでに生活に溶け込み、なくてはならないアイテムとなっている訳だが、さらにUltra ならではの利便性がどう加わるのか、楽しみながら検証してみようと思っている…。



ニコマク(NikoMaku)88鍵盤 SWAN コンパクトキーボード雑感

TwitterでTECNOEDGE 松尾公也 @mazzo さんの記事を読み、即効でニコマク(NikoMaku)ブランドの88鍵盤 SWAN コンパクトキーボードを買った。そもそも私はクラシックギターをはじめフラメンコギターを好んで弾いていたが現在は手指に難が出たこともあり古楽器リュートを楽しんでいる。しかし最近無性にピアノを弾きたくなっていた…。


Piano_01.jpg

実はすでに40年も前になるが、1年半程の期間近所のピアノ教室へ通いピアノを習っていたことがあった。バイエルそしてツェルニーといったいま思えば面白くもない練習曲を遮二無二弾いていた時期があった。
無論?狭い部屋にローランドの電子ピアノも揃えたが、次第にコンピュータへの情熱が上回ってきたため自然にピアノは埃を被るようになったという経緯がある。

Piano_02.jpg

※1981年秋、ピアノをならないに行くことに…。そしてローランド製電子ピアノを設置


とはいえ多少でもその頃を指が覚えているかと言えばからきし駄目で、文字通りのゼロからの手探りから始めなければならない。それでもギターでは左指の一部が十分に曲がらずポジショニングによっては正確に押さえられないがピアノの鍵盤はまずまず難なく叩ける。
というわけで無性にピアノを弾きたくなったが、弾きたいといってもすでに簡単な練習曲でさえ忘れているからゼロから練習のし直しだ…。
ただし今更バイエルだのツェルニーを…というつもりはなく簡単なジャズを弾きたいと考えているのだが…。

さて、手に入れたNikoMaku 88鍵盤 SWAN コンパクトキーボードだが、まずはよくもまあこの価格でここまで作り込んだ…と驚く。

Piano_03.jpg

※キーボードとしては大変コンパクトだがさすがに88鍵となれば梱包も大きい


まずは88鍵に拘ったが、鍵盤はフルサイズだし音がなかなかに良い。フランスDreamの最新音源を採用したとのことだが、Dreamという企業は1987年の設立以来、サウンドシンセシスとサウンドプロセッシングのための最先端ハードウェアとソフトウェアのソリューションを世界中に提供してきた会社のようだ。
そして本体の作りも良いし鍵盤のストロークも少し重めで好みだ。ではしばし具体的な特徴をご紹介してみよう。

① 筐体╱鍵盤もプラスチックだが筐体はピアノブラック的で艶があるものの白鍵・黒鍵ともに艶消しになっている。したがって指が滑りにくく見栄えも安っぽくない。

Piano_04.jpg


② 88鍵の鍵盤はフルサイズだが本体サイズは125*21*7cmとコンパクトで重量は6.7kg。

③  Bluetooth MIDI の搭載、録音機能など。

④ 左側に電源と各種ボタンが、その背面にはヘッドフォンやサステインペダル、マイクなどの接続ポートおよび充電のためのUSB-Cポートがある。

Piano_05.jpg

Piano_06.jpg


⑤ このクラスとしてはピアノの音がなかなか良く背面側左右にスピーカーが内蔵されている。いま少しより良い外部スピーカーに接続すれば臨場感溢れる音になるに違いない。ちなみに附属のイヤホンはさすがに使い物にはならず、ノイズが入る。きちんとしたヘッドホンを用意すべき。

Piano_07.jpg


⑥ 128種類音色、128種類リズム、30曲のデモ内蔵、録音、2人鍵盤、トランスポーズ、メトロノーム、サステイン、和音など豊富な機能が搭載されている。

⑦ リチウムバッテリーが内蔵されており2時間程度でフル充電となり連続6時間利用可能。そして3分間使用しないと自動的にスリープとなり鍵盤を弾くと即電源が入る。

⑧ 附属品も豊富で譜面立てやソフトケースも附属している。

Piano_08.jpg

⑨ キャンペーンとして1000円の割引だけでなく、購入時の手続き次第で専用のサスティンペダルがプレゼントされた。

なお、日本語説明書(1年保証書付き)が付き購入日から30日以内無条件返品・返金保証、そして1年間無料修理、交換対応とのこと。
至れり尽くせりだが現実問題として耐久性に関しては使ってみなければ分からない。しかし鍵盤のガタつきも無くストロークも均等のようなので今のところ不安は無い。
ともあれ現在の私にはこの製品をフルに使いこなす腕はないが、楽しみながら練習を続けたい…。



ラテ飼育格闘日記_834

今年三月六日は早くもラテの一周忌。約一年前の様子を振り返っているが…。さて、首の腺腫の破裂はラテにとってかなり辛かったに違いない。痛かったのか、痒かったのか、あるいはうっとうしかったのかはわからないが、命が尽きる寸前だったことでもあり余計なアクシデントを抱えてしまったことになった。


Latte834_00.jpg

そういえば散歩は相変わらずカートに乗せて公園に連れて行っていた。この頃はなんとか立って歩けるまでになっていたのでオムツをして出かけ、公園に着きカートから降ろすとオムツを取る。すると待ってましたとばかり排泄してくれるので後始末の後、またオムツをはかせるといった具合だ。
ただ大好きな公園だったにせよ広く歩き回ることはすでにできなかった…。

室内にいるときはそのほとんどは寝ていたが、気分が良いときは自力でオトーサンたちのいる場所へ様子を見に来たかのような笑顔で現れることもあった。

Latte834_01.jpg

オトーサンたちはこの状態がいつまでも続くことを願ったが現実を考えると厳しい状態だった。医者からも老衰なので回復は見込めないと言われていたし…。
しかし2月(2022年)に入っても食事は自力で立ち上がり差し出した量を完食していたから、すぐにまた寝たきりになるとは思わなかったし、是非一日でも多くこの状態が続いてくれればよしとオトーサンたちは考えていた。

Latte834_03.jpg

無論現実はオトーサンたちにも大きな負担がかかっていたことも事実だ。
いわゆる医療費は当然まとまった額になるわけだし、散歩に連れて行くにもオトーサンの腕力を必要とする場面も多く、オトーサンの右肩はすでにパンパンだった。

Latte834_02.jpg

例え立つことができてもそれは散歩にはならない。オトーサンがラテを吊り上げるようにしつつ、時には少し引きずるようにもしながら少しずつ移動し始めるとラテは四つ脚を動かし始め、10数メートル先から戻るときには行きよりは足が動く…といった感じだった。
またカートにしても我々の住むマンションはいわゆるバリアフリーではないため、カートを道路まで運ぶには数段だとしても階段を経なければならかったりとそれなりに大変だったのである。そして左右の腰には床擦れもあり、これまた自由に寝返りを打つこともできなかったから深夜でも声を上げることの頻度も多く、すでにオトーサンたちは睡眠不足だった。

そうそう、首の傷だが単に出血だけならともかく、膿や血の塊と言った物まで傷口が大きくなると飛び出してくることになる。一度などは包帯を取り替える時、ラテがブルブルと首を振ったがため周りに血が飛び散って悲惨な事故現場みたいになったりもした。
なんとか周りを掃除しきれいにしてから医者に連れて行った。そこでは破裂した腺腫からの出血を止めるのではなく、悪い血なので出るものは出してしまおうと医者が2人がかりで絞り出すようにしてくれたが、これで大分膨らみが小さくなりラテも多少は楽になったに違いない。

動物病院の医者といえばラテ末期は随分とお世話になった。幸い極近所でもあり症状を訴えてこれから伺うと言うとときわざわざ迎えに来てくれてラテを抱いたまま病院へ連れて行ってくれたりもした。最初の点滴の際にも往診していただいたし、症状が思わしくないときには病院が休みの日にも対応してくれた。
思えばラテのお陰で沢山の方々と交流する機会を得たし、その中でもKファミリーの方々には今でも家族ぐるみのお付き合いをさせていただいている。ラテの存在なくしてはあり得ないことだ…。

そういえば先日、とある小学校に出向き6年生98名を前にして講義というか授業をしてきた。そのことについての詳細は別途「小学校で講義してきました!」という記事を載せたので興味のある方は覗いてみていただきたいが、そうしたことが実現したのもラテあってこそのワンコの縁だったのである。

Latte834_06.jpg

ラテが公園デビューした2007年初頭から、ビーグル犬のハリーちゃんという活発なワンコがいたが、好き嫌いの激しいラテもハリーちゃんには心を許したようで仲良く駆けずり回るだけでなくペットボトルの小さな飲み口から落ちる水を一緒に飲むなど仲良くしていた。
そして必然的にハリーちゃんの飼い主さんのオカーサンとは会話する機会が増えたし、その小学生男子のお子さんは常に沢山のワンコに囲まれていた。

Latte834_05.jpg

その男子が実はいま、小学校の教師をされていることは知っていたが先日電話をいただき子供たちへの講義の依頼をいただいたのだ。いわば、ラテが取り持つ嬉しいご縁がオトーサンをその小学校へと導いたのである。その際オトーサンの胸にはラテの遺骨の小さな破片が入っているペンダントがあったが、きっと…可愛がっていただいたO先生との再会を喜んでくれたに違いない。



広告
ブログ内検索
Macの達人 無料公開
[小説]未来を垣間見た男 - スティーブ・ジョブズ公開
オリジナル時代小説「木挽町お鶴御用控」無料公開
オリジナル時代小説「首巻き春貞」一巻から外伝まで全完無料公開
ラテ飼育格闘日記
最新記事
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

mactechlab

Author:mactechlab
主宰は松田純一。1989年Macのソフトウェア開発専門のコーシングラフィックシステムズ社設立、代表取締役就任 (2003年解散)。1999年Apple WWDC(世界開発者会議)で日本のデベロッパー初のApple Design Award/Best Apple Technology Adoption (最優秀技術賞) 受賞。

2000年2月第10回MACWORLD EXPO/TOKYOにおいて長年業界に対する貢献度を高く評価され、主催者からMac Fan MVP’99特別賞を授与される。著書多数。音楽、美術、写真、読書を好み、Macと愛犬三昧の毎日。2017年6月3日、時代小説「首巻き春貞 - 小石川養生所始末」を上梓(電子出版)。続けて2017年7月1日「小説・未来を垣間見た男 スティーブ・ジョブズ」を電子書籍で公開。また直近では「木挽町お鶴捕物控え」を発表している。
2018年春から3Dプリンターを複数台活用中であり2021年からはレーザー加工機にも目を向けている。ゆうMUG会員