ラテ飼育格闘日記(788)

新年明けましておめでとうございます。今日は元旦…新玉の年を祝い目出度い一年のスタートのはずだったが、前回の日記の最後に追伸として記したようにラテの容体が年末急に悪化した。歩けないというより歩く力がないようだし呼吸も荒く食欲もないという事態にオトーサンたちは危機を感じ、急ぎ動物病院へ運び込んだ。そういえばここ暫くラテの声を聞いていない…。


12月24日の朝食をかなり残したとき、これは変だなと感じた。ラテが朝夕の食事をあからさまに残したことはほとんど無いからだ。そして四つ脚で立ってはいるが動くのが辛そうだし見るからに元気がない。それでもオトーサンは食事をして寝直せばいつものラテに戻るだろうと根拠のない期待をしていたが、逆に午後になって状況がより悪化してきたのは明らかだった。

Lattte788_01.jpg

※12月24日の朝の散歩から戻った際、ひょんな拍子でラテは前足をオトーサンの膝に乗せた


それでも一抹の期待を持って夕方の散歩は早めに女房と共に散歩に連れ出した。しかし四つ脚で立脚するもののやはり自力で歩こうとはしない。オトーサンがかなりの力でハーネスに付けたリードを少し持ち上げるように引くとその分だけ進むと言った具合。また呼吸もかなり荒い。
この夕方の散歩は女房も一緒だったので相談し動物病院へ連れて行くことにした…。

Lattte788_02.jpg

※体調が悪いのに女房とのツーショットでは穏やかな表情を浮かべていた


診察しながら採血して血液検査。そして抗生剤注射をし、点滴を打ちながら院長から説明を聞く。まあ、身も蓋もないものの一番の原因要因は15歳6ヶ月というその加齢だということだが白血球数が異常に高いことや他の検査結果から心臓が弱っていると共に腎不全といったことも明らかになった。

Lattte788_03.jpg

※初めて点滴を受けることに…


ともあれ点滴を初めて経験したラテだったが、薬を処方してもらって帰宅した。しかしものの30分ほど経過したとき呼吸が一段と激しくなり見るからに苦しそうだ。
オトーサンは意を決して再び病院へ電話しラテを連れて行くことにした。今度は別途用意していた歩行補助ハーネスでほぼ抱えるようにして運んだ。

まずいつもの診察室の奥にある部屋で酸素吸入を開始するが、これまた初めてだ。時間も1時間ほどは必要だというので覚悟を決めて勧められた椅子に座りながら呼吸器の先端部をラテのマズルに被せて保持。暫くするとやはり心配だからと女房も駆けつける…。
嫌がると思ったが苦しいからか大人しくされるがままにしているし、次第に呼吸もかなり落ち着いてきた。その間に注射を二本も打たれる。

Lattte788_04.jpg

※酸素購入も初めての体験だった


結局1時間半ほど病院にいたことになるが、ともかく病院の方に手伝っていただき帰宅する。なにしろこの動物病院との距離は500mもないのでこうした際にはメチャ有り難い。
そして緊急時の応急処置として酸素缶も用意してラテを寝かせる。医者から部屋を暖めるようにと言われたので普段はあまり使わない温風暖房機をつけてやる。

そしてしばらくすると「ピンポーン」とチャイムが…。この地に来て最初に友達になりラテを可愛がってくださった近所の中学生女子(出会ったときは幼稚園の年長組だった)とそのオカーサンがお見舞いに駆けつけてきてくれたのだ! オトーサンが病状をメールでお知らせしたからだが、クリスマスイブにわざわざ申し訳なく有り難い気持ちで一杯になる。

Lattte788_05.jpg

※ラテを心配し近所のオカーサンとお嬢さんが見舞いにきてくれた


なにしろラテにとっても飼い主である我々夫婦を別にすれば、一番親しくしていただいているファミリーなのだからラテも喜んでいるはずだ。元気な時代には飛び跳ねて喜び雄叫びを上げたラテだったが、この日は横になったままで頭も上げない。しかし時折目を開けてお二人を確認しているようだった。
というわけでこの年末年始は動物病院通いとなりそうだが、まずはなにか食べてくれると良いのだが…。



2021年度、MacTechnology Lab.的ベスト10プロダクトの紹介

早いもので今年もあと僅かとなった。今年もCOVID-19(新型コロナウイルス)による混乱が続いた一年だったといってよいが、なんとか健康で年末年始を過ごしたいものだ。ともあれ今年も例年どおりMacテクノロジー研究所的ベストプロダクトを選別してみたのでお届けしたい。


2021bestpro10.jpg

無論これらは実際に私が手にした限られた製品に限ることはご承知おきいただきたい。また近年気力の問題か、何でもかんでもブログに記事を投稿するのが億劫になってきたこともあり、記事にしていないアイテムも含まれていることはご容赦願いたい。

① J&T Technology社 3Dプリンター「JT-Maker-HC50」
今年ナンバーワンのプロダクトはやはりというか、3Dプリンターだ。思い返せば2018年初頭に最初の3Dプリンターを手に入れてからこの3年半の間に7機種の3Dプリンターを使う結果になっている。気が多いという性格もあるが(笑)それ以上にこの数年の間の3Dプリンターの進歩はめざましいものがあるのだから仕方がない…。

HC50_01_20211227112830dbb.jpg

一昔前と違い今や3Dプリンターは多くのメーカーが存在し、多彩な製品がしのぎを削っているが、今回もJ&T Technology社の製品を選んだ理由はサポートの確かさに他ならない。
そして、これまでJ&T社から購入してきた組立式の3Dプリンターはすべてダイレクト式だったので今回はこの種の製品としては初めてボーデン式を採用したことになる。それぞれ一長一短がある訳だが、ボーデン式はエクストルーダーが小型化できるのが特徴でもある。
「JT-Maker-HC50」の特長は最大造形サイズ 220 x 220 x 250mm、25点(箇所)のオートレベリングを採用している点だが日々の造型に信頼するに足りる3Dプリンターである。

② Atomstack P7 M40 40Wポータブルレーザー彫刻機
さて、本来なら今年4月にクラウドファンディングのCAMPFIREで出会ったLaserPecker 2というハンドヘルドレーザー彫刻機が素直にベストプロダクトの2位を飾るはずだった…。しかし6月末出荷というふれ込みが遅れに遅れて10月にやっと到着したと思ったら利用中に素材が発火し本体の重要部位も燃えてしまった。
ことはそれだけに留まらずメーカーの対応の悪さは近年出会ったことのないほど酷い物だったので、気持ちを切替てLaserPecker 2の実使用は諦めることにした。そしてそれらの経験を踏まえて新たに注文したのがデスクトップ型レーザー加工機ATOMSTACK P7 M40 40Wである。
ともあれまずはスペックを製品サイトに掲載されているままに紹介してみる。

mtl20211228pm_02.jpg

・Brand: ATOMSTACK
・Model: P7 M40
・Recommend Print Size: 200*200mm
・Laser power: 40W
・Laser output power: 5-5.5W
・Wave Length: 445 ± 5nm
・Engraving accuracy: 0.01mm
・Spot area: 0.02 mm²
・Focusing method: Fixed focus laser, no need to focus
・Operating software: LaserGRBL, LightBurn
・Input Format: NC, BMP, JPG, PNG, DXF, etc.
・Data transmission method: USB connection
・Input Voltage: AC100-240V, 50/60Hz
・Output Voltage: DC12V, 5A
・Equipment net weight: 2.5kg
・Package weight: 3kg
・Product size: 382*420*146 mm

本製品はパソコンとUSBケーブルで接続し、Macの場合はLightBurnというコントロールアプリを使って利用することになる本格的なもので、高機能・多機能なためオペレーションを覚えるのはなかなかに大変…。
オプションの円筒形状のアイテムや長い板を刻印するときに使うATOMSTACK R3 Roller for Cylindricalや切断用台のハニカムボードなどと共に勉強しながら順次情報を発信していきたい。

③ iOCHOW C2 乾燥除湿機
今の時期は加湿器が必要な季節だが、今年は雨も多く数十年ぶりに乾燥除湿機を手に入れた。これは洗濯物の部屋干し時に有効なことは勿論だが、例えばFDM式の3Dプリンターをほぼ毎日何からの目的で稼働させてることもありフィラメントを最良の状態で使うためにも心強い。そして仕事部屋に限ってのことだが部屋の湿度は45%から50%程度にキープしており、これはリュートやギターの保管にも最適な湿度だけでなく、室内にいる私の健康にも大切なアイテムである。iOCHOW C2…長い付き合いになりそうだ。

iOCHOW_01_20211227112832bd0.jpg

④ Dowinxゲーミングチェア
ゲーミングチェアはその名の通り、もともとはオンラインゲームやeスポーツのためにつくられた製品だが、その快適さから、テレワークなど在宅での仕事用に選ぶ人が増加中だという。

gameing_chair_03s_20211227112828af9.jpg

その為だろうか、多くの製品は体を包み込むようなデザインが多いが、その構成は頭の先まで包み込んでくれるチェアシート、首への負担軽減のためヘッドレストが附属、姿勢に合わせて快適な肘のポジションに調整可能なアームレスト、チェアシートの傾斜角度が可変、そして腰当てやオットマン装備といったパーツが揃っているものが多い。したがって仮眠程度なら寝ることも可能だ。
日々このDowinxゲーミングチェアに座りiMacを前にする毎日である。

⑤ ordro 4K 60fps ウェアブルカメラ EP7
ベストプロダクトとしては珍しくリピート買いの製品である。前回購入したものがバッテリー切れとなってしまい不便ながらも日々愛犬の散歩時にモバイルバッテリーとUSBケーブルで繋いで使っていた。それを知った女房が44回目の結婚記念日にと同じ物をプレゼントしてくれた…。

EP7_01_202112271128232ab.jpg

この種の製品は上には上があるものの4K 60fpsのスペックを持つこのウェアラブルビデオカメラは私にとって必要十分な画質と使い勝手を約束してくれている。

⑥ Apple AirPods Max
昨年12月18日発売のAirPods Max、買おうか買うまいかを半年間ずっと考え続けてきたが、精神衛生上よろしくないので買うことにした(笑)。ともあれ音響製品ほど他人の評価は当てにならないものはなく、己で確認しなければならない。音の良し悪しは人の感性や好みに大きく依存するからだ。
しかしAirPods Maxはナチュラルなサウンドに加え、特にその空間オーディオは一度体験すると虜になること確実である。

202106291047311c7_20211227112309876.jpg


⑦ Cannon PowerShot SX720 HS
PowerShot SX720 HSはPowerShot SX610 HSから買い換え製品で散歩カメラとしてスペック的にも必要十分だ。概要を列記すると焦点距離は35mm換算で24(W)~960mm(T)、有効画素数は2030万画素、連続撮影は最高約5.9枚/秒、動画撮影はフルHD(60fps)で音声はステレオ録音、映像素子は1/2.3型高感度CMOSといったところだ。

SX720HS_01_20211227112835983.jpg

さらに動画記録に優れた映像エンジンDIGIC 6 と、光学式と電子式を併用する5軸の手ブレ補正。広角24mmから望遠960mm相当までの幅広い撮影領域に対応する光学40倍ズームレンズを搭載などを始め、被写体(人物)の年代を検知し適切なサイズにフレーミングするオートズーム機能などという目新しい機能もある…。そしてオートで1cmまで寄れるわけで空に輝く月から道端に咲く小さな花々を撮ることができる。

⑧ MacBook Pro 13”(Mid 2012)
古いMacBookを手に入れた。MacBook Pro 13”(Mid 2012)だ。いまさらではあるがいまオーダー中のレーザー加工機を使うには専用アプリが必要で設置場所や利便性、安全性を考えると仕事場のiMacからコントロールするるのは現実的ではない。
ということでこのMacBook Proはレーザー加工機のオペレーション用に手に入れたものなので何も最新版である必要はなかったからこそ中古を求めた。

MacBook Pro

とはいえあればあったでそこはMacだ…。搭載しているmacOSやメモリの限界はともかくあれやこれやと便利に使うようになった。
ちなみに様々なことに使ってみようとブートキャンプでmacOSとWindows10を切り換えることもできるようにした。Windowsにしてもあくまでレーザー加工機用のアプリでWindows版しかないものの検証用に使うつもりである。

⑨ デスクの足元ヒーター パネル
デスクの下に設置するとまるで簡易コタツのような心地よさだ。これまで冬場のデスク回りを温かくしようといろいろな試みをしてきた。電気スリッパ、足温器、デスクの裏面に磁石で取り付ける簡易コタツ、小型温風機などなど…。そして現在は電気膝掛けを使ってきた。

足元パネル_01

しかし、どれも帯に短し襷に長しで一長一短。なかなか自分にとってベストのものがなかった。そんな折、「足元 デスクヒーター」という製品をAmazonで見つけた。折り畳み式で組み立てると前面・左右・底そして天板のパネルで構成された遠赤外線パネルヒーターとなる。また底面には取り外しが出来るフットウォーマーも付いている。
実際に使ってみると見かけよりずっと実用的な暖房器具である。

⑩ Apple AirTag
AirTagは、Appleによって開発・製造され、2021年にリリースされた忘れ物検索タグだ。キーファインダーとして機能しiPhoneからAirTagの場所を特定でき失せ物を探す強い味方となる。現在筆者は財布とキーチェーンにこのAirTagをぶら下げているが幸いなことに今のところお世話になったことはないが、安全のためのお守りでもある。

AppleTag.jpeg

■番外編
① Aria 10コース、ルネサンスリュート
6年ほど前に両手の指が腱鞘炎とバネ指に悩まされ、心ならずも手放した6コース・ルネサンスリュートだったが、いまだ左手中指に難があるものの自分で楽しむためならと再びリュートを弾きたいと思うようになった。しかしギターとは違いそこいらの楽器店にずらりと並ぶ楽器ではない。
ともあれ思ったときが縁を呼び寄せるのか、ヤフオクで見つけたのがすでに40年ほども前に売り出したリュートだった。これは当初から一部で低い評価も受けていた荒井貿易が販売開始したAriaブランドの楽器である。しかし幸いなことに手元に届いたリュートは目立った傷もなく工作精度もなかなかの楽器だった。

AriaLute_02_20211227112311670.jpg

出品されていたのは弦長60cm、10コースのシャントルレライダーおよびバスライダーを備えたルネサンスリュートだったが全ての絃と巻きフレットを新しい物に取り替えただけで問題なく楽しんでいる。



デスクの足元を快適に〜遠赤外線ヒーターパネルを試す

これまで冬場のデスク回りを温かくしようといろいろな試みをしてきた。電気スリッパ、足温器、デスクの裏面に磁石で取り付ける簡易コタツ、小型温風機などなど…。そして現在は電気膝掛けを使っている。しかし、どれも帯に短し襷に長しで一長一短。なかなか自分にとってベストのものがなかった。


それにパソコン作業などで机上のiMacと向かい合う時間が多い訳だが、エアコン暖房だと空気が乾燥し睡魔を誘うし、電気代もかかる。
そんな折、「足元 デスクヒーター」という製品をAmazonで見つけた。折り畳み式で組み立てると前面・左右・底そして天板のパネルで構成された遠赤外線パネルヒーターとなる。また底面には取り外しが出来るフットウォーマーも付いている。

足元パネル_01

※組立後早速仕事部屋のデスク下に押し込んでみたが実に具合がよい


さて本製品は箱でも組み立てる感じで簡単にセットアップができるが箱型の空いている側に足を入れることになる。そして組み立てたものは机の下に設置するのが定番の使い方だ。特に前面パネルは手前に30度傾斜するデザインなので足を入れやすく無駄な空間を作らないのもよい。

これらのパネルは上面を除いて底面・左右・前面と4つのパネルが発熱して足の膝頭から足元をコタツに入っているかのように温めてくれる。
温度調節は3段階で、強:60℃/中:50℃/弱:45℃。タイマーも3時間・6時間・9時間を選べるが安全面からタイマーをOFFにはできない。

足元パネル_02

※側面に組み込まれているコントローラー。温度を3段階に、タイマーを3種設定可能


実際に使ってみると実に具合がよろしい…。特に無音・無風な遠赤外線パネルだから空気の流れやノイズに悩まされることもない。さらに寒がりの方は小振りの膝掛けでも用いれば完璧となるだろう。
なお1時間あたりの消費電力は156Whと電気代も他の暖房器具と比べて格段の省エネが期待できる。また組立サイズだが、幅44cm×奥行34cm×高さ58cmであり無論しまう場合も折りたためばどこかの隙間に収納できる。
一見お大げさに感じる方もいるかと思うが、なかなか理にかなった製品だと思う。






ラテ飼育格闘日記(787)

朝の気温がマイナスになってきた。まあ今年も後一週間あまりとなったのだから仕方がないが、その激寒の中の散歩は正直辛いものがある。とはいえオトーサンは完全防寒対策をして出かけるがラテは素のままだ。見るからに寒そうだが、どうしてどうして…歩く気満々である。


歩くのはよいが、そのスピードが遅いこととしばしば立ち止まって休憩モードに入るのがオトーサンには辛い。吹きっさらしのマイナス気温下にじっとしているのがいかに辛いかはお分かりいただけると思う。歩いていれば多少なりとも体が温まる理屈だが、北風の中に5分も留まっていれば身体全体が冷え切ってしまう。

Latte787_01.jpg

※ラテは歳のせいか日中ほとんど寝ているが元気です!


とはいえ、ラテが止まってしまうのを無理矢理地べたから剥がすようにリードを引くのも可哀想だ。歩きたいのに続けては歩けないのかも知れないし…。しかしものの5分程度歩いただけで休まれては先が思いやられるし、しゃくに障るのは道行く人の中に「あらあら沢山歩かされたのね。ゆっくり休ませてもらいなさいね」などと的外れのことを言いながら去って行く人が少なからずいることだ(笑)。

Latte787_02.jpg

※ゆっくりではあるが、四つ脚できちんと歩いてます


ともあれ、寒さにも動じないラテではあるが、そこは高齢でもあるし温かい場所の方がよいと考える場合もあるようで、立ち止まって休憩の場合も天気ならば日が当たっている場所を選ぶことも多い。また先日のことだが、散歩から戻りマンションのエレベータに乗ったときのこと、ふと気がつくとラテの右前足がオトーサンの靴の上にあった。やはり肉球が冷たかったのではないか…。

Latte787_03.jpg

※エレベータの中でのこと、ラテの右前足はオトーサンの靴の上にあった


さらに室内で寝る場合も夏場は見向きもしないラテ専用にと用意したベッドで横になる機会が多くなった。基本的になるべくエアコン暖房はつけない我が家は室温も低いから、温かく肌さわりがよいベッドを選ぶに違いない。
しかしラテの思惑は分からないが、一日のほとんどを過ごすのはに女房の部屋だ。ここにもフローリングに厚手のマットを敷いてあるから冷たくはないはずだ。勿論女房が仕事に出かけている日は一日中この部屋はラテ専用の部屋になる。

Latte787_04.jpg

※大好きな近所のオカーサンに出会ってご満悦なラテ


オトーサンの仕事部屋に来て寝ろ…とは言わないが、ラテにしてみればオトーサンに束縛されないで寝ていたいということなのかも知れない。とはいえオトーサンとしては静か過ぎても心配だから狭い家だが仕事部屋からラテの寝ている部屋まで出向いて様子をみるようなこともやる。あるいは肉球を噛んだりしてないか…などなど視界から外れているればそれ故に心配もしてしまう。

ということで今般、Amazon Echo Show 5対応の監視用小型カメラを買ってみた。Echo Show 5自体は以前からオトーサンの机上に設置してあり、天気を確認したりニュースを垣間見たり「アレクサ、カメラを見せて」と言えば机上のAmazon Echo Show 5でラテの様子がリアルタイムで確認出来るのが便利。勿論iPhoneなら外出先からラテの様子を確認することもできる。

Latte787_05.jpg

※手元のEcho Show 5 で別室にいるラテの様子を確認出来るようになった


これでいちいち席を立ってラテの様子を見に行く必要もなくなったが、やはり長い間微動だに動かないと息をしているかと確かめに行く心配性のオトーサンでありました。

【追伸】
12月24日の午後にラテの容体が急変し呼吸が苦しそうだし室内でも立ったままで腹ばいにならなくなった。早速動物病院へと連れて行き、抗生剤注射、点滴などの処置をしてもらい一端帰宅したもののさらに苦しそうな状況に慌てて再び医者に運び込んだ。これらの顛末は来週の日記でお届けする予定ですのであしからず…。




広告
ブログ内検索
Macの達人 無料公開
[小説]未来を垣間見た男 - スティーブ・ジョブズ公開
オリジナル時代小説「木挽町お鶴御用控」無料公開
オリジナル時代小説「首巻き春貞」一巻から外伝まで全完無料公開
ラテ飼育格闘日記
最新記事
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

mactechlab

Author:mactechlab
主宰は松田純一。1989年Macのソフトウェア開発専門のコーシングラフィックシステムズ社設立、代表取締役就任 (2003年解散)。1999年Apple WWDC(世界開発者会議)で日本のデベロッパー初のApple Design Award/Best Apple Technology Adoption (最優秀技術賞) 受賞。

2000年2月第10回MACWORLD EXPO/TOKYOにおいて長年業界に対する貢献度を高く評価され、主催者からMac Fan MVP’99特別賞を授与される。著書多数。音楽、美術、写真、読書を好み、Macと愛犬三昧の毎日。2017年6月3日、時代小説「首巻き春貞 - 小石川養生所始末」を上梓(電子出版)。続けて2017年7月1日「小説・未来を垣間見た男 スティーブ・ジョブズ」を電子書籍で公開。また直近では「木挽町お鶴捕物控え」を発表している。
2018年春から3Dプリンターを複数台活用中であり2021年からはレーザー加工機にも目を向けている。ゆうMUG会員