Apple、第1四半期の業績を発表

Appleは本日、2018年12月29日を末日とする2019年度第1四半期の業績を発表した。当四半期の売上高は843億ドルと、前年同期と比べ5%の減少、当四半期の希薄化後の一株当たり利益は4.18ドルと、7.5%アップとなった。当四半期の米国市場以外の売上比率は62%だった。


iPhoneの売上高は前年比で15%減少した一方、その他すべての製品およびサービスの売上高は19%増大した。サービスの売上高は過去最高の109億ドルと、前年比で19%アップとなった。Macならびにウェアラブル、ホームおよびアクセサリーの売上高も過去最高となり、それぞれ9%と33%の増大となっている。また、iPadの売上高は17%の増大となった。

Appleは、2019年度第1四半期業績発表のカンファレンスコールのライブストリーミングを、2019年1月29日14時00分(米国西部時間)より、Appleのウェブサイト(https:// www.apple.com/investor/earnings-call/)で配信。このウェブキャストは、配信開始後約2週間にわたり再生が可能。

Newsroom


関連記事
広告
ブログ内検索
Related websites
Macの達人 無料公開
[小説]未来を垣間見た男 - スティーブ・ジョブズ公開
オリジナル時代小説「首巻き春貞」一巻から完結編まで全公開
ラテ飼育格闘日記
最新記事
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

appletechlab

Author:appletechlab

主宰は松田純一。1989年Macのソフトウェア開発専門のコーシングラフィックシステムズ社設立、代表取締役就任 (2003年解散)。1999年Apple WWDC(世界開発者会議)で日本のデベロッパー初のApple Design Award/Best Apple Technology Adoption (最優秀技術賞) 受賞。

2000年2月第10回MACWORLD EXPO/TOKYOにおいて長年業界に対する貢献度を高く評価され、主催者からMac Fan MVP’99特別賞を授与される。著書多数。音楽、美術、写真、読書を好み、Macと愛犬三昧の毎日。マネキン造形研究中。2017年6月3日、時代小説「首巻き春貞 - 小石川養生所始末」を上梓(電子出版)。続けて2017年7月1日「小説・未来を垣間見た男 スティーブ・ジョブズ」を電子書籍で公開。ゆうMUG会員