ラテ飼育格闘日記(708)

1週間経つのは本当に早い。このラテ日記もアップロードしたと思ったら次の原稿を準備しなくてはならない。いや、別に遅れようが1週間休もうが困る人はいないはずだし、たまには休んでもいいかな…と思うが、貧乏性で一度決めたら続けないと気が済まない(笑)。


それはそうとラテの右後ろ足だが、不安定ながら一時よりは大分力が入るようになった。
足が自由にならないのはラテ自身一番難儀していることに違いないが、オトーサンたちも気を遣うだけでなく体力も消耗するからお互い大変である。

Latte708_01.jpg

※ラテは右後ろ足を別にすれば食欲もありいたって元気です


無論その第一は散歩の問題だ。診察を受けた獣医はなるべく歩かせないように…とアドバイスしてくれたが、オトーサンは飼い主の責任でその言葉通りにはしなかった。
当然のこと、足が痛いようならラテ自身が歩きたがらないだろうが、ラテ自身が3本足でも歩くことに意欲を見せたからだ。そして特に外傷があったわけではなく右後ろ足を握ってもマッサージしても痛がらなかったこともあってラテが歩きたいのなら少しずつでもよいから短い時間歩かせようと考えた。

Latte708_03.jpg

Latte708_02.jpg

※左後ろ足を庇いながらもきちんと足を地に付けて歩くようになった



それに我々も例えば1週間や十日、ベッドに寝たきりになると足腰はみるみる弱くなる。使わないと足も腕も弱くなるし細くなってしまう。そうなれば益々歩けなくなるのは目に見えている…。
なにもこれまで通り1時間もの散歩をしようとするのではなく、5分歩いて一休みし、また5分歩くといった休み休みでも良いから意欲があるうちに歩かせてみようと思った。
このことは上手く行けばリハビリにもなるだろう…。

Latte708_05.jpg

※散歩途中で買い物に行かれるKファミリーと出会う。ラテは嬉しそう!


問題発生から小1ヶ月経ったいま、ラテは体を揺らしながらもゆっくりと四つ脚で歩いている。ただし階段の上り下りの際にはハーネスの付けたリードを引き、補助をしているが嬉しいことに歩く意欲は落ちていないし、今のところだが問題の右後ろ足にも力が入ってきたように思える。
このまま完治するとは思わないが、ラテに意欲がある限り、少しずつでも歩かせたいと願っている。

Latte708_04.jpg

※足が悪い割りには「帰りたくない」の抵抗は強い(笑)


まったく14歳の誕生日を直前にしてえらいことになったが、受け入れるべきは受け入れて過ごしていく他はない。ただし不自由な足だけでなくこれからの3ヶ月ほどは暑さ対策にも気を配らなければならない。オトーサンは「ネッククーラー」というハイテク機器を駆使して乗り切ろうとしているが、ラテはやはり保冷剤入り首巻きを使いつつ、なるべく高温の時間帯は外出しないようにしなければと思っているが、相手は自然…。暑いだけでなく雨も降れば台風も来るに違いない。

そんな際、片手で傘を持ちもう片手でラテの体を浮かすほどハーネスを引き上げるといった事をやらなければならず、オトーサンの右腕は悲鳴を上げているがこればかりは騙しだましやるしか仕方がない。毎日をポジティブに生きていくことが大切なのだ!




ラテ飼育格闘日記(707)

ラテの左後ろ足、完治したわけではないしまだ引きずるときもあるが、すこし体を揺らしながらも地に付けて歩く姿は本当に愛しい…。そのラテも6月10日に満14歳の誕生日を迎えた。無論保護犬のラテに正確な誕生日など分かりようもないが、そうそう間違ってはいないはずだ。


2006年9月、ラテが茨城でボランティアの方に保護されたとき、獣医の見立では生後3ヶ月だろうとの診断があったという。ということは誕生月は6月ということになるものの当然のこと日にちまでは分からない。そこでオトーサンたちの家に連れられてきた日が同年12月10日だったことを記念する意味も含め、誕生日は6月10日と決めたのである。

Latte14歳プレート

※6月10日でラテは14歳になりました



したがってラテが我が家にやってきたのは生後6ヶ月だったことになるが、それから13年6ヶ月…月並みだが、振り返れば瞬きの一瞬のようにも思える。ただしその一瞬一瞬に無限とも思える多くの思い出が詰まっている。
なにしろワンコを飼うのは初めての我々だったから分からないことだらけであった。無論ラテの来る前には数冊の育児書といった書籍を読みあさってみたが、当然のこと…本の通りにはことは運ばない(笑)。

Latte707_02.jpg

※ご近所のKファミリーから素敵なバースディカードをいただきました


ワンコと心を通わせるには散歩が一番と本に書いてあったからオトーサンは朝・昼・夜の3回ラテを散歩に連れ出すことにしたが、3日で右腕が筋肉痛になり、1週間ほどで左足の膝関節を痛めた。
幼犬だったこともあるし実に奇想天外なワンコであり、毎日新しい発見があるだけでなく笑いがあると思えば心配の種も増えた。

拾い食いに苦慮し、甘噛みでオトーサンの両手は傷だらけになっただけでなくお高い電気マッサージチェアの木製ハンドルはあっと言う間にかみ砕かれた。
ただし幸いだったのは近隣の広い公園で多くの飼い主さんたちと知り合い、細かなあれこれを教えていただけたことだ。そして同じ年齢のワンコたちと公園狭しと駆けずり回っただけでなく、公園に遊びに来る小学生の女子たちと知り合い、彼女たちの多くがラテを可愛がってくれたことも楽しい思い出だ。

Latte707_04.jpg

※足が悪い割りにはボール遊びをせがむ。様子見しながら遊んでみるが結構後ろ足も庇いながらも使っている


また公園にいたワンコに前足を噛まれ、血を滴らせながらラテを抱き上げ病院まで運んだこともあったし、アトピーが酷く掻き壊したために目の周りが紫色に変色し、四つ脚やお腹まで血が滲むという時期も続いた。すぐに取ってしまう包帯を根気よく巻き直すという根競べもしたし薬を飲まそうと悪戦苦闘もした。

そして写真を振り返っても2歳過ぎるくらいまでラテは結構厳しい表情が多く、行き交う人たちからは「凜々しいね」はまだしも「オスですか?」と聞かれることが多く、しゃくに障ったオトーサンはピンクのスカートを履かせたこともあった(笑)。

Latte707_05.jpg

※ラテはやはり、階段は避けたいようでエレベーターを進んで使う(笑)


ともあれ、最初からあまり飼い主にベタベタするワンコではなかったが、大きな水溜まりを前にして立ち往生し、オトーサンに抱っこをせがんでオトーサンを喜ばすこともあった。さらに人出が多い通りでリードを極端に短く持ち、ラテの行動を制限して歩いた後には怒ったのか、オトーサンの腰を両前足で数回「ドンドンドン」と突き飛ばしたのには驚いたし周りで笑っている人たちもいて恥ずかしかった…。何しろオトーサンはラテに蹴られながら歩いていたのだから。

散歩の時間や距離も半端ではなかった。最低でも1時間だったが2時間もざらで近隣の周辺は歩き尽くしたし、時にはどこに迷い込んだのかも分からないときもあった。
それに走った!リードを外さないオトーサンはラテが走ればオトーサンも走らねばならない。そして散歩は天気の良い日ばかりではない。

Latte707_06.jpg

※この日は気温が高かったので保冷剤を首に巻いてお出かけ…


雨の日、台風の日はもとよりあの東日本大震災の日も歩いたし、オトーサンが発熱したときも、そして白内障手術の当日も散歩に出た。
その時々はそれぞれが大変な思いをしたが、例えば台風の日に傘も途中で役に立たず、オトーサンとラテが文字通りのびしょ濡れで自宅に戻ったとき、その情けない姿に女房が笑い出したのもよき思い出だ。
右後ろ足も完治は難しいかも知れないが、なんとか…騙しだまし歩ければ嬉しいし、毎日を大切に過ごしたいと思う。







THANKO ネッククーラーNeo ファーストインプレッション

一部の予報だと今年の夏もかなりの猛暑・激暑だという。勘弁して欲しいものだが、こればかりはなんとか工夫と対策を考えて乗り切らなければならない。実は昨年の同時期には「首かけハンズフリー 携帯扇風機」なるものを買ってみたが、今年はもっと強力で利便性が高いと思われる「ネッククーラーNeo」という製品を手に入れた。


Neck Cooler_01

※「ネッククーラーNeo」は文字通り首に掛けて使う


個人的なことだがやはり寄る年波には勝てずか…暑さ寒さに随分と弱くなった。しかし冬場はモバイルバッテリーで使う「電熱パンツ」や「電熱ベスト」といったアイテムを常用しなかなか快適に過ごせたので夏場も同様に何らかの工夫をしようと考えていた。
室内にいる際にはエアコンが使えるがつい冷えすぎになったり、そもそもが電気代も気になる。さらに私の場合特に辛いのは愛犬との散歩だ。

朝夕の散歩は欠かせないが例年の猛暑は犬には危険なほどだし、私らジイサンにとっても侮っては熱中症も命取りとなる。無論、気温が盛りの時間帯の散歩は避けるのが一番の対策だが、日の出前や日が暮れてからの散歩は私の場合現実的でない。ただし前記した「首かけハンズフリー 携帯扇風機」は日中の炎天下ではあまり効果はないしなによりもそのサイズ感が目立ち過ぎる(笑)。

さて「ネッククーラーNeo」だが、この製品も実際に外に出れば多少は目立つだろうが「首かけハンズフリー 携帯扇風機」ほどではなく、なによりも風を送るのではなく首の頸動脈を直接冷やしてくれるという優れものだ。したがって頸動脈を冷やすことは直接的に脳の温度を下げ、脳はもちろん身体全体を熱による危機から守ることにつながるという。
そもそも脳は37度前後でいちばん能率よく働くので、暑いときには首を冷やすことによって脳を適温に保てば、集中力の維持などがしやすくなる。だから受験生の方々にもよいかも知れない…。

Neck Cooler_02

※「ネッククーラーNeo」とモバイルバッテリー(モバイルバッテリーは附属していない)


「ネッククーラーNeo」は左右両端内側がアルミ板になっているが、ここを小型冷蔵庫にも用いられる「ペルチェ素子」で冷却する仕組みで、首に掛けることで頸動脈が効率的に冷やされ、冷たい血液が体を巡ることで、体温を下げる。
本体の重さはたった124gほどだから首に着けてもまったく苦にならないがリモコン部は脱着できないケーブルに付いている。といっても操作は簡単で電源のON/OFFの他は「強」「弱」「ゆらぎモード」の3段階設定だけだ。ちなみに「ゆらぎモード」は「強」「弱」が数十秒毎に交互に切り替わるモードで冷えすぎを押さえるためにも役に立つ。
なお肝心の冷感度だが「強」の場合、外気温よりプレート温度は最大-10から-15℃になるという。

Neck Cooler_06

※リモコン


「ネッククーラーNeo」自体はヘッドフォンのように左右共に約4cmほど伸び縮みさせることができるので利用者の首周りにフィットさせることができるし附属の二種類のアジャスタで首背面との距離も調節できる。

Neck Cooler_03

Neck Cooler_05

※ヘッドフォンのように左右共に約4cmほど伸び縮みさせることができる(上)。また二種類のアジャスタで首背面との距離も調節可能(下)


なおバッテリーは内蔵しておらず別途モバイルバッテリーを使うが、10000mAh容量の場合約10時間使用できるという。
とにかく首に掛けるだけだし両手が使えるのも便利だ。ただしプレートが大動脈部位にきちんと当たるように調節しておく必要がある。

さてさて、肝心の使い勝手だが個人的には快適でとても気に入っている。まだ猛暑・激暑の中では未経験だが、例えば室温が27℃とか28℃のときにこの「ネッククーラーNeo」を使うとエアコンは必要ないと感じるし外気温30℃の炎天下を歩いてみたがかなり楽だ…。
というわけで、屋内・屋外を問わず熱中症予防になるし、特に暑い屋外での仕事や作業時には効果的ではないだろうか。とはいえ文字通り100%エアコンの代用になるはずもないが、過信せず活用していきたい。

ではデメリットはなにか…。思いは人様々だろうが、ひとつには動作音かも知れない。私自身はほとんど気にならないが「強」の場合は室内だとファンの音が目立つ。しかし屋外での使用時は気にならないに違いない。そして仕方のない事だがケーブルが煩わしいと思う人がいるかも知れない。

Neck Cooler_07

※スリットから小さなファンが見える


本商品は、IP33準拠の生活防水・防塵機能を備えており汗や多少の水濡れも気にせず使えて安心だという。
製品にはホワイトとブラックの二色が揃っているが私は見た目に涼しそうな?ホワイトを選んだ。というわけで本格的な夏を少しでも快適に過ごせたら嬉しい。





ラテ飼育格闘日記(706)

ラテの左後ろ足が動かなくなってから散歩の仕方も様変わりせざるを得なくなった。無論長い距離の散歩は無理だが、意外なことにラテは歩く気満々なのだ。ただ季節は夏に向かい日中はかなり暑い日も出てきているのでコンクリートに腹ばいになり、動かなくなる時も多くなった。


四つ脚のひとつが自由にならないのだから、その足で体を支えることは出来ない。したがって最初はラテ自身戸惑ったようだが、ともかく基本3本の足で歩かざるを得ないから少しずつ要領を覚えていったように思う。

Latte796_01.jpg

※温かくなってきたからか、路面に腹ばいになることも目立つ


しかし歩けば体が大きく揺れ、足が悪い事は一目瞭然である。だから散歩中にすれ違う人たちの中には「あらあら可哀想に」とか「頑張ってるのね」と声をかけてくれる見知らぬ人もいる。
なんだかオトーサンが歩けないワンコを無理矢理歩かせているようにも聞こえるが、オトーサン自身はなるべく可哀想という考え方はしないようにと気持ちを切り換えた…。

Latte796_02.jpg

※介護用ハーネスも2個目を買ってみた。これは前足補助と後ろ足補助に分かれている製品だが、使い勝手は良くない


なぜなら歩こう、歩きたいというのはラテ自身の意志であり願望であり、オトーサンたちが思っているほどラテ自身は悲観して泣いているわけではないからだ。相変わらずポジティブにその時その時を懸命に生きようとしているように思えるし、飼い主が悲観したところで病が治るわけでもない。

だから歩みもメチャ遅いし階段などではハーネスを引いて補助する必要があるが、ラテが歩く気のある内は無理のないよう注視しながら足を使うよう工夫しようと思っている。
ワンコならずとも、足は使わないとすぐに萎えてくるというから激しい痛みがあれば別だが、例え補助輪程度でもよいから右後ろ足を使わせる機会を作ってみようと考えた。

Latte796_04.jpg

※嬉しいことに力は入らないものの、問題の右後ろ足を地に着けていることも多くなってきた


ともあれすべてが素人判断では危険なので動物病院に連れて行き診察を受けたが、老犬の宿命でもあると言われた上に体重を理想的にはあと2kgほど減らせると良いのだが…とも言われた。
しかし一時21kgを越えていた体重がやっと19.1kgまで落ちた現実を考えると医師のいう意味は分かるものの現実的には難しい。結局念のためと痛み止めの薬を処方して貰った…。

ワンコの生き甲斐は極論するなら飼い主との散歩を始めたとした共同生活と食事に尽きる。獣医の野村潤一郎氏は自著の中で「犬の考えていることは、90%が飼い主と一緒に行く散歩のこと。10%が食べ物のこと」だと書いている。そしてなによりも人間のように足が動かないということで悲観して…ということはまずないらしい。
ワンコは足がいま動かなくてもすぐにいつものように歩けるだろうと思っているに違いないし、生死感にしても己が死んでオトーサンたちと逢えなくなる…などとは夢にも思っていない。死ぬ寸前まで「また明日元気になって散歩に行こう」と思っているのだとこれまた野村潤一郎氏が書いている。

Latte796_05.jpg

※知り合いのオカーサンたちに出会えてご機嫌


したがって飼い主…オトーサンたちがいたずらに悲壮感一杯で接すると逆にラテを心配させ悲しませることになるようにも思う。ワンコは飼い主の感情の変化に敏感な生き物だからだ。
とはいえ現実は歳を取り、体が動かなくなったり、時に粗相をしたりと正直面倒なことが増えるが、叱ってはいけないことは無論のこと、オトーサンたちが悲しい顔をしないようにと心がけたいものだ。

そして獣医には怒られるが、決して満足な量ではないはずの餌をさらに少なくしてまでの減量は果たしてラテにとって幸せなのか…とも考えてしまう。長生きさせたかったら減量を…という意味は分かるが、果たしてそれが良いこと…正解なのかと考えてしまうのだ。

そんなあれこれの数日を送っていたが、ある夜のことラテがボール遊びをせがみ魅惑の表情を見せた…。足が痛いのであれば遊ぶ気にもなれないはずと思ったオトーサンは確認の意味も含め、無理をしない程度に遊んであげることにした。

Latte796_03.jpg

※室内でボール遊びの要求!


100%元気なときと比べればパワーが落ちるが足をカバーしながらも時に床に置いて踏ん張っている瞬間が多々あった。もしこうしたことがリハビリの真似事になるならオトーサンも嬉しい!

その翌日だったか、急に女房が声を上げた…。ラテの方に目をやると動かないはずの右後ろ足でぎこちないものの顔を掻いているではないか!

Latte796_06.jpg

※なんと…問題の右後ろ足で顔を掻いていた!


歩くよりは楽なのかも知れないし治ったわけではないはずだが、ここ二三日はずっとぶらぶら状態だったから多少はコントロールできるようになったのかも知れない。
なんとかこれ以上支障がでないことを祈るばかりである。




広告
ブログ内検索
Macの達人 無料公開
[小説]未来を垣間見た男 - スティーブ・ジョブズ公開
オリジナル時代小説「首巻き春貞」一巻から外伝まで全完公開
ラテ飼育格闘日記
最新記事
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

appletechlab

Author:appletechlab

主宰は松田純一。1989年Macのソフトウェア開発専門のコーシングラフィックシステムズ社設立、代表取締役就任 (2003年解散)。1999年Apple WWDC(世界開発者会議)で日本のデベロッパー初のApple Design Award/Best Apple Technology Adoption (最優秀技術賞) 受賞。

2000年2月第10回MACWORLD EXPO/TOKYOにおいて長年業界に対する貢献度を高く評価され、主催者からMac Fan MVP’99特別賞を授与される。著書多数。音楽、美術、写真、読書を好み、Macと愛犬三昧の毎日。マネキン造形研究中。2017年6月3日、時代小説「首巻き春貞 - 小石川養生所始末」を上梓(電子出版)。続けて2017年7月1日「小説・未来を垣間見た男 スティーブ・ジョブズ」を電子書籍で公開。
2018年春から3Dプリンターを複数台活用中。ゆうMUG会員