スマートセラミックマグ「Ember 10 oz.Temperature Control Mug 2」レポート

Apple StoreでEmberのスマートセラミックマグ「Ember 10 oz.Temperature Control Mug 2」を買った。個人的には "スマート○○" といったプロダクトにはあまり興味はなかったが普段コーヒーをよく飲むので試してみたいと思った。


「Ember 10 oz.Temperature Control Mug 2」(以下「Mug 2」)は文字通りマグカップである。そのマグカップに "スマート" と冠を付けるということはどのような機能があるのだろうか…。
個人的に「Mug 2」に期待したのはiPhoneやAppleWatchから飲み物の温度設定が正確に出来るだけでなく温度を1時間半ほど保つという機能だ。さらに「Mug 2」をソーサー型専用充電コースターにおいておけば一日中冷めることはないという点だ。

ember_00.jpg

※スマートセラミックマグ「Ember 10 oz.Temperature Control Mug 2」


これからの季節は室温も低くなるから暖かい飲み物もすぐに冷めてしまう。
ということでこれまで冬場は高い保温効力を持つ真空二重構造の「アクティブ・マグ」といった製品を使ってきたが、これにしても冷めることは冷めるわけで、それが1時間半ほどの保温力や専用充電コースターにおいておけば一日中冷めることはないというのだから魅力ではないか…。

ember_03.jpg

※ソーサー型の充電器


さらにLEDインジケータは、飲み物がまだ熱いことや、ちょうどいい温度になったこと、あるいは充電が必要になったことなどを知らせてくれる。なお温度範囲は50~62.5°Cだ。
普段Macの前で作業を続ける一人としては、つい眼前の事象に気を取られ、せっかく暖かい飲み物を煎れても気がついた時には冷めているということが多いので助かるのだ。

「Mug 2」本体だが、そのデザインは奇抜なところはなく、真横から見ると少々背の高めなマグといった感じ。カラーはブラックで容量は “10 oz. = 10オンス” すなわち約295ml入るというからたっぷりの量を楽しめる。愛用の全自動エスプレッソマシン「デロンギEAM1000BJA」でダブルを指定すれば丁度良い量だ。
ちなみにサイズは高さ : 10.67cm、幅 : 10.92cmで重量は410gだ。

ember_08.jpg

※マグの底中央が電源スイッチになっている


そしてカップ類で重要な点のひとつはカップ縁回りの口当たりだと思っている。好みもあるだろうが紅茶の場合は薄くてもよいもののコーヒーの場合は適度な厚みがあった方が味わい深い。
その点「Mug 2」はセラミックコーティングもざらつきが感じられず一般的な陶器の感触と遜色がないのが良い。そして厚みも丁度よい。
ただし実用上問題はないが持つと手にずっしりと感じる。

材質はステンレス製の本体に耐久性に優れたセラミックコーティングを施してあり外側には熱を通さないし、洗うことも考え水洗いにも対応するIPX7定格の耐水性を持っているという。
したがって普通に手洗いなら問題ないが、充電トレーは洗えないので汚れたら拭く程度にすべきだ。

さて実際に「Mug 2」で日々楽しんでいるエスプレッソを煎れて飲んでみた…。無論その前にカップを充電した上で別途専用アプリをApp Storeからダウンロードしインストールを済ませておく。そしてiPhoneとBluetoothによるペアリングを行えば準備は完了だ。
なお「Mug 2」を100%充電するには約1時間半ほどかかるが充電が済むとLEDが緑色に変わる。

ember_04.jpg

※充電が済むとLEDが緑色に変わる


まずマグカップの底にある電源スイッチをONにする。ペアリングができていればiPhoneアプリの表示は「空」となるはず…。そこで保持したい温度をスライドバーで設定するが最高は62.5℃だ。

ember_09.jpg

※ペアリングされたがマグカップにはまだ珈琲は注いでいない状態のiPhone画面


熱い珈琲を注ぐと即座に表示はその温度を表示するが、次第に温度は下がり設定した温度まで下がるとその温度を保持し続けてくれる。

ember_05.jpg

※設定温度を保ってくれる


私は熱めの方が好みだが一般的にホットコーヒーの香味を引き出し、美味しく飲める適正な温度は「60度~70度」だというから62.5℃の珈琲は適切な温度なのだ。
ともあれ、単なるマグ?に13,000円(税込)ほどをかけることは馬鹿げたことかも知れないが、こうした機能を求めていた者にとっては素敵な毎日を送れる大切なアイテムとなるに違いない。




ラテ飼育格闘日記(678)

そろそろ寒さを感じる季節になった。猛暑の中では早く冬場にならないかと思ったりもしたが、オトーサンにとって暑いより寒い方が得手ではあるものの勝手なもので暖かさが恋しくなるときがある(笑)。


さて、お陰様でラテは歳の割には元気に毎日を過ごしているが、日々何の苦も…心配もせずに過ごせるわけではない。
そもそも性格にもよるだろうが、ワンコにとって苦手というか嫌なことは多い。
爪切り、耳掃除、目薬を注す、薬を飲ますなどはその典型ではないだろうか。ただしラテの場合、爪切りは美容室にお願いしているし耳掃除は幾多の戦いの末にオトーサンが編み出した方法だと抵抗なく、時に喜んで掃除をさせてくれるようになった。

Latte678_01.jpg

※毎日元気に過ごしています


目薬もあからさまとなれば「ガウッ」と威嚇するがどさくさに紛れた形で頭の後ろから注せば巧く行く。しかし一番というか毎日のことなので苦労してきたのは薬を飲ますことだった。
ラテはアトピーと診断されすでに5,6年前から朝晩の食事の後で錠剤を二錠(二種)飲ましてきたが、これがなかなか一筋縄ではいかない。

二種の薬は糖衣錠と錠剤だが例えばフィラリアの薬のようにワンコ専用に作られたものではないのでそのまま食事などに混ぜても決して食べてはくれない。
医者曰く、噛むと臭いし苦いというから当然だ。したがってオトーサンが考えたのは食パンの柔らかい部位で二錠を包み、ドライフードの粒と同じ程度に工夫しご飯の容器に混ぜることだった。

Latte678_06.jpg

※さあ、ラテ…散歩に出発だぞ!


しかし敵も然る者…食べ終わった容器には錠剤二錠だけがしっかりと残っていた…。
となれば後は強制的に飲ますしか方法はないと考えたが、パンは好きだがそれで包んだだけでは喉の通りが悪いのかせっかく口を開けさせ、喉の奥に放り込んでも「ぺっ」と出してしまう。
そこでそのパン生地で包んだものにアイスクリームを塗って喉奥に押し込む方法をやってみたところすぐに飲み込んでくれた。まったく現金なやつである。

Latte678_02.jpg

Latte678_03.jpg

※錠剤をワンコに旨く飲ますための各種食材を揃えてみた(上)。一番食いつきが良いのが「ピルアシスト」だが、その粒の穴に薬を隠すわけ


しばらくはこうして騙しだましだが朝晩の二度、オトーサンはラテの口を左手で開け、右手にアイスクリームを塗ったパン生地で包んだ薬を指で摘まんで喉の奥へ押し込むことを続けてきた。
大概は巧く行ったがときに飲み込んだと思ったらマズルの端からポロリと落としたりもした(笑)。そうなればまたアイスクリームを塗り直して再度挑戦しなければならない。

そんなことでここまで続けてきたが最近口を開けようとすると嫌がり「ガウッ」と反抗することが増えた。と言ってもオトーサンの手を噛むことはないが威嚇のための歯が当たっただけで傷が付き時には出血することもある。しかしだからといって薬を飲ますのを諦めるわけにはいかない。
こんなときには時間を置き、場所を変えて不意打ちを食らわすという手がある(笑)。しかしこれまた巧く行くときもあれば失敗することもある。

そもそもラテにとって強制的に…ということが怖いはずだし嫌いなのだ。大きなストレスになっていると想像するがオトーサンだって程度問題はともかく歯を当てられるかも知れないわけでストレスには違いない。
ということで、たまたま知った錠剤を食いつきの良い食材で包み込んで飲ませる類の製品で代表的な製品を三種揃えてみた。

このうち「ピルアシスト」は一般販売せず動物病院から入手するタイプの製品だが、今のところこれが一番食いつきが良いように思える。
「ピルアシスト」の一粒は適度に柔らかい筒型で、穴に錠剤を入れ塞いで餌に混ぜるというものだが、オトーサンはその一粒を間半分にして朝晩に使うことを考えた。

Latte678_04.jpg

Latte678_05.jpg

※オトーサンは一粒の「ピルアシスト」を半分にして朝晩使うことに。薬を入れ丸めると丁度ドライフードの粒と同程度になる


薬の大きさにもよるだろうが、ラテに飲ます錠剤は工夫は必要だが「ピルアシスト」半分に包み込むと丁度ドライフード一粒ほどのサイズになるので混ぜても違和感が少ないように思うし、費用も半分ですむことになる…。

いまのところ一度だけ二錠の薬の内一錠だけが食事の後に残されていたことはあったものの、後は問題なく完食してくれている。
これが飽きずに…というか、続いてくれると良いのだが…。



ScandyPro用新型スタビライザーを試作

iPhone XRとScandyProによる3Dスキャン。いかに使いやすく実用的なスキャニング手法が可能かと考察を続けてきたが、この度ScandyPro用新型スタビライザーを考案試作してみた。ローアングルのスキャンもやりやすく設計し、調光可能な簡易照明と手元にカメラシャッターも備わっている。


これまでiPhone2台を同時に保持できる簡易形のグリップやリングライトを備え究極とも言える照明設備を備えたスキャニングシステムを考案して使ってきた。
無論それぞれに長短あり、リングライトを備えたシステムはスキャニング結果はとても良いもののやはり保持するのがやや難がある感じだ。またどちらにせよ首の下をスキャンしたり、人間の全身像をスキャンしようとしたり、あるいはオブジェクトによってはどうしてもiPhoneをローアングルで保持しなけれぱならないケースがあるだけでなくトラッキングを外さない機動性が求められ、時に使いやすいとは言えなかった。

ScandyProStabilizer_01.jpg

※新たに試作した新型スタビライザーのシステム。2台のiPhoneと調光可能なLEDライト、そしてBluetooth対応カメラシャッターを備えている


ということで2台のiPhoneを同時に保持できることは基本ながら調光可能な簡易照明は勿論、手元にBluetooth対応のカメラシャッターも装備したスタビライザー型の新作を考案試作してみた。
ScandyProによる3Dスキャンを実施されている方々にはあらためての説明は必要ないと思うが、ベースの前後にスマホホルダーを付け、その全体を取り囲むような軽量小型のスタビライザー(輪)を3Dプリンターで作った。

この輪…スタビライザー上部手前にはL字型のハンドルがある。したがって通常はスタビライザーの縁を保持してスキャンするのもよいが、特にローアングルなスキャンなどにはこのハンドルを使うと具合がよい。
またローアングルスキャンの場合に2台のiPhoneが垂直平行に位置しているとモニターしづらいが、そんな場合はモニター側のiPhoneの角度も変えられるようになっている。

ScandyProStabilizer_02.jpg

※スタビライザーの骨組み


さらにモニター側のスペースにBluetooth対応のカメラシャッターを常備しているのでスキャンの開始と終了時にスキャン側のiPhoneを操作する必要がないのも使いやすい。
なおカメラシャッターは簡易的だが取りあえず両面テープでベースに貼り付けてあるだけなので電池交換も容易である。

なおスタビライザーの形状に改良の余地があるかも知れないし、両iPhoneの間のスペースにモバイルバッテリーをセットするスペースもある。実際に今回のデザインで何度もスキャンを繰り返して欠点があれば改良していきたい。
またいくつか実際にスキャンしてみたが、保持しやすさも相俟ってとても良い結果が出ているのが嬉しい。

ScandyProStabilizer_04.jpg



※新型スタビライザーによる3Dスキャン例。よりトラッキングが正確になってきた



ラテ飼育格闘日記(677)

朝などは吐く息が白くなってきた。だからだろうが、ラテも散歩の時間が長くなってきた。とはいえラテもすでに老犬になっているわけで見るからに歩き方はゆっくりだしマズルも真っ白だから行き交う人のなかにはわざわざ「老犬かい?」と聞く人もいる(笑)。


いやはや本当に月日の経つのは早い。若い時には一日24時間があり余るほどに思えたし一年は無限の長さのようにも感じた。そして理屈はともかく自分が70を越えるジイサンになるなど考えもしなかったが…あっという間であった。
そしてラテと暮らし初めて13年となる。

Latte677_01.jpg

※年齢の割には元気だと思っている…


その13年を振り返るとそこに積み重なった幾多の思い出や感動といったものがどれほど大きなものであるかは実感としてあるものの、これまたアッという間にも思える。

この原稿を書き始めているのは2019年11月12日(火曜日)だが、ちょうど13年前の2006年11月12日(日曜日)に横浜にある動物病院で開催された里親会で初めてラテと会った。
生後5ヶ月だろうというマズルが真っ黒で両耳が垂れ、両目は少し腫れぼったく感じる雑種だったが、たまたま係の方に「リードを持っていてくださいますか」とお願いされ、ワンコのサイズに比較すると些か太めのリードを手にしたのがラテだったのである。

Latte677_02.jpg

※2006年11月12日、横浜の動物病院で出会った時のラテ。生後推定5ヶ月だった


ワンコを飼いたいと住居まで変えたがタイミングが悪くて肝心のワンコが決まっていなかったのだ(笑)。ネットで知り合った方から横浜の動物病院で保護犬の里親会があるから行ってみたらどうかと勧められたのがきっかけで女房と出かけたのだった。
決め手はメチャフレンドリーだったからだが、いざ飼い始めてみると決して飼い難いワンコではなかった。しかし人見知りは酷いし、ワンコ同士でも一歳を過ぎた頃からこれまた好き嫌いが激しくなった…というより遊べるワンコは限られた。

Latte677_03.jpg

※飼い主のオトーサンにさえしないチューをお馴染みのファミリーのご主人にはする…(笑)


また子犬の無邪気さといってしまえばそれまでだが、人混みを歩く際に行き交う人にちょっかいを出さないようにと極端にリードを短くしていたら、解放後歩いているオトーサンの背というかお尻をラテは後ろ立ちしながら何度もドンドンと叩くのだ。まるで怒っているように…。
かと思えばオトーサンの靴紐がほどけたからとその場にしゃがみ込んだら、なんとラテはオトーサンの背に両前足を乗せて前方を覗いているではないか。
回りの人たちはクスクスと笑っているしオトーサンは恥ずかしくて身の置き場に困った…。

Latte677_04.jpg

※紅葉が目立つようになった道をラテと歩く


ともあれオトーサンとしては飼い主の責任は全うするにしても、人に…回りに迷惑をかけなければなるべく自由に我が儘でもよいから伸び伸びと育てたいと思った。しかしラテはそもそもが簡単に尻尾を振って人間に甘える部類のワンコではなかった。
癇癪を起こしたオトーサンは思わず平手打ちしたこともあった…。

でも飼い主がビギナーにしてはまずまず良い子に育ったと思っているが飼い主(オトーサン)に常に寄り添うというワンコではなかったのも事実。どこか「寂しがり屋の独り好き」といったイメージか…。
とにかく飼い主に対してもベタベタしないのである。
よくツィッターの動画で見るように、飼い主のベッドに上がり込んで甘えたり、飼い主が帰ってくるとピョンピョン飛び上がって喜びを表すということもない。
オトーサンとしてはそうした動画を見る度、正直羨ましいがこればかりは仕方がない。
ただし逆に出かけるときには分離不安といったこともなく、戻ってきても向かえに出てもこない(笑)。

Latte677_05.jpg

※ちょいと太めのナイスバディ!


しかし一度引越の際に初めてペットホテルに一晩預けたが、捨てられたとでも思ったか24時間食事はおろか水も飲まずにいたということを知り、それなりの絆ができていたのかとオトーサンは泣いたこともあった。
後何年元気でいてくれるのかは分からないが、オトーサンはこれまで通り日に数度の散歩と食事作りを頑張るよ。そして来月10日はラテが我が家に来た記念日である。
スペシャルなディナーでも考えましょうか…。



Appleが世界最高のノートブック、16インチのMacBook Proを発表

Appleは本日、まったく新しい16インチのMacBook Proを発表した。開発者、フォトグラファー、フィルムメーカー、科学者、音楽プロデューサー、そして人生で最高の作品を作ることにおいてMacに頼るすべての人のためにデザインされた、世界最高のプロ向けノートブック。


16_MacBookPro.jpg

すべてが新しいMacBook Proは鮮やかな16インチのRetinaディスプレイ、最新の8コアプロセッサ、最大64GBのメモリ、最大8GBのVRAMを搭載する次世代のグラフィックス、そして新しい高度なサーマルデザインを特長とし、これまでで最もパワフルなMacBook Proとなる。
再設計されたシザーメカニズムと1mmのキーストロークで打鍵感を改良した新しいMagic Keyboardを搭載する16インチのMacBook Proは、Macノートブック史上最高のタイピングエクスペリエンスを提供する。
16インチのMacBook Proはまた、6スピーカーのサウンドシステム、より長いバッテリー駆動時間、Touch Bar、Touch ID、感圧タッチトラックパッド、そしてApple T2 Securityチップを搭載している。

Newsroom



広告
ブログ内検索
Related websites
Macの達人 無料公開
[小説]未来を垣間見た男 - スティーブ・ジョブズ公開
オリジナル時代小説「首巻き春貞」一巻から外伝まで全公開
ラテ飼育格闘日記
最新記事
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

appletechlab

Author:appletechlab

主宰は松田純一。1989年Macのソフトウェア開発専門のコーシングラフィックシステムズ社設立、代表取締役就任 (2003年解散)。1999年Apple WWDC(世界開発者会議)で日本のデベロッパー初のApple Design Award/Best Apple Technology Adoption (最優秀技術賞) 受賞。

2000年2月第10回MACWORLD EXPO/TOKYOにおいて長年業界に対する貢献度を高く評価され、主催者からMac Fan MVP’99特別賞を授与される。著書多数。音楽、美術、写真、読書を好み、Macと愛犬三昧の毎日。マネキン造形研究中。2017年6月3日、時代小説「首巻き春貞 - 小石川養生所始末」を上梓(電子出版)。続けて2017年7月1日「小説・未来を垣間見た男 スティーブ・ジョブズ」を電子書籍で公開。ゆうMUG会員