ラテ飼育格闘日記(786)

先週の12月10日はラテが我が家に来た記念日だ。2006年のこの日、ラテは保護してくれていたボランティアのご夫婦の車で茨城からやってきた…。車酔いしたそうだが、向かえた我が家はまだ引っ越ししたばかりであちらこちらにダンボール箱が積んである状態だった。


Latte786_01.jpg

※ボール遊びを強請るときの顔です


11月12日にラテを引き取ることを決めたが、この1ヶ月の間にラテは避妊手術を受けていた。幸い問題はなく元気な姿を見せてくれたがまだ生後6ヶ月の幼犬だった。

Latte786_02.jpg

※2006年12月10日午後にラテは我が家に連れられて来たときのスナップ


ただし当然ながら初めての環境に置かれてさぞや心細かったに違いないがオトーサンたちはそうした環境下で夜泣きでもしたらどうしようかと心配していた。クレートなど必要と思われるものはすべて揃えていたが何しろオトーサンたちはワンコを飼うのは初めてだったからラテならずともこちらも不安だった…。

しかし長旅で疲れたのか、ラテはクレートに入ってはくれなかったものの電気マッサージチェアの座面に丸くなり寝てくれたのには助かった。
ただ当時の写真を見ると、新しい飼い主と新しい環境下で不安が強かったのだろう、その表情は些か厳しいものになっている。

Latte786_03.jpg

※我が家に来た夜からどう言うわけか電気マッサージチェアで寝る習慣になった


それから早くも…本当にあっと言う間に15年が過ぎた。無論その日々は平坦な日々ばかりではなかった。
広い公園でラテがフルスピードで走っているとき、急に「キャイーン」と声を上げて後ろ右足を上げた。どうやら足が痙ったようだったが、いま思えば右後ろ足は後年になって一時動かなくなったりと問題が生じる足だった。

またその公園でノーリードのコーギー犬に前足を噛まれたことがあった。オトーサンは血だらけのラテを抱き上げ動物病院へと向かったが些か距離があったので抱えきれず、血の跡を残しながらもラテを歩かせたことがあった。そしてこれは室内だったが、玩具のボールで遊ばせた後片付けるのを忘れたことがあり、朝方気がつくとボールの一部分がフローリングに落ちていた…。

Latte786_04.jpg

※2007年の春のスナップ。体重9Kgほどで動物病院の医師からもう少し太らせなさいと言われた


青ざめたオトーサンは部屋中を探したがボールの破片は見つからなかった。ということはラテは噛みきったであろうゴムボールを飲み込んでしまったに違いない。飲み込んだ時間は正確に分からないが1時間前…といったことではなく多分に6時間ほどは過ぎているに違いない。
今のところラテには変化はないが、だとすればこのまま医者に連れて行っても開腹手術となることは必定だ。そのときオトーサンは公園で出会う飼い主さんが「大概のものは💩と一緒に排泄される」と言われていたことを思い出し、とにかく様子を見ようと決めた。

その時期のラテは拾い食いも激しく、道端に落ちているものは何でも口に入れようとする危険なときだったのだ。幸いなことに三日目の夕刻だったか、排泄されたときオトーサンは雄叫びを上げた(笑)。
そしてアレルギーが発症したときには四つ脚の肉球は痒いからか囓って血だらけに、そして目の周りも掻き壊しまるでパンチを食らったボクサーのように紫色に変色してしまった。

こうなると散歩から戻り、足を拭くのも大変だ。とにかく傷があるからして汚れは落とさなければならないが痛がるのでオトーサンの思うように拭けないばかりかときに「ウッ」と歯を当ててくる。さすがに噛むことはないが歯を当てられただけでオトーサンの両手は傷だらけになった。

Latte786_05.jpg

※いつもの公園で久しぶりに沢山の小学生女子に囲まれラテはご満悦!


そして昨年にはラテの後ろ左足が動かなくなった。ラテも歳だし、一時はこのまままともな散歩は出来なくなるのかと覚悟もしたが、幸いなことに少しずつ回復し現在は歩みは遅いものの四つ脚でしっかりと歩けるようになった。
とはいえそのラテも若い時と比べればよく寝るようになった。散歩の時間や食事の時間、そして女房がいるときには起きているが日中のほとんどは寝ている…。
それは、手がかからなくて良いが(笑)、ときどきあまりに静かなので息をしてるかどうかを確認するときがある。
今年は新型コロナウィルスの件でも心配事が重なったが、寝込むようなことなく年末・新年を迎えられますように…。




ラテ飼育格闘日記(785)

相変わらず毎日ラテと格闘を続けている(笑)。オトーサンとしてはラテの体調を考えながら食事を与え、天気の具合などを考慮し、散歩の時間帯やコースなどを決めているが、そんなことラテは知る由もなくマイペースだ。しかし常々記しているように歩く意欲はあるので散歩も欠かすことは出来ない…。


Latte785_01.jpg

※ラテは元気です!


とはいえラテの足の具合が悪くなってからこの方、散歩はせいぜい30分程度になっている。とにかく歩く速度が極端に遅いので必然的にその時間で廻れる範囲は知れているからマンネリ化してきたことは確か…。
そんなことを気にしつつ日々を過ごしていたが先日の午後、天気が良かったしオトーサンの気力も充実していたので小一年ぶりに懐かしいコースにラテを誘ってみた。

Latte785_03.jpg

※足の具合が悪かったので長距離コースは一年ぶりだった


嫌ならUターンするだろうし、調子が悪そうなら途中でコースを外れて近道を通ることも考えながら歩き始めたがどうしてどうして、ラテは速度はともかく意欲満々で結果その1時間ほどの距離を挫折することなく歩き通した。それだけでなく自宅に近づくとまだ帰りたくないのかリードを別の方角に引くので困ったくらいだ。

ということは有り難いことに日々の調子は些か違うかも知れないが、ラテの足腰はまだ無理をしなければ大丈夫だということだろう。ただし15歳5ヶ月という年齢を考えれば無茶をせず様子を見ながら毎日を過ごす必要があるに違いない。

Latte785_02.jpg

※ラテを可愛がってくださるファミリーのオカーサンと遭遇。喜ぶラテ♫


足が動かなくなったとき、オトーサンは二つの決心をした。ひとつは体重を減らすことである。ラテはピーク時には21Kgまで体重が増えたが医者からは「せめて後3Kg減量できるとよいのですが…」と言われた。減量させなければまずいことは以前から認識していたもののこれは容易いことではないのはご承知の通りである。
それまでにも朝夕のメインは特に多く食べさせていたわけではないが正直我々と一緒の空間で生活していることもあり、どうしても人間の食べ物を与えてしまいがちなのだ。またワンコ用のオヤツの量も時に多くなることがあった。

それらを考慮しラテには気の毒だし可哀想だとは思ったが健康と命には替えられない。メインの食事を少し減らすと共に間食を極力制限することにした。
その成果だと思うが、この小一年で確実に減量が進み、先日美容室へ連れて行ったときに計った体重は16.1Kgになっていた。たぶんこの体重は理屈ではベストの値なのかも知れないが、オトーサン的には少し増えてもいいかな…と思っている。

Latte785_05.jpg

※美容室のトリミング部屋から出て来たときのラテ


二つ目の決心はとにかく足が多少不自由でも歩かせようということだった。動物病院では、しばらく散歩は控えた方がよいと言ってくれたがオトーサンはあえてそのアドバイスを守らなかった。無論ラテ自身が歩く意欲がなければどうしようもないことだが、幸いラテは左後ろ足が利かなくても外に出たがったからオトーサンはサポートが大変だったもののいつもの通りに散歩に連れ出した。

ご経験がある方も多いと思うが、我々も病気や怪我で一週間でも寝たきりだと足腰は簡単に萎えてしまう。オトーサン自身もギックリ腰で随分と辛い思いをしてきたが、それでも寝ていないで少しずつでも体を動かすようにした方が回復も早いことを経験で知った。
だからと言うわけではないが、ラテも脚を引きずりながらゆっくりと歩けるなら歩かせてみようと心がけてきたその成果が現れているのではないかと自負している。
とはいえ飼い主の体力も知れたものになってきたいま、無理も出来ないし正直辛い場合も多くなっているが、何とか動けるうちはラテもオトーサンも歩くのを怠ってはならないと肝に命じているのだが…。

それから先日は動物病院で5種混合ワクチンの接種を受けてきた。一年一度の接種だが、震えてはいたが抵抗も
せず、声も上げずに注射は終わった。

Latte785_04.jpg

※5種混合ワクチンの接種を受けるとこ


フィラリアの薬も今期分は飲み終えたしこれでラテに関する今年の主なミッションは終わった。ということでオトーサンと女房共々年末年始を元気に過ごしたいものだ!





ラテ飼育格闘日記(784)

本格的な冬模様になってきた。北国に住む方々には笑われようが、外気温が2℃とか3℃になると特に朝の散歩はオトーサンにとって辛いものになる。とはいえこればかりは1回休み…というわけにもいかず、完全武装して出かけるが反対にラテはここのところ意外に元気だ。


一昔前のように軽々と…といった足取りではなく実に鈍い歩みだが、歩く意欲は満々なのだ。元気なことはオトーサンも嬉しいが、どこか自分の体力が落ちていることを自覚していないのではないかという場面もある。
なぜなら100十数段もある階段を上がろうとしたり、そちらに向かったら小一時間歩かなければならない方向へとリードを引くからだ。

Latte784_01.jpg

※歩みは鈍いが歩く意欲は満々


しかし途中でエンストされてはオトーサンがたまらない。昔みたいに抱っこして長い距離を歩くというのもすでに体力的に無理だし、常に戻る…戻れる事を念頭に入れての散歩のコースになるのは仕方のない事だ。しかしラテはそんなことに気は向かないようで刹那刹那ただただ興味のある方へ足を向ける。

Latte784_02.jpg

※こう見えてもラテはなかなか頑固なんです


ただしそんな歩きながら、実に行き交う人々を観察しているのは興味深い。道路を挟んだ向こう側の歩道を歩く人にまでときに興味を持つ…。ということは幸いまだ視力はそこそこ健全のようだ。
そうした行動は基本的に人が好きなのかとは思うが、根っ子は臆病さからくる警戒心なのかも知れない。いまでこそ目立って人に吠えることはなくなったが、一時は警察官とかガードマン、工事関係者などなど制服組の人がいると猛烈に吠えたしオトーサンが見ても見るからに可笑しな行動や動きをしている人にも吠えかかった。

Latte784_04.jpg

※寝顔もまた可愛い(笑)


そういえば、まだ幼犬時代だった頃のことだが、近隣の駅前を散歩していたときラテがリードを引くのに任せて歩いていたら交番の方へと引く。まさか交番に入るわけはないしとオトーサンもそれに倣って歩くとわざわざ交番前に仁王立ちしている警察官の前まで行き猛烈に吠えたのには驚いたし恐縮した(笑)。

そんなラテだが、反対に子供には寛容で特に女子は安心だと思うのか小学生から高校生あたりまでの人は初対面でも愛想が良いのは今でも健在だ。
やはり単にオトーサンと歩いているだけでは面白くないのか、時にすれ違いの女子学生たちにあざといまでのアピールをすることがある(笑)。

Latte784_03.jpg

※馴染みの中学生女子に出会いシッポがブルンブルンのラテ


先日も近隣の中学校のジャージを着た見知らぬ女子中学生たちとすれ違うとき、あからさまに女子たちに近づいて顔を見上げる…。オトーサンも無闇に他者にラテを近づけないようにと注意をしているが狭い歩道を行き交う場合はどうしても近くになってしまうことがある。
そのときは幸いラテに気がついて笑顔を向けてくれたが、ワンコを嫌いな人もいるので神経を使わざるを得ない。

Latte784_05.jpg

※コンビニから女房が出てくるのを待つ…


ラテを可愛がってくれる女子中学生が身に着けている服と同じ服を着ているから安心だ…とも思うのか、ともかく近づいて頭の一つでも撫でてもらい「可愛い〜」などと声をかけてもらいたいのだ。
ラテが好んで近づいた人が無視して通り過ぎたりすれば、さぞ残念だという顔でオトーサンにアイコンタクトする。「失敗しちゃった」とでも言うように…(笑)。






ラテ飼育格闘日記(783)

前回の日記でラテの体力が著しく落ちてきたと記した。事実平坦な場所でも少しリードを引き気味でないと歩みが止まってしまうし、階段の上り下りはなかなかにシンドイ。ということで歩行補助具を持ち歩くことにして階段や歩くのが辛そうな場合は適宜活用することにした。


その歩行補助具だが、いたって構造は単純で、布の両端に取っ手があり、それをワンコの腹に回してバッグでも持つように保持するというものだ。ただし単純なだけに実際の扱いには結構工夫が必要となる。なぜならまず保持している手を離せば歩行補助具は腹から外れて地面に落ちてしまう。

Latte783_01.jpg

※日々ばらつきはあるが、ラテの体力はかなり衰えてきたようだし、また少し痩せたかな…


それに歩行補助具といってもこれだけでラテと散歩することはできず、いつものようにリードを必要とする。ということはリードと歩行補助具の双方で両手が塞がってしまうわけでこれはオトーサンとしては辛いし不便だ。
実際に使ってみると確かに階段などでは安定度が確実に増すが、大げさながら落とし穴もある。それはこの歩行補助具で体を支えるといっても加減が実に難しい。

Latte783_02.jpg

※歩行補助具を着けたラテ


単に引っ張り上げてしまうのであれば簡単だが、これはあくまで歩行補助具でありラテの歩行をしやすく安全にという代物だ。しかし持ち上げ過ぎてしまえば逆に歩行に難をきたすことになる。やはり自重を四つ脚に感じてこその歩行意欲となるだろうから…。
ということは自ずと歩行補助具の利用は制限されることになる。何でもかんでも補助では散歩にならないし、かえってラテの筋力を弱めてしまうことになるだろう。

Latte783_05.jpg

※散歩途中で一休み


ともあれラテの歩行困難は事実なのだが、体力によるものなのか気力が無くなっているのか、あるいはその双方なのかがよく分からない。
なぜなら外出時の歩き方は一応四つ脚でなんとか歩いているが、例えば室内でボール遊びを要求したときなどは「散歩のヨタヨタは演技か?」と思うほど活発に動くからだ。無論昔のように長続きはしないものの、ボールを追いかけ、壁に跳ね返ったボールに飛びかかり、オトーサンの投げたボールを口でキャッチしようと後ろ足で飛び上がる…。

Latte783_03.jpg

※室内でのボール遊びには短い時間ながら活発に動くのだが…


オトーサンらは、それだけ動けるなら散歩の時ももう少しオトーサンと歩調を合わせてくれても良いではないか…と思うが、それとこれとは別らしい(笑)。
しかしこの違いはなんなんだろうか。散歩はしたくないというなら話しは早いし方法も考えたいが、外には出たいようなのだ。また女房が休みのとき一緒に散歩に出るとラテの歩みは心なしか軽くなるのも事実。

Latte783_04.jpg

※遊んで欲しいのか、機嫌の良い顔でオトーサンたちの前に出て来た


正直オトーサンの年齢になるとラテとの散歩もときに辛いときがあるものだ。しかし腰が痛くても、土砂降りでも排泄はさせたいと頑張っているが、ラテにはこうした思いは伝わっていないのかなあ…。
そういえば、ラテを保護していたボランティア団体から譲り受けるとき、年齢制限があった。そのときは「ワンコ一匹くらい世話するのに年齢制限かよ」とも思ったが、小型犬にしろ大型犬にしろ高齢者では思うように世話できないケースも出てくることが最近身をもって分かる歳になった。
まさしく老老介護のときを向かえたオトーサンとラテだが、その顔を見ると頑張らざるを得ない(笑)。





Apple、国家支援型スパイウェアの悪用を抑制するためにNSO Groupを提訴

Appleは本日、Appleユーザーに対する監視と標的設定への責任を問い、NSO Groupとその親会社を提訴しました。訴状では、NSO GroupがPegasusスパイウェアを使って被害者のデバイスを感染させた方法に関する新たな情報が提供されています。


Appleユーザーへのさらなる悪用と危害を防ぐために、AppleはNSO Groupに対してAppleのソフトウェア、サービス、デバイスの使用を禁止する永久的差止命令も求めています。
NSO Groupは、高度な標的型スパイウェアで被害者を監視することを可能にする、洗練された国家支援型の監視テクノロジーを生み出しています。これらの攻撃は非常に少数のユーザーのみを標的とし、iOSとAndroidを含む複数のプラットフォームにわたって人々に影響を与えます。研究者やジャーナリストは、このスパイウェアがジャーナリスト、アクティビスト、反体制派、政府官僚を標的にするためにこれまで悪用されてきた歴史を公に文書化しています。

Newsroom






広告
ブログ内検索
Macの達人 無料公開
[小説]未来を垣間見た男 - スティーブ・ジョブズ公開
オリジナル時代小説「木挽町お鶴御用控」無料公開
オリジナル時代小説「首巻き春貞」一巻から外伝まで全完無料公開
ラテ飼育格闘日記
最新記事
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

mactechlab

Author:mactechlab
主宰は松田純一。1989年Macのソフトウェア開発専門のコーシングラフィックシステムズ社設立、代表取締役就任 (2003年解散)。1999年Apple WWDC(世界開発者会議)で日本のデベロッパー初のApple Design Award/Best Apple Technology Adoption (最優秀技術賞) 受賞。

2000年2月第10回MACWORLD EXPO/TOKYOにおいて長年業界に対する貢献度を高く評価され、主催者からMac Fan MVP’99特別賞を授与される。著書多数。音楽、美術、写真、読書を好み、Macと愛犬三昧の毎日。2017年6月3日、時代小説「首巻き春貞 - 小石川養生所始末」を上梓(電子出版)。続けて2017年7月1日「小説・未来を垣間見た男 スティーブ・ジョブズ」を電子書籍で公開。また直近では「木挽町お鶴捕物控え」を発表している。
2018年春から3Dプリンターを複数台活用中であり2021年からはレーザー加工機にも目を向けている。ゆうMUG会員