フィラメント乾燥のためのPrintDry と eBOX比較

3Dプリンターで使うフィラメントの湿度を軽減する機器として知られている製品にPrintDry と eBOX がある。その両方を使っているからか、ここのところ友人・知人らから両者の違いに関して質問を受けることが重なった。それぞれの機能や注視すべき点についてはPrintDry eBOX それぞれの記事を参考にしていただきたいが、ここではいくつかの項目に関してその違いを箇条書きにしてみた。

(1)設置スペース 
   まずは設置面積だが eBOXはPrintDry の半分以下。PrintDryのサイズは直径370mm、eBOXは215 × 105mm。

PrintDry_201903.jpg

※PrintDry


(2)デザイン
   PrintDryはドライフードメーカーの改変品と思われるが、eBOXはオリジナルデザイン。

eBOX_201903.jpg

※eBOX


(3)スプール回転機構
   eBOXはローラータイプのスプール台内蔵。前後二本のローラーはスムーズに回転するがフィラメントの自重もあり些か重い感じ。PrintDry は横置きで専用台には本格的なベアリングが装備されており回転は滑らかで場合によってはスプールが回転しすぎてフィラメントがばらける可能性も。

(4)タイマー   
   PrintDryはタイマーは内蔵していないが eBOXはタイマー内蔵。

(5)残量表示  
   eBOXは自重を計測することでフィラメントの残量を表示する機能あり。PrintDryは当該機能無し。

(6)一度に乾燥できるスプールの数 
   PrintDryは一般的な1kgタイプのスプールを上下に設置し同時に乾燥可能。というか本体内に入ればいくつでも可。eBOXはひとつのみ。

(7)ドライ風量 
   PrintDryはかなり強力だが、eBOXは弱い。

(8)液晶画面 
   eBOXはフロントにあるがPrintDryに液晶画面は無く、温度設定のダイアルのみ。

(9)電源スイッチ
   eBOXは背面、PrintDryは正面にシーソースイッチがある。

(10)密閉度 
   eBOXは比較的高い。PrintDryは熱風を効率よく通すためか隙間だらけ。

(11)電源仕様 
    PrintDryはAC120V/60Hz or 220V/50Hz, 245W。eBOXはAV100 - 240V 50/60Hz

(12)価格 
   PrintDry : US$ 129.99(PrintDry) eBOX : US$ 59.99(AliExpress)2019年3月7日現在

(13)その他
   どちらもプラスチック製なので頑丈とはいえないが、eBOXは全体的に作りが柔い感じ。

ということで、個人的な使い分けだが、スプールの数はともかく本格的にフィラメントの湿気を取ろうとする場合はPrintDryを使う。そもそもが短時間に湿度を軽減することを考えるとeBOXは少々頼りない…。
ただし、日常のスプールホルダーとしてeBOXは湿度が気になるとき乾燥を行いながら3Dプリンターにフィラメント供給している。さらに記すならeBOXは電源コードを外し単に埃除けといった意味合いのスプールホルダーとしても便利に使っている。
ともかく設置場所に余裕があればPrintDryが一番だが、繰り返すがeBOXは場所を多々移して都合の良い場所で手軽に使えるのが利点か…。







TWINBIRD ペットボトルサイズのクリーナー (HC-E205W)って何だ?!

机上回りは意外と汚れるものだ。また一日の大半をMacの前に座ってると食べ物の欠片やらも足元に飛び散ることもある。しかしその度に電気掃除機を持ち出すのも面倒だからと小型のクリーナーを幾たびか取り替えたことか…。そして今回は500mlペットボトルサイズのクリーナー を手に入れてみた。


この種のアイテムは多々手に入れてはみたが使い物にならなかったり、使い勝手が悪かったりと長続きするものはほとんどなかった(笑)。そんな中、デスクトップクリーナーとして使ってきたのが2016年12月に買ったコンパクトクリーナーだ。手にした当初は新しい玩具同然に喜んでいたが実用本位と割り切ってみたが机上に置くにはデザインが最悪だし(笑)充電台の設置面積も意外と取るので手にする機会は少なくなってきた。

Bottle cleaner_01

※500mlのペットボトルとの比


しかし机上はそんな思惑とは関係なく日々汚れるしキーボードには埃や犬の毛だけでなく私の貴重な頭髪も落ちて汚れる。
ということでまたまたリベンジだと使い勝手もデザインも良いと思われる卓上クリーナーを手に入れた。それが500mlペットボトルサイズのクリーナー (HC-E205W)である。
サイズは約60 × 60 × 240mm、重量は約360gだ。

まずこの製品、充電台も含めてボトル型なので設置場所は小さくて済むし机上にあっても違和感が少ないのが利点だ。バッテリーは充電式ニッケル水素電池が内蔵されており付属の充電台に置いて充電するが満充電で8分連続使用できる。なおフル充電するには8時間かかるが8時間経つと充電完了とするタイマーが内蔵されている。
したがって例え十数秒使った場合も小まめに充電台に乗せておくこど肝心だ。

Bottle cleaner_02

※専用充電台


さて実際にクリーニングのために動作させるには本体の丸いボタンを押す。吸引はボトルで言うならちょうどキャップ、飲み口あたりの細い部位となるが必要ならレバーひとつでブラシを出すこともできる。また吸引口は斜めになっているのでキーボードにせよ机上にせよゴミや埃に近づけやすい。

Bottle cleaner_03

※ブラシを出して使うことも可能


吸引の際にはボトル底に近いスリットから換気の風が吹き出るが、それが手に当たる、あるいは机上面に向いて埃を飛ばしてしまうような角度の場合は手で簡単に360°回して都合の良い位置にすることが可能だ。

Bottle cleaner_05

※換気排出口の位置は変えることができる


肝心の吸引力もくどいようだが机上やキーボードの汚れを吸い込むには十分だと思う。
そして吸引したゴミ捨てはボディを二分割する感じで外し、ダストケースのゴミ捨てレバーを引けば手を汚さずにできる。

Bottle cleaner_06

※ゴミ捨ても簡単


とかくPCのキーボードはもとよりだが配線周りなど、細かな場所にたまりやすいホコリが気になるがその都度大きな掃除機を持ち出すのも面倒だ。机上の隅に常備しておける本製品ならいつでも手軽・簡単に掃除することができる。
ひとつあると何かと重宝しそうだ。




デジタル・コスメチックアプリ「PortraitPro Studio 18」ファーストインプレッション

私にとって必須のアプリケーションのひとつでもあるデジタル・コスメチックアプリ「PortraitPro Studio」を久しぶりにアップデートした…というより新たに「PortraitPro 15」から「PortraitPro Studio 18」へと上位版に買い換えた。


「PortraitPro Studio 18」(以下PortraitPro Studio)はその名の通り、ポートレイト写真の顔をレタッチし思い通りに化粧を施すための専門アプリケーションである。

PortraitPro Studio 18_01

無論私自身が化粧を…というわけではない(笑)。ポートレイト、特に自身で造形してきた専属モデルの撮影後に活用するのが主な目的だ。
その概要は2年前に「デジタル・コスメティックが可能な「PortraitPro 15」レポート」として紹介してあるので詳細は繰り返さないもののコスメチックの知識がなくても美しいポートレイトを形成してくれる。

要は皮膚の荒れを修正し口紅やアイシャドウ、チークカラーといった化粧を施し、目鼻立ちや骨格までをも調整できるツールである。さらに瞳の色を変え髪の色も変えることが出来、微笑を浮かべさせたりも可能だ。
申し上げるまでもなく我々が雑誌等で見ているほとんどのモデルの写真はこの種のツールでより魅力的に編集されていると思って間違いない。
ということでここでは「PortraitPro 15」をベースに「PortraitPro Studio 18」の機能面で見るべき点をご紹介してみたい。

(1)AI による高精度な画像認識
   詳しいアルゴリズムなどが公開されているわけではないが、メーカーサイトの説明によれば人工知能とディープ・ラーニングといった最新テクノロジーを駆使した先進的な製品であるとのことだ。

(2)高精度画像認識
   PortraitPro Studioの使用はまず写真の顔の各部位の形状認識から始まる。この最新バージョンは新しい画像認識技術を利用して、画像内の顔の特徴をすばやく効果的に検出。 これにより顔の選択を修正する時間を短縮し、編集プロセスに専念することができる。

PortraitPro Studio 18_02


事実同種のアプリ「FaceFilter3-PRO」と比較してもポートレイトを読み込んだ直後の目鼻立ちの認識精度は目を見張るものだ。

(3)高度なレイヤー機能
   正確な背景のマスキング機能と共に、レイヤーを加えることができるようになり、背景写真との自然な合成はもとよりポートレイトにオーバーレイを追加することができるようになった。オーバーレイは、ロゴやウォーターマークを追加したり、二重露光フォトなど特別な仕上がりを期待できる。

PortraitPro Studio 18_03


(4)カスタマイズ可能な編集機能
   顔の一部が手や指、あるいは眼鏡やその他の付属品によって覆い隠されているといったより複雑な画像でも作業することができるようになった。

PortraitPro Studio 18_05


(5)ヘアーファインディング
   インテリジェントな新しい髪部分の認識は、より正確で現実的となった。これにより複雑な画像でもヘアマスクがはるかに正確になった。したがって毛髪のカラーチェンジと調整が可能になったことを意味する。

PortraitPro Studio 18_06


(6)目のコントロール
   それぞれの目の編集を独立して簡単に制御できるようになった。 開いている/閉じているボタンを使用すると、閉じているか覆われている目の編集を簡単にオフにすることができる。

PortraitPro Studio 18_07


(7)スキンファインディング
   顔は勿論だが、顔の外の領域であっても画像内の皮膚を検出するのにこれまで以上に優れた結果が期待できる。 新しいNon Face Skinスライダーと組み合わせると、体のすべての部分を滑らかにするときなどにより自然な結果が得られる。

PortraitPro Studio 18_08






J&T 3Dプリンター JT-28-004-Ⅱ ,改めての「一時停止継続機能」覚書

J&T 3Dプリンター JT-28-004-Ⅱは JT-28-004の新機能追加版であり、大きな改良点として「一時停止継続機能」が搭載された。私が JT-28-004-Ⅱ を買い直したのもこの機能を使いたかったからに他ならない。今回は前回概要を紹介したが、より詳しい状況と効果的に使うポイントを書き留めておく。


さてこの「一時停止継続機能」と従来機種からある「ポーズ」との違いについては前回記したので詳しくは繰り返さないが、おさらい的に言うなら一般的な「ポーズ」はあくまで極短時間プリントを止めるための機能であり、そのまま数時間放置しておくとノズルが停止した位置に留まるため、ノズルの温度で積層面に弊害が生じるしプリント再開が上手く行かないこともあるという。

一方「一時停止継続機能」はいわゆる「停電回復機能」と違い電源はONのままだが、停止するとノズルは積層面から離れるためノズルから垂れたフィラメントが付着したり積層面を溶かしたりすることはない。そして長時間、例えば20時に一時停止させ、翌朝の8時にプリント再開といったことも安全確実に可能な機能である。

JTIIPose_06.jpg

※「一時停止継続機能」はポーズを実行するとノズルは積層面から離れる


すでにこの「一時停止継続機能」をテストは勿論、実際に数度活用しているが機能自体は安定しているので失敗とか誤動作はない。ただし現実問題として留意すべき点もあるので気がついたことを列記してみよう。

(1)「一時停止継続機能」はできるだけサポートなどのプリント時に実施すべき
   一時停止したポイントから継続プリントは正確に始まるが、場合によっては後述する理由などから再開時に積層の重ね具合の段差が若干残る場合がある。したがって可能ならなるべく目立たないというか、万一積層のズレがあっても作品に影響がないであろう箇所で「一時停止継続機能」をONにするのが理想だ。

JTIIPose_01b.jpg

なお「一時停止継続機能」すなわち「Pause print」を実行すると瞬時に停止する場合と2,3秒動作してから停止する場合がある。 

(2)プリントの再開は「Resume print」を実行すると「PRINT PAUSED」の表示となり "Wait for filament purge" と表示される。

JTIIPose_02b.jpg

JTIIPose_03.jpg

これはノズルの温度は保ったままだとしても時に数時間から数十時間止めたままのノズルを再開時瞬時に正常正確に働かせるための機能であり、文字通りノズルの浄化の意味でノズルからフィラメントを少量押し出してくれる。

JTIIPose_05.jpg

ただしノズルからフィラメントが垂れたままのプリント再開では積層上に重なってしまうので当該フィラメントはノズルから綺麗に取ってからコントロールボックスの再開ボタンを押すこと。

(3)繰り返すが「一時停止中」もノズルとホットベッドの温度は設定時のまま保たれるが、FDM方式の3Dプリンター、特にこの種のフレーム型の機種は室内環境にさらされている訳でさまざまな影響を受けがちだ。
どういうことかといえばこの時期暖房をつけ続けているならともかく、夜間など3Dプリンターを一時停止しそのままに放置すると設置場所の室温はかなり冷え、プリント再開時に微妙な影響を与える可能性がある。

具体的にはプリントした造形が冷えて厳密な意味で収縮しプリント再開の一層目で微妙なズレを生じるとか、あるいは再開時の一層目が正常に積層できずに剥がれやすくなってしまうという可能性もある。
手軽な妙案は思い浮かばないが、この真冬の季節はプリント再開する際には事前に3Dプリンターの設置場所の室温を上げてから実施するといった注意深さが必要だと思われる。

当該「一時停止継続機能」はすでに十数度も使っているが、この機能のおかげで長時間プリントが安心して可能となったことは嬉しい。
ただし本音はなるべく停止させずにプリントを続けたいわけで、3Dプリンター筐体の四つ脚に防振ユニットを付けたりして振動及び作業音を可能な限り軽減すべく試行錯誤も続けている。



フィラメント切れ検出ユニットはフィラメントの精度が求められる?

J&T 3Dプリンター JT-28-004-Ⅱ 刷新高機能版を使い始めているが思っていた以上に前機種JT-28-004と違いがあって通常作業が出来るまでに時間を要した。組立や各種調整に関しては手慣れたつもりだったが、一番困ったことはプリントしたオブジェの出来が良くなかったのである。JT-28-004では大変綺麗な積層だったのだが…。


テストプリントに使ったフィラメントは本体購入時にオマケとしていただいたオレンジ色だった。しかし普段使いはしないであろうカラーであることや記事にする写真を撮る際にも目立って良いと考えてセットした。
とはいえ旧機種とは違いこのJT-28-004-Ⅱはフィラメントをまずフィラメント検出ユニットに通してからエクストルーダーの押出ユニットに挿入することになる。無論フィラメント検出ユニットはプリント途中でフィラメントがなくなった際にプリントを自動的に中止し、フィラメントをセットし直すことでプリントを引き続き再開するための装置である。このJT-28-004-Ⅱ にとって目玉機能のひとつでもある。

JTT28004II_B_01.jpg

※J&T 3Dプリンター JT-28-004-Ⅱの目玉機能ひとつ「フィラメント切れ検出機能」のためのユニット。フィラメントが通っている小さな機器がそれだ


テストプリントの開始はホットベッドへの定着も良く問題ないように思えたが、プリントを終えてオブジェを確認したときその積層の粗さに驚いた。こうした経験はこれまでなく前機種のJT-28-004は積層も大変綺麗だったのだ。
3Dプリンターを手にしたばかりの時期の私だったらどうしてよいかが分からず途方に暮れたかも知れない。よかれと買ったプリンターが故障なのかと思ったに違いない。

JTT28004II_B_02.jpg

※新製品 JT-28-004-Ⅱでオレンジ色のフィラメントをプリントした結果(右)。積層が非常に汚い。左は従来機のT-28-004でプリントした例で綺麗だ


しかし自分で言うのもおこがましいが、この10ヶ月実によく勉強した(笑)。だからという訳でもないがその積層の粗さはフィラメントが十分に供給されていない結果であると仮定できたのだった。
ともあれ温度設定を変えてもう一度同じプリントをしてみたが結果は変わらなかった。再現性がある問題であると認識せざるを得ない。

無論フィラメントをホットブロックに導くのは押出ユニットだ。その押出ユニットがしっかりフィラメントを送っていないのかと確認したが問題はなさそうに思えた。とはいえノズルの詰まりはないはずだ。
しばし考えていたところ思い当たったのがフィラメント検出ユニットの存在だった。
試しにフィラメント検出ユニットを通したフィラメントを手で下に引いてみると思ったより抵抗感があった…。
なるほど、押出ユニットが一生懸命引き込もうとしてフィラメントを引っ張っているにも関わらずフィラメント検出ユニットの通りが悪いのでスムーズに引くことができないのであろうと考えた。

それであればフィラメント検出ユニットを通さずプリントしてみたらどうなのか。早速フィラメントスプールから直接押出ユニットへフィラメントを通してプリントしてみると、あらら…普通に綺麗にプリントできているではないか。

JTT28004II_B_05.jpg

※フィラメント切れ検出ユニットを通さずプリントした例(右)


ただし念のためだがフィラメント検出ユニットを通さない場合でもダミーでユニットへフィラメントを通しておかないとプリントはできない。
ともかく、やはり考えたとおりフィラメント検出ユニットの通りが悪いのが原因だとすればある種の故障なのか?

JTT28004II_B_03.jpg

※フィラメント検出ユニットを通さない場合でもダミーでユニットへフィラメントを通しておかないとプリントはできない


ここでも手前味噌ながら頭に詰め込んできた幾多の情報が役に立った。
もしかしたらフィラメントに問題があるのではないかと思い、オレンジを外して以前使った事があるピンク色のフィラメントをセットして同じ条件でテストプリントをやってみた。勿論フィラメント検出ユニットを通してである。
結果は何の問題もない綺麗なプリント結果であった。

JTT28004II_B_06.jpg

※別途手持ちのピンク色のフィラメントを検出ユニットにセットして同じ条件でテストプリントをやってみると綺麗にプリントできた


ということはやはりオレンジ色のフィラメントが問題の原因だと考えざるを得ない。
確かにあらためてスプールを見ると巻きが雑然としている感じもする。しかし手元にある計測器はデジタルノギス程度しかないので精密なことは分からないが、確かに1.75mmの太さであるはずがバラツキが目立つようだ。また肉眼では分からないが指の間に挟んで数メートル送ってみると波というか捩れといったものも感じる。

要はフィラメント検出ユニットのキャパを越えた不均等なフィラメントだったためにスムーズに通らなかったようだ。
フィラメントの良し悪しでプリント結果が変わることは知識として知ってはいたが、これまで経験したことはなかった。またこればかりは手にして見ないことには、プリントしてみないことにはわからないから厄介だ。

そういえばJ&Tブランドのフィラメントも含めこれまで十数本を使ってきたが皆問題はなかった。無論これまではフィラメント検出ユニットは無かったからだが、それらの数本をフィラメント検出ユニットに通してテストしてみるとその後2つのフィラメントに問題が生じた。
フィラメント検出ユニットの存在はフィラメントの精度検査機になるのかも知れないが、そもそもはフィラメントが無くなった際の検知ユニットだから当該ユニットは少々シビア過ぎるのかも知れない ^^;
検証は続く…。



広告
ブログ内検索
Related websites
Macの達人 無料公開
[小説]未来を垣間見た男 - スティーブ・ジョブズ公開
オリジナル時代小説「首巻き春貞」一巻から外伝まで全公開
ラテ飼育格闘日記
最新記事
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

appletechlab

Author:appletechlab

主宰は松田純一。1989年Macのソフトウェア開発専門のコーシングラフィックシステムズ社設立、代表取締役就任 (2003年解散)。1999年Apple WWDC(世界開発者会議)で日本のデベロッパー初のApple Design Award/Best Apple Technology Adoption (最優秀技術賞) 受賞。

2000年2月第10回MACWORLD EXPO/TOKYOにおいて長年業界に対する貢献度を高く評価され、主催者からMac Fan MVP’99特別賞を授与される。著書多数。音楽、美術、写真、読書を好み、Macと愛犬三昧の毎日。マネキン造形研究中。2017年6月3日、時代小説「首巻き春貞 - 小石川養生所始末」を上梓(電子出版)。続けて2017年7月1日「小説・未来を垣間見た男 スティーブ・ジョブズ」を電子書籍で公開。
2018年春から3Dプリンターを複数台活用中。ゆうMUG会員