ダヴィンチ Color miniのレーザーモジュール、ファーストインプレッション

購入後2ヶ月半ほどで故障したカラー3Dプリンタ「ダヴィンチ Color mini」だが無事修理されて戻ってきた。戻った製品の検証結果は上々だったので以前から試してみたいと考え購入していたオプションパーツのレーザーモジュールを試してみることに。これはご承知の通り紙・コルク・革・プラスチック等にレーザー刻印を可能にするものだ。


そもそもカラー3Dプリンタといっても365日稼働させるわけではないからそのプリントヘッドを取り外し、レーザーモジュールに交換すればレーザー刻印機となるのは設置場所も一箇所で良いし本機の有効活用にもなるに違いない。しかし私はこれまでレーザー刻印機なる製品を使った事がないものの、以前から興味を持って製品情報などを集めていたが安価な製品でMac接続出来て手軽に使えるものはみつからなかった。

LaserM_01.jpg

※XYZプリン手イング社フルカラー3Dプリンター「ダヴィンチColor mini」


ということでよい機会だからとレーザーモジュールを買い、修理から戻ってきた「ダヴィンチ Color mini」に取り付け専用アプリケーション「XYZengraver」で刻印をしようと意気込んだが、アプリは起動するものの「プリンターが繋がっていない」との警告が出て先に進めない…。

LaserM_02.jpg

※左が標準のプリントヘッドで右がレーザーモジュール。それぞれは簡単に交換可能


しかし同じ本体でUSBケーブル接続ならびにWi-Fi接続で3Dプリンターとして問題なく動作しているわけだからトラブルが本体とMacとの接続問題であるはずがない。

LaserM_03.jpg

※ソフトウェアは専用の XYZmaker Suite に含まれる XYZengarver を使う


LaserM_04.jpg

※しかし刻印をスタートさせるとプリンターが繋がっていないというエラーメッセージが出る


ということでメーカーサポートと何度かやり取りした後、結局ユニットの交換となった。しかしトラブるときには続くもので、送られてきた交換品も動かない(笑)。
ここで冷静になって考えてみた。最初のユニットが文字通り故障していたとしてその交換品として送られてきたユニットも壊れている確率はそう高くはないしずだ(楽観的考察)。だとすれば少なくとも今回のトラブルはソフトウェアの問題ではないか…と考えた次第。

くどいようだが「プリンターが繋がっていない」との警告だが、ハードウェア的には間違いなく繋がっていると考えてよい。とすれば何らかソフトウェア、アプリケーション問題と考えるのが合理的だ。
それにMacのソフトウェア開発を生業にしてきた者から見て正直、こうしたハードに附属するMac用アプリの出来は決してよくない。
確かに昔ほど "Macライク" さを求められなくなったしWin版とGUIを統一したいといった背景があるようだが、申し訳ないがWin版は使った事がないので分からないものの、Mac版に限っては可笑しな…というか使いづらいというか、動作の正確性に不安があるといったソフトウェアが多い。

そうした問題点が単にGUIというか、目に見えるケースなら原因も分かりやすく回避もしやすいが、ソフトウェアの信頼性となれば簡単に原因を特定するのは難しい。
さらに、細かなことは今回指摘しないがメーカーのウェブサイトの情報が正確で無い箇所もあったのでトラブル回避に多大な時間を費やしてしまった。
一時は返品も考えたものの、ソフトウェア的には最終決断として関連アプリだけでなくそのプレファレンスやキャッシュデータに至るまでをすべて消去し、ソフトウェアを再インストールした結果、やっと動いた!

LaserM_05.jpg

※XYZengarverがプリンターを認識すると各パラメーター設定が可能になる


さて肝心のレーザー刻印だが、専用アプリの「XYZengraver」は必要最低限の機能を実装している。アプリを起動し刻印したいイメージ(JPG. PNGなど)を読み込み、縦横13cmの升目の中に配置する。無論イメージサイズは刻印する材料のサイズを考慮しそれより小さくなければならない。
それ以前に「ダヴィンチ Color mini」のプラットフォーム上に刻印する材料をテープなどで固定する必要がある。固定位置と「XYZengraver」内の配置が違うとそれこそレーザーでプリントベッドを痛めることになるので注意しなければならない。

ということで私はプラットフォーム大のダンボールをまず貼り、その上に木製とコルク製のコースターを置いて刻印をやってみた。
ちなみに刻印ができるのは木材・プラスチック(PP, ABS, PEなど)・紙・革などだが、専用機よりレーザー出力が弱いので(レーザー出力は350mW ± 10%)ガラスや金属には刻印できない。さらにプラスチックでも反射する材質や透明な材質は厳禁だし、真っ白い紙の場合もレーザー光が反射してしまうのか刻印できなかった。そして刻印する対象は平坦な物体でなければならない。
刻印がスタートするとプラットフォームとモジュールが動き、モジュールとの距離をキャリブレーションするわけだが、対象物が弯曲していたら頂点以外はレーザー光の焦点が合わないことになる。



※レーザーユニット稼働の様子


そういえばレーザー刻印を行う際に一番の注意事項は動作中に「ダヴィンチ Color mini」の庫内に手を入れたり、フロントのドアを開いてレーザー光を直視しないように心がけないと怪我や失明につながるので十分注意する必要がある。メーカーに確認したところではフロントのドアを閉じていれば動作中の内部を覗いても問題はないが、開けたままで直視しなければならないときには別途保護波長範囲に対応する保護メガネを入手し必ず装着しなければならない。
また刻印する材質、例えば革などでは焼け焦げる臭いが気になる場合がある。できるだけ換気のよい環境で使い、空気清浄機などを活用した方が良い。

LaserM_06.jpg

※別途購入しておいた保護メガネ


実際の刻印だが、専用機を使ったことがないので比較は出来ないが刻印のスピードは決して速くない。無論「XYZengraver」のラスターモードには刻印スピード調節機能があるが、スピードを上げればクオリティが落ちるのは目に見えている。
まずは初期値の 25.0 mm/s で刻印してみたが、"MacTechnology Lab." の例で約15分、人の顔の例では約45分かかった。
またラスターモードとベクターモードが指定可能だが、陰影表現ができるラスターモードの利用がメインになりそうだ。

LaserM_07.jpg

※取り急ぎテスト材としてコルクと木材のコースター、革の財布に刻印してみた


そのラスターモードだが、当然と言えば当然で刻印対象の材質により、同一の「色の濃淡測定の感度」パラメータでも結果は薄かったり濃く、あるいは潰れたりするので調整と試行錯誤が必要となる。
また極端に小さなフォントや細い線も材質によりはっきりと刻印されない場合もある。この辺は経験値の積み重ねが必要だ。

LaserM_08.jpg

※プリント範囲内のサイズならこうした箱のままでも刻印可能。そもそもダンボール材は相性がよさそうだ


ということで、レーザー刻印も日々使うことはないはずだが、本来のフルカラー3Dプリンター機能とは別にレーザー刻印機としても活用できる点は気に入っている。
使い込んでいくうちに気がついたことがあれば別途ご報告したい。




AppleのCOVID-19への対応

Appleは3月13日、「世界各国のAppleファミリーの皆さんへ」と題しCEO ティム・クックの名でAppleのCOVID-19への対応に関してステートメントを発表している。


applenews20200315.jpg

新型コロナウイルス(COVID-19)の世界規模の蔓延は、私たち一人ひとりに影響を与えています。Appleは人々が第一であると考え、テクノロジーが人々の生活を変え得るという信念、さらに、このような時にこそテクノロジーがツールとして真価を発揮するという希望の下、私たちにできることを実践しています。教職員の方々はオンライン授業の導入を進めています。企業は新しい手法を通じて生産活動の維持に努めています。医療分野の専門家は病気を診断し、重要な最新情報を絶え間なく多くの人々に届けています。私たちは各々が自分自身のやり方でこの難局に適応·対応しており、Appleもまた、皆さん一人ひとりが、各地域コミュニティが、テクノロジーを通じてもっと強くなれるお手伝いを続けていきたいと考えています。
しかしながら、この世界的な取り組み――病気に罹りやすい人々を守り、新型コロナウイルスを研究し、不幸にも罹患してしまった人々のケアを続けていくには、私たち全員が気にかけ、難局に関わっていくことが必要です。そこで、現況において、Appleがどのような役割を担っていくのか以下にお知らせします。

詳しくは ここ をご参照ください。




WWDC 2020はソフトウェア開発者をオンラインで結び、基調講演と各セッションを提供

Appleは本日、年次イベントであるワールドワイドデベロッパカンファレンス(世界開発者会議、以下WWDC)を6月に開催することを発表した。


WWDC2020.jpg

今年で31年目となるWWDC 2020は、これまでにない完全に新しいオンラインでの開催を採用し、個人ユーザー、プレス関係者、ソフトウェア開発者、それぞれにコンテンツ満載でお届けする予定という。
今回のイベントは、創造的かつ革新的な何百万人もの開発者たちが、iOS、iPadOS、macOS、watchOS、tvOSの未来にいち早くアクセスし、Appleのエンジニアたちとの交流を通じて、Appleの製品を愛用する世界中のお客様の生活を豊かにするアプリケーションの体験作りに励むことを可能にする絶好の機会となる。

WWDC 2020のプログラムは、今や世界155以上の国と地域から集まる2300万名以上の登録開発者から成る、Appleのグローバル開発者コミュニティと次世代を担うアプリケーション開発者たちに、アイディアを現実のものに変えるのに必要なヒントとツールを提供する。本プログラムに関する詳細は、本日以降6月までの間に、メール、Apple Developerアプリケーション、Apple Developer ウェブサイト を通じてお知らせする予定という。

Newsroom




ラテ飼育格闘日記(694)

まだまだ新型コロナウイルス騒動は終息に向かう気配が無い。その上に今月初旬には香港政府が新型コロナウイルスの感染者が飼っていたペットの犬から低レベルの新型コロナウイルスの感染を確認したと発表…と報道され愛犬家は危機感を増した…。


しかし後になっていくつかの報道によると東京都獣医師会は、感染疑いの情報が2月末に流れたのを受け、犬の口や鼻にたまたま付着したウイルスを検出した可能性があり「現時点では問題はない」との見解を公表。また世界小動物獣医師会も「犬や猫に病気を起こすコロナウイルスもあるが、今回の新型ウイルス感染症の拡大とは関係ない」などとする見解を公表したことを知りオトーサンもまずは一安心している。

latte694_01.jpg

※ラテもマズルは真っ白になりました


さて、我がラテは加齢のためだろう…尿漏れ状態が次第にはっきりしてきた。いや、はっきりしてきたという意味はその頻度も高くなってきたし、これまで寝ていたシートの極一部が濡れていても足を舐めた唾液かな…と考えていたことも粗相だったかも知れない。
ただしオトーサンたちも何も対策していないということではなく、ラテが好んで寝るベッドの下や畳の場所にはサイズのでかいペットシートを敷いてあるし、いつもという訳ではないが、夜寝る前の連れ出しはもとより朝起きてオトーサンたちが朝食を食べてから支度して…と出るのが少々遅くなりそうな日は食事の前に排泄だけさせに外に連れ出すようにした。

latte694_04.jpg

※朝日を浴びながら朝の散歩が始まる


これで尿漏れも多少は少なくなるはずだがその分オトーサンたちの手間がかかるのが難点だ。何故なら連れ出すのは簡単でも戻ったらやはり四つ脚は綺麗にしなければならないからだ。
こんなことを書き始めた翌日の朝、専用ベットでやはり粗相し大判の毛足の長い敷物を濡らしていた。その下には前記したようにペットシートを敷いていたのでベッドそのものは汚さなかったが洗濯はすぐ出来る物のその日は雨模様の一日。到底室内干しでは乾かない…。

latte694_05.jpg

※散歩中、一休みの場所で笑顔を見せる


女房が仕事を休みの日なら近所のコインランドリーで乾かすところだが今日は時間が無い。ということでオトーサンは初めて一人でコインランドリーへ行くことになった。女房曰く20分で乾くというので乾燥機を回しそのまま待つことにした。一旦戻ることも考えたものの距離的には大したことはないが雨だしオトーサンのギックリ腰もまだ完治していないので2往復はきついからだ。
幸いというか早朝だったこともあり先客は一人だけだったから20分をiPhoneを手にしたり回転する乾燥機のドラムをボンヤリ眺めていた。いや、たまにはこうしたボンヤリの時間もいいかな…と思った次第(笑)。

latte694_02.jpg

※初めてのコインランドリー体験


そういえば今週はもうひとつラテの心配事があった。それは朝の散歩中に急に右前足を上げて立ち止まったのだ。声は上げなかったが明らかに痛いようなのだ。右前足は地に着けてもすぐに上げてしまう。最初はなにかガラスとか危ない物を踏んだのかとオトーサンは自分の痛い腰に注意しながらラテの肉球を点検した。
見た目には出血も無いしゆっくりとではあったが肉球やその内側を指で触ってみたが痛がる気配はない。

しばらく様子をみつつ歩き始めたが、足は確実にガクガクと引きながら歩いている。そのまま帰ろうかと踵を返してみたがラテは歩く気はあるようで抵抗する。仕方なくゆっくりと歩き続けたが結局約40分の間、終始脚を引きずっていた。

latte694_03.jpg

※散歩中ギンヨウアカシア(ミモザアカシア)を眺めて足を止める


自宅に戻りいつものように足をぬるま湯で洗ってみたが、傷があれば滲みて声を上げるのが常だがその気配は無い。過去には足が痙ったこともあるがその場合は「キャイーン」と声を上げたものの回復も早かった…。だとすればいわゆる筋違いとか脱臼でもしたかと思ったがオトーサンが手で足を軽く握っても嫌がらないし痛がらない。

結局足を引きながらの歩きは翌日も続いたが三日目の朝はほとんど分からない通常の歩き方に戻っていたのでオトーサンは安堵した。しかし原因がわからないのが歯痒いが、まさか演技ではないだろうし(笑)まったく心配の種は尽きない。
そのラテはさきほどもオトーサンの足元で軽い寝息を立てていた。時に瞼と耳、そしてマズルを動かしているが、どんな夢を見ているのやら…。



ラテ飼育格闘日記(693)

いま世の中はコロナウィルス一色になってしまった感がある。その波及というかデマも広がり、マスクは勿論トイレットペーパーまで品薄になってしまった。オイルショックの時とは違い、なぜトイレットペーパーが?と思ったがどうやらマスクの材料とトイレットペーパーの原料が同種の物だと考えたという話と生産が中国だろうから今後の生産入荷がおぼつかない…といったデマが原因だという。


さらにトイレットペーパーがまとめ買いの対象になったのは「ティッシュやナプキンの代用になるし、それを使ってマスクも作れる」という発想だったからとも言われている。勿論本来マスクの材料とトイレットペーパーの原料はまったく別だし、トイレットペーパーやティッシュペーパーのほとんどは国産だからまったくのデマなのだが…。
無論命に関わることだから情報に敏感になるのは当然としてもいくら情報の渦の中とはいえまずは冷静に自分の頭で考えようではないか。

Latte693_01.jpg

※お陰様でラテは元気です


しかし結局は元はなんであれ店頭から商品が姿を消し、それがまたまたニュースになれば必需品だし「よし念のため買っておこうか」ということになるだろう。悪い事の連鎖、悪いドミノ倒しみたいだが困ったことだ。

その上今度はアホ政府からいきなり小学校などに休校要請があり、学校側はもとよりだが親御さんたちにも混乱が拡がっているそうで、確かに病気は怖いが刹那主義・無策で思いつきの言動は止めて貰いたいものだ。

Latte693_04.jpg

※ご近所の大好きなオカーサンと一緒


そういえば、2月28日の夕方の散歩でいつもの公園に向かう途中、後ろから「こんにちは」と挨拶してくれた小学生女子を見て驚いた。両手に大荷物なのだ…。
聞けば来週から学校が休みなのでこれまで持参してきたものをすべて持ち帰らなければならないということらしい。

Latte693_02.jpg

※小学校低学年の女子が休み休み大荷物を下げて下校


悪い事といえば今週初めにオトーサンは久しぶりにギックリ腰をやらかしてしまった。常に可能性があることを承知しているから注意しているつもりだが、落とした物を拾おうとした瞬間に「グギッ」と来てしまったのだ。
ギックリ腰を経験した方ならお分かりだろう…症状の重い軽いはあるだろうがこれは辛い。本当に辛い。不用意に動けば激痛が走るしそもそも動けない。

今回のはどうしようもないほどの症状ではなかったが、甘く見ると一層重傷になるかも知れずとにかく安静が第一だ。しかし長い間幾度となくギックリ腰をやってきた者としてはいささかの持論もある。
それは安静第一と寝てばかりいては治りが遅いということである。病理学的に理にかなっているかは知らないがオトーサンの場合は痛いながらも少しでも動くことが完治を早めることだと経験で身に着けてきた。だから、きついことだが現実問題として何とか腰を曲げながらでも歩けるなら歩かなくてはならない…。

Latte693_06.jpg

※ナイスプロポーション!


そもそもラテとの散歩は欠かせない。オトーサンがギックリ腰だから今日はお休みというわけにはいかない(笑)。こういうことを人に話すと「アホじゃあないかね」といった顔をされることがある(笑)。まあ確かに自分の命・健康が第一であることは間違いないことだがオトーサンとしては完全に歩けない状態であれば仕方がないものの、腰にサポーターを巻き、曲がったままの腰でも何とか歩けるなら例え10分でも15分でもラテを外に連れ出してやりたいと思うのだ。

Latte693_05.jpg

※普段はこんな感じでオトーサンの横について歩くのだが…


それは単に感情的なことだけで無く外でないと排泄しないラテへの配慮でもある。だからこの約十数年近くもの間、台風のときも、ギックリ腰のときも、白内障術後当日も例え短くとも散歩は欠かさないできた。
今回もなんとかなりそうだとサポーターをきつく締めて出かけたが、このときほどラテがオトーサンの言葉を100%理解できたらどんなに楽だろうと思った。この日はそもそも天気が雨模様だったこともあり、ラテに大嫌いなレインコートを着せたからか機嫌がよくない。

Latte693_03.jpg

※レインコート着せたからか機嫌が悪くオトーサンと視線を合わせない(笑)


オトーサンも腰の関係上まともなスピードで歩けないが、ラテは一緒に横に付いて歩くどころかオトーサンの後ろを嫌々といった感じで歩く。それでは傘から完全にはみ出るし、こちらは早く排泄などの役目を終えて帰りたいわけだが、その日に限ってノソノソと歩くだけでらちがあかない。
「おい、頼むからもう少し一緒に歩け」と思わず声に出すが、知ってか知らずか率先して歩くどころかオトーサンの保持しているリードを後ろに引くのだ。これは腰がぐらついているときはさすがに辛い。
しばらくすると雨が止んだ…。オトーサンは傘をたたみ、今度は杖代わりにしてゆるりと自宅に向かった。



広告
ブログ内検索
Related websites
Macの達人 無料公開
[小説]未来を垣間見た男 - スティーブ・ジョブズ公開
オリジナル時代小説「首巻き春貞」一巻から外伝まで全完公開
ラテ飼育格闘日記
最新記事
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

appletechlab

Author:appletechlab

主宰は松田純一。1989年Macのソフトウェア開発専門のコーシングラフィックシステムズ社設立、代表取締役就任 (2003年解散)。1999年Apple WWDC(世界開発者会議)で日本のデベロッパー初のApple Design Award/Best Apple Technology Adoption (最優秀技術賞) 受賞。

2000年2月第10回MACWORLD EXPO/TOKYOにおいて長年業界に対する貢献度を高く評価され、主催者からMac Fan MVP’99特別賞を授与される。著書多数。音楽、美術、写真、読書を好み、Macと愛犬三昧の毎日。マネキン造形研究中。2017年6月3日、時代小説「首巻き春貞 - 小石川養生所始末」を上梓(電子出版)。続けて2017年7月1日「小説・未来を垣間見た男 スティーブ・ジョブズ」を電子書籍で公開。
2018年春から3Dプリンターを複数台活用中。ゆうMUG会員