ラテ飼育格闘日記(748)

桜も咲き始めたと思ったら春の嵐のような雨風が…。この時期は天気も変わりやすいのだろうし時に雨も降らなければ困るわけだが、どうにも近年は極端な天候が多くなったように思える。特にオトーサン的に悪天候で困るのはやはりラテを排泄のために連れ出す必要があることだ。


雨の日はお馴染みの公園にも足を向けられないし、したがって子供たちとも会えない。そしてなによりもラテは大嫌いなレインコートを着せられるわけで機嫌がよくない。
それもオシッコだけなら場合にもよるものの極々短時間で終わるはずだが、大の方を目的とするとこれが厄介なことになる。

Latte748_01.jpg

※ラテは元気だが先週は天候が激変したので大変だった


天気の良い日ならいつものルーチンでありオトーサンも手慣れたものだ。何しろ一日一度だと仮定しても15年間にはすでに5,500回ほどもラテのウンチを拾っている計算だ(笑)。しかし雨ともなると雨で路面を始めとして既存の臭いが薄れてしまうことはもとより、ラテは水溜まりが嫌いだからしてしゃがみ込む場所の選定にとても時間がかかる。

Latte748_02.jpg

※場所によっては桜も咲き始めている…


オトーサンとしてはどこもかしこも水浸しなんだからどこでも同じだ…と思うがラテにはラテの拘りがあるようでなかなかこちらの思うようには用事を済ませてくれない。
無論雨だからしてラテはレインコートを着せるにしてもオトーサンは大ぶりの傘を差して出かけるが小降りならともかく本降り場合は完全に雨を防ぐことはできない。

Latte748_04.jpg

※この時は小雨で助かった。早めに帰れたので濡れが少なかった


そして雨に濡れると後始末が大変なラテも可能な限り濡らさないようにと傘の半分を差し掛けて歩くようにしているが、先日の嵐のような雨風ではなかなか防ぎようもない。ただひたすら少しでも早く用事を済ませて戻ることが少しでも濡れないであろう対策になるわけだが、我が娘は機嫌が良くないこともあってか素直に歩かない。

そもそもが天気とは関係なく歩くスピードはとても遅い。とはいってもヨボヨボ歩きではないがとにかく遅くて秒速50cm〜60cm程度ではないか…。その上にワンコだからして電信柱やガードレールの支柱はもとより、植え込みやらをクンクンしながら歩くわけでかなり足が弱っているオトーサンだからこそイライラしてくる。
それでも天気の良い日はよいのだが、これが小雨でも土砂降りでもラテのペースは基本変わらないのが憎たらしい(笑)。

Latte748_05.jpg

※馴染みの女子たちにモミクチャにされて幸せそうなラテ


例えレインコートを着せても頭と尻尾やお尻は濡れるわけだし水溜まりを歩けばお腹や足の付け根まで撥ねがあがり濡れてしまうのが常だ。
要は雨の日はいかに短時間で目的を達して一秒でも早く戻るかが後始末を軽減する良策である。そして濡れるのは勿論ラテだけではなくオトーサンだってなるべくラテを雨から保護しようと傘の半分を差し掛けるようにしているからオトーサンの半身はほぼびしょ濡れとなる。

ということで問題はウンチの方だ。確かにラテの身になれば「はいどうぞ」と言われて即排泄できるはずもないし場所や臭いに拘りがある上に路面は濡れており、不用意にしゃがみたくないようなのだ。したがって必然的に時間がかかる…。
なんとかやっと用が済み始末をするわけだが、リードを引きながら傘を差しての作業はなかなかに難しく結局短い間とはいえ後始末しているときにまたまた本格的に濡れてしまう。

Latte748_03.jpg

※起床後オトーサンの支度が終わるのを待っているラテ


「それ、帰るぞ」と踵を返してもラテは早足をしてくれない。駆けろとは言わないがいま少し早足で歩いてくれれば濡れる時間も短くて済むわけだがオトーサンがリードを強く引いてもラテはマイペース。それが加齢も含めて体力的に限度なのか、それともメンタル的なものなのかは不明だが、歩けないとすればイライラするだけオトーサンの負けだ。
と言うわけで結局オトーサンとラテは常にびしょ濡れの帰還となるのでありました。




ラテ飼育格闘日記(747)

少しずつだが春の気配を感じられるようになってきた。気温が高めになるのは勿論、散歩の途中で木蓮や沈丁花などの花々を目にすることも多くなった。そしてラテにとっては丁度良い季節だからかオトーサンが困るほどよく歩く…。


Latte747_01.jpg

※お陰様で足の調子は良いようだ


一時期、ラテは右後ろ足の不調でオトーサンたちは大いに心配し困惑した。ワンコとしてはすでに高齢の域に達していることでもありこのまま治らないのではないかと覚悟したこともあった。
しかし幸いなことに約6ヶ月ほど経つと足取りもしっかりしてきたので喜んでいたが、いまでは外見的には何の問題もないように思える。

Latte747_05.jpg

※魅惑のシッポ


ただし全体的にというか、腰も弱ってはいるようでお座りをあまりしたがらない。それは良いのだが最近オトーサンが「おいおい、大丈夫か」と思うほど歩くし歩きたがる…。

Latte747_02.jpg

※歩く速度は大変遅いがよく歩くこと歩くこと…


歩く気力があるということはやはり己の足に自信があるからだろうと喜んではいるが、オトーサンの足が限界を超えてしまったようで左足の膝関節が痛いというより力が入らないときが多々あるようになってしまった。

よく健康のためには歩け…と言われる。確かに有酸素運動にも通じるだろうから良いのだろうが何ごとも程度が肝心であろう。
ともかく中型犬や大型犬を飼われたことのある方は身をもってご存じだと思うが、ワンコの引く力は半端ではない。無論無闇にリードを引かないよう、飼い主主導の散歩ができるようにワンコを訓練すべきなのだがとにかく飼い主は大変である。

今でも忘れられないが、2006年の12月にラテを我が家に向かえたものの三日目あたりから右肩と左足関節が痛み出した。それまで普段は使った事のない筋肉を使い、力を入れるわけだし、そもそもラテはまだまだ飼い主との散歩の仕方も知らなかったわけだから引くこと引くこと…(笑)。

Latte747_04.jpg

※土砂降りの中、出かけた結果は当然こうなる(笑)


そして歩くだけでなく広い公園をリードを付けたまま走った走った。そんな訳だからたちまちオトーサンの足腰に支障がきてしまった。今回の膝関節も元を正せば最初期に痛めたのが何度か再発した結果だといえる。
無論逆をいえば、オトーサンはラテがいなければ散歩などする人間ではない(いばるな)。しかし散歩を続けてきたことが結果として体力温存に貢献してくれてきたともいえる。

しかし加齢も加わり、結局は歩き過ぎとリードを引く力の影響だろう、一番弱っていたところにさらに支障が出るようになってしまったに違いない。
天気が悪い日はともかく、好天気だとやはり朝夕ともに小一時間歩くことになる。とはいえ当然オトーサンもラテがリードを引くにまかせて歩き回っているわけではない。

己の体調に合わせ、今日は早めに戻ろうなどと算段しながら家を出るが、ラテはそんなオトーサンの思惑などどこ吹く風だ。このまま真っ直ぐ行けば小一時間はかかるから右に曲がって…とオトーサンがリードを引くとラテはがんとして拒否して踏ん張る。その力は半端なものではないがオトーサンが本気でやれば引きずることも出来るものの、
その際のラテの目付き、オトーサンを見上げる目付きに負けてしまいがちなのだ。

Latte747_03.jpg

※そっちには行かないよ!…


こんなことを言うとラテは何の訓練もせずの我が儘放題なワンコのように思えるかも知れないが、そうではない。歩く時はオトーサンの左右から離れず、そしてオトーサンより前には出ないで歩く。しかしそれでもオトーサンがリードを引かざるを得ないシーンは多々あるのだ。
排泄のタイミングを推し量り、そうした際には家屋が建ち並ぶ側を歩かせないとか、危ないものやバッチイものが散乱している路面を避けるなどなどはオトーサンの役割だからだ。そして最近では何よりも歩くスピードがメチャ遅い。

Latte747_06.jpg

※膝関節を痛めてしまったオトーサンはステッキを使う羽目に…


そんなこんなで結局オトーサンは「転ばぬ先の杖」の諺通り、ステッキを使うはめになった。ただし面白いと言っては変だが、今のところラテとの散歩中はステッキは使うつもりはない。ひとつには繰り返すがラテの歩きが非常に遅いこと、そしてラテのリードを引いていることがオトーサンの歩行のバランスを取っていると思われるからだ。しかし例えば買い物に出ようと一人で歩こうとすると足元が心許ないのだ。
いつもいつも膝の調子は同じではなく調子のよい時もあるが、臨機応変…調子が悪いときには躊躇わずステッキを使おうと思っている。





ラテ飼育格闘日記(746)

「犬も歩けば…」の諺ではないが、歩き回ればそれだけ色々なことや様々に人に出くわす。無論不快なことであっては嫌だが興味深いのはやはり面識のない方達との一時の交流ではないだろうか。


時間帯にもよるもののオトーサンたちは基本人の歩かないような場所には足を踏み入れない。一昔前はともかくラテも力強かったしオトーサンも体力があったから実によく歩いたし、それまで足を踏み入れたことのない場所へ積極的にラテと出かけたものだ。したがって自宅を中心に半径2キロメートルの場所は一部地域を除いて皆歩き回った。

Latte746_01.jpg

※散歩から戻り、体を綺麗にしてブラッシング後の笑顔


半径2キロメートルというと大した距離に思えないがこれは地図上の直線距離だし、現実の地形は起伏が激しく回り道を強いられる場所も多いから中々に大変なのだ。
その途中途中には緑も多く、春は桜にむせ返るようだし秋には見事な紅葉を楽しむことが出来る。

その過程で多くのワンコたちとその飼い主さんたちと出会ってきたし、時にワンコ好きの方たちからは様々な声がかかった。しかし子供たちはともかく、初対面の大人が近づき、ましてや声をかけてくる状況はラテにとっては警戒すべきことのようで間違いないというほど吠え続け時には唸った。
したがって挨拶程度はともかくいつもオトーサンはラテに吠えられたそれらの方々に「すみません」と謝るしかなかったし、すれ違うワンコの頭を撫でようものならこれまたラテが嫉妬で吠え掛かるから我慢するしかなかった。

Latte746_02.jpg

※ラテはエレベータが好き!


それがこのところ、100%というわけではないいが初対面の大人が近づいても吠えなくなった。
吠える体力が無くなったのか、あるいは経験上大丈夫と思うようになったのか、またはその両方なのかは分からないが、ともかく初対面の人に近づき笑顔を見せるときさえある。

先日も印象的なことがあった。それは朝の散歩途中後ろから「ワンちゃん、おいくつ?」という声がかかった。振り向くと老齢のご婦人だったが、ラテの眼前に躊躇なく座り込んだのだ…。
聞けば昨年16歳の愛犬を看取ったのだという。いまでも辛くて他のワンコにもなかなか声をかけられなかったが今朝はどういうわけか声をかけてみる気になったという。

Latte746_04.jpg

※初対面にも関わらず座り込んだ方の手袋をペロリと舐めた


病気ではなく老衰だったそうだが、簡単にペットロスのひとことで片付けられないものを含んでいることは重々分かる。幸いラテは後3ヶ月で15歳になるが、今のところそうそう心配する点はないようだが、次々と同年配の友達ワンコが亡くなっていくのは実に辛いし、日常でもビーグル犬を見ればひとつの容器から一緒に水を飲んでたハリーのことを思い出すし、ボーダーコリーを見ればボーちゃんとラテが体をぶつけ合って走り回っている姿が目に浮かぶ。そして今でも涙ぐんでしまう…。

Latte746_03.jpg

※散歩途中のご機嫌な表情


ラテは少々難はあっても元気でいてくれるが歳であることは事実。そして考えたくはないが、いつかは別れの時がくるはずだがそのときオトーサンは正常な神経でいられるのだろううか…。
ラテの前に跪き、涙ぐみながら手袋のままの手をラテに向けたご婦人だったが、ラテは吠えないだけでなく初対面の人の手袋をペロリと舐めたのだ!
まるで慰めるように…。

その数日後、女房の仕事が休みだったこともあり久しぶりの道をラテと歩いた。そして女房が買い物をしている間、以前はよく乗っかったベンチにラテは飛び乗り上機嫌だったのでオトーサンもそのベンチの端に座り込んで休んでいた。
するとこれまた年配のご婦人がニコニコしながら近づいて来た。オトーサンは習性でラテのリードを手元に引いたがその方は「愛嬌のあるワンちゃんだこと。何犬ですか?」と聞いてきた。

Latte746_05.jpg

※これまた初対面の方を前にして笑顔のラテ


ラテはベンチに乗ったまま笑顔を続けている。無論そのご婦人も初対面の方だが、ラテは吠える気配は無く大人しい。
そのご婦人は長い間、野良猫の保護と飼い主を探すというボランティアを続けてきたのだという。性分で野良猫と出会うと放っておけないのだという。そして去り際に「犬猫はね、生き仏さまなのよ…」と言いつつ踵を返した。





ラテ飼育格闘日記(745)

三月になった。とはいえすぐに温かくなるわけではないだろうが、見馴れている冬木立もどこか春めいているような気がする。また梅の花も咲き、確実に春の足音が聞こえるようだがまだまだ朝は寒いし油断は出来ない。体調を崩さないようにしないと…。


Latte745_01.jpg

※我が儘なラテ…


三月に入ってすぐの行事といえばひな祭りだが、実は我が家にも雛人形はある…。ただし近年は飾るのを忘れたりして秘仏ではないが拝めない数年が続いたものの今年は忘れずに飾った。
実はこの木目込み人形は二十五年ほども前にオトーサンが女房にプレゼントしたものなのだ。それがいまでは女房はもとよりだが、ラテの健康をも祈るためのアイテムにもなっている。

Latte745_02.jpg

※今年は忘れずに雛人形を飾りました


そもそも当時もマンション暮らし…。何段飾りといったセットは飾る場所がない。ただしガラスケースに入った飾りでは些か寂しいと選んだのがこの木目込みの内裏雛だった。
コンパクトであることは間違いないが、それでもこの一式を飾る場所がなかなかないのが現状。しかし今年は何とか玄関を整理して飾ることが出来た。

とはいえ女房はともかく、ラテが雛人形で喜ぶわけはないがラテも雌なのでオトーサンにとっては大切な娘だから共に三月三日を楽しもうというわけ。
でも正直言うと二月二十八日のスーパームーンを眺めた翌日に雛人形を出したのだからぎりぎりだ(笑)。

Latte745_04.jpg

※お陰様でラテの足も一見問題があったとは分からないほどに回復した


そんなラテは毎日よく寝てよく食べ、よく歩きそしてよく遊びをせがむ。特に女房が仕事から帰ってきたり休みの時は女房につきまとい、そして遊べと吠えることが多い。遊びと言っても室内でボールを投げたりして持ってきたらオヤツをあげる…といった程度のことだが、外で駆けずり回る事が無くなったからか家での要求が多くなった。

以前は同じ室内でのボール遊びは一日に1度の要求だったが、最近は2度3度と要求するので些か困っているが、きっと他にストレス発散や楽しみを味わう機会が激減しているからかとオトーサンたちはなるべく付き合って上げることにしている。
というか、こちらが遊びを始めないと吠え続けたりして五月蠅くてならないのだ。

要はかまって欲しいということに違いないが、それではと抱き上げたりしようとしても逃げるだけ(笑)。どうにも愛情表現は一方的過ぎる。遊んで欲しいがあまりベタベタしないで…ということらしい。
ともあれ公園を仲間のワンコと駆けずり回ってい際には多くの刺激もあり、楽しかっただろうしストレス発散にもなったに違いいない。しかし近隣にわんこ同士で遊べる友達はいないし、老犬の宿命かすでに全速力で駆け回る体力もない。

Latte745_03.jpg

※こんな長い階段もゆっくりとだが上り下りする


そんなラテの気持ちの一端は散歩から戻り道の歩き方や、家に帰って四つ脚などを綺麗にするときに分かる。公園で好きな子供やそのオカーサン方に出会ったり、お互い遊びはしないが近隣のワンコと鼻をつき合わせたりしたときは足取りが些か軽快だ。反して刺激が無く不満なときはマンションのエントランスの前に着いても「もっと散歩する」とリードを引いて駄々をこねる。

またワンコの表情なんていつも同じだろうと思っている方はいないだろうか…。それは大間違いで楽しいとき、興味津々のとき、そして嫌なときや怖いときで尻尾の状態はもとより顔の表情は大きく違う。
面白くないときは見るからにぶすっとした顔だし嬉しい時は満面の笑顔でこれが同じワンコかと思うほど違う。それだけにオトーサンはラテの笑顔が少しでも多くなるようにと努力をしているが、こちらもあっと言う間に年寄りになってしまったわけで無理はできない(笑)。

Latte745_05.jpg

※女房に体を綺麗にして貰っているときの顔


ということで遊びはどうしても室内になってくる。無論室内では多々制約もあるが、ラテが喜びそして少しでも好奇心を増すような工夫を織り交ぜながらオトーサンは日々辛い膝と腰をさすりながラテと睨み合っている。






ラテ飼育格闘日記(744)

日中は随分と暖かい日が続いたが、このままスムーズに春の気候になるわけではない。まだまだ朝晩はかなり冷え込むだろうし場合によっては4月に入っても雪が降った年もあったから油断はできないものの、ラテはオトーサンが音を上げるほど本当によく歩く。


先日の朝のこと、オトーサンの左足の膝が痛いこともあって2, 30分の散歩で済まそうと家を出た。そして30分程度でも戻れる道と小一時間かかる道との分岐点にきたとき、オトーサンは当然のように早く帰れる道へとリードを引いたがラテはどうしたことか強く嫌だと踏ん張る。

Latte744_01.jpg

※最近のラテはよく歩く


結局オトーサンが根負けしてラテの選んだ道を歩き始めたが、ラテは「やったね」とでも思っているのかオトーサンにアイコンタクトしつつ歩き始める。
とはいえその歩き方はしっかりしているものの、スピードはいたって遅い。そのあげくに植え込みや電信柱があるとわざわざそちらにリードを引き嬉々としてクンクンしながらだから、時間のかかること…。

Latte744_06.jpg

※久しぶりに女房がリードを引くとラテのアイコンタクトが多くなる


そしてまたまた右か左かの分岐点に差し掛かった。一方は橋を渡り…と馴染みの道であり、こちらへ歩けば場合によって色々なワンコと遭遇できる可能性がある。
また一方の道はここの所足を向けていない道であり、戻れる時間は同じようなものだとしても景色に変化は少なくオトーサンとしては楽しくない方向でもある。

Latte744_03.jpg

※公園でラテを可愛がってくださるオカーサンとご挨拶


しかしここでもラテはオトーサンの嫌がる方向へリードを引きやがる(笑)。
これまたそこでワンコと揉み合っても仕方がないのでオトーサンが譲歩して歩き出した。ラテは久しぶりの道だからか、いつもよりクンクンが頻繁だ。
とはいえやはりと言うべきか、ワンコ連れとは行き会わないのでオトーサンは些かつまらない…。

そのとき後ろから追い抜いていく数人のオジサン軍団のお一人から「おはようございます」と声がかかった。無論面識のない方々で、もしかしたら町内会とか老人会といったお仲間で散歩をしている方々なのかも知れない。
オトーサンも会釈しながら「おはようございます」と挨拶したが、その方が続いて「ワンちゃん、しっかり歩けるようになってよかったねえ」と笑顔を向けてくれた。

Latte744_04.jpg

※「ワンちゃん、しっかり歩けるようになってよかったねえ」と声をかけてくれた…


オトーサンは「ありがとうございます。お陰様で…」としか返事が浮かばなかったが、以前きっとどこかでラテが右後ろ足を引きつつヨタヨタと歩いている姿を見ていて下さったに違いないのだろう。
ラテも吠えずに頭を上げていたが、嬉しくなったオトーサンはラテにオヤツを一切れ差し出した(笑)。

そういえばこれは夕方の散歩だが、いつもの公園に向かうとラテを可愛がってくれる小学生女子たちと出会い、ラテ至福のひとときを過ごしていた。そのとき前方から見覚えのある姿が目に入った…。
ボストンテリアのボビーちゃんとその飼い主さんである。オトーサンたちが昔日参していた広い公園まで足を向けられないことを知り、時々車で様子を見に来てくださるのだ。

Latte744_05.jpg

※ボビーちゃんとオトーサンが会いに来てくださった。ボビーちゃん、早く完治してね!


気がつくとボビーちゃんの首に襟巻きのようなものが巻かれていた。聞けばごく最近癌の手術をしたそうでその傷口を隠すためだという。ボビーちゃんもラテと同級生なので今年15歳になる。したがって人間同様いろいろな箇所に問題が出やすい年齢なのだろうが、何とか完治して欲しいと車に戻って行かれる後ろ姿にオトーサンは心の中で手を合わせた…。




広告
ブログ内検索
Macの達人 無料公開
[小説]未来を垣間見た男 - スティーブ・ジョブズ公開
GUI を再発明する: ポスト・ウィンドウ・インターフェイス序論
オリジナル時代小説「首巻き春貞」一巻から外伝まで全完無料公開
ラテ飼育格闘日記
最新記事
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

appletechlab

Author:appletechlab

主宰は松田純一。1989年Macのソフトウェア開発専門のコーシングラフィックシステムズ社設立、代表取締役就任 (2003年解散)。1999年Apple WWDC(世界開発者会議)で日本のデベロッパー初のApple Design Award/Best Apple Technology Adoption (最優秀技術賞) 受賞。

2000年2月第10回MACWORLD EXPO/TOKYOにおいて長年業界に対する貢献度を高く評価され、主催者からMac Fan MVP’99特別賞を授与される。著書多数。音楽、美術、写真、読書を好み、Macと愛犬三昧の毎日。マネキン造形研究中。2017年6月3日、時代小説「首巻き春貞 - 小石川養生所始末」を上梓(電子出版)。続けて2017年7月1日「小説・未来を垣間見た男 スティーブ・ジョブズ」を電子書籍で公開。
2018年春から3Dプリンターを複数台活用中。ゆうMUG会員