ラテ飼育格闘日記(762)

梅雨時なので雨が多いのは致し方ないのだが、ラテとの散歩が思うようにいかないのは困りものである。したがって必然的に散歩は短い時間に限られるがそれでも毎日のことだからして様々な人たちとすれ違う度にオトーサンは気持ちを新たにする。


以前住んでいたエリアではあからさまにワンコ嫌いのお年寄りがいて、我々を認めると天気の日でも常に手にしている傘を広げ、ラテを見えないようにしてすれ違うのが常だった。
幸い現住所の回りではこれまでそんな人と行き会ったことはないが、明らかにワンコ嫌いであろう老人が一人いる。

Latte762_01.jpg

※梅雨時の散歩はなかなかに辛いよね


やはりというか、朝の散歩に出かけると行き会うのは健康の為だとして散歩しているお年寄りが多い。見るからに足の悪い人、杖をついている人、ゆっくり体をゆらしながら歩いている人などななど様々だ。
オトーサンが気になるのはすれ違う際のそうした人たちの表情だ。ほとんどの人は知らない人たちだし挨拶をしたこともない。なかには杖の代わりのつもりなのかゴルフクラブを持っている男もいて、だからこそどんな人物かが気になる…。

Latte762_03.jpg

※レインコートを着せられ中。シッポが下がり両耳も両サイドに垂れている


そうワンコ嫌いの老人の話でした…。
大柄の年寄りだが、なにもそんなにしかめっ面して歩かなくても…と思うほど不機嫌さ漂う表情で歩いてくるのだが、我々とすれ違うとき、ラテの方に視線を送りながらなおも顔を歪める。なぜこの世にワンコなど嫌な動物がいるのだろうと考えているように思える表情だ。

Latte762_04.jpg

※久しぶりに可愛がってくださる大好きなオカーサンと出会いました


そりゃあ、この世の中広いからしてワンコを目の敵にする人もいるかも知れないが、そういう人たちはなにかワンコに対してトラウマがあるのだろうか。人を噛む、五月蠅く吠える、排泄で町を汚すなどなどワンコを飼うことのデメリットを宣う人もいるが、それらのほとんどはワンコの問題より飼い主の対処の問題であることが多い。
しかし嫌いな物は嫌い…というのも分かるが、なにもすれ違いざまこれ見よがしに嫌な顔をすることはないと思うが、まあそうした人間の下で働かずに済んだことは幸せと考えることにしている(笑)。

Latte762_02.jpg

※オトーサンの方がバテました…


一方、好意的な人たちの方が多いのは幸いだ。先日も前方からすらりとした姿の女性が歩いてくる。サングラス越しにちらりと確認すると何故か険しい顔をされている。まあどんな表情をしてようと大きなお世話だが、もしかしたらワンコ嫌いの方なのか…と思いオトーサンは狭い歩道の端に寄るようにして進んだ。
なにか考え事でもされていたのか、ふとすれ違い様にラテに気づくと満面の笑顔で通り過ぎた。何の縁もゆかりもない人だし言葉も交わさないがオトーサンとしてはこんなことでも嬉しいものである。

また意外性のあるすれ違いもあった…。
それは夜、寝る前に排泄をさせようとラテを連れ出したときのことだ。近くに進学塾があるのでタイミングにより迎えの車が並んだり、子供たちが出て来てひとときガヤガヤと騒ぐ場合がある。それを騒音だとか渋滞の元だと毛嫌いする向きもあるがオトーサンは短い間だし、散歩するにも正直人気があった方が安心だからと気にはならない。

Latte762_05.jpg

※よく寝ること寝ること


いつものようにラテと歩道を進んでいると前方から自転車が向かってきた。見れば明らかにヤンキーの二人乗りでふらふらしながら近寄ってくるのでオトーサンは面倒が起きてはとラテのリードを引いて脇に避けるようにした。
「おっと、ワンコじゃね」ハンドルを握っている少年が声を上げると後ろの少年も覗き込むようにした後…。
「可愛いじゃん!」の声を残してすれ違っていった(笑)。

そうした場合のラテはまず吠えない。一昔前なら初対面の大人の人と視線が合っただけで吠え掛かるワンコだったが、いまでは静かなものだ。
散歩のときだけではない。例えば自宅で寝ているときに宅配便のお兄さんが玄関に入っても吠えないどころかすぐそこにいるのに無関心だ。
吠えることを勧めるわけではないが、飼い主としては身勝手ながら吠えなくなったラテを見ていると少し寂しい…。







AirPods Maxの真価とは?

昨年12月18日発売のAirPods Max、買おうか買うまいかを半年間ずっと考え続けてきたが、精神衛生上よろしくないので買うことにした(笑)。ともあれ音響製品ほど他人の評価は当てにならないものはなく、己で確認しなければならない。音の良し悪しは人の感性や好みに大きく依存するからだ。


これまでヘッドフォンも様々なメーカーのものを使ってきた。古くはソニーやオーディオテクニカ、そして近年ではBOSE、Beatsも愛用していたし現在はParrotを使っている。そして当然のこととはいえ、どんな製品にも長所と短所があったし、己の加齢も含めてヘッドフォンの良し悪しを語るのは非常に難しい。

AirPods Max_00

※思い切って購入したAirPods Max(シルバー)


ちなみに貴方の可聴範囲はどのくらいであろうか…。ウェブサイトの中には耳年齢診断(聴力測定)のサイトがあるので一度お試しになることをお勧めする。要は個人差はあるものの我々は一般的に年齢と共に高音域が聞こえなくなっていく。
人の可聴領域、すなわち認識できるのは本来20Hzから20000Hzだというが、私の年齢ではすでに高音域はかなり聞こえなくなっておりテストした範囲では27Hzから7000Hz強までは聞こえるが8000Hzはすでに聞こえない…。

そんな者がやれ「高音域の伸びがどうのこうと…」とか宣ったところで説得力は無いし意味も無い。ということでここではあくまで全体的な音のバランスや聞きやすさ、音楽の楽しみ方への寄与といった点を強調してみたいと思う。無論音質は重要であるが…。

そもそも私はAppleのAirPodsもAirPods Proも買ってなかった…。ではなぜ今般遅ればせながらAirPods Maxなのかといえば「空間オーディオ」対応の発表があったからだ。
「空間オーディオ」とは耳慣れない言葉だがいわゆるサラウンドのこと…。私も長いオーディオ遍歴の中でやれ4チャンネルとかサラウンドというものを体現してきたが、Apple MusicではDolby Atmos(ドルビーアトモス)を採用している。

これまでAirPods Maxそのものに関しては賛否両論が飛び交ってきたが「空間オーディオ」に関しては総じて評価が高いようなので期待したわけだ…。
要は臨場感が増し、サウンドが自分を包み込むように、さまざまな方向から聞こえてくるという体験ができるという。
そしてその「空間オーディオ」を最大限に楽しむためにはAirPods Maxが最適だという。とはいえまだまだApple Musicに公開されている「空間オーディオ」対応済みの楽曲には好みのものは少ないし、日本のアーティストによる楽曲はほとんどないのが現状。しかし近未来に期待ということでヘッドフォンとしては高価なAirPods Maxを入手した次第…。

さて、ここでAirPods Maxのスペックや概要を細かく解説するつもりはないが、トピック的な特長についてはツィッター @mactechlab に断片的ではあるが記したのでそれをここで羅列させていただく。
結果私の個人的な評価は、iPhoneやiPadあるいはMacBookやiMacといった一連のApple製品を使っているユーザーならヘッドフォンとしてのAirPods Maxは最高の癒やしと快適さ、そしてサウンドを約束してくれると考える。

まず音質だが、BOSEを含めた多くのヘッドフォンのように低音や高音を強調するサウンド設計ではなくナチュラルというか自然なサウンドだ。したがって人によっては些か物足りないと感じるケースもあると思うが、AirPods Maxは良質のモニターヘッドフォンとも考えられる。
それを踏まえて個別の特筆すべき点を見てみよう…。

■ヘッドフォンの左右確認は容易
AirPods Maxのカラーはシルバーにしました。ところでイヤーパッド内に R と L の文字が編み込まれているの…いいなあ

AirPods Max_11


■iMac(macOS Mojave)でもペアリングできた
AirPods Max をMacで使う場合、Apple サポートページによれば「Mac に macOS Big Sur 11.1 以降が搭載されていることを確認してください」とある。しかし私のiMacはまだmacOS Mojaveだけどペアリングできたぜぃ!

AirPods Max_02

 
■ボタンは二つだけのシンプルさ
AirPods Max はR側にノイズコントロールとデジタルクラウンの二つのボタンしかないシンプルさ。ノイズコントロールはアクティブノイズキャンセリングと外部音取り込みのモード繰り替えボタン。

AirPods Max_01


■電源ボタンがない
AirPods Max には電源ボタンがない。ただし附属のスマートケースに収納するとスリープモードに入る。ただしバッテリーの持ちはとてもよい。

AirPods Max_04


■重量は384gと一般的な製品より100g程度重い
AirPods Max の重量は384gで一般的な製品より100g以上重い。しかし装着感は最高なので長時間使用も問題ない模様。

AirPods Max_03


■ヘッドバンドは重さを吸収し軽減してくれる
AirPods Maxのヘッドバンドはメッシュで頭側に出っ張っている。これは通気性を良くするだけでなく本体の重量を吸収する大きな役目を果たしていると思われる。耐久性が些か心配だが装着感は最高。

AirPods Max_05


■左右の収縮アームは無段階でスムーズ
AirPods Maxの収縮アームは右の Parrot Zik 3と一見構造が似ているようだが全然違う。Parrotはギヤが入っておりガチガチっと言った感じで伸び縮みするがAirPods Maxは実にスムーズに抵抗なく伸び縮みするものの決めた位置を無段階でピタッと確保。

AirPods Max_06


■イヤークッションは容易に交換可能
AirPods Maxのイヤークッション部分はマグネット装着なので簡単に外すことが可能。またご承知のようにイヤークッションは別売されているので壊れたり汚れたりしても交換が簡単だ。

AirPods Max_07


■充電はLightning端子
AirPods Maxの充電はLightning端子。フル充電で約20時間の使用が可能で、5分の充電で1.5時間使えるという。なお製品附属のケーブルはLightning <-> type-C。

AirPods Max_08


■アクティブノイズキャンセリングはトップクラスで外部音取込モードは凄いの一言
AirPods Maxのアクティブノイズキャンセリングはトップクラスの完成度だと思うが、外部音取込モードは凄いの一言…。ヘッドフォンを装着しつつあたかも外したような感覚に陥るほど…。

AirPods Max_09


■メガネをかけていても痛くない
AirPods Maxはそのイヤークッションの構造・素材故か、メガネをかけていても痛くならない。これはとてもよい点♫

■表面的にはどこにもアップルロゴがない不思議なプロダクト
AirPods Max、附属のケースも含め製品表面のどこにもアップルロゴがない不思議なプロダクト。ただしイヤーパッドを外すとカップ内にロゴを含めた説明が記されている。

AirPods Max_10


■デジタルクラウンによる音量調節は最高
AirPods Maxに備わっている二つのボタン類のうちのひとつがデジタルクラウン。これでボリューム調節するのがとてもシンプルで確実…快適。またその位置もベストポジションだと思う。

AirPods Max_12


というわけで正直よく出来た逸品だといえよう。
例えばYouTubeを楽しんでいて、なにかの具合でAirPods Maxを外すとYouTubeの動画はその時点で止まり、再度頭に装着すれば自動的に感知し動画を再生してくれる。些細なことだが日々の使い方のなかで次第に至福感が膨らんでくる。

新型コロナによる引き籠もりもまだまだ続くだろうし、個人的な事だが一昔前みたいに外を出歩く機会も激減した。それだけに一人で過ごす時間も多く、音楽は益々私の生活において必要不可欠なものになっていくと思われる。無論AirPods Maxは音楽鑑賞だけのものではなく映画鑑賞はもとよりテレワークといった用途にも利便性を発揮してくれるに違いない。

それだけにAirPods Maxの存在意義は日々の生活においてテンションを上げる為にも相応しい製品だと思う。ただし一部に価格が「高い」という点を指摘する向きがある。しかし高いとか安いという感覚はこれまた全ユーザーが共有できる点ではないと思うし個人的に価値を見出すか否かで評価は大きく変わる。私がこうしたプロダクトに手を出そうとするスタンスとしては、無論買えなければ評価はしない。

また例が適切であるかどうかは分からないが、ポルシェという車は確かに高い。しかし車好きの方々は「ポルシェ高いから価格を下げろ」とは言わないだろう。ポルシェは性能を別にしても所有欲を大いに満たす希有なプロダクトなのだしレベルは違う物のAirPods Maxをただ単に高いと切り捨てることは避けたい…。

デザインや性能はもとよりだが、ブランドの持つ魅力と共に相応の価値は生まれてくるものだ。正直私にしても150万円のMac IIとかこれまた150万円の3Dソフトウェアを苦も無く買っていた時代の懐具合とは違い、今は安いにこしたことはない。だからAirPods Maxを楽々と何も考えずに買ったわけではないが、評価は刻々と変わっていくものだ。

あのiPhoneが2007年に発表された際にも「500ドルもするバカ高い携帯など誰が買うか?」といった酷評を他メーカーのキーマンが発言していたし、iPodのときもアナリストや専門家の多くは「1,000曲も持ち歩く必要性がどこにあるか」とか「単なるMP3プレーヤーとしては高すぎる」といった酷評を宣ったことを忘れてはならない。
但し、そのプロダクトが価格に見合う物なのかを評価できるのは自分の懐を痛めて手にした場合だけだ。だからこそメーカーからの貸出で評価することはどうしてもバイアスがかかるので避ける…というのも私の持論でもある。

ともあれAirPods Maxはこれまでになかった類のヘッドフォンであることは確かだし、もしかすると今後Appleファミリーの中核をなすデバイスに育っていくような気もする。
ということで気安くお勧めするつもりはないが、もしヘッドフォンを購入するご予定であればそのリストに加えていただくときっと良いことが起きるかも…。



Apple Watchインターナショナルコレクションバンドと文字盤発表

すべてのアスリートとファンの言葉にできないほどの思いと競争心に敬意を表して、AppleはApple Watchのインターナショナルコレクションバンドを発売します。この22種類の限定版スポーツループバンドは、世界22か国を表したカラフルなデザインを特徴としています。


mtl20210629pm_06.jpg

各バンドには、それぞれに対応するダウンロード可能なストライプ文字盤も用意されており、世界中のお客様はその色の組み合わせによってApple Watchをパーソナライズし、自分が応援する国を表現することができます。
柔らかくて通気性が高く、軽量なインターナショナルコレクションスポーツループバンドは、オーストラリア、ベルギー、ブラジル、カナダ、中国、デンマーク、フランス、ドイツ、英国、ギリシャ、イタリア、ジャマイカ、日本、メキシコ、オランダ、ニュージーランド、ロシア、南アフリカ、韓国、スペイン、スウェーデン、米国の各国を表したデザインが用意されています。

本日よりAppleでのみ2販売が開始されるApple Watchのインターナショナルコレクションスポーツループバンドは、40mmと44mmのサイズが用意されており、5,280円(税込)でお求めいただけます。バンドのパッケージにはApp Clip機能が付いており、対応する国のApple Watchストライプ文字盤を簡単にダウンロードすることができます3。さらに、ユーザーは22カ国の文字盤をどれでもapple.com/jpからダウンロードすることができ、文字盤の共有を利用してほかのApple Watchユーザーと文字盤を共有することもできます。

Newsroom




「首巻き春貞一代記」および「松平藤九郎始末」完結‼️

長きに渡りご愛読いただいたオリジナル時代小説「首巻き春貞一代記」および「松平藤九郎始末」は本巻を持って完結とさせていただくことになりました。これまでの温かいご支援にあらためて感謝申し上げます!

harusada_TileNew0626.jpg

" 明治二十一年(1888年)三月、東京春江会向島診療所院長久世仙一郎の眼前に69年前に死んだはずの静香が「先生、お力をお貸しくだされ…」と現れ、一緒にその69年前の世にワープする。そして本来は矢傷で命を落としたはずの瀕死の静香を最新医療技術で命を繋ぐごとに成功した。
静香は49年後に勃発する上野戦争に絡み、敗者達が大勢大川を渡って屋敷を襲い略奪や攻撃を行うと警告したのだった。
事情を知る藤九郎と仙之助は静香と共に上野戦争が勃発する49年後(慶応4年5月14日)の世界へ再びワープする。襲撃当日、静香の異能が力を発揮し、屋敷を守るためすでに亡くなったはずの懐かしい剣者たちがひとときずらりと顔を会わせる機会を得た。
果たして仙一郎らは屋敷を、屋敷の者たちを守る事が出来るのか?
また仙一郎はワープした際に手にしていた湿板写真機で春貞や藤九郎らの姿をガラス板に映したが…"

・「松平藤九郎始末(七)泡沫の世」首巻き春貞一代記外伝 完結編


ラテ飼育格闘日記(761)

今週は久しぶりにいつもの平凡な1週間が戻ってきた感じだ…。オトーサンの体調は相変わらずだが、寝込むこともなく過ごすことが出来たが、血糖値が上昇したのでその対処に気を使っている。そんなことを知ってか知らずか、ラテはマイペースである。


血糖値が上昇したのにはきちんとした?理由がある。オトーサンの全身の痒みは日光アレルギーと共に血糖値を下げるため長い間服用していたとある薬にあるのではないかと皮膚科の医師と内科の医師との双方の意見の一致でひとまず服用を止めることになった。
したがって、血糖値の抑制はもっぱらインスリン注射だけで行うわけだが、この量が難しい。

Latte761_01.jpg

※ラテも立派な老犬だがどうやらオトーサンより元気なようだ


具体的な数値はあえて記さないが、薬の服用を止めた途端に血糖値が跳ね上がった。まあ当たり前なのだが、その値はオトーサンが初めて血糖値の高さを指摘され、検査入院したときより高いのだ(泣)。だからと言って薬を服用すれば血糖値は下がるが皮膚は益々痒くなり、場合によっては顔面が腫れたりするはずだ。

内科の医師曰く「インスリンの量を増やして血糖値を下げることになるが、悪戯に増やせば良いというものではない。低血糖になれば場合によっては命に関わるから段階を追ってやっていきましょう」ということになった。その相談をFaceTimeを使いオンラインで指示してくれた…。

Latte761_05.jpg

※長い距離は歩かなくなったが、お陰様で左後ろ足もその後問題化していない


ということで量を増やした効果を確認するため、食前と食後の血糖値を計るわけだが、これは医者も含め他人が言うほど簡単ではないのである。
ご存じの方はともあれ、この血糖値測定のポピュラーなやり方は手の指の先に針を刺し、少量の血を出してそこにセンサーを浸すというやり方…。

まず血を出す器具はペン状の中にスプリングが入っている。そして先に使い捨ての専用針を取り付けて手の指に当て、ボタンを押すと針先が飛び出て刺し…というまあ原始的なものだ。「痛くないのか?」という声が聞こえそうだが、それは間違いなく「痛い」(笑)。
指の先も単に先端より腹側の方が多少痛くないが、これは単に痛いというだけでなく長い間同じ事をやっていると別の弊害が出で来る。

Latte761_02.jpg

※血糖値を計るには写真下の道具で手の指先に針を刺して血を少量出し、そこに写真上のような計測器にセットしたセンサーを浸すことになる


それは少しずつ違う場所をと探して針を打つ訳だが、何しろ面積の狭い場所だ。人指し指から薬指の三本に限定しても何年も続けていれば次第に皮膚が硬化してくる…。結果いつもの要領では痛いだけで血が出ないという羽目となる。であるなら血を出すための針はいままでよりよく深く刺さなければならない…。といった具合になる。小さなことだが毎日ともなればなかなかに憂鬱なことなのだ。

さて、オトーサンはともかくラテの健康に目をやれば幸い今のところは歩くスピード以外は視力も聴力もそんなに落ちたようには思えない。近くに住むワンコの中でもラテよりずっと若いにも関わらず白内障だったり、耳が遠くなっていることを指摘する飼い主さんも多い。

とはいえ人間のように簡単に視力検査や聴力検査など難しいから普段の観察が重要になってくる。
先日いつものように散歩に連れ出した際、どう言うわけか交差点の向こうからこちらに向かう信号待ちの女性をラテが気にし始めた。とはいえその女性は目立つ動作をしているわけでもなくただただ信号が変わるのを待っているだけ。
オトーサンはラテのリードを引くも、ラテは抵抗し顔をその女性のいる方向に向けたまま動こうともしない。無論知っている人ではない…。

Latte761_03.jpg

※ご近所のポメラニアンと初めてここまで接近できました♫


仕方がないのでオトーサンも成り行きを見てみることにする。信号が変わり、その女性がこちらに歩いてくるのをラテはじっと追っている…。近くに来たらラテは女性の顔を見上げていたが、それを知った女性は思わず笑顔をラテに向けてくれるとやっとラテは納得したのかオトーサンに従って歩き出した。

もともとワンコの視力は良くないと言われている。したがってラテがどの程度視覚で判断出来ているかは知ることはできないが、嗅覚が及ばない遠距離でもかなり視覚に頼っているように思う。では今度のラテの行動はなぜなのかを考えてみたが、オトーサンが思うにその女性の姿形が女房に似ていたのではないかと思う…。ラテは人好きではあるが今回のようなことは滅多にない。

では形だけボンヤリ見で判断しているのか…と言えばそうでもない。十数メートル離れた向こう側にいる獣医の先生を見つけて吠えたりするからだ。したがって有り難いことに視力はまだそんなに落ちていないようだ。
一方聴力は…といえばこれまた判断が難しい。昔からオトーサンの呼ぶ声が聞こえているのに知らんふりするワンコだからだ(笑)。

Latte761_04.jpg

※オトーサンが呼んでも…来ない(笑)


ともあれ、音を立てれば振り向くし耳をこちらに向ける。これまた程度は不明だが聞く力もまずまずのようだ。オトーサンが白内障の手術を受け、今も緑内障の治療を続けていることと比べれば幸い一度も病院のお世話になっていないラテの方がずっと元気なようである。






広告
ブログ内検索
Macの達人 無料公開
[小説]未来を垣間見た男 - スティーブ・ジョブズ公開
GUI を再発明する: ポスト・ウィンドウ・インターフェイス序論
オリジナル時代小説「首巻き春貞」一巻から外伝まで全完無料公開
ラテ飼育格闘日記
最新記事
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

mactechlab

Author:mactechlab

主宰は松田純一。1989年Macのソフトウェア開発専門のコーシングラフィックシステムズ社設立、代表取締役就任 (2003年解散)。1999年Apple WWDC(世界開発者会議)で日本のデベロッパー初のApple Design Award/Best Apple Technology Adoption (最優秀技術賞) 受賞。

2000年2月第10回MACWORLD EXPO/TOKYOにおいて長年業界に対する貢献度を高く評価され、主催者からMac Fan MVP’99特別賞を授与される。著書多数。音楽、美術、写真、読書を好み、Macと愛犬三昧の毎日。マネキン造形研究中。2017年6月3日、時代小説「首巻き春貞 - 小石川養生所始末」を上梓(電子出版)。続けて2017年7月1日「小説・未来を垣間見た男 スティーブ・ジョブズ」を電子書籍で公開。
2018年春から3Dプリンターを複数台活用中。ゆうMUG会員