Apple、iPhone 11 Pro と iPhone 11 Pro Max発表

Appleは9月10日、プロレベルの新しいiPhoneとして、iPhone 11 Pro および iPhone 11 Pro Max を発表した。この新しい2モデルは、最高レベルのスマートフォンを求めるユーザーに向けて先進的なパフォーマンスを提供。新しい Super Retina XDR ディスプレイは、プロという名がつくにふさわしいディスプレイで、iPhone史上最も明るい画面を備えている。


iphone11pro_20190911.jpg

Appleが新たに設計した A13 Bionic チップは、あらゆる作業に比類のないパフォーマンスを発揮する一方で、一日中使え、かつてないほど飛躍的に延びたバッテリー駆動時間を実現します。新開発のトリプルカメラシステムは、超広角、広角、望遠の3つのカメラにより、まさにプロレベルのカメラ体験を提供する。
同時に、新しいカメラシステムは、明るさが足りない場所での撮影でも絶大な機能の向上を果たしたほか、スマートフォンとして最高品質のビデオ撮影が可能になったことで、動きのあるビデオなどの撮影にも効果を発揮。
iPhone 11 Pro と iPhone 11 Pro Max は、美しい新色のミッドナイトグリーンを含む、非常に美しい4つの仕上げでお届け。予約注文は9月13日(金)より開始、店頭販売は9月20日(金)からの開始を予定している。

Newsroom





Apple、Apple Watch Series 5を発表

Appleは9月10日、スリープすることのない新しい常時表示Retinaディスプレイを搭載したApple Watch Series 5を発表した。常時表示Retinaディスプレイは、手首を上げたりディスプレイをタップすることなく、時刻や大切な情報を簡単に見ることができる。


applewatch5_20190911.jpg

内蔵のコンパスや今いる場所の高度な表示など、新しい位置情報機能はユーザーの日常のナビゲーションをもっと快適にする。また、海外における緊急通報機能により、150以上の国で、iPhoneが近くにない場合でも、Apple Watchから直接緊急サービスへの通報を行うことができるようになった。
Apple Watch Series 5は、素材の選択肢が広がり、アルミニウム、ステンレススチール、セラミック、新しいチタニウムから選ぶことができ、ユーザーはwatchOS 6のパワーと、周期記録、ノイズアプリケーション、アクティビティのトレンドなどの新機能を組み合わせることで、健康とフィットネスを自在に管理することができる。

Newsroom



Apple、東京に日本最大の直営店を土曜日オープン

Appleは9月7日(土)、東京·丸の内のビジネス街の中心、歴史ある東京駅の駅舎の向かいに、日本で最新かつ最大規模の直営店をオープンすると発表。Apple丸の内は、複数年に渡る直営店事業投資の一環として、昨年4月以来、日本で新たにオープンする3番目の直営店となる。


applenews20190905.jpg

東京エリアにおけるAppleの5番目の直営店は、他に類を見ないファサードを持ち味として、コーナー部分に3次元の丸みを得るために特別に加工した国内産のアルミニウムから作られた、高さ2階分のヴィトリン·スタイルのショーウインドウを備えている。ヴィトリン·スタイルのショーウインドウは、この種の装飾としては初めてのもので、隣接するエリアの活気あふれる通りと店舗を結び付けるのに一役買うことになる。
その内側は、ウインドウ開口部に沿うように国内産の竹が設えられて外の雰囲気を内側に引き込んでいる。店舗の中央には2階分の高さのアトリウムがあり、1階と2階を結び付けている。そして、このエリアが東京·丸の内で開催されるToday at Appleセッションの新たな拠点になる。

この新たな店舗では、世界的レベルのクリエイターによるToday at Appleセッションを開催し、9月はオープン記念として12回シリーズの特別セッション “The Tokyo Creative Guild” をスタート。Apple丸の内では、お客様は、Appleの製品すべてに実際にふれて体験したり、技術的なアドバイスやサポートを受けたり、Creative Proのリードにより創作力を発揮することができる。
Apple丸の内に在籍する130名以上のチームメンバーの半数以上が、日本国内の他のApple直営店から異動してきたメンバーです。チーム全体としては15言語を話せることになるので、世界中から訪れるお客様に応対することができる。
なおAppleはまた、今月後半には、Apple福岡をさらに広い場所に移転して新たにオープンし、Apple表参道の改装も完了するという。

Newsroom




HomePod、8月23日(金)より日本で販売開始

Appleは革新的なワイヤレススピーカー、HomePodが、日本で本日(8月16日)より予約注文開始し、8月23日(金)より販売開始となると発表。HomePodはどこに置いても素晴らしいオーディオクオリティを提供し、Appleが開発した独自のオーディオテクノロジーと高度なソフトウェアの組み合わせにより、部屋を満たす高精度の音を提供する。


HomePod_20190816.jpg

HomePodはSiriとApple Musicのサブスクリプションと連動して、これまでにないリスニングの体験を創造する。また、ボイスコントロール対応デザインとなっているため、大音量で音楽を再生中でも部屋の反対側から「Hey Siri」と呼びかけて操作することができる。

HomePodは、Appleが開発したオーディオテクノロジーと先進のソフトウェアを組み合わせ、小型のスピーカーのための新しいオーディオクオリティースタンダードを確立した。自動室内センシング技術を用いて、HomePodは部屋の中の自らの位置、例えば部屋の隅に置かれているのか、テーブルの上に置かれているのか、あるいは本棚に置かれているのかをすぐに学習し、どこに置かれていてもほんの数秒で没入感のあるリスニングの体験を提供できるように最適化する。
HomePodは、深みのあるクリーンな低音を実現するAppleが設計したウーファー、信じられないほど優れた指向性制御でピュアな高周波音を出す7つのビームフォーミングツイーターのカスタムアレイ、そしてパワフルなテクノロジーを組み込み、原音の豊かさと意図を忠実に再現する。

Newsroom




Instagram、投稿の「いいね!」数を非表示にするテストを日本でも実施

Instagramは7月19日、投稿の「いいね!」数と動画再生回数を非表示にするテストを、日本を含む一部の国において実施すると発表した。このテストは、コミュニティに「いいね!」の数ではなくInstagram上でのつながりやシェアする写真や動画の内容を重視してもらいたいという思いから実施するもので、対象となるアカウントのフィードやプロフィール画面などの全ての写真・動画に対する「いいね!」数と動画再生回数が、投稿した利用者本人にのみ表示されるようになる。


Instagram20190719.jpg

投稿上の「XXXさん他が『いいね!』しました」ををタップすると、引き続き自分の投稿に付いた「いいね!」数と動画再生回数を確認することができ、どのアカウントが「いいね!」したのかも一覧で確認することができる。
本テストは今年5月にカナダで開始し、コミュニティからのフィードバックを収集していたが、より多くの国と地域の利用者に与える影響を学ぶため、Instagramにとって重要市場の一つである日本でもテストを実施することになった。今回のテストから得られる新たな学びを活かし、今後もInstagramが家族や友だちとの距離を縮め、自分の趣味・関心、お気に入りのビジネスとのつながりを深める場になるよう、様々な取り組みを続けていくという。

ニュースルーム



広告
ブログ内検索
Related websites
Macの達人 無料公開
[小説]未来を垣間見た男 - スティーブ・ジョブズ公開
オリジナル時代小説「首巻き春貞」一巻から外伝まで全公開
ラテ飼育格闘日記
最新記事
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

appletechlab

Author:appletechlab

主宰は松田純一。1989年Macのソフトウェア開発専門のコーシングラフィックシステムズ社設立、代表取締役就任 (2003年解散)。1999年Apple WWDC(世界開発者会議)で日本のデベロッパー初のApple Design Award/Best Apple Technology Adoption (最優秀技術賞) 受賞。

2000年2月第10回MACWORLD EXPO/TOKYOにおいて長年業界に対する貢献度を高く評価され、主催者からMac Fan MVP’99特別賞を授与される。著書多数。音楽、美術、写真、読書を好み、Macと愛犬三昧の毎日。マネキン造形研究中。2017年6月3日、時代小説「首巻き春貞 - 小石川養生所始末」を上梓(電子出版)。続けて2017年7月1日「小説・未来を垣間見た男 スティーブ・ジョブズ」を電子書籍で公開。ゆうMUG会員