Apple、macOS Catalinaを発表

Appleは本日、世界で最も先進的なデスクトップオペレーティングシステムの最新版、「macOS Catalina(カタリナ)」をプレビューした。macOS Catalinaには、洗練された新機能、これまでにない新しいアプリケーション、パワフルなデベロッパ向け新テクノロジーが数多く搭載されている。


macOS Catalina_20190604

macOS Catalinaでは、iTunesが人気の高い3つのエンターテインメントアプリケーション、Apple Music、Apple Podcasts、Apple TVアプリケーションに置き換わることになる。また、新機能の「Sidecar(サイドカー)」により、ユーザーはiPadを2台目のディスプレイまたは高精度の入力デバイスとして使用し、Macのデスクトップを拡張することができる。この機能はMacのクリエイティブアプリケーション全般で使用可能。さらに、新たなセキュリティ機能でユーザーを保護する性能が高まり、音声コントロールではMacの操作を音声だけで実行できるようになる。

macOS Catalinaでは、iTunesに代わる3つのアプリケーションが新登場し、Macユーザーが好きな音楽、テレビ番組、映画、Podcastをもっと探しやすく、楽しめるようになった。
新しいMac用ミュージックアプリケーションは、軽快に動き、楽しくて使いやすいアプリケーション。Apple Musicは、5千万以上の曲、プレイリスト、ミュージックビデオの中から素晴らしい新しい音楽を発見する手伝いをする。このアプリケーションで、楽曲をダウンロードしたか、購入したか、CDから取り込んだかどうかに関係なく、ミュージックライブラリの全体にアクセスできるようになる。音楽を手元に置いておきたい人は、クリック1つでiTunes Music Storeを開いて音楽を購入できる。

新しく生まれ変わったApple TVアプリケーションで、映画やテレビ番組の検索、視聴が1つのアプリケーションで実行できるようになった。Apple TVアプリケーションでは、Apple TVチャンネルや、パーソナライズされたおすすめコンテンツが利用でき、iTunesで提供されている10万以上の映画、テレビ番組を閲覧、購入、レンタルすることができる。そしてユーザーは、4K HDRおよびDolby Atmos対応の映画を楽しむことができる。

人気の高いApple Podcastsアプリケーションでは、70万を超えるポッドキャストが提供されている。このアプリケーションでは、新しいエピソードが公開されたらすぐに通知してくれるオプションも用意されている。また、このアプリケーションには新しいカテゴリが追加されており、世界中のエディターが厳選したコレクション、さらにはエピソードをホスト、ゲスト、話題となっているトピックで指定して検索できる高度な検索ツールも備えている。

またSidecarを使うと、iPadがMacの拡張ディスプレイになる。また、対応しているMacアプリケーションでは、iPadを高精度の描画タブレットとしても使用できる。Sidecarを使うことで拡張ディスプレイを簡単に使えるようになるので、外出中のユーザーはどこにいても2台のディスプレイを使って作業できるようになる。Apple Pencilと組み合わせると、スタイラスペンの入力に対応しているMacアプリケーションなら、iPadを使って描画、スケッチ、書き込みができる。Sidecarは、Final Cut Pro Xを使ったビデオ編集や、Adobe Illustratorを使った描画、iWork文書のマークアップにも役立つ。その他の連係機能と同じく、Sidecarはワイヤレス接続でも使えますので、ユーザーは自由に持ち運びして作業できるようになる。

Newsroom





Apple Watchの健康管理とフィットネスの機能を進化させるwatchOS 6が登場

Appleは本日、watchOS 6をプレビューした。watchOS 6により、Apple Watchユーザーは健康とフィットネスをさらに快適に管理できるようになる。ダイナミックな新しい文字盤が追加されたほか、Apple Watchから直接App Storeにアクセスすることも可能になった。


watchOS6_20190604.jpg

新たに搭載されたCycle Trackingアプリケーションを使うと、女性は月経周期に関する重要な情報を記録できる。Apple Watchの利便性を活用して、次の月経の時期や妊娠可能期間を予測できる。毎日の記録機能では、現在の周期、月経血、症状や兆候、排卵予測キットの結果や排卵周期の記録に関するその他の要素といった月経期間に関連する情報を簡単に追加できる。
新しいCycle Tracking機能は、iOS 13がインストールされたiPhoneでも使うことができる。

watchOS 6では、初めてApple WatchからApp Storeに直接アクセスできるようになる。他社製アプリケーションのインストールや、Siri、音声入力、指書き入力を使用してアプリケーションの検索が簡単にできるほか、Apple Watchの画面でも見やすいようにデザインされたアプリケーションの製品ページも用意されている。また、デベロッパは、iOSアプリケーションがなくてもApple Watch上で単独で動作する、Apple Watch専用アプリケーションを作成できるようになる。

Newsroom




Apple、完全に新しくなったパワフルなMac Proと、革新的なPro Display XDRを発表

Appleは本日、Macでできることの限界を押し広げていくプロのために完全に再設計された革新的なワークステーションとして、まったく新しい Mac Pro を披露すると共に、世界最高クラスのプロ仕様ディスプレイとして Apple Pro Display XDR を発表。


MacPro_20190604.jpg

最高レベルの処理能力、拡張性、構成可能性を実現するために設計され、完全に新しくなったMac Proは、最大28コアまで拡張できるワークステーションクラスのXeonプロセッサ、1.5TBという膨大な容量もサポートする高性能なメモリシステム、8基のPCIe拡張スロット、世界最速レベルのグラフィックカードをサポートするグラフィックスアーキテクチャを特長とする。

これに併せて、8K ProRes RAWビデオストリームを3本まで同時再生できる画期的なアクセラレーターカード、Apple Afterburnerも発表した。
Pro Display XDRは、巨大な32インチRetina 6Kディスプレイで、鮮やかなP3広色域と10ビットカラー、ピーク輝度は極限レベルの1,600ニト、コントラスト比1,000,000:1、超ワイドな視野角を特長としつつも、これを画期的な価格で実現。新しいMac ProとPro Display XDRの組み合わせは、Appleがこれまでプロユーザー向けに提供してきた中で最もパワフルなツールで、プロのワークフローを完全に変えてしまう可能性を秘めている。

Newsroom




新しいiPadOSがiPadのために設計された独自の体験を実現

Appleは本日、iPadOSのプレビューを発表した。iPadOSは、iPadならではの体験を表す新しい名前を冠したパワフルなオペレーティングシステム。iPadOSはiOSと同じ基盤をもとに構築されているが、iPadならではの大きなディスプレイと汎用性を生かしたパワフルな新機能や直感的な機能が追加されている。


iPadOS_20190604.jpg

複数のウインドウでアプリケーションを操作する新しい方法、より多くの情報を一目で確認できるように新しくデザインされたホーム画面、より自然にApple Pencilを使いこなす機能を搭載したiPadOSは、iOS 13の優れた新しいアップデートも活用。これによりiPadは、一般のお客様にもクリエイティブプロにもぴったりのデバイスになる。

ホーム画面は新しくデザインされ、より多くのアプリケーションを各画面に表示する新しいレイアウトが採用されている。「今日の表示」をホーム画面に追加できるようになり、ウィジェットにすばやくアクセスしてヘッドライン、天気、カレンダー、イベント、ヒントなどの情報を一目で確認できる。

Newsroom




Apple、iOS 13をプレビュー

Appleは本日、iOS 13のプレビューを発表した。iOS 13には、iPhoneに新たな魅力をもたらすダークモード、写真のブラウズと編集を行う新しい方法、アプリケーションとウェブサイトへの新しいサインイン方法、世界を案内するまったく新しいマップなどが搭載される。システム全体が最適化されたiOS 13は、より高速に動作し、より機敏に反応。これにより、アプリケーションの起動速度が改善し、アプリケーションのダウンロードサイズが削減され、Face IDはさらに速くなる。


iOS13_20190604.jpg

iPhoneの新しい魅力的な外観としてダークモードが加わる。ダークモードでは、システム全体とすべてのネイティブアプリケーションの外観が暗い色調になり、暗めの場所での見やすさが際立つ。ダークモードはサードパーティのアプリケーションデベロッパが独自のアプリケーションに組み込むことができ、日の出などの特定の時刻に合わせて自動的に有効にすることもできる。

またAppleは、プライバシーを保護しながらより簡単ですばやく、かつより安全にアプリケーションやウェブサイトにサインインするための新しい方法を発表した。SNSのアカウントの利用やフォームへの入力、Eメールアドレスの確認やパスワードの選択などの代わりに、ユーザーはApple IDだけを使って認証することができ、Appleはデベロッパに一意のランダムなIDを提供することでユーザーのプライバシーを保護する。
デベロッパがユーザーに名前とメールアドレスを求めることを選択した場合でも、ユーザーは代替となる一意のランダムなメールアドレスを提供して自分のEメールアドレスを非公開にすることができる。
Sign In with Appleは2ファクタ認証がセキュリティレイヤーとして追加されており、Face IDまたはTouch IDでユーザーが簡単に認証することができる。
Appleは、Sign In with Appleを利用してユーザーやユーザーのアプリケーション内でのアクティビティのプロフィールを作ることはない。

Newsroom





広告
ブログ内検索
Related websites
Macの達人 無料公開
[小説]未来を垣間見た男 - スティーブ・ジョブズ公開
オリジナル時代小説「首巻き春貞」一巻から十五巻まで全公開
ラテ飼育格闘日記
最新記事
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

appletechlab

Author:appletechlab

主宰は松田純一。1989年Macのソフトウェア開発専門のコーシングラフィックシステムズ社設立、代表取締役就任 (2003年解散)。1999年Apple WWDC(世界開発者会議)で日本のデベロッパー初のApple Design Award/Best Apple Technology Adoption (最優秀技術賞) 受賞。

2000年2月第10回MACWORLD EXPO/TOKYOにおいて長年業界に対する貢献度を高く評価され、主催者からMac Fan MVP’99特別賞を授与される。著書多数。音楽、美術、写真、読書を好み、Macと愛犬三昧の毎日。マネキン造形研究中。2017年6月3日、時代小説「首巻き春貞 - 小石川養生所始末」を上梓(電子出版)。続けて2017年7月1日「小説・未来を垣間見た男 スティーブ・ジョブズ」を電子書籍で公開。ゆうMUG会員