ラテ飼育格闘日記(651)

五月も半ばだというのにはっきりしない天気が続く。雨の日も多いようだし、日が出れば気温が上がるのでラテが歩かない。毎年気温が高い時期は散歩に苦労するわけだが、今年も健康第一で乗り切らねばならない…。


天気の良い日、オトーサンは紫外線を避けるためにサングラスをして散歩に出る。白内障の手術は終わったがそもそも緑内障も患っており、紫外線が大敵だからである。より人相が悪くなるが、仕方がない(笑)。
キャップを被り濃い目のサングラスを掛けてラテと一緒にいつもの公園に入った。小学生のサッカー少年たちが元気にボールを蹴り合っている。

Latte651_01.jpg

※あまり歩きたくないよ


一人の子がオトーサンのサングラスに気がつき「目、どうしたの」と聞いてきた。オトーサンが説明しようとすると「あっ、目…手術したんだよね」と思い出してくれた。
「そうなんだ。オジサン、顔はいいんだけど目が悪くてさ」と言うと「がはははは」と大笑いする。

Latte651_05.jpg

※愛想のないラテだが、遊ばせ上手な飼い主さんの手にかかれば太い身体でピョンピョンと跳ね回る(笑)


ただ色の濃いサングラスは目に楽でよいが、ひとつ困ったことがある。それはラテとのアイコンタクトに支障がでることだ。
ラテはいつものように要所要所でオトーサンにアイコンタクトしてくれるし、オトーサンも顔を向けるが、色の濃いサングラスをしていてはオトーサンの眼差しがラテには見えない。

まあまあ、ラテがどう思っているかは分からないが、せっかくオトーサンにアイコンタクトしてもオトーサンの目の表情が見えないのではアイコンタクトの甲斐がないのではないかと思うのだ。
アイコンタクトは大切なコミュケーションのひとつでもあるのでこれはまずい…。ということで解決策は透明なレンズで紫外線をカットできるサングラスを使うことだが、まぶしさを軽減できないので良し悪し…。結局、色の濃いサングラスをしつつ、ラテの視線を感じたらサングラスを取って笑顔を送る…というアホなことをやっているオトーサンである。

Latte651_02.jpg

※ラテを可愛がって下さるAちゃんとオカーサンが立ち寄ってくださいました!


しかしオトーサンとラテの散歩が百点満点であるとは言わないが、行き交うワンコたちと飼い主さんの散歩を眺めていると「なんだかなあ」と思う散歩も多い。
本来なら余計なお世話なのだが、余計なお世話で済まないのも目立つのだ。
その第一はリードを持ちながらスマホを操作し続けている飼い主。これは自分の飼い犬も危険だし廻りも危ない。ということはワンコを見ていないわけだから、危ないことをしても、時にウンチをしても気づかないで歩き続けるというのがいる。それとも気づかないふりをしている確信犯なのか…。

Latte651_04.jpg

※完全なる重石状態


中には三匹も四匹も連れ、さらにリードを伸ばしたままでスマホに気を取られ、ほとんどワンコを見ていないという飼い主もいる。これはすれ違うだけで怖い…。
それから論外だが歩き煙草の飼い主もいる。
偉そうなことを言うが、散歩は単にワンコに運動をさせ、排泄させるためだけの時間ではない。散歩はある種、飼い主とワンコとの共同作業でもあり大切なコミュニケーションの時間であり、お互いの信頼関係をより築いていくための場なのである。

Latte651_03.jpg

※登校途中のAちゃんらに出会えてラッキー!


それなのに飼い主はワンコを注視していないからアイコンタクトしても、また何らかの意志表示をしても飼い主から反応がないのであればワンコの性格も次第に変わっていくに違いない。
「犬に気遣いなど必要ない」という声もあるかも知れないが、それでは飼い犬が不幸であるばかりか、第一楽しくないだろう。そしてワンコの素晴らしさ、賢さ、愛情深さなどを十分に知らずに過ごすことになるはずで何の為の飼い犬なのか…とオトーサンは思ってしまう。

初対面のワンコと相対したとき、そのワンコが安全かどうかは飼い主を見ればわかるというが名言だと思う。暗い家庭に育ったワンコに明るいワンコはいないし、反対に明るくフレンドリーに育ったワンコに危ないワンコはいないと思っているが、さてそれでは「お前の所のラテはどうなんだ?」と言われると…う〜ん(笑)。



ラテ飼育格闘日記(650)

まあまあ、暑いと思ったら寒いくらいの日があったり、さらに先日は豪雨だけでなく雹まで降るという変な天気。それでもオトーサンとラテは雨雲レーダーとにらめっこしつつ、雲の合間を狙って散歩に出るというこれまたゲリラ散歩が続いた。


世間様はゴールデンウィークの真っ最中。とはいえ我が家は通常運転なのでほとんど関係なく、いつもの時間にいつものようにラテと散歩に出かける毎日。
しかしラテがいるからこその散歩だが、肝心のラテは協力的ではないのが玉に瑕。

Latte650_01.jpg

※歩くの面倒だけど外にはいたいという…


先日の夕方、大きな橋の上でラテがグズグズと歩いていたら年配のご婦人が「あら、どうしたのかしら。老犬なの?」と声をかけてくれた。オトーサンはどちらかといえば人嫌いの男ではないが、見ず知らずの大人が近づくとラテが吠えるから、まともな会話をすることができないのが普通なのだ。
しかしそのときはどういうわけかラテは吠えない…。

Latte650_03.jpg

※まだ、ここにいちゃあダメですか?といった顔


オトーサンは「今年13歳ですから確かに老犬です」と通り一遍の返事をして通り抜けようとしたが、ご婦人は犬好きだと言い「以前面倒見ていた雑種ととてもよく似ているの」と会話を続ける意志がまんまん(笑)。
オトーサンも無愛想に対応するのも失礼だからと最初は適当に返事をしていたが、結局ラテとの出会いから、飼うために多摩に引っ越ししてきたという下りまで話すことになった…。

Latte650_04.jpg

※水分補給は大切です


その間、我々がゆっくりと歩く道のり…といってもほぼ直進なのだが…を一緒に歩いてくるので同じ方角に向かうのだろうと思っていた。しかしオトーサンたちが橋のたもとで「私は下に降りますので」と言うと「わたしもここで戻ります。ごきげんよう」と来た道を戻り始めたのには驚いた。
途中ランニングしていた女性と言葉を交わしたことから、この近隣に住んでいる方なのだろうが、わざわざオトーサンたちと話しを続けるために付いてきてくれたのだった。

しかしラテはすれ違った見知らぬワンコには吠えたが、ご婦人には最後まで吠えなかった。よく「私は犬好きだから吠えられたことはない」という方がいるが、吠えるか吠えないかはワンコ側の意志であり、犬好きだから吠えられない等ということは信頼に足りる理屈ではないのだが、極たまにそうしたことがあるのも事実。

Latte650_02.jpg

※子供にはフレンドリーだが未就学児童や低学年の子供はちよっと苦手。尻尾が下がってしまった(笑)


とにかく臆病なラテだからしてどうしても初対面の大人は警戒してしまうらしい。そしてこのときもそうだったが、ラテが吠えない相手としては二つのパターンがあるように思える。
ひとつはオトーサンときちんとした会話があること。これによりラテは飼い主であるオトーサンが気を許している相手なのだ…と考えるのかも知れない。

2つ目は座り込んでラテと対峙してくれる相手は威圧感を感じないのかも知れない。そのご婦人も知ってか知らずかラテに水を飲ませているとき、1メートルほど離れた場所にしゃがみこんで話しを続けていた。
無論いつもいつも、そして誰でもがそうすれば吠えないという保証はないが、この二つがラテから吠えられないための「傾向と対策」だと思っている(笑)。

Latte650_05.jpg

※さあ、ラテ!そろそろ帰るぞ…


さて散歩から戻ってきてエレベーターを見ると5階で止まっている。エントランスは雨が吹き込んで濡れているし数十秒待っているのも嫌だから今日は階段で上がろうとラテのリードを引いたら強力な抵抗にあった。
そもそもが臆病な性格のラテだから、今のマンションに引っ越してきたとき、エレベーターに乗せられるかが心配だった。しかしどう言うわけかオトーサンの心配をよそに、ラテは初回から素直に躊躇もなくエレベータに乗り込んでくれた。

エレベーターの利点などワンコが分かるはずもないと思うだろうが、それは大きな間違いである。無論エレベーターがどのような理屈で動いているかなど知る訳もないがラテにとって一番大切な「楽ができる」という事はいち早く理解したと思われるのだ。
したがって乗っている人がいたりしてオトーサンが階段に向かおうとしてもラテは「エレベーターで行く」とばかりに抵抗するようになった。
確実に階段を登るよりその狭い場所に入った方が歩かず楽に目的の場所に行けることを知っているのだ。
慎重で臆病ではあっても冒険心と好奇心はまだまだ衰えていないようだ。





ラテ飼育格闘日記(649)

良い天気が続くのかと思ったら、ここの所雨模様が続く。”春雨だ” と風流なことを言っている場合でなく、やはり雨の日は散歩に困るし濡れたラテを綺麗にするのにも時間と手間がかかって大変だ。とにかく嫌いなレインコートを着せるだけでなかなか苦労するのである。


Latte649_01.jpg

※ラテはお陰様で元気です


さて、この週の前半にびっくりすることがあった。それはラテを可愛がってくださるファミリーのオカーサンから夜にメールをいただいたことから始まった。
メールは「夜分に失礼します。Google Mapsにラテチャンとお父さんがいました🎵🎵🎵」というものだった。そしてスマホの画面ショットもお送りいただいたのだった。


Latte649_04.jpg

※まさしくオトーサンとラテがGoogleストリートビューに写っていた


それによると横断歩道をラテと共に渡っているオトーサンの姿だったが、早速オトーサン自身パソコンでGoogleマップのストリートビューを確認してみることに…。
確かに間違いなくオトーサンとラテだ。仔細に画面を見ると撮影は2018年7月とあるし服も夏服だ。

オトーサンたちが歩いているのは交差点の横断歩道で当然信号は青だ。ストリートビューをコントロールして可能な限り色々な角度でオトーサンとラテが映っている映像を探すが、その一枚にオトーサンたちの進行方向に沿ってGoogleカーの影が確認された。

Latte649_05.jpg

※とある角度で見るとGoogleカーの影が見えた


場所は勿論撮影された年月までは分かったが、日付は分からない。
散歩の時には相変わらず忘れずにモバイルカメラを身につけ、コンパクトカメラ持参で出かけるオトーサンだが、当然と言えば当然ながら撮影者であるオトーサン自身の姿がそこに残ることはほとんどない。したがってその日どのような恰好をして出かけたのかはほとんど記録にないから撮影日が2018年7月の何日だったのかを探るデータがないのである。

そもそもラテは当時使っていたハーネスを着けているが毎日同じハーネスだし、オトーサンにしてもシャツは変えるにしても汚れても良い散歩用の姿なのでいつもほとんど同じスタイルであり、どうにも日にちが分からない。
ただし時間帯は朝だと概略分かる。それは幸い天気だったから影がはっきりと見て取れるのでその方角と長さで見当はつく。

Latte649_02.jpg

※Kファミリーのオカーサンと!


それに通勤と思われる人がいるし保育園に自転車で向かう人の姿もある。またよく確認してみると知り合いのワンコとその飼い主さんの姿も映っている。そして商店のシャッターもまだ閉まっている。
少し映像をGoogleカーと共に直進してみるとランドセルを背負った子供の姿がちらほら見えるからウィークディであることは間違いない。

オトーサンは日々通学の子供たちとすれ違うことも多く、時間を含めた周りの状況は分かっているが知り合いらしき子供は見つからなかったものの、確認出来る人数から7時45分にはなっていないものと確信。
なぜならその時間になると俄然子供たちの姿が多くなるのが普通だからである。
したがって朝7時20分から30分頃であろうと思われる。

Latte649_03.jpg

※雨の日の散歩から戻り笑顔を見せる


ただしオトーサン自身はこうした車を見た記憶はまったくない。それは横断歩道を信号が青の内に渡ろうと注視していたことと同時に車が青信号で走り去るのは一瞬のことだからだろう。
ともあれ発見してくださったファミリーのオカーサンには感謝だが、ストリートビューはオトーサンもたまに使うときがあり、そこにたまたま映っている車や人、時には意外な動物などの姿を見て楽しんだこともあった。しかしまさか自分が撮られていたとは夢にも思わなかった。
まさしく「犬も歩けばGoogleカーに当たる」ということか…。



ラテ飼育格闘日記(648)

春らしいというよりすでに初夏の季節だ。朝夕はともかく日射しが出ると天気の良い日は着るものに困るほど暑くなってきた。となれば問題はオトーサンよりラテだ。なにしろ暑さにはめっぽう弱いから毎年夏場の散歩は多々工夫と配慮が必要となってくる。


場所によっては鯉のぼりが見られる一年で一番よい季節のはずだが、すでにラテは散歩の途中での一休みが多くなってきた。
とにかくコンクリートの歩道をはじめ、大理石作りの階段などに腹ばいになるとなかなか立ち上がらない。無論オトーサンがリードを引けば「嫌だ」と抵抗する。

Latte648_01.jpg

※早くも散歩の途中で一休みが多くなってきた


まあ急ぐ散歩でないときはラテの意向も考慮して十数分好きにさせているが、歩きならともかく同じ場所でずっとというのはオトーサンには辛い。まさか居眠りするわけにもいかないし第一椅子もない。それに当然だが行き交う人たちもいるし時にはワンコも通る。

Latte648_05.jpg

※歩道で腹ばいになってしまった…


事情を知らないオバサンはすれ違い様に「ああ、可哀想に散歩で疲れたのね」などと声をかけながら立ち去るが、冗談ではない。家から出てまだ10分しか歩いていないのだ。
確かにラテも老犬だから若い時のようにはいかないし無理をさせるつもりもないが、家を出て5分とか10分でこうエンストの連続では困ってしまう。

Latte648_02.jpg

※鯉のぼりが目立つ季節


暖かくなるとエンストも多くなるが水を飲むこともまた多くなる。
オトーサンは散歩に出かけるときにはいつも冷蔵庫で冷やした水をペットボトルに入れて持ち歩くようにしている。したがって歩きながらオトーサンの足をマズルでツンツンとする場合には「水を飲みたい」というサインもあるが、その他自動販売機の前で立ち止まるのは「水を買え」ということだし、公園などの水飲み場にリードを引いて近づく場合もまた水を飲ませろというサインである。

そういえば先日、散歩中に馴染みの水飲み場に行ったら「撤去」の貼り紙があった。どのタイミングかは知らないが周囲の木々の一部伐採などと一緒にこの水飲み場が無くなるようだ。
確かにあまり利用されていないようにも思えるし数十メートル先には別途同じような設備があるから仕方がないのかも知れないものの、向こうのよりこちら側の水飲み場が好きだったラテはきっと寂しがるに違いない…。

Latte648_04.jpg

※ラテが好きな水飲み場が撤去されてしまうようだ


とにかく歩かない散歩は散歩ではないと言いたいところだが、排泄を済ませたラテは例え歩かなくても涼しいところでゆっくりしたいらしいのだ。オトーサンはそれなら家で寝ていればよいではないかとも思うが、外の空気と刺激が好きなのだろう。
とはいえ一見ヨタヨタ歩いているような時でも、嫌いなワンコを見つければ猛烈な勢いでリードを引いて吠えかかるのだからなかなか油断はできないのである。
逆に知っている人には声をかけるのだから面白い。

Latte648_03.jpg

※仕方がないのでオトーサンも座り込むとラテは笑顔に


先日のこと、信号機のある交差点の横断歩道を渡り始めたらラテが急に吠えだした。オトーサンは近くにワンコがいるのかと見回したがいない…。渡り終わったらラテは信号機が変わり向こうから歩いてくる動物病院の院長の姿を見つけたようでリードを引いても動こうとはしない。
しかし国道の交差点の向こう側に信号待ちしている人を認識し、声をかけるのだから外面の良さ100%のラテなのだ。




ラテ飼育格闘日記(647)

学校の春休みも終わり、子供たちが公園に戻ってきたのでラテは散歩のしがいがあるのかよく歩く。とはいえ夕方の散歩で20℃にもなったときには早くも大理石の石段などに腹ばいや座り込むことも多くなってきた。ラテも後一ヶ月半ほどで満13歳になる…。


寒さが和らぎ、散歩がしやすくなったがあっと言う間にまた灼熱の夏がくる。すでに老犬の域に入っているラテだけでなく飼い主のオトーサンも注意しないと…。

Latte647_01.jpg

※笑顔のアイコンタクト


そして春先は毎年ラテを動物病院に連れて行く季節だ。無論その第一は狂犬病予防注射の接種のためである。
この時期は動物病院も混むことが多いので朝一番に飛び込むことにしたが、ラテは美容室とは違い動物病院に入るそのことはあまり嫌がらないので楽だ。

ただし診察台に乗せるのは一苦労するときがあるが、まずは体重を確認する。
昨月美容室で測ったときには約1kg減っていたので喜んだが今回は約550g増えていた。しかし美容室での計測は首輪も外してのことだが、動物病院は首輪とハーネスそしてリードを着けたままなのでまあまあ実際の所は変わらないと見てよいだろう…。

Latte647_03.jpg

※狂犬病予防注射接種の証明書とタグ


注射そのものは院長と雑談しながらあっと言う間に終わったし、ラテは微動だにしないし声もあげない。大したものである。
これで狂犬病予防注射は済んだが、同時に毎日飲ませているアトピーの薬とそろそろフィラリアの薬を飲ませる季節なのでそれらを買って帰ることに。
「ラテちゃんは視力もよいようだね」と院長からいわれる。幸い視力はもとより聴覚や嗅覚も大きな衰えは見られないので安心しているのだが…。

Latte647_02.jpg

※遅咲きの八重桜が満開


保険が効かないことでもあり結構まとまった医療費となったのでオトーサンは「ワンコにも後期高齢者割引があるといいですけど」と冗談を言いながら動物病院を後にした。
医者からは「今日は激しい運動はひかえて体調に変化がないかどうか注視してやってください」と言われているのでラテは不満かも知れないが朝夕の散歩も短めで終えることにした。
ただし馴染みの公園にいけば天候や曜日にもよるが、大好きなAちゃんやそのオカーサンの姿もあるし知っている子供たちも駆け寄ってくれるのでラテはご満悦だ。

Latte647_04.jpg

※大好きなAちゃんと


それでも激しい運動どころか、しっかりとした足取りながらもスピードは随分と遅くなった。まあまあオトーサンの足腰だってかなり衰えてきているから丁度よいのかも知れない。
それでも興が乗れば一時間ほど歩くことは苦にならないようで、時々立ち止まったり、あるいは公園などで水飲み場にリードを引いたりしながらよく歩く。

Latte647_05.jpg

※ちょっと一休みです


ときどき思い出したように笑顔でアイコンタクトしたり、オトーサンの足の脹ら脛をマズルでツンツンしてオヤツを強請ったり、水が飲みたいと訴えたりとなかなかに変化があって面白いのだ。
ということで心地よい季節などあっというまに過ぎ去りまたまた猛暑が来るに違いないが、無事に13歳の誕生日を迎えたいものだ。



広告
ブログ内検索
Related websites
Macの達人 無料公開
[小説]未来を垣間見た男 - スティーブ・ジョブズ公開
オリジナル時代小説「首巻き春貞」一巻から完結編まで全公開
ラテ飼育格闘日記
最新記事
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

appletechlab

Author:appletechlab

主宰は松田純一。1989年Macのソフトウェア開発専門のコーシングラフィックシステムズ社設立、代表取締役就任 (2003年解散)。1999年Apple WWDC(世界開発者会議)で日本のデベロッパー初のApple Design Award/Best Apple Technology Adoption (最優秀技術賞) 受賞。

2000年2月第10回MACWORLD EXPO/TOKYOにおいて長年業界に対する貢献度を高く評価され、主催者からMac Fan MVP’99特別賞を授与される。著書多数。音楽、美術、写真、読書を好み、Macと愛犬三昧の毎日。マネキン造形研究中。2017年6月3日、時代小説「首巻き春貞 - 小石川養生所始末」を上梓(電子出版)。続けて2017年7月1日「小説・未来を垣間見た男 スティーブ・ジョブズ」を電子書籍で公開。ゆうMUG会員