ラテ飼育格闘日記(662)

言いたくはないが実に暑い。しかし短時間にしても散歩は欠かせないので多々工夫してこの激暑を乗り越えなければならないが、どこかの老害スポーツ解説者ではないが根性論では到底無事に済ますことはできない。色々と調べて対処準備ができることはやりながら日々を過ごすことになる。


Latte662_01.jpg

※オトーサン、暑いね!


オトーサンはこの夏、非接触温度計を新調した。これまで使っていたものが壊れたこともあってより正確で使いやすいものをと考え選んだ製品だ。
要は天ぷら鍋の油の温度にしても路面の温度にしても対象物に接触せずに赤外線で-50℃から+380℃までの温度を瞬時に計測できるという機器だがオトーサンの目的はもっぱら散歩で歩く路面の温度の確認である。

Latte662_02.jpg

※赤外線非接触温度計


こういうと、歩いている路面の温度を測ったところですでに歩いているのだから意味ないのでは?といった声も聞こえてきそうだが。日射しが強い場合、どの道、どの場所の温度が危険なのかを確認して簡単なマップを頭に入れているというわけ。
事実17時になっても場所によっては路面温度が49℃を越えるような場所もあるわけで、そうしたルートは極力ラテとは通らないように心がけようというわけだ。

Latte662_04.jpg

※17時を過ぎているのに49℃を越えている路面もある


あちらこちらで非接触温度計を地面に向けて「ピッ」とやっているオヤジというのも危なく見えるかも知れないが、これくらいの注意は必要だと思っている。
なにしろワンコはボディで汗をかけない動物だというし毛皮を脱ぐこともできず、急所というべきお腹は路面に近いというのだからリードを引いている飼い主とは桁違いに暑さに弱いと考えなければならない。

無論散歩の時間帯も冬場などとは違って考慮する必要があるだろう。冬場と違い朝早くから明るいし夜も19時近くになっても明るさが残っているから散歩もしやすい。そして朝早め、夜は日が落ちれば気温は低めとなるのは明白。
ということで朝も涼しい内に…といってもすでに28℃くらいにはなっているが…と散歩を済ますのは良いが、そうすると夕方の散歩時間までラテは排泄を我慢しなければならない。

Latte662_05.jpg

※木陰のベンチでオトーサンにお尻を向けて…


一応専用シートは敷いてあるがラテがそれを使ってくれないからこその苦労なのである。ともあれ夏場は水もよく飲むからして十数時間もオシッコができないのではラテの勝手とばかりも言っていられない。
オトーサンは夕方の17時頃になると天気の確認と共に気温の確認を頻繁にすることになる。何故なら外気温35℃の中へ連れ出す気にはならない。

かといって最近は18時になっても気温は下がらず34℃を保ったりしているから厄介だ。
そこで先日はもうひとつ秘密兵器?を取りだすことにした。それはワンコ用ではなく人間様用の保冷ベルトである。本来は高熱などのときに頭を冷やすためのものだが、鉢巻き状の袋に保冷剤が入っているのでこれを冷凍庫で凍らせて使うわけだ。

勿論この種の製品でワンコ用を謳うものもないではないが、いくつか使った限りでは中途半端だったりいたずらに高価だったりして適切なものが見つからなかったのだ。また幸いというとラテに叱られるがラテの首は結構太いし現在リードは首輪ではなく別途ハーネスに繋いでいるので首にこの種のアイテムを巻いても散歩の機能上問題はない。
当然ラテはこうしたものが嫌いだが、実際に苦しくならないように、かといって緩すぎないように巻き付けると気持ちがよいのか特に目立って嫌がらない。

Latte662_03.jpg

※保冷ベルトを首に巻いていざ散歩へ


ということで先日は夕刻17時過ぎだというのに外気温34℃の中、保冷ベルトを首に巻き20分ほど散歩に出てみた。
排泄をして、近所をひとまわりして戻ってきたが猛暑の中でも「ハアハア、ゼイゼイ」がなかったことが効果を証明しているように思う。
問題は少々見かけが悪く、どこか鞭打ち症でギブスをはめているみたいだが、健康には変えられない。
今年の夏もこうした工夫により飼い主共々何とか健康に過ごしたいものだ。



杉田玄白「鷧斎日録」を読む

日記をつけている方は少なくないと思うが、私はといえば日々つぶやくTwitterやInstagramなどへの投稿が一種の日記になっていると思うし、愛犬の成長ぶりを軸に「ラテ飼育格闘日記」を本ブログに週一で載せており、あらためての日記はつけていない。また自分の日記はともあれ、他人の日記を覗くというのはなかなかに興味深いものだが、著名人の公開されている日記の中には公開される…公開することを意識して書かれているものも多い。


さて今回は江戸時代に「解体新書」を著したことで知られている医師、杉田玄白の日記についてのお話しである。
玄白は筆まめというか記録魔というべきか、日記をこまめにつけていた。その一部であろうと思われるが、天明8年〜文化3年(1788年~1806年)までの日記が全九冊「鷧斎(いさい)日録」という名で伝わっている。これらは玄白56歳から74歳まで約19年間の日々の貴重な記録であるが、玄白は文化14年(1817年)に85歳で没しているから文字通り晩年の記録である。

isainichiroku_01.jpg

※「鷧斎日録」全文が載っている株式会社生活社刊「杉田玄白全集第一巻」(1944年発行)


「鷧斎日録」の存在が世に知られだしたのは昭和11年(1936年)のことだったという。同年「東京朝日新聞」記事をはじめ、高浜二郎氏や原田謙太郎氏により「歴史地理」「日本医療新報」「中央公論」といった媒体に報道や論文の発表が相次いだ。
ちなみに私の手元には昭和11年9月に日本歴史地理学会発行「歴史地理」第六十八巻 第三号に「杉田玄白の手記『鷧斎日録』」と題された論文が載っている現物がある。

isainichiroku_04.jpg

isainichiroku_05.jpg

※昭和11年9月に日本歴史地理学会発行「歴史地理」と掲載されている高浜二郎氏の論文


ということで最初に「鷧斎日録」を玄白の子孫の方から閲覧を許されたのは高浜二郎氏だったが多々経緯もあってほとんど世に知られることなく、その後の新聞発表では「蘭学事始以上の珍本、百廿余年目に発見!」と国宝的珍書が発見されたと奉じている。

「鷧斎日録」は虫食いが甚だしいため、保険をかけた上で修理に出し、一枚一枚裏打ちをし一冊となるのを待ち構えるようにして原田謙太郎氏、内田孝一氏、岡本隆一氏、三廼俊一氏、杉靖三郎氏、村上秀氏の六氏により分担して写筆研究を行ったという。
結果予定よりかなり遅れたが、昭和19年11月15日に杉靖三郎氏を編者として株式会社生活社より「杉田玄白全集第一巻」として刊行された。

私の手元にはその初版本があるが、奥付を確認すると初版発行部数は1,500部で定価は十二円五十銭とある。ちなみにこの頃の物価をググってみると、1000円で家が建つとか軍事産業の工務部次長で34歳の男性の月給が167円だったといった話しがある。無論この前後は食料が配給制になったりと物価の変動が著しい戦渦の時代だった。ということで誤解を承知で言ってみれば十二円五十銭という価格は現在の50,000円ほどの重みがあったに違いない。
高価な専門書といった感じだったようだ。
ともかく戦時中でもあり紙不足でもあったからか紙質が著しく良くないものの600ページほどの本がまずまずの保存状態で入手できた。

isainichiroku_02.jpg

※「杉田玄白全集第一巻」の奥付


さて、内容を見てみると天候、体調はもとより日々の出来事だけでなく随想、和歌、狂歌、俳句、漢詩、年収などが多彩に織り込まれている。
特に玄白が毎日のように小石川、浅草、吉原、品川まで江戸の町を広く往診に出かけていることにも頭が下がる。
要は…「鷧斎日録」は臨床医としての玄白の往診記録を主軸として、玄白の回りの人たちの言動、玄白自作の詩歌、おそらく藩邸勤務や往診の過程で知り得た当時の社会事情やその情報を書き留めた日記なのである。
その記述は基本とても簡素なもので、諸情報の記録についても事実のみが記され、それに関して玄白自身のコメント類はほとんど書かれていない。

例えば丙辰年(1796年)正月からの記述の一部をご紹介すると、

・元旦 雨夜雪 御屋敷御禮相済。
    歳旦
  若水の汲上られて今年哉
  天神下出ル。
・二日 雨 天神下出ル。
・三日 曇 在宿。
・四日 晴 風気在宿。
・五日 雨 同。
・六日 雨 前夜より大風雨。
・七日 曇夕晴 近所年禮。
・八日 晴 浅草・吉原病用。夜御福引。
・九日 同 牛込・小川町邊年禮。
・十日 雪 在宿鏡開。

といった具合…。 
また家族のこともよく記録されており、特に出産や死亡、藩邸への出向や子供を連れて芝居見物に行ったこと、あるいは墓参などを書き留めている。さらに子供や孫を可愛がっていたことが伺われるし、市川団十郎(五世)や火付盗賊改の長官こと長谷川平蔵宣似の名も登場している。
この「鷧斎日録」は杉田玄白という史実の人物をよりよく知るためにも重要なタイムカプセルであるが、当時の世相をリアルに知ることができる一級の資料でもある。

なお私が知る限り「鷧斎日録」の全文が読めるのは前記した株式会社生活社刊「杉田玄白全集第一巻」だけのようだがすでに書籍を入手されるのは難しい。ただし幸いなことに国立国会図書館デジタルコレクションにアップされており、無料でPDFファイルとしてダウンロードできる。

isainichiroku_06.jpg

※「杉田玄白全集第一巻」は国立国会図書館デジタルコレクションにアップされている


とはいえこれを読破するのも正直大変だと思うので興味のある方には松崎欣一著「杉田玄白晩年の世界〜『鷧斎日録』を読む」(慶應義塾大学出版会)をお勧めしたい。
本書も500ページを超える本だが、全文掲載というのではなく例えば「臨床医として」「教養人として」「記録者として」といった具合にいくつかの項目別に「鷧斎日録」を読み解き、実に詳細なる研究結果を公開している。

isainichiroku_07.jpg

※松崎欣一著「杉田玄白晩年の世界〜『鷧斎日録』を読む」(慶應義塾大学出版会)


少し例を上げれば、医者仲間の会合や俳会などの会合への出席頻度、大雨・洪水の記事の集計、火災関係の記事リストなどだが火事の記録をこれだけ整然と列べられると「火事と喧嘩は江戸の華」ではないが、いかに江戸の町は火災が多かったのかが分かる。その他、往診のために外出した地域と回数、打ち壊しや百姓一揆の詳細が分かるだけでなく、玄白の家族や親族がどのようなものであったかも理解しやすい。
「解体新書」の翻訳で知られる蘭学者・臨床医の豊かな晩年と共に同時代の世相まで眼前に浮かんでくる「鷧斎日録」はもっともっと一般にも知られて良き内容に思えるのだが。


ラテ飼育格闘日記(661)

そろそろ梅雨明けの声が聞こえはじめたが、雨が上がり日射しが出れば気温は高くなる。ワンコの散歩には過酷な時期が始まるというわけで飼い主共々熱中症に注意しながら朝夕の散歩をこなさなければならない。


さて雨が上がったからといつもの公園に行っても子供たちはすでに夏休みに入っているため、人影がほとんどない状態が続く。そもそもが暑くなればそうそう一所にたたずんではいられないが、ラテは待っていれば誰か知り合いが声をかけてくれるだろうと相変わらずの待ち状態となる。

Latte661_01.jpg

※日陰で一休み


結局半強制的にオトーサンがリードを引いてその場を離れることになるもののどこに行っても暑いし子供たちの姿は見えないので排泄が済めば帰宅するしかない…。
ラテも暑いのは苦手なのでしぶしぶ家に戻るが機嫌がよくない(笑)。

Latte661_03.jpg

※女房が散歩に参加するとラテは頻繁に女房へアイコンタクトする


しかしご飯を食べ、水を飲むと急にオトーサンに向かって吠えはじめたりする。これは怒っているのでは無く「遊ぼう」のサインなのだ。
オトーサンが仕事中だったりして無視すると部屋の入り口まで顔を出して吠え続けたり「キューン」といった切なさそうな泣き声で訴える。

Latte661_04.jpg

Latte661_05.jpg

※オトーサンがボールを見せるとラテの表情がコロリと変わる


オトーサンもどうしても手が離せなかったり腰が痛かったりではないときにはつまらなかった散歩の埋め合わせもあり、ラテの誘いに乗るようには心がけているが、生半可な遊び方だとラテが馬鹿にするのでオトーサンも本気を出さなければならず、なかなかに大変なのだ。

オトーサンが数個の小さなオヤツとラテが好きな生ゴム製のボールを取りだして和室に入るとラテの両眼は爛々で、これがさっきまでブスッとしていた同じワンコかと思うほど満面の笑顔で迎えてくれる。
このボール遊びはそもそもオトーサンがラテを喜ばせようと工夫したもので、ボールを壁にぶつけて跳ね返って来るボールをラテにブロックさせたり、畳みに叩きつけ上に跳ね上がったボールを飛び上がって捕らえさせたり、オトーサンがボールを投げるフリをして瞬間周りのどこかに隠したものを探させたりとメニューがいくつかあるのだ。

Latte661_06.jpg

※跳ね上がったボールをキャッチ!


そして上手にボールを捕らえたりすれば小さなオヤツをご褒美にあげることにしている。
それらを適宜まぜて10分程やると真剣に向かってくるラテも「ハアハア」と息が切れてくるしオトーサンも足腰に負荷がかかって辛いが、とにかくラテが喜ぶし、大げさに言うならラテの足腰に問題があるやなしやの検証にもなるし動体視力の確認にもなると思っている。

Latte661_02.jpg

※朝の6時、起こしに来たラテをオトーサンの隣に引っ張り込む(笑)


大概ラテのボール遊びの要求は夜なのだが、つき合ってあげると気持ち的にも充実というか満足しているようだし、その後に水を飲んで寝るというのが定番だ。
しかし過日のボール遊びの後、よほど嬉しかったのか、積んであった女房の布団の上に駆け上り、なんとも気持ちよさそうに “うれしょん” をしてしまったのだった(ぎゃあああ)。


ラテ飼育格闘日記(660)

相変わらずはっきりしない天気が続くが、オトーサンたちの毎日はいつものように粛々と続いていくものの朝は些か忙しい。オトーサンたち夫婦の朝食とラテのご飯はオトーサンが用意準備することになっているが、ワンコのあれこれは一手間増えるといった単純なものではなくなかなかに大変…。


大概オトーサンたちがテーブルに着く前にはラテは食事を終えている。したがっていくばくかのおこぼれを期待してラテは女房とオトーサンの椅子の間に座って待つということになる。とはいえあくまで “おこぼれ” であるから食べさせ過ぎないように注意しなければならないしアレルギーもあるからして口にしては駄目なものも注意しなければならない。

latte660_01.jpg

※朝食の支度を待つラテ


面白いのはラテがこちらの手順をよく覚えていることだ。したがってオトーサンの食事を終えるとラテも「ここまでだな」と和室へ水を飲みにいく。
ただしこれで朝のセレモニーが終わったわけではなく、どちらかと言えばこれからが大変なのだ。

メインのミッションとしてはラテにアトピー予防薬を飲まさなければならない。これは朝夕二度必須だが錠剤が二つなので喜んで飲み込んではくれない。
当初はたった二粒だからして食事に混ぜればよいと思って実行したが、見事に錠剤二つが食器の底に残っていた(笑)。

Latte660_00.jpg

※朝夕二度、アトピー抑制の錠剤を二種薄くのばしたパン生地に包んで飲ませている


いろいろと試行錯誤の結果、オトーサンたちの食パンの柔らかいところを摘まんで押しつぶし、薄く広げたもので錠剤二粒を包むことにした。これを理屈ではラテの喉に押し込み、ゴックンさせれば良いわけだが、残念ながら我が娘はそうそう簡単ではない…。

latte660_05.jpg

※起きがけにオトーサンのパジャマを乗せられてご機嫌


やはり臭いで分かるのだろうが食べ物とは認識していないからか、そのままでは吐きだしてしまう。そこでオトーサンは次の手を考えざるを得なかった。それはそうして作った直系1センチほどのパン生地で包んだものを極少量のアイスクリームに乗せて喉奥に入れるということだった。
これは効果があり、ほとんど場合はそのままゴックンしてくれるが、位置が悪かったりアイスクリームが少なすぎたりすると一端は飲み込む素振りを見せながらもポロリと薬だけ出してしまうこともある。

latte660_03.jpg

※公園に入るとお馴染みの子供たちから「ラテに水飲ませたい!」と声がかかる(笑)


さてこうした薬を飲ますのがメインではあるが、その他にもいろいろとやらなければならないこともある。
それは目脂を取ることと、時に目薬を注すことだ。
ワンコは…というよりラテは右目瞼にでき物があるからか目脂が多いときがあるのでまずはこれをティッシュで綺麗に取るのは勿論、目が赤いと思えば目薬を注すことになる。

latte660_04.jpg

※小雨の中、散歩を終えてやっと笑顔


目脂を取るのはどうということはないが、目薬を注すのはいろいろと作戦を練る必要がある。よく言われるように正面切って目薬の容器を見せてはやはり怖いのか嫌がって「うっ」と唸って暴れたりする。したがって頭の後ろから容器を構えて直前まで見えないようにする。
ただし人間様のように都合よく顔を傾けてくれないので垂らした一滴が眼の中に入るようにするにはまあ熟練技が必要だ(嘘)。
そして最後にワンコ用の歯磨きガムを与えて朝のセレモニーが終わる。
スムーズにいくときもあれば思わぬ抵抗にあったりもするが、食欲を含めて今日一日の健康を図り確認する大切なセレモニーなのだ。


Instagram、投稿の「いいね!」数を非表示にするテストを日本でも実施

Instagramは7月19日、投稿の「いいね!」数と動画再生回数を非表示にするテストを、日本を含む一部の国において実施すると発表した。このテストは、コミュニティに「いいね!」の数ではなくInstagram上でのつながりやシェアする写真や動画の内容を重視してもらいたいという思いから実施するもので、対象となるアカウントのフィードやプロフィール画面などの全ての写真・動画に対する「いいね!」数と動画再生回数が、投稿した利用者本人にのみ表示されるようになる。


Instagram20190719.jpg

投稿上の「XXXさん他が『いいね!』しました」ををタップすると、引き続き自分の投稿に付いた「いいね!」数と動画再生回数を確認することができ、どのアカウントが「いいね!」したのかも一覧で確認することができる。
本テストは今年5月にカナダで開始し、コミュニティからのフィードバックを収集していたが、より多くの国と地域の利用者に与える影響を学ぶため、Instagramにとって重要市場の一つである日本でもテストを実施することになった。今回のテストから得られる新たな学びを活かし、今後もInstagramが家族や友だちとの距離を縮め、自分の趣味・関心、お気に入りのビジネスとのつながりを深める場になるよう、様々な取り組みを続けていくという。

ニュースルーム



広告
ブログ内検索
Related websites
Macの達人 無料公開
[小説]未来を垣間見た男 - スティーブ・ジョブズ公開
オリジナル時代小説「首巻き春貞」一巻から完結編まで全公開
ラテ飼育格闘日記
最新記事
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

appletechlab

Author:appletechlab

主宰は松田純一。1989年Macのソフトウェア開発専門のコーシングラフィックシステムズ社設立、代表取締役就任 (2003年解散)。1999年Apple WWDC(世界開発者会議)で日本のデベロッパー初のApple Design Award/Best Apple Technology Adoption (最優秀技術賞) 受賞。

2000年2月第10回MACWORLD EXPO/TOKYOにおいて長年業界に対する貢献度を高く評価され、主催者からMac Fan MVP’99特別賞を授与される。著書多数。音楽、美術、写真、読書を好み、Macと愛犬三昧の毎日。マネキン造形研究中。2017年6月3日、時代小説「首巻き春貞 - 小石川養生所始末」を上梓(電子出版)。続けて2017年7月1日「小説・未来を垣間見た男 スティーブ・ジョブズ」を電子書籍で公開。ゆうMUG会員