ラテ飼育格闘日記(768)

すでに立秋(8月7日)が過ぎたから「暑中お見舞い」ではなく「残暑お見舞い」の時期なのだが、毎日異常な暑さが続いているし台風の影響もある。暑さはご承知のようにワンコにとって大敵だが、この季節…毎年ラテにとっては別の意味でモチベーションが上がらない季節なのだ…。


それは夏休みの時期だから、馴染みの子供たちの姿が公園や街角から消え、散歩途中でなかなか会えないのが理由なのだ。それに猛暑と新型インフルエンザが猛威を振るっているとなれば外出を避けるからでもある。またラテを可愛がってくださるKファミリーの方々も帰郷されているから、ラテならずともオトーサンも寂しい時期なのだ。

Latte768_01.jpg

※早朝以外の散歩は保冷服が欠かせない


それでも時は待ってくれず、粛々と過ぎていくが、ラテの健康を壊さないようにとオトーサンもそれなりに気を使っている。
室内にいるときにはエアコンはつけっぱなしだからあまり問題はないが、新鮮な水を常に用意しておくことも大切である。ともかくラテはオトーサンと二人だけのとき、ほとんど寝ているので手間は掛からない。ただし朝夕の散歩の他に昼時と夜寝る前に排泄をさせるため外に連れ出すようにと心がけているので結局日に4度表に出ることになり、当然戻れば足やお尻などを拭かなければならないからなかなか面倒だし大変である。

Latte768_05.jpg

※ランニング中のKファミリーのご主人(帰郷直前の朝)と出会って喜ぶラテ


ところで8月10日の火曜日は台風の後のフェーン現象も加わったとかで文字通りの殺人的な暑さとなった。東京23区より多少気温が低めのはずの多摩でも最高気温は39℃まで上がり、到底散歩にラテを連れ出す状態では無かった。
オトーサンはどんな感じかと様子を見に外に出てみたが、頭がクラクラしてきたので急ぎ冷房の効いている部屋に戻った。

Latte768_04.jpg

※寝顔は実に可愛い!


それでもラテの排泄のために出なければならないと17時30分まで待ち、日も少しは陰った時期を見て保冷服に身を包んだラテを連れ出したが、気温はまだ35℃もあり体感温度は42℃になっていた。
気温だけでなく日中日に当たってていた路面も40℃は越えているはずで、日陰を選んで15分ほど近所を回ってから帰宅した。それでもラテは保冷服のおかげが、息を弾ませる気配も無かったがオトーサンはフラフラだった(笑)。

まさかオトーサンまで保冷服というわけにもいかない。日光アレルギーを発症したおかげで両袖もアームカバーで覆わなければならないしUV対応の手袋もしなければならないので余計に暑苦しい。
で、昨年手に入れたネッククーラーを使い始めたがこれは扇風機の類では無く小型冷蔵庫などにも使われている「ペルチェ素子」で冷却する仕組みなので首の頸動脈を直接冷やすのには効果的である。無論これだけでエアコンの代わりになるはずもないがオトーサンにとっては嬉しいガジェットである。

Latte768_03.jpg

※モバイルバッテリーで使えるネッククーラー


これは屋外だけでなく室内でも使い方次第でなかなか快適に夏を過ごすことができる。とかく冷房は足元は冷えるが頭の方はなかなか…という場合も多い。そんなとき直接頸動脈が効率的に冷やされ、冷たい血液が体を巡ることで、体温を下げるネッククーラーは効果的なのだ。
というわけで室内で集中したい場合はこのネッククーラーとAirPodds Max(Appleのヘッドフォン)を装着して事に当たるようにしているオトーサンである。

Latte768_02.jpg

※朝の散歩でラテはまだ眠いのか大あくびを…


ラテが元気な内はなんとかオトーサンも自力で歩けなければ困るし寝込むわけにはいかない。しかしラテと共に広い公園を縦横無尽に駆けずり回っていたことがほんの少し前…だったようにも思えるものの現実問題、体力の衰えは隠しがたく何とか無理をせず省エネモードでこの猛暑を乗り切りたいものだ。








関連記事
広告
ブログ内検索
Macの達人 無料公開
[小説]未来を垣間見た男 - スティーブ・ジョブズ公開
GUI を再発明する: ポスト・ウィンドウ・インターフェイス序論
オリジナル時代小説「首巻き春貞」一巻から外伝まで全完無料公開
ラテ飼育格闘日記
最新記事
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

mactechlab

Author:mactechlab

主宰は松田純一。1989年Macのソフトウェア開発専門のコーシングラフィックシステムズ社設立、代表取締役就任 (2003年解散)。1999年Apple WWDC(世界開発者会議)で日本のデベロッパー初のApple Design Award/Best Apple Technology Adoption (最優秀技術賞) 受賞。

2000年2月第10回MACWORLD EXPO/TOKYOにおいて長年業界に対する貢献度を高く評価され、主催者からMac Fan MVP’99特別賞を授与される。著書多数。音楽、美術、写真、読書を好み、Macと愛犬三昧の毎日。マネキン造形研究中。2017年6月3日、時代小説「首巻き春貞 - 小石川養生所始末」を上梓(電子出版)。続けて2017年7月1日「小説・未来を垣間見た男 スティーブ・ジョブズ」を電子書籍で公開。
2018年春から3Dプリンターを複数台活用中。ゆうMUG会員