ラテ飼育格闘日記(647)

学校の春休みも終わり、子供たちが公園に戻ってきたのでラテは散歩のしがいがあるのかよく歩く。とはいえ夕方の散歩で20℃にもなったときには早くも大理石の石段などに腹ばいや座り込むことも多くなってきた。ラテも後一ヶ月半ほどで満13歳になる…。


寒さが和らぎ、散歩がしやすくなったがあっと言う間にまた灼熱の夏がくる。すでに老犬の域に入っているラテだけでなく飼い主のオトーサンも注意しないと…。

Latte647_01.jpg

※笑顔のアイコンタクト


そして春先は毎年ラテを動物病院に連れて行く季節だ。無論その第一は狂犬病予防注射の接種のためである。
この時期は動物病院も混むことが多いので朝一番に飛び込むことにしたが、ラテは美容室とは違い動物病院に入るそのことはあまり嫌がらないので楽だ。

ただし診察台に乗せるのは一苦労するときがあるが、まずは体重を確認する。
昨月美容室で測ったときには約1kg減っていたので喜んだが今回は約550g増えていた。しかし美容室での計測は首輪も外してのことだが、動物病院は首輪とハーネスそしてリードを着けたままなのでまあまあ実際の所は変わらないと見てよいだろう…。

Latte647_03.jpg

※狂犬病予防注射接種の証明書とタグ


注射そのものは院長と雑談しながらあっと言う間に終わったし、ラテは微動だにしないし声もあげない。大したものである。
これで狂犬病予防注射は済んだが、同時に毎日飲ませているアトピーの薬とそろそろフィラリアの薬を飲ませる季節なのでそれらを買って帰ることに。
「ラテちゃんは視力もよいようだね」と院長からいわれる。幸い視力はもとより聴覚や嗅覚も大きな衰えは見られないので安心しているのだが…。

Latte647_02.jpg

※遅咲きの八重桜が満開


保険が効かないことでもあり結構まとまった医療費となったのでオトーサンは「ワンコにも後期高齢者割引があるといいですけど」と冗談を言いながら動物病院を後にした。
医者からは「今日は激しい運動はひかえて体調に変化がないかどうか注視してやってください」と言われているのでラテは不満かも知れないが朝夕の散歩も短めで終えることにした。
ただし馴染みの公園にいけば天候や曜日にもよるが、大好きなAちゃんやそのオカーサンの姿もあるし知っている子供たちも駆け寄ってくれるのでラテはご満悦だ。

Latte647_04.jpg

※大好きなAちゃんと


それでも激しい運動どころか、しっかりとした足取りながらもスピードは随分と遅くなった。まあまあオトーサンの足腰だってかなり衰えてきているから丁度よいのかも知れない。
それでも興が乗れば一時間ほど歩くことは苦にならないようで、時々立ち止まったり、あるいは公園などで水飲み場にリードを引いたりしながらよく歩く。

Latte647_05.jpg

※ちょっと一休みです


ときどき思い出したように笑顔でアイコンタクトしたり、オトーサンの足の脹ら脛をマズルでツンツンしてオヤツを強請ったり、水が飲みたいと訴えたりとなかなかに変化があって面白いのだ。
ということで心地よい季節などあっというまに過ぎ去りまたまた猛暑が来るに違いないが、無事に13歳の誕生日を迎えたいものだ。



ラテ飼育格闘日記(646)

ラテを観察していると特筆すべき性向が二つあるように思う。無論ワンコという生き物が備わっている類のものかも知れないが特に「臆病/用心深さ」と「嫉妬」が目立つ。これは我が家にきたときから程度問題そうなのだがオトーサンはラテ以外のワンコを飼ったことがないので比較はできないのだが…。


まず「臆病/用心深さ」だが、これは生き物として自分の身を守る本能みたいなものかも知れない。例えばこの二年ばかりは会っていないが、黒柴のクロちゃんというワンコがいる。元気だろうか…。
ともかくこのクロちゃん、たまにオトーサンならずとも公園で会ったとき指先ほどのオヤツをあげようとしてもそのまま食べたりはしない。必ず一度口先に咥えたものを地面に落としてからゆっくりと吟味して食べるという性向があった。

Latte646_01.jpg

※ラテは基本、かなり臆病なのです


ラテはそれほどではないにしても、オトーサンたち飼い主が鼻先に食べ物を突き出すと、それが毎々散歩の時も持って行く牛肉を乾した馴染みのオヤツは別にしてまずはクンクンと臭いを嗅いでから口にする…。
オトーサンたちがラテの体に悪いものなど差し出すはずはないのだが、それは我々飼い主側の理屈であり、ラテにも好き好きがあるのだろうしそうした確認は本能なのかも知れない。

Latte646_02.jpg

※桜は満開


しかし面白いのはそのときそうした行動を取るのは最初だけなのだ。次に続けて別の食べ物を差し出した場合、やはりクンクンするかも思えば二度目以降は躊躇なく口に入れるのだからラテのチェックもいい加減だ(笑)。

食べ物だけでなく、ラテは子供を別にして初対面の大人に対しては男女を問わずまずは吠える。そして自分から近づき尻尾を振ったり、ましてや顔を舐めに行くという行為をするまでに数ヶ月かかるという用心深さを持っている。
無論オトーサンたち飼い主とは違い、外で出会う方々はいつもいつもお会いできるわけではないからそれだけ時間がかかるのは当然だとしても、一年も経ってからやっと吠えなくなったという例も多い。

Latte646_03.jpg

※なぜ誰もいないの?とラテ


こうした性向もやはりラテの用心深さから来ているように思うし、毎日の散歩でもすれ違う大人をまるで値踏みでもするかのように観察する。そして何らかラテにとって不安材料、例えば視線を合わされた、声をかけられたりすると猛烈に吠えるし、困るのは挙動不審者といってよいのか、夜道に立ち続けてスマホを観ている人や紙袋などを沢山抱えていたり、見るからにホームレスのような人に出会うと吠える。
それが分かっているからオトーサンが「これは…」と思う人が近づいて来るとラテを反対側にして通り過ぎるといった策を講じることになる。

Latte646_05.jpg

※眠いですう


それもこれもラテの用心深さ、気の弱さの現れによる自己防衛本能なのかも知れない。
さて二つ目の性向の「嫉妬」だが無論ラテは語ってくれないのであくまでオトーサンたち人間側から見てそう思うことだ。しかし明らかにラテはお仲間のワンコより嫉妬深い(笑)。

何しろ例えば、Xちゃんというワンコとその飼い主さんがほのぼのとしているとラテはXちゃんに「ウウッ」と威嚇して飼い主さんを独り占めしようとする。勿論ワンコによっては大人しく座を譲ってくれる場合もあるが、当然のことながら自分の飼い主さんへの侵入を拒もうとすると大変な事になる。
勿論オトーサンはそのことを十分承知でリードを保持しているのだが…。

Latte646_04.jpg

※なんか笑っているみたい


どうやらこれはワンコに対してだけでなく我々人間同士にもヤキモチを焼くのだ。
まずはオトーサンと女房が興に乗って話し込んでいると割り込んでくるし、わざとラテの前で仲の良いところを見せると飛んできて女房に突っかかる。面白い事にオトーサンに対してではなくいつも女房に対してなのだ。
普段オトーサンに愛想のよい表情もほとんど見せないラテだが、女房を含めて他の人がオトーサンと仲の良いところを見せているとラテはヤキモチ(他に適切な表現がない)をやくようだ。

以前に我が家に遊びにきてくれた小学生のAちゃんに直前までその口元を舐めてたりしてしたのが突然「ウッ」と怒りだし歯を当てたのも多分嫉妬に違いない。

Latte646_06.jpg

※春休みも終わり、ご実家に行っていたAちゃんたちが戻ってきた!


なぜならオトーサンがAちゃんと楽しそうに会話し、カメラを持ち出して写真を撮りだしたときのことだったからだ。
オトーサンが本当にAちゃんとの会話を楽しんでいたことにラテは嫉妬したのだろうと推察している。であるならラテはオトーサンが大好きなはずだ。
であるなら普段もう少し嬉しそうな表情をしたり、オトーサンが帰ってきたら尻尾を振って飛び出てくれてもよさそうなものだが…、なかなか複雑な娘なのである。




ラテ飼育格闘日記(645)

ラテの毛並みが伸びたので美容室に連れて行くことにした。しかし毎度のことだが動物病院より美容室が嫌いというか怖いという態度を見せるラテだから気を使わざるを得ない。今回は昼の12時に予約を入れたがそもそもそんな時間に外へ出るなど普段はないわけで、ラテはすでに察知している…。


10分程早めに自宅を出る。これは美容室に行く前にオシッコさせるためだ。でないと毎度ではないものの店内に入ったとき、怖いからかオトーサンに抱っこを求めるのは由としても粗相をしてしまうことがあるからだ。
ラテにハーネスを着けて家を出るがまずは美容室の方角ではなく馴染みの公園に向かう。そしてオトーサンの思惑通り途中でオシッコをしてくれたので安心して美容室へと向かうことに。

Latte645_01.jpg

※美容室で綺麗になってきました


しかしラテはすでに尻尾が半分下がっている。これからどこに連れて行かれるかを察知しているに違いない。
美容室へ近づくにつれ最初は歩く速度が遅かったのに次第に早くなってくるのが面白いところだ。無論尻尾は下がってしまっているが、美容室前を足早に通り過ぎたいという願望がスピードに表れていてオトーサンは苦笑しつつも通り過ぎるわけにはいかない(笑)。
素早くリードを引いて店内に連れ込むが、ラテは早速オトーサンに抱っこを要求。係の方が出てくるまでほんの短い間だがオトーサンに抱かれてラテは震えている。

Latte645_06.jpg

Latte645_07.jpg

※早くもどこに連れて行かれるかを察知し尻尾が下がっている(上)。そして美容室では抱っこを要求(下)


そうそう…話しは脱線するが、ラテを人間の赤ちゃんを抱くように抱きかかえるとラテの視線はオトーサンのそれより少し上になる。
先日女房が見ていたTV番組をたまたま覗いたら(チャンネルは不明)、飼い主の目の高さよりワンコを上に抱いたり持ち上げたりはしない方が良いという話しをトレーナーなのか…がしていた。なぜならワンコが買い主より自分が偉いと思ってしまい、飼い主の言うことを聞かなくなるというのだ。

Latte645_02.jpg

※桜が咲き始めた(多摩市桜ヶ丘公園)


しかし昔から言い尽くされた感のあるワンコの飼い方に関するこの種の話しをいまだに信じている専門家と称する人がいるのだから驚く。ましてやTVで放映されるのだからその影響は大きいに違いない。
オトーサンもラテを飼うとき幾冊かのトレーニング本を買ったが、数冊に同様のことが書かれていた。何も知らないオトーサンは「そんなものか」と最初は注意していたが次第に馬鹿らしくなってきた。

そもそも個体差もあるだろうが、ワンコをみくびってはいけない。ワンコはそんな単純なことで自分が飼い主より偉いと思うほど馬鹿ではないことが肌で分かってきたので気にせず求められれば、あるいは必要ならラテをオトーサンの肩に抱き上げてきた。無論いまでもそうだ…。
確かにラテは100%従順なワンコでは無いが、この12年間オトーサンに本気で刃向かったことはない。朝から晩まで世話をし、散歩に連れ出し、食事を作るオトーサンをたまに視線を高く抱き上げたからといって己より下の生き物だと考え、行動に移すなど考えられないではないか。

Latte645_08.jpg

※美容室へ引取に出向くと満面の笑顔で出て来た


無論ラテが2本足の我々を文字通り「人間」と認識しているかは知る由もないが、同時に「2本足の同族」と認識している証拠もない。しかしワンコと人に接するときの態度の違いを考えればまったく別の相手だということをきちんと認識していると考えるのも合理的だと思う。
そうしたことからオトーサンは「犬は人を犬族と思っている」という定説には大いに疑問を持っているし、ワンコほどの頭脳があれば犬と人間をまったく別の生きものと認知しても不思議はないと考える。
「犬は人間を同族と思っている」という定説は、まだまだ「犬という動物はオオカミのように群れの中で生きていくものだ」という旧来からの説から抜け出ていないように思えるのだ。

Latte645_05.jpg

※そのまま散歩を続けることに。先ほどの尻尾が下がった時とは別人…いや別犬のようだ(笑)


ムツゴロウ動物王国の石川利昭著「飼育マニュアルに吠えろ!」の中で石川利昭氏は「犬を人間の目線より上に持ち上げてはいけません」というハウツーは間違いだと斬り捨てている。そんな話しが真実ならマンションの二階以上に住んでいる人はワンコを飼えないことになる…。
ベランダから常に下にいる人間を見下しているとすべての人間を馬鹿にするようになるのか。否、どこにそんなワンコがいるのだろうかと。
そしてワンコと人との関係は上下関係ではなく心と心で結ばれた共生関係なのであり、例えば寝転がっている人間の上にワンコが乗ってきて遊んでも決してボスと子分の関係にはならないと断言している。
オトーサンは断然石川利昭氏の話しを支持したいし日々実感として受け止めている。

例えば「ワンコがリードを強く引く」といった件ひとつでも「支配性を主張している」という立場を取るトレーナーもいれば「図解雑学/イヌの行動 定説はウソだらけ」の著者である堀明氏のように単に「早く目的地に行きたいという犬の欲求に過ぎない」という立場の方もいる。さらに堀明氏は「犬が自分をリーダーだと示したいから」といったこの種の定説を「支配と服従の理論に凝り固まった人たちのいいだした誤解」と切り捨てている。

Latte645_04.jpg

※喉が渇いたのだろう、沢山水を飲んだ


人がワンコを擬人化するように、ワンコも人を擬犬化するかも知れない。しかし繰り返すがそれはワンコが我々人間を、飼い主を自分たちと同じワンコだと思うかどうかについてはオトーサンは否と答えたい。
日々ラテと寝起きを共にしているが、ラテの行動および態度を観察しているとワンコと人間は確実にさまざまな面で区別して対応していることがわかる。我々飼い主は単純にワンコのボスという存在ではないのだと思っている。

そうそう…話しは美容室でした。
ラテを預けて三時間半ほど経ってオトーサンの携帯に「終わりました」という連絡が入った。いそいそと支度をして引取に行くとラテは満面の笑顔で出て来た。これが連れてきたときあれほど嫌がったワンコなのかと思うほどの違いだ。
時刻は早くも夕方の散歩時間に近づいていたのでオトーサンとラテはそのままルンルン気分でいつもの公園に向かった。



ラテ飼育格闘日記(644)

オトーサンの白内障手術後の経過は今のところ問題なく一安心しているしラテとの散歩もあまり心配せずに行えるようになった。しかし癖になったようで埃っぽい箇所を通ったり風が強かったりすると右目を瞑るようになった。まあそのぐらいの用心はした方が良いのだろうが…。


そのラテとの散歩だが、この時期はラテにとって我慢の多い日がしばらく続くことになる。それは学校が春休みに入ったからで、通学時に行き会うことも出来ないし、夕方にいつもの公園に行っても顔見知りの子供たちの姿はほとんどないからだ。

 Latte644_01

※天気の良い日は暖かくなってきたので散歩が快適に…


厄介なのはそうした事情をラテが知る由もないわけで、いつもの公園に入ると一箇所でじっとというより頑なに待つことだ。しばらく待てばAちゃんとかBちゃん、あるいはAちゃんのオカーサンが顔を見せてくれると思っているのかも知れない。

オトーサンもラテの意志を尊重して5分や10分はラテの様子を見ながら待ってはいるがそのままで済ませるわけにも行かずにリードを引いて歩き出さなければならない。
ラテはと言えば視覚的な刺激がないとワンコ本来?の嗅覚モードに入り、植え込みやら電信柱などをクンクンして歩くがこれがまたオトーサンとしてはイライラする(笑)。

 Latte644_04

※ラテ得意の?待ちのポーズ


そういえば先日の早朝、公園でお世話になっている動物病院の院長と世間話ししたなかでここのところ15歳のワンコが2匹立て続けに惚けで診察にやってきたという。
中型犬なのか小型犬なのかをお聞きするのを忘れたが、15歳ともなるとワンコとしては後期高齢だ。惚けが出て来ても当然かも知れないしそれ以前に視覚と聴覚の衰えも目立つ場合がある。

ラテも今年13歳になるから立派な老犬だが、いまのところはお陰様で足腰もまずまずのようだし嗅覚はもとより、視覚と聴覚も正常のようだ。
とはいえ正直嗅覚は推し量るのが難しいのでよくは分からないが、視覚は国道の反対側の歩道にいる人物を見分けることができるのだからまずは正常と考えている。

 Latte644_03

※サッカー少年とチュー


そして聴覚は日々生活の中で確認出来ているが、この感覚はいまだに鋭い…。
ワンコの感覚といえば我々は先入観で嗅覚が特別優れていると思っている。確かにそれは間違いなく、ワンコの嗅覚は人間の100万倍以上だといわれている。ただしそう聞くと「人間より100万倍も臭いを強く感じる」と考えがちだがそうではなく嗅ぎ分ける能力が桁違いに優れているのだ。

我々は数種の臭いが重なり合った場合、その臭いがどのようなものが混じっているのかを嗅ぎ分けるのは難しい。しかしワンコは例えて言えば臭いが混じってもレイヤー毎に嗅ぎ分けることができるという。だからこそ、電柱にオシッコが重なっていたとしても対象のワンコがいつ頃通ったのかといった事を判別できるらしい。
我々には想像もつかない能力だから、研究者によっては「ワンコは嗅覚で世界を見ている」という人もいるくらいだ。

だからワンコの感覚というとすぐに嗅覚が…と考えるが、オトーサンは日々ラテと接していて聴覚の鋭いことにいつも驚いている。
オトーサンは日常の生活に中でさまざまな音を立てている。足音、呼吸、衣服の擦れる音、独り言、音楽再生、食器や物を扱う時のノイズなどなどだ。

 Latte644_02

※影でもアイコンタクト


例えば、菓子や食品の袋を空けるという音にしても一様ではない。「ワシャワシャ」「クシャクシャ」と煎餅の袋を開けるのとカップラーメンのフィルム包装を開けるのでは違うのは分かるが、そうした音は一日中多々起きているはずだ。
オトーサンがそうした音を立てるのは振り返って見るとリビングで…という場合が多いが、ラテは日中リビングにいることはほとんどない。
和室にはラテ専用の寝床が作ってあるし、別途女房の部屋に好んで入り込んで寝ていることも多いといった具合。

そんな時オトーサンがふと思いついてリビングに保存してあるワンコ用のガムの袋を取り出し、中から一本つまんで袋のチャックを閉めるとラテは呼びもしないのに女房の部屋からいそいそとやってくるのだ。
また昼食が済み、オトーサンも急ぎでやらなければならないことがなかったり体調が優れないときには一時間程度の昼寝をすることにしている。
ただし寝間着に着替えるのも面倒だからとズボンからコインケースとキーホルダーを取り出し、財布と共にリビングのテーブルに置き…と準備をしているとこれまたまったく視覚に入らないはずの部屋からラテが「オトーサンお昼寝ですね」といった顔で現れる。

 Latte644_05

※オトーサンと真面目に歩いてます


別に蒲団に一緒に寝てくれる奴ではないが、同じ和室に横になってしばしオトーサンと一緒に寝るというのがいつしか習慣になったからか呼びもしないのに姿を現す。
極めつけは夕食のときだ。時間帯がほぼ決まっているからラテも「ああ、もうそろそろかな」と思うのかも知れないが、凄いのは準備を始めたり、途中では決して姿を現さず、ドッグフードに牛肉のトッピングをしたものと別途プレーンヨーグルトの容器を持ち、和室の定位置に置こうとオトーサンが歩き出すとラテは初めて姿を現すのだ。

こうした様子を見ていると嗅覚とか視覚でオトーサンの行動を把握しているのではなく明らかに聴覚、音でいまなにをしているのかを察知していることになる。
ワンコも歳を取れば視覚や聴覚も効かなくなってくるというから、こうした日々の行為もある種の健康を推し量るバロメーターになっている。




ラテ飼育格闘日記(643)

春めいてきた。一部の桜が咲き始め、こぶしの花も開いてきた。ただし花粉も多いようで花粉症の方はまだまだ苦労が続くと思われる。オトーサンはこれまで花粉症の症状が出たことはないし自分はアレルギーはないと思っているが、先般ちょっと心配になる出来事があった。


前回の日記で記したように珍しく風邪を引いた。咳も出るしクシャミも頻繁で鼻水も大変…。顔が火照り熱が出ている感じだ。
それでもマスクしてラテとの散歩は済ませたが一番困ったのは鼻水。汚い話しで恐縮だがマスクしているとすぐに内側がばっちくなってしまう。
あまりに鼻水が凄くティッシュでも鼻が痛くなってきたので背に腹は代えられず、肌触りが柔らかいというnepia「鼻セレブ」を買ってきたほどだ。

Latte643_01.jpg

※ラテは花粉症大丈夫なのか?


普段オトーサンはクリニックなどに行ったときはともかく、よほどのことがないと体温計で熱を計ることはない。無論健康なときには必要ないし微熱を感じるときがあっても体温計を持ち出すことはほとんどないが、今回女房が熱があるならこの時期インフルエンザかも知れないからきちんと計って熱があれば医者に行けと五月蠅いので計ってみた。ちなみにオトーサンはインフルエンザのワクチンは済ませている。

Latte643_04.jpg

Latte643_05.jpg

※桜も咲き始め、こぶしの花も満開だ


さて、体温計を見てみると35.9度しかない。身体のだるさと比べてこの体温は低すぎるともう一度計ってみたが今度も36度だった。
ここでオトーサンは「これってもしかしたら花粉症なのか?」という疑問が頭をよぎった。
聞けば花粉症はいつ発症してもおかしくはないという。そもそもなったことがないオトーサンにはクシャミと咳、そして鼻水が辛いことが花粉症に結び付かなかったし自分は大丈夫だという根拠のない自信があったのだが…。

しかし、なるほど調べて見ると花粉症の症状だとしてもおかしくない。なにしろ熱もないし…。
「嗚呼、齢70にして花粉症かよ」とも思ったが、どういうわけか目は両眼共に痒いとか涙が出るということはないのだ。
確かに右目の白内障手術後だから保護めがねをつけてはいたが、多少は軽減できても完璧ではないだろう。眼はなんともなく鼻だけにくる花粉症ってあるのか…。
そんなことを考えながら過ごした翌々日の朝になったら、洟垂れも止まっているし頭の火照りもなく正常のコンデションに思えた。

Latte643_03.jpg

※大好きなAちゃんとポッキー(チョコがかかってないところ)を両端から食べ合う


よい機会だから、身体を張って実験してみようとオトーサンは決心した。
それは自分の症状が風邪からくるものなのか、あるいは本当に花粉症なのかを確認してみようということだ。花粉症ならこの朝だって鼻ズルズルになるに違いない。
早速支度してラテと一緒に明るい日射しの中へと飛び出した。ただし白内障術後なので保護めがねは着けているがマスクはしていない。天気予報によれば今日も一日花粉の飛散は多いとのこと。実験にはうってつけの日ではないか(笑)。

結局その日は45分ほどの散歩となったが、鼻水も出なければクシャミも出ず、それは帰宅してからも同じだった。
ということは単純な話し、オトーサンは花粉症では無かったという理屈になる。
どうやらあれは、熱が出なかったもののやはり風邪だったのだと自分を納得させ安堵した。風邪なら数日で納まるだろうが花粉症では長い間悩まされることになるからだ。

Latte643_02.jpg

※まだまだ好奇心旺盛です


そういえば、ラテは花粉症ではないと思うが結構敏感で、散歩中に車の排気ガスが目立ったり、歩きタバコで通り過ぎる不心得者がいるとクシャミをし始める。
オトーサンは人間様だからいろいろと試したり確認したりができるが、ワンコの花粉症ともなれば大変だ。
そもそもラテはアトピーなので現在も薬を飲ませている。ただしワンコの花粉症は人間とは違い、クシャミや鼻水、涙目のような症状ではなく、皮膚にカユミや乾燥などが現れるようだ。
だとすればラテが肉球を舐めたり,耳を掻くのもそうした症状の可能性もある。

ともかく散歩から戻ったら家に入る前に衣類に付いた花粉をなるべく落とし、室内に持ち込まないようにする一方でラテに対しては身体全体のケアとブラッシングを丁寧にすることにしている。
とにかく一連の数日を過ごした結果ではオトーサンの症状は花粉症ではなかったということで納得しているのだが…。


広告
ブログ内検索
Related websites
Macの達人 無料公開
[小説]未来を垣間見た男 - スティーブ・ジョブズ公開
オリジナル時代小説「首巻き春貞」一巻から十四巻まで全公開
ラテ飼育格闘日記
最新記事
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

appletechlab

Author:appletechlab

主宰は松田純一。1989年Macのソフトウェア開発専門のコーシングラフィックシステムズ社設立、代表取締役就任 (2003年解散)。1999年Apple WWDC(世界開発者会議)で日本のデベロッパー初のApple Design Award/Best Apple Technology Adoption (最優秀技術賞) 受賞。

2000年2月第10回MACWORLD EXPO/TOKYOにおいて長年業界に対する貢献度を高く評価され、主催者からMac Fan MVP’99特別賞を授与される。著書多数。音楽、美術、写真、読書を好み、Macと愛犬三昧の毎日。マネキン造形研究中。2017年6月3日、時代小説「首巻き春貞 - 小石川養生所始末」を上梓(電子出版)。続けて2017年7月1日「小説・未来を垣間見た男 スティーブ・ジョブズ」を電子書籍で公開。ゆうMUG会員