ラテ飼育格闘日記(667)

まだまだ日中の気温は30度を超えるときがあるが、一時の猛烈な熱気は無くなったので随分と散歩がしやすくなった。とはいえそれが即ラテを活発にするわけでもなく、相変わらずグダグダの散歩が続いたりしている。


その散歩用のリードを買った。買い換えでは無く買い増しである。
ラテのリードもこれまで数本買い換えたが、現在はハーネスをさせ、それにリードを着けている。本当ならというか、普通なら首輪に直接リードを繋げば済むことだが、この数年はハーネス、それも平織りのワイヤーで覆う感じが少ないものを使っている。

Latte667_01.jpg

※気温はかなり低くなったが、ラテは相変わらずだ


つまらぬ計算をしてみたが、ラテを引き取ってからこれまでの約12年9ヶ月間の散歩した回数は日々3度としても14,000回を軽く越えている…。それも最初の6,7年はラテも若かったから走った走った。
オトーサンは公園など他者がいるパブリックな場所では必ずリード(5メートルまで伸びるやつ)をつけているから必然的にオトーサンも走らざるを得なかった。

Latte667_05.jpg

※大好きなご近所のオカーサンとチュー


これで膝を痛めたオトーサンだったが、首輪にリードが着いている利点はワンコのコントロールがやりやすいことだ。ラテと歩くとき、ラテはオトーサンの左右どちらかについて一緒に歩くのが基本。
しかし幼犬時代は気が急くのか先に先へとリードを引く傾向があったものの最近は逆にオトーサンの歩みより遅れ気味になるときが多くなった。これも歳のせいかも知れない。

ともあれ時にリードを引かなければならない場合に首輪だと当然のことながら首にすべての力が加わる。その上に強情なラテは首が絞まって「ゲッ」となりながらも動きたくないと抵抗するときもあり、オトーサンとしては悩みの種だった。
そこでハーネスを使うことにした。これなら背中側にリードを装着するわけだから強く引いても首が絞まることはない。良いことだらけだと喜んだが、どうやらラテが一番喜んだようなのだ。なぜなら首に力が集中しなくなったから時により強力な抵抗をするようになった…。

Latte667_03.jpg

※久しぶりに大勢の女子に囲まれご機嫌!


それからこのハーネスはもう一点まずいことに気がついた。
それはオトーサンの意志をリードで伝えることが難しくなったのだ。なぜなら首輪のときには例えば拾い食いを阻止するにも、こっちに行くぞという意志表示もリードをツンと引けば伝わった。特にバッチイものにクンクンしそうなときなど「ツン」と引けばマズルを簡単にずらすことができたが、ハーネスにリードが着いている位置は首と言うより背中なのだ。したがって強く上に引き上げるのならともかく、「ツン」と引いたくらいではラテは屁とも思わない(笑)。

Latte667_04.jpg

※いま使っているリードを前に繋ぐハーネス


で、色々と探した結果ハーネスでも背では無く首に近く、上側では無く首の下あたりにリードを繋ぐ製品があるのを知って早速手に入れた。
これは今のところ大きな問題もなく便利に使っているが、今度はこれまで着けていたリードに問題があることが分かった。
そもそも小型犬と違い、中型犬や大型犬は力がとても強いからリードの作りもそれなりに幅が広かったりフックが頑丈で大型だったりする。

これまで使ってきたリードもハーネスの背に着けていたから気にならなかったが、首の下側になると金属製で大きめそして重いフックが首や胸に当たるのだ。
「ツン」と引いたときに「ぱしっ」と当たったことに気がついたオトーサンは早速リードを買い換えたと言う訳。

Latte667_02.jpg

※新たに買ったのは左の二本


それから広いところで遊ばせるならともかく、日常の散歩ではリードの長さにも留意しなければならない。よく狭い歩道でもリードの長さまで一杯に伸ばして散歩している飼い主がいるがそれは周囲に対してもワンコに対しても危険な場合があるので止めるべきだ。
リードを伸ばせば当然ながら目が行き届かない。前方にガラスのかけらが散乱していたとしても飼い主は気がつかないことが多い。そしてなによりもすれ違う人たちの中にはワンコを嫌いな人もいる。連れているワンコが人に対して安全であるかどうかはこの際関係なくリードは適切に短くして歩道は歩くべきだ。

そういえぱリードにも長短があるが、一般的には長さが150cmと120cmあたりが標準のようだが普通に歩き遊ばせるには120cmあれば十分である。長ければそれだけ取り巻きというか扱いが難しくなるからだ。
これからはやっと気温が低くなるから久しぶりに遠方への散歩の機会も増えてくるに違いない。とは言ってもラテもオトーサンも歳なので昔ほど無茶はできないしやらないが、安全に楽しい散歩を続けたいものだ。


ラテ飼育格闘日記(666)

猛暑、激暑も去ったようだが湿度が高くて動くとまだまだ蒸し暑い。それでも少し風でも吹けば散歩は随分と楽になった。そして子供たちには叱られようが、やっと夏休みも終わり公園や街中に子供の姿が目立つようになってきたのは嬉しい。


夏休みの間は猛暑と言うこともあるのだろうが、それぞれのご家庭で行楽の予定を立てたりご実家に帰省といったことなのか、いつもの公園に行ってもホント…猫の子一匹いないという寂しい有様が続いた。

Latte666_01.jpg

※なんとか今年の猛暑も乗り切った感じだが、残暑もあるんだろうなあ…


また知り合いのファミリーの方々も小1ヶ月帰省されると言うことで、さてこの1ヶ月はラテとどのように散歩しようかと考えたが、結果猛暑はともかく雨も多くそもそもがきちんとした散歩がほとんどできなかったといえる。

まあまあそんな気候だったから朝はなるべく涼しい内に、そして夕方は日が落ちてから散歩を心がけていたこともあって知り合いの子供たちと出会うことはほとんどなかった。
だからだろうか、人恋しい気持ちがあるのかラテはまったく知らない女子中学生たちが通ると追いかけるように体を向けて愛想を振りまいたりする…。

Latte666_02.jpg

※オトーサンと散歩だよ!


ワンコに時間の概念…一ヶ月逢えなかったという感覚はないのだろうが、オトーサンには長かった(笑)。
8月25日の夕方、いつもの時間帯に散歩に行こうと家を出てラテと交差点の信号を待っていたら、向こう側にラテを可愛がってくださるファミリーのオカーサンとAちゃんがニコニコして待ってくれているではないか。
予定通り昨日ご実家から戻られたからだろうが、それを発見したラテは信号が青に変わると太い体を揺らしながら走った!

Latte666_07.jpg

※一ヶ月ぶりにKファミリーと再会!


どうにも涙もろくなったオトーサンは感動しつつもモバイルカメラを向けたが、結局ファミリーは近隣のお祭りに向かうというのでオトーサンとラテも同行することにした。
猛暑は治まったとは言えまだまだ蒸し暑いからラテがきちんと歩いてくれるかが心配だった。まあダメならそこで引き返そうと思いつつ歩き始めたが、ラテは嬉々としてAちゃんの後を追っている。

Latte666_06.jpg

※祭りの会場にはすでに人が集まり始めていた


祭りの会場まではせいぜい10分程度の距離なのだが、着いてみると意外に人が集まっている。
まだ始まったばかりでこれから大太鼓などが運び込まれ、盆踊りが始まるようだがラテと踊る訳にもいかないし、ワンコがうろちょろしては迷惑だからと早々に戻ることにした。
帰り際にワンコ好きでチワワを飼っているというご婦人に「なに犬なの?」と聞かれた。「雑種ですよ」と答えながら初対面の大人が近づくと吠え出すからとオトーサンはリードを引き直す。

Latte666_05.jpg

※初対面のご婦人が近づいてもあまり吠えなかった


確かに数回「ワン」と乾いた声を出すが、以前のようにその人に向かって吠え続けることがない…。雰囲気に飲まれたのか、ワンコ好きの人は分かるのか、あるいはラテも歳を取ってだいぶ穏やかになったのか等などと考えながらオトーサンとラテは祭りの会場を後にした。



ラテ飼育格闘日記(665)

今週は豪雨と雷雨が続く日々が多かった。これも夏の盛りが終わるひとつのセレモニーなのかも知れないが、オトーサンは雨はまだしも雷が大嫌いなので台風でも散歩に出たけど雷のときだけは収まるのを待つしかない。


自分で言うのも変だが、この歳になって苦手なものはそんなにないと思っているが雷は嫌いだ。というより正直怖いのだ(笑)。これは小学生のとき、空き地の向こうにあった家が落雷で火事になったところをリアルタイムで見たことがひとつ。二つ目は所帯を持つ半年前に埼玉県北坂戸の公団住宅で一人暮らしを始めた際に猛烈な雷に出くわしたことによる。

Latte665_01.jpg

※ちょっと気温が低めだったからかこの日は機嫌がよかった


落雷で火事になった家は近所だったこともありとても怖い思いをした。雷は火災を引き起こすんだとトラウマになったようだ。そして公団の住居の話しの方だが、そこは4階だったしリビング側の窓の向こうは原っぱが続き何にもなかった。したがって覗かれる心配も無いし、なによりも当時は金がなかったから暫くの間カーテンもつけてなかったのだ。
この場所ではカルチャーショックというと大げさだろうが、親元にいたときとは違ったあれこれを多々体験した。

Latte665_02.jpg

※女房と一緒だと笑顔が多い


例えばやはり夏の夜のこと、ふと気がつき窓を見るとガラス一面が小さなバッタのような虫で覆われていたのだ。窓は閉めていたがカーテンがなく、室内は照明で明るかったからだろうが十数匹といったものならどうということはないが文字通りベランダ側の窓ガラスが虫で覆われている光景はさすがに寒気がしたものだ。

もうひとつはある日、猛烈な雷雨に見舞われたが何しろカーテンがないのだ(笑)。さらに部屋は1LDKであり、雷を見ないようにするにはそれこそトイレにでも入っていなければならない間取りだった。
まさか建物に落雷があるとは思わなかったが窓の外の空き地はまるで空爆でもされているかのように爆音と閃光が続き生きた心地がしなかった…。

Latte665_04.jpg

※過日の豪雨では電車が水しぶきを上げて通過


というわけでオトーサンは雷の怖さと危険さを熟知しているつもりなので腰が引けるのだが、幸いというかラテは雷を怖がらない。ワンコの中には雷が鳴り始めるとパニックを起こし、リードを引きちぎって迷子になってしまうということもあるそうだが…。
しかし不思議と言えば不思議だが、サッカーボールが跳ね返る音は怖がるくせに雷の音は平気なラテだ。

かなり前の話だが、雨降りの際に駅に向かおうと女房とラテとで出かけた。無論傘を差してだが、途中でもの凄い豪雨となり雷が鳴り始めただけでなく周囲に落雷の閃光が始まった。
「ひえ〜っ」と腰が引けつつなるべく閃光を目にしないように進むオトーサンと女房を尻目に、ラテは笑顔でルンルンと歩んでいった(笑)。

Latte665_03.jpg

※わざわざ狭いオトーサンの部屋の出入り口にデカイ体を横たえる


そんなラテだが最近はどうも後ろ足の筋力が弱ってきたように感じて心配している。別に歩くときにヨタヨタするわけでもないし、気になるワンコを発見したときには追いかけようとオトーサンに目で合図して駆け始める。
足を引きずったりもしないから問題はないのかも知れないが、散歩から帰って体を綺麗にするとき後ろ足を掴むと踏ん張っていないからかくたっとするような時がある。前足には見られないことだ…。

Latte665_05.jpg

※ダレた座り方だ


またお座りさせると散歩の疲れもあるのかも知れないが、まあまあだらしがない座り方をすることもある。幼犬時代から多少斜め座りする癖はあったが人間で言えば両足を前に放り出している感じ。
それでも痛がったり、触るのを嫌がったりすることはないのでまずまずと思っているが、十三歳を超えたのだから無理をしないように注意もしなければならない。
まあ、オトーサン自身にもそれは言えることなのだが(爆)。





ラテ飼育格闘日記(664)

この原稿を書いている8月13日午後は久しぶりに本降りの雨に見舞われている。しかし意外に日中は気温が下がらないので外は蒸し風呂のようだ。ピーカンも辛いが、雨も散歩には困ったもので、文句ばかり言っているようだがこれではまとまった散歩はできない。


室内では100%オトーサンの部屋とラテが寝ている場所の冷房は熱中症予防も含めてつけっぱなしだ。必然的に喉が渇くので水分補給も重要である。
オトーサンは「水を多々飲めばトイレが近い」で済むがラテはそうはいかない。なぜなら水はがぶ飲みするものの室内に敷いてあるトイレシートではオシッコをしてくれないからだ。

Latte664_01.jpg

※この時期は熱中症に十分注意しないとね


ラテの排泄はいま100%外で済ませている。朝夕二度の散歩時とこの時期は夜寝かす前に5分ほど外に連れ出すように心がけている。見ていると散歩から戻って水を飲み、食後に水を飲み、そして遊んだ後に水を飲む。
勿論水は基本冷たい水をいつでも飲めるようにしているしこの時期は飲んでくれないと熱中症にも関係するからそれは歓迎なのだ。しかし当然のことながら排泄が近くなるはずだ…。

Latte664_05.jpg

※散歩途中でも水は良く飲む


ものの本などによれば、ワンコは24時間ほどオシッコの我慢ができるとあった。事実ラテもオトーサンたちが引越の際に一度だけ一晩近所のペットホテルに預けたことがあるが、翌日引取に行ったとき係りの人の物言いに不覚にも嗚咽してしまったことがある。
それはオトーサンたちに捨てられたと思ったのかどうかは分からないが、食事は一切食べず水も飲まなかったそうなのだ。そして24時間の中で二度外に連れ出してくれたそうだがオシッコも一切しなかったという。

Latte664_02.jpg

※お馴染みの公園に立ち寄ったが、やはり誰もいなかった…


とはいえその最長記録?に再挑戦させるつもりは毛頭無いし、例えば夜21時に排泄させたとして翌朝の散歩が7時だとすれば10時間が経っていることになる。気にしすぎと言われれば返す言葉もないが、己の事を考えるまでも無くこれはけっこう辛いのではないかと想像して間違いはないと思っている。
ラテ自身もどのタイミングで外に出られるかを知っているから、水を飲むのを控えたり、例え水が入っている容器をピチャピチャやっていても確認すると量はほとんど減っていないときもある。それは口内の乾きを潤すだけで飲むのは我慢しているように思える。
とはいえ事実10時間も経って外に出れば当然といえば当然だが驚くほどの量のオシッコをする…。

Latte664_04.jpg

※「オトーサンどうしたの?」「虫に刺されて痒いから薬をつけているんだよ」


事実お漏らししたこともあるが、どうやら我慢できなかったというより遊びの後だったし我々の布団の上に乗ったりして気持ちが良く、ある種のウレションだったのではないかと思っている。
ついでに記すなら、お腹が悪くて我慢できないときにはそれなりのアピールをするが、オシッコのときにはそうした気配をほとんど見せないだけに心配なのだ。事実我慢させすぎだと膀胱炎になったりもするという。それにラテも老犬だし我慢も辛くなっているのではないか…。
とはいえ先日の夕刻、雨が強かったのでもう少し様子を見ようとオトーサンは考えていたがラテの我慢も限界だったのか珍しく「キューン」と泣きが入ったので急ぎレインコートを着せて外に出た。

Latte664_03.jpg

※秋を思わせるような空を見上げながら帰路を急ぐ


ということで我々飼い主の朝起きる時間にもよるが、少し寝坊した朝だと朝食前に外に連れ出すこともある。特にこの季節だと朝は比較的気温も低いからだが、こうして7時あたりに朝の散歩を済ますと今度は夕方の散歩までに時間が空きすぎて心配となる。
夏場が過ぎれば水分摂取が格段に落ちいつものパターンで心配がなくなるのだが、この季節はとにかく水を多く飲むから注視してあげないと…と思っている。






ラテ飼育格闘日記(663)

いやはや、ラテとの散歩も命がけだ…。朝はまだしも夕方の散歩は日が落ちないと虐待になってしまう。とはいえ17時過ぎてもまだまだ油断はできず、ここのところ恒例になった保冷ベルトをラテの首に巻いて出かける。オトーサンとしてはなるべく早く帰りたいのだが一端外に出るとラテがエンスト起こして帰りたくないとの意思表示。


絶対に冷房をONにしている家の方が涼しいのに、外の空気・雰囲気はまた格別なのだろうがラテの為を思えばオトーサンが強制終了させないとそれこそ体調を壊しかねない。
なるべく頻繁に水を飲ませ、路面温度の高い道や場所は通らないようにしつつ日陰を選んで歩くことを心がけているが。なかなか思うようには行かないから難しい。

Latte663_01.jpg

※元気に夏を乗り切ろうな!


それでも保冷ベルトは効果があるようだ。いまのところ20~30分程度の散歩だと「ハアハア、ゼイゼイ」と舌を長く出す様子はほとんど見られない。
この猛暑激暑はまだまだ続くと覚悟しなければならないのだろうが、朝の散歩で気がつけば雲の様子がうろこ雲みたいになっている。早く秋が来て欲しい…。

Latte663_02.jpg

※首に保冷ベルトを巻いて、いざ散歩へ


ということで、朝の散歩はラテが歩く気なら30分でも1時間でもつき合う覚悟で家を出るオトーサンだが、排泄が終わると自らUターンするところをみるとやはり気温が27℃とか28℃でも毛皮を纏っているラテにとっては不快なのに違いない。では雨でも降れば…とも思うが、そもそもラテは雨も嫌いだ。

Latte663_05.jpg

※非接触温度計で路面温度を測りながら歩く


逆に夕方の散歩はラテが歩きたがっても長居はせずに短時間で戻るように心がけている。そもそもこの季節は学校も夏休みで公園に出向いても人の姿がない。
ラテもオトーサンも寂しいがいましばらくの辛抱である。ともかく体を壊さないようにと心がけている。

そんなラテが相変わらず散歩中に座り込んでいたとき、ご近所の飼い主さんが通りがかって「あら、ラテちゃんの額にあるのは傷かな…」と指摘を受けた。
確かにそのとき、ラテの額の毛並みには深い三日月のような形が出来ていたのだ。オトーサンは簡素に説明したけど、前々から面白いといってはラテに叱られようが、事実なかなか面白い現象なのだ。

Latte663_04.jpg

※普段は写真左のように額の毛並みは普通だが表情により右のように深い亀裂に見える模様となる


要は人間でいうところの眉間の皺を例にすればよいのだろうか、ラテが千差万別の表情をする度に額の毛並みが動き独特のパータンを生み出すのである。
両耳の動き、目やマズルの動作にも微妙に関係するようだがその刹那刹那で傷のような形が変わっている。だから一見は確かに傷にも見えるのだ。

無論そのパターンは通常一瞬であっというまに平坦な額になるし次の瞬間にはまた別のパターンが生じる。多くのデータを集めて分析すればラテの感情を正確に視覚化できるのではないかと思ったこともあるが、まあラテが何を考えているかの大半はその言動と表情で分かる(笑)。
で、聞いてこられた飼い主さんへの返事の最後としてオトーサンは「こうして指で模様も作れるんですよ」と額に人指し指をくるくると回したら「面白い!」と声を上げられた。

Latte663_06.jpg

※オトーサンが指先で「ちちんぷいぷい」と突き回すとこんなカルデラ状になる(笑)


ラテの額にはカルデラのような円形のパターンがくっきりと現れていたからだ。




広告
ブログ内検索
Related websites
Macの達人 無料公開
[小説]未来を垣間見た男 - スティーブ・ジョブズ公開
オリジナル時代小説「首巻き春貞」一巻から外伝まで全公開
ラテ飼育格闘日記
最新記事
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

appletechlab

Author:appletechlab

主宰は松田純一。1989年Macのソフトウェア開発専門のコーシングラフィックシステムズ社設立、代表取締役就任 (2003年解散)。1999年Apple WWDC(世界開発者会議)で日本のデベロッパー初のApple Design Award/Best Apple Technology Adoption (最優秀技術賞) 受賞。

2000年2月第10回MACWORLD EXPO/TOKYOにおいて長年業界に対する貢献度を高く評価され、主催者からMac Fan MVP’99特別賞を授与される。著書多数。音楽、美術、写真、読書を好み、Macと愛犬三昧の毎日。マネキン造形研究中。2017年6月3日、時代小説「首巻き春貞 - 小石川養生所始末」を上梓(電子出版)。続けて2017年7月1日「小説・未来を垣間見た男 スティーブ・ジョブズ」を電子書籍で公開。ゆうMUG会員