ラテ飼育格闘日記(655)

梅雨の季節に入ったのだから仕方がないが、雨が続くと散歩が思うように出来ず実に困る。ラテが大嫌いなレインコートを着せて出ても頭や尻尾あるいはお尻と足元はびしょ濡れだから後始末にも時間と手間がかかって大変だ。そんな時期ではあるがこの6月10日はラテ13歳の誕生日であった。


保護犬に誕生日など…と思われる方がいるだろうが、まさしく雨の日にとある家屋の軒下で雨宿りしていた子犬の誕生日など分かるはずもないが、根拠がまったくないわけではない。

Latte655_01.jpg

※ラテは13歳の誕生日を迎えた


2006年9月に茨城県で保護されたとき、獣医の診断で生後3か月と推定され、それから3か月経った同年12月10日に我が家に迎えることになった。その為、誕生月は6月、誕生日は10日と決めたのだ。

Latte655_02.jpg

※女房が立派なバースディーケーキを用意してくれた


痩せていて最初の健康診断のとき、獣医から「少し太らせるようにしましょう」と言われたが、どうやら太らせ過ぎてしまった(笑)。またその表情はキツい感じだったがそれはオトーサンたちはもとより新しい環境に警戒をしていたからに違いない。

Latte655_06.jpg

※我が家に来て約2ヶ月ほどのラテ。とても細かった


さて、ここのところNHKテレビ番組でもワンコと人の絆がなぜ強いのかといった事実を解明するような番組がいくつか続いたが、ワンコの飼い主ならワンコの賢さを日々見せつけられているに違いない。
言葉でワンコと語り合うことはできないが、どこか我々の言動のすべて…感情の起伏でさえ見通しているだけでなく己の置かれた立場をも理解しているように思えてならない。

Latte655_05.jpg

※ご近所のオカーサン方に愛嬌を振りまく


何故なら何度も同じことをご紹介しているが、2006年11月に横浜の動物病院で里親会という祭事があり飼い犬を求めてオトーサンと女房も初めて出向いたときにラテ(当時の仮の名は違っていたが)と出会った。
それまでワンコを飼ったことがないオトーサンとしては予備知識がほとんどなかったことでもあり、具体的にこうしたワンコが欲しいといった希望もなかった。

どこか「ワンコなんてどれも同じだろう」といった思いを持っていたに違いない。しかしそうした里親会といった場所に参加したのは初めてだったこともあり要領が悪かったのかオトーサンたちがいいなあと思うワンコはあっというまに里親の申込みが殺到して決まっていった。
そんな中に割り込んでは申し訳がないし別のワンコを探そうと漠然と思っていたとき、係の方から「すみませんがこの子のリードを持っていてくれませんか」と頼まれたワンコがラテだった。

Latte655_04.jpg

※雨の日の散歩は嫌いだからか、戻ったときに漫画のような笑顔を見せた


見るからに雑種のワンコはなかなか里親希望も出ずに取り残されていったが、オトーサンたちもワンコが決まらず取り残されていった(笑)。
その間の約2時間ほど、生後5か月だというそのワンコはメチャメチャフレンドリーだった。
頼みもしないのにオトーサンたちの顔を舐め、オトーサンのキャップで遊んで唾液まみれにしたが、お腹を触っても耳や尻尾を持っても怒る様子はなかった。またリードを引き他のワンコと走り回ろうということもなく、大人しく一度も吠えることなくオトーサンたちの脇に寄り添い続けた。

後から考えれば生後5ヶ月の幼犬には違いなかったが、この場が己の命を繋ぐために重要な “時” であることを本能で知っていたのではないかと思う。いや、こう言うと犬の擬人化だと否定する声もあるだろうが、同種の経験体験をしたという情報は他にもある。
例えばエリザベス・M・トーマス著/木村博江訳「犬たちの礼節ある社会生活」(草思社刊)に登場する問題行動で捨てられ、保護施設預かりになっていたジャーマン・シェパードに似たワンコの話しは印象的だ。

エリザベスがTV番組で出会ったとき、ケージから出されたそのワンコは嬉しくてたまらないようで笑みを浮かべ、その場に座り込むと後ろ足を開いて腹を見せた。
筆者の表現では「自分を気に入ってもらいたがっていることは、誰の目にも見て取れた。明らかに、できるだけ早く私たちに愛されようと最善をつくしていたのだ。自分にはあまり時間が残されていないのを、知っているかのように」。


Latte655_03.jpg

※手を合わせあうラテ・ファミリー


ワンコは番組中も大変フレンドリーだったがプロデューサーがリードを持ってスタジオから連れ出そうとするとき、ワンコは新しい飼い主に引き取られるのだと思ったらしく踊るように飛び跳ね有頂天の様子だったが、すぐにまたケージに戻されるのを察知したとき、まるで明かりが消えたように呻きはじめたという。
その様子を観察していたエリザベスは思わずそのワンコを引き取ることにしたという。そのワンコは己の運命を知り、なんとか命を繋ぎたいと最善の努力をしていたのだ。

ワンコが我々人間と同じ思考を持つとはいえないが、喜怒哀楽は勿論、己が置かれている立場というものを敏感に感じ取っていることは間違いないように思える。
とにかく大げさで無く、オトーサンに対するラテのフレンドリーさというよりサービス精神はその里親会のときが一番だった(笑)。顔を…口元を舐め、体を押しつけ、お腹を出し、ぶつかると痛いほど振る尻尾をオトーサンに向けていた。
絶対にあのときのラテはワンコのくせに猫を被っていたのだ…。

そのラテも13歳になった。ときにしゃくに障ることもあるが、ある意味でとても “人間くさい” ワンコだともいえる。
あと何年オトーサンたちと元気で暮らせるかは分からないが、一日一日を大切にしたいものだ。
「お誕生日おめでとう!ラテ!」


ラテ飼育格闘日記(654)

ラテとの散歩は体力的にはキツいときもあるが、メンタル的にはとても嬉しい。ただし大平原を歩いているわけではなく街中や近隣の公園などを歩き回るわけで、それなりに注意をしなければならないこともあるし、マナーを守る必要がある。


オトーサン自身がラテを飼うために多摩に引っ越ししたわけで、都会の中心地と比べるまでもなく周りは緑が多いしワンコの散歩には最適な環境だといえる。そしてだからこそだろうか、最近は周りにもワンコを飼う人たちがかなり増えている。
それ自体は大いに歓迎したいが、中には最低限のマナーを守れない飼い主が確実にいるのが困りもの…。

Latte654_01.jpg

※日射しも強く気温も高くなってきたので健康管理に注意しなければならない


ワンコによる…というよりその飼い主による迷惑行為の筆頭といえばフンの後始末をしないということだ。それは誰にとっても迷惑というより許しがたい行為だと思うが、詭弁でなくそれはワンコのせいではなく100%飼い主の問題だ。
オトーサンは毎日ラテとの散歩で近郊を歩き回っているが、本当にゴミが多い。その多くがコンビニ弁当の食べ残しやファーストフードの包装や飲み物の容器といったものだが、それらの次ぎにオトーサンが気になるのがワンコのフンである。

Latte654_03.jpg

※外気温31℃のとき、16時頃の路面温度は48℃を越えている


13年近くラテと日々散歩していると様々な経験をしつつ留意していることも多い。そのひとつはなるべく家やマンション、商店のエントランス側は通らないということだ。これは無論ラテがしゃがみこんでオシッコやフンをしないようにとの配慮である。

先日、ラテが店頭の石造りのエントランスで腹ばいになるのがお気に入りのファッションセンター「しまむら」店頭に困ったビラが貼られていた。
それはワンコのフン害に対する警告・告知であった。客商売のお店がこうしたことをやるのはよほどの事と思われる。
要は店の周りにワンコのフンが始末もせずに放置されているということへの怒りである。ただし念のため申し上げればラテも度々お店の前を通ったり前記したエントランスの石畳で一休みさせてもらってきたが一度も、たった一度も粗相をさせたことはない…。

Latte654_02.jpg

※ファッションセンター「しまむら」店頭に貼られた警告・告知


半年位前だったか、ワンコを飼い始めたという方に愛犬が「やたらとどこにでもフンをするので困っている」という話しを聞いた。要はリードを引いている飼い主が連れているワンコの便意に気がつかない、分からないということに尽きる。
確かに急にしゃがみ込まれることはあり得るし、ラテも幼犬時代に信号機のある横断歩道を渡りはじめたとき、その中央あたりで始めたときには慌てた…。

しかし飼い主が対処できないことばかりではない。ひとつには前記したように排泄させてはまずい場所は通らないことにつきるが現実はそうも言っていられない場所も多い。そうした場所はリードを上に引き、ラテを緊張状態というか座らせないようにして足早に通り過ぎるようにしている。
またワンコは他のワンコの臭いが残っている場所に上書きのように排泄する習性を持っているから、まずい場所・位置にもしオシッコの跡やフンの跡があったらそこを避けて通る。

Latte654_04.jpg

※ラテを美容室に連れて行った。約3時間後に引取に行ったときのラテの笑顔


さらに最初は分かりづらいかも知れないがよく観察していれば愛犬が便意を催したサインがまずまず分かるようになるはずだ。クンクンモードが激しくなるとか、歩き方が小股になってくる等といった動作で察知できるようになるし、そもそもが初めて通る場所ではいざ知らず、いつも通っている場所ではどの辺でフンをするかは次第に分かってくるはずだ。

そして前記したように例えばファッションセンター「しまむら」店頭で一休みするような場合、オトーサンは事前にオシッコは十分に済ませ、フンも済ませてからでないと店側は歩かないようにしている。
こうした基本中の基本を押さえるためには散歩中にスマホに夢中になっているような飼い主は失格なのだ。ましてやワンコのフンを片付けずにいる無神経さに怒りを覚える。

Latte654_05.jpg

※子供たちにはフレンドリーなラテだが、多くの小さな子供たちに囲まれるのは緊張するらしく尻尾が下がっている


前記のファッションセンター「しまむら」店頭に貼られたビラではないが、法的に問題がないなら防犯カメラの映像をバシバシ公開して欲しいと思う。そうでないと多々注意している飼い主も肩身の狭い思いをすることになる。

ワンコ先進国のドイツでは一匹目を買う場合、年間15,000円ほどの登録料がかかるそうだが、反面そうした資金でワンコのフンを捨てる専用のゴミ箱を多々街中に設置するといった策を実行しているという。また一定の訓練を終えたワンコならノーリードで歩くこともできるというが、そもそもが悲しいことに行政以前の問題としてワンコの飼い主の意識と責任感に関し日本はかなり後進国だと思わざるを得ない。



ラテ飼育格闘日記(653)

どのような分野でも専門家と称する人たちのアドバイスが常に正しいとは限らないが、特にワンコの飼い方やトレーニングについての情報には間違ったことや、古い学説がいまだにそのまま主張されているものが目立つ。少し前の日記にもご紹介したがTV番組でワンコのトレーナーと思われる人が「ワンコを人の目線より上に上げてはいけない」とアドバイスしていたのには驚いた。


ちなみにワンコの飼い方や育て方の本のほとんどは躾けインストラクター、ドッグトレーナーといった肩書きの人のようだ。それとは別に獣医の先生の場合もある。こうした方々が我々にとってワンコの専門家ということになる。そしてそうした人たちがその専門の立場から多くのワンコに関する本を書いてきたし、時にTVなどのメディアやホームページでアドバイスをしているのが現状だ。
正直、最初にワンコを飼った飼い主は不安だらけだ。オトーサンもそうだった。

Latte653_01.jpg

※散歩途中で早くもへたっているラテ


ワンコは喋ってくれないしこちらの言動を理解しているのかも分からない。そしてやれ甘噛み、拾い食い、リードの引っ張り、トイレの失敗、分離不安、吠えるといったことなどで悩むことになる。
そうした時に役立つのは先に記した専門家のアドバイスのはずだが、オトーサンの13年の経験からいえば、一番有用なというか地に足がついたアドバイスをしてくれたのは散歩途中で知り合った既存の飼い主さんたちだった。

Latte653_04.jpg

※気温が低めだとラテはよく歩く


勿論、専門家と一言でいっても…申し訳ないが…いわゆるピンキリだ。我々は専門家の言だからと素直に信用しがちだが、正しくない場合もある事を知るべきなのだ。
例えば獣医師の方は当然のワンコの生理や病気、体の仕組みに深い造詣を持っているはずだ。いや、はずでなくそうでなければ困る(笑)。しかしそうした獣医師の人たちにしても特別犬猫が好きで獣医師になったとは限らないし、多くのワンコや病気あるいは怪我の症例を経験してはいるだろうが、犬語が理解できる特殊能力があるわけではない(笑)。

そしてそれらの専門家はいまだに「ワンコの祖先はオオカミであり、群れで行動し強いリーダーに統率される。しかるにワンコも同じだ」といった類の話しする人もいる。
ワンコの祖先はオオカミだということは知られている事実だが、もし言うとおりなら「人間の祖先はサルである。したがって…」という理屈になってしまうではないか。

Latte653_05.jpg

※一休み中のアイコンタクト


またオトーサンがラテを飼ったときに10冊ほど飼育本の類を買って読みあさったが、その中には「真正面からワンコと目を合わせてはいけない」という話しがまことしやかに書かれていた。たぶん今でも一部の本には同じ類のことを主張しているものがあるに違いない。
なぜいけないのかという理由だが、目と目を合わせて対峙するのはオオカミは勿論ワンコにとって威嚇であり攻撃のサインだから…というもの。したがってワンコ次第では鼻先を噛みつかれることになるという。

しかし天の邪鬼なオトーサンは幼犬時代からラテの正面に座り込み、体を綺麗にする際に視線を合わすことを何度もやったし、現在でも続けている。また公園でよく会うようになった飼い主さんのワンコ…ビーグル犬、柴犬、コーギー犬、あるいはボーダーコリーといったワンコたちにも試みたが唸られたり噛みつかれたことは一度もなかった。
無論、ワンコに顔を向けるときには笑顔で接し言葉を掛ける。しかめ面したり、わざわざ威嚇の表情をしたことはないことも明言しておくが…。

Latte653_02.jpg

Latte653_03.jpg

※可愛がってくださるファミリーのご夫婦と見つめ合い…


さてそのワンコと視線を合わせると…いう話しだが、近年の研究によれば、飼い主とワンコが目線をあわせると双方で、愛情や信頼に影響するホルモン「オキシトシン」の濃度が上昇することがわかったという。
このことはNHKのTV番組「イヌと人 3万年の物語~絆が生んだ最強の友~」(2018年放送)内でも主張していたが、オオカミとかサルでは同じ事が起きないという。人対人を別にするとワンコだけだという点が興味深い。それだけワンコは我々にとって特別な存在なのだ。

そもそも人間の母親と子どもの間ではオキシトシンがお互いにの愛情を高め合うことがわかっているが、異なる動物間で同じような関係がわかったのは当該研究が初めてであり、例えばオオカミは飼いならされていても飼い主と目をあわせず、オキシトシン濃度の上昇は無縁だという。

要は視線を合わせるのはタブーどころか、ワンコと飼い主が見つめ合うと幸せホルモンとも言われる「オキシトシン」が我々人側は勿論ワンコ側にも分泌され、より人とワンコが幸せを感じ、良い絆づくりにつながるのだとか…。ということは皮肉なことに飼い主と犬の幸せや信頼関係は人間同様「見つめ合う」ことから始まるということになる。

「飼い犬にリーザーの座を奪われては駄目」だとか「ワンコの視線を人の視線より上にすると自分がリーダーだと思うから危険」といった話しは最近の研究で覆されているはずだが、いまだにTVや書籍はもとよりインターネットを始めとするメディアなどではこの種の「支配性の理論」の主張が見られるのでこれからワンコを飼う、あるいは飼い始めた飼い主さんは惑わされないようご注意いただきたいと願う。



ラテ飼育格闘日記(652)

TwitterやYouTubeでもワンコの動画や写真をよく見ている。どもこれも心温まるというか癒やしてくれる映像ばかりだが、どうにも我がラテと随分違うことが多いのも興味深いところである。それは犬種の違いもあるだろうが、我々同様性格の違いによることも多いに違いない。


そうしたTwitterやYouTubeに紹介されているワンコの中には飼い主と心温まるスキンシップが多い。
飼い主が外出から戻ったのを喜び、玄関でピョンピョン跳ね回り、姿を現した飼い主に抱きつくとか、ソファーに寝そべっている飼い主に大型犬が甘えたいからと体を寄せる等などの映像を見ると羨ましく思う。

Latte652_01.jpg

※ちょっとご機嫌です


それは残念ながらラテは飼い主だとしてもベタベタしないワンコだからである。これは基本幼犬時代からだから途中でオトーサンが嫌いになってわけではない…はずだ(笑)。
飼い始めた初期にオトーサンが一泊で旅行した際には戻ってきたら顔をベロベロと舐めてくれたことがあったが、そうした積極性はほとんど見せないワンコなのだ。

Latte652_04.jpg

※サングラスのオトーサンとツーショット


ただしラテ自身が怖いと感じるときは話しは別だ。散歩の途中だとオトーサンの靴の甲に前足を乗せるのも、なにか不安材料があるときで1種の寄り添いなのだろうか。
あの3.11の地震の時、オトーサンは自宅の玄関先でリードに繋いだラテといつでも家が倒壊しそうになったら飛び出せるように立ち尽くしていたが、ラテはずっとその左前足をオトーサンの足に乗せて震えていた。

Latte652_03.jpg

※小学5年生から知っている中学2年の女子に久しぶりに出会ってラテはメロメロ


その不安が大きくなると抱っこを要求する。とはいえ何もないときにオトーサンから「抱っこしようか」と迫っても逃げ回るだけだし「チューしよう」とオトーサンが顔をラテの眼前に置けば面白いように?ぷいっと横を向く。
しかしこれが女房だと話しはまたかなり違ってくるのだ。

女房が仕事から帰ってくるといそいそと玄関へ迎えに出てチューをする。オトーサンはただ指をくわえて眺めるしかない(笑)。
この違いは結構あるが、例えば夕食の時間になったとしよう。これまでオトーサンはいつもの時間より2時間も3時間遅れて夕食を出したことなどない。だから食事は間違いなく出てくるものだと思っているに違いなく、例え30分程遅れたとしても催促することはなくじっと待っている。

Latte652_05.jpg

※散歩のフィニッシュは引っ張り合い(笑)


このとき女房がいると状況は違ってくる。なぜなら時間になると女房に吠え出したり前足で突っかかったりして「そろそろご飯の時間だ」と催促する。ご飯の支度はオトーサンがすることを分かっているラテなのにオトーサンには直接催促しないのだ。
なぜなのかは無論分からないが、分かりやすく言葉にするなら「オトーサンは怖いから」ということなのかも知れない。四六時中五月蠅く「肉球囓るなあ」などと言っているからか。

そんなオトーサンに対してひとつだけラテが要求し甘えることがある。それが室内でのボール遊びだ。
大体が夕食も終わり、寝る直前に多いが、オトーサンが仕事部屋でパソコンの前に座っているとしてもその脇まで来て吠える。吠えるだけでなくピーピーと泣いたり時には前足を椅子の肘掛けに置いて「こっち向いて」と要求する。しかしオトーサンにも都合というものがあり、せっかくいま閃いたところなので概略メモっておこうと「待て!」と命じてもラテは言うことをきかない。



※ボール遊びをしようとアピールするラテ


ではそのまま無視したら諦めるかといえば、これが20分経っても30分経っても諦めず吠え続ける。時刻はすでに寝ている人もいるはずで、このままでは近所迷惑このうえない…。
結局オトーサンの根負けで振り向くとラテは普段は見せたこともないキラキラした笑顔でオトーサンを見上げている。その顔を見てしまえばついこちらも笑顔になってしまうのだ。

ラテ飼育格闘日記(651)

五月も半ばだというのにはっきりしない天気が続く。雨の日も多いようだし、日が出れば気温が上がるのでラテが歩かない。毎年気温が高い時期は散歩に苦労するわけだが、今年も健康第一で乗り切らねばならない…。


天気の良い日、オトーサンは紫外線を避けるためにサングラスをして散歩に出る。白内障の手術は終わったがそもそも緑内障も患っており、紫外線が大敵だからである。より人相が悪くなるが、仕方がない(笑)。
キャップを被り濃い目のサングラスを掛けてラテと一緒にいつもの公園に入った。小学生のサッカー少年たちが元気にボールを蹴り合っている。

Latte651_01.jpg

※あまり歩きたくないよ


一人の子がオトーサンのサングラスに気がつき「目、どうしたの」と聞いてきた。オトーサンが説明しようとすると「あっ、目…手術したんだよね」と思い出してくれた。
「そうなんだ。オジサン、顔はいいんだけど目が悪くてさ」と言うと「がはははは」と大笑いする。

Latte651_05.jpg

※愛想のないラテだが、遊ばせ上手な飼い主さんの手にかかれば太い身体でピョンピョンと跳ね回る(笑)


ただ色の濃いサングラスは目に楽でよいが、ひとつ困ったことがある。それはラテとのアイコンタクトに支障がでることだ。
ラテはいつものように要所要所でオトーサンにアイコンタクトしてくれるし、オトーサンも顔を向けるが、色の濃いサングラスをしていてはオトーサンの眼差しがラテには見えない。

まあまあ、ラテがどう思っているかは分からないが、せっかくオトーサンにアイコンタクトしてもオトーサンの目の表情が見えないのではアイコンタクトの甲斐がないのではないかと思うのだ。
アイコンタクトは大切なコミュケーションのひとつでもあるのでこれはまずい…。ということで解決策は透明なレンズで紫外線をカットできるサングラスを使うことだが、まぶしさを軽減できないので良し悪し…。結局、色の濃いサングラスをしつつ、ラテの視線を感じたらサングラスを取って笑顔を送る…というアホなことをやっているオトーサンである。

Latte651_02.jpg

※ラテを可愛がって下さるAちゃんとオカーサンが立ち寄ってくださいました!


しかしオトーサンとラテの散歩が百点満点であるとは言わないが、行き交うワンコたちと飼い主さんの散歩を眺めていると「なんだかなあ」と思う散歩も多い。
本来なら余計なお世話なのだが、余計なお世話で済まないのも目立つのだ。
その第一はリードを持ちながらスマホを操作し続けている飼い主。これは自分の飼い犬も危険だし廻りも危ない。ということはワンコを見ていないわけだから、危ないことをしても、時にウンチをしても気づかないで歩き続けるというのがいる。それとも気づかないふりをしている確信犯なのか…。

Latte651_04.jpg

※完全なる重石状態


中には三匹も四匹も連れ、さらにリードを伸ばしたままでスマホに気を取られ、ほとんどワンコを見ていないという飼い主もいる。これはすれ違うだけで怖い…。
それから論外だが歩き煙草の飼い主もいる。
偉そうなことを言うが、散歩は単にワンコに運動をさせ、排泄させるためだけの時間ではない。散歩はある種、飼い主とワンコとの共同作業でもあり大切なコミュニケーションの時間であり、お互いの信頼関係をより築いていくための場なのである。

Latte651_03.jpg

※登校途中のAちゃんらに出会えてラッキー!


それなのに飼い主はワンコを注視していないからアイコンタクトしても、また何らかの意志表示をしても飼い主から反応がないのであればワンコの性格も次第に変わっていくに違いない。
「犬に気遣いなど必要ない」という声もあるかも知れないが、それでは飼い犬が不幸であるばかりか、第一楽しくないだろう。そしてワンコの素晴らしさ、賢さ、愛情深さなどを十分に知らずに過ごすことになるはずで何の為の飼い犬なのか…とオトーサンは思ってしまう。

初対面のワンコと相対したとき、そのワンコが安全かどうかは飼い主を見ればわかるというが名言だと思う。暗い家庭に育ったワンコに明るいワンコはいないし、反対に明るくフレンドリーに育ったワンコに危ないワンコはいないと思っているが、さてそれでは「お前の所のラテはどうなんだ?」と言われると…う〜ん(笑)。



広告
ブログ内検索
Related websites
Macの達人 無料公開
[小説]未来を垣間見た男 - スティーブ・ジョブズ公開
オリジナル時代小説「首巻き春貞」一巻から十五巻まで全公開
ラテ飼育格闘日記
最新記事
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

appletechlab

Author:appletechlab

主宰は松田純一。1989年Macのソフトウェア開発専門のコーシングラフィックシステムズ社設立、代表取締役就任 (2003年解散)。1999年Apple WWDC(世界開発者会議)で日本のデベロッパー初のApple Design Award/Best Apple Technology Adoption (最優秀技術賞) 受賞。

2000年2月第10回MACWORLD EXPO/TOKYOにおいて長年業界に対する貢献度を高く評価され、主催者からMac Fan MVP’99特別賞を授与される。著書多数。音楽、美術、写真、読書を好み、Macと愛犬三昧の毎日。マネキン造形研究中。2017年6月3日、時代小説「首巻き春貞 - 小石川養生所始末」を上梓(電子出版)。続けて2017年7月1日「小説・未来を垣間見た男 スティーブ・ジョブズ」を電子書籍で公開。ゆうMUG会員