ラテ飼育格闘日記_824

「一日も忘れたことはない…」といった言葉はどこか嘘っぽく誇張しているように思えて当然だ。しかしオトーサンはことラテへの思いとなれば間違いなく一日も忘れたことはないし、時に触れ度々思い出しながら毎日を送っているといってよい。


とにかく15年三ヶ月、毎日一緒に生活していれば人間だってワンコだってその気質はもとより生き様が自然に身についてしまう。
いやこれは飼い主のオトーサンだけでなく、未就学時代からラテと一番遊んでくれたNちゃんが先日遊びに来てくれたとき面白いエピソードを話してくれた。

Latte824_01.jpg


それは菓子のポッキーの食べ方だという…。
一時期オトーサンもポッキーが好きなので散歩の際にポッキーを持参し場合によっては顔見知りの子供たちにお裾分けしたりしていた。そうなれば当然ラテも欲しがることになる。ただしご承知のようにチョコレートがコーティングしてあるポッキーはそのままではラテに上げるわけにはいかない。

それならば…と考えたのがチョココーティングされていない2センチほどの持ち手部位を残して食べ、それをラテに上げるということだった。
発端はすでに11年ほど前になるが、広い公園にラテを連れて行くのが日課となって頃の話である。そこで小学4年生女子と知り合ったが、ラテをとても可愛がってくれた。自分のことをラテのオネーサンだと自称しワンコのオネーサンだから「ワンネエだね」と言って喜んでいた。

Latte824_05.jpg


ある日オトーサンがポッキーのお裾分けをその女子に渡すと「ラテにあげてもいい?」と聞く。オトーサンは「ワンコはチョコレートを食べると病気になるんだ。だからチョコが付いていない部分なら少しならあげてもいいよ」と答えた。
とその瞬間オトーサンはドキリとした。女子はポッキーの柄の部分を自分の口元に挟み、一方をラテに差し出したからだ。オトーサンは思わずリードを引いてそれを制すると「大丈夫だよ。ワンネエとラテの仲だもの」と一層ラテに近づき自分の鼻がラテの鼻で押しつぶされるまでになった…。

Latte824_02.jpg

※ワンネエからポッキーを貰うラテ


オトーサンは瞬間の出来事で制御できずに冷やっとしたが、ラテは上手にこの行為を受けワンネエの唇を傷つけること無くポッキーを食べた…。
しかし公園などでラテを可愛がってくれる子供たちの中でもさすがにそんなことをすると唇を噛まれるのでは…と実際にできる子供は限られていた。まあ当然だろう(笑)。
その後、引っ越しして現在の住居に移ってから、最初はオトーサンや女房が公園でときどきやってみせたのを見ていたのか「私もやってみたい」と限られた子供が手を上げ少しずつ広まっていったが正直オトーサンは気が気ではなかった。

Latte824_03.jpg

※ラテの大親友Nちゃんからも時折口移しのポッキーを貰っていた


言うまでも無くラテは自分にポッキーを差し出してくれる子供たちを噛む気など毛頭無いしそんな乱暴なワンコではない。しかしポッキー欲しさに夢中になることはあり得るし、子供たちにしてもいざラテの眼前に口元を差し出したとしても瞬間怖くなって口元をすぼめたりすれば時にラテの歯が当たってしまうかも知れない。

Latte824_04.jpg


例えば飼い主であるオトーサンらが思いつきでやって歯を当てられ例えば唇から出血したとしてもそれは自己責任だが、子供たちを傷つけては洒落にならない。しかし念のため申し上げれば、こうした行為でラテに噛まれた事は一度もない。実に上手に小さなポッキーを口で受け取る。
また誤解があってはならないが、オトーサンが子供たちにポッキーの口移しを勧めたことなど絶対にないが興味第一の子供たちから強いリクエストがあるのだ。
ラテの顔を見ると「ラテにポッキーあげたい!」の声が飛び交ったものだ(笑)。

先のNちゃん曰く「ポッキーを食べると今でも柄の部分を残す癖があるの…」と。虹の橋の向こうできっとラテも喜び笑っていることだろう。



ラテ飼育格闘日記_823

この「ラテ飼育格闘日記」は前回で毎週更新から随時思いついた時に…と変えてみたが15年間の習慣は恐ろしいもので原稿を書かないと落ち着かない(笑)。ともあれ一週休んでのお届け出である。


ところで今月9月6日でラテ6回目の月命日となった。早いものですでに半年が過ぎたことになる。15年間文字通りオトーサンは昼夜24時間ラテと一緒に暮らしていたわけで、いまだにラテの温もりや息づかいをどこかで感じるが、反対にあれは夢まぼろしだったのか…と思うほど泡沫の存在だったようにも感じる毎日でもある。

それほど強烈な体験と記憶を残してくれたラテなのだから、夢でも良いから出て来てくれとオトーサンは常々願っている。
そんな折、先日夢に珍しくワンコが出て来てその内の一匹がオトーサンの膝に向かって飛びついてくる夢を見た。しかし残念なというか、可笑しなというか、それはラテではなかった…。

Latte823_01.jpg

※2007年12月撮影


昔読んだ物の本によれば、好きな人や大切な人の夢はほとんど見ないものだという。
そういえば私は亡くなった母の夢を見たという記憶がない。父の姿もほとんど夢に出た試しはないが一二度見たもののその夢の中での存在はあまり心地よいものではなかった。どちらかというとオトーサンは親父が苦手だったからか…。

Latte823_02.jpg

※2007年3月、ラテが我が家に来てから三ヶ月目の一枚


そんなわけだからラテとの15年間においてもラテが登場した夢を記憶しているのは2度ほどだ。それもラテを飼い始めたころの話しだが、2度とも散歩途中でラテとはぐれ、オトーサンは必死になってラテを探し回るといった夢だった。
きっと経験も無く、ラテと日々格闘の毎日を過ごしていたオトーサンにとって、散歩中などで何らかのアクシデントによりラテが逃げ出すなどして行方不明になってしまうことを必要以上に恐れていたのかも知れない。

Latte823_03.jpg

※2007年1月、好奇心旺盛なラテに慣れないオトーサンは困惑…


事実、ラテを向かえたばかりの時期だったと記憶しているが、近隣の駅までラテを連れ出勤の女房を見送った後のことだ。どうしたことかラテの首輪が切れた。
オトーサンは慌ててラテの体を抱え込もうとしたがラテはそれをするりと抜けて改札の方へと走りはじめた。女房の後を追おうとしたのだろうか…。

Latte823_04.jpg

※2007年5月、広い公園にて女房と


まだ飼い始めてからまもない時期だから、オトーサンに対しても新しい住居に対しても愛着がまだ無いかも知れないから、ラテが戻ってくる確率はとても低いという思いでオトーサンの体は冷たくなった…。そしてこのまま離れたとすれば交通量の多い駅前だ。すぐ車に撥ねられるに違いない…。

ラテの姿は自動改札のすぐ側にいたが、もしオトーサンが急ぎ走って行けばきっとラテはさらに逃げ出すだろうと考え、リードを右手に高く持ち上げ雑踏の中「ラテ!」と呼びかけ、さらに口笛を吹いた。
幸い、何故かラテはスタスタと大人しく戻ってきたので事無きを得たがそんなことがトラウマになったのかも知れない。

Latte823_05.jpg

※2007年11月、最初から気が合ったボーちゃんとまるでダンスをするように遊ぶ


ともあれ夢にラテが出てくるようになったら、それはオトーサンの思いが薄れたということであれば残念ながらオトーサンはこれからもラテの夢は見ることが出来ない理屈だ。寂しいことではある…。



ラテ飼育格闘日記_822

この原稿がアップされる9月3日の三日後になる9月6日は早くもラテ月命日6ヶ月目である。記憶が薄れるどころかオトーサンたちの人生にとってラテとの出会いがどれほどインパクトが大きいできごとだったかに思いを馳せている毎日である。


オトーサンたち夫婦にとってラテと暮らすことはそれまでの生活の延長というものではなく新たな人生のスタートと言ってよいほど大きな出来事だった。
なにしろその為に住居を変えたのだから…。

Latte822_01.jpg


ワンコ一匹のことで大げさだと思われるかも知れないがそれほどの覚悟をもって事にあたった訳だが、それでも実際にワンコを迎入れてみると現実の方がより大変であることにも気づいた。

でも本音は2代目ラテを迎えたい!ラテと築いたいわゆるノウハウを新しいワンコと共の生活に生かしたいと心から思う。しかしオトーサンもすでに74歳である。自分ではあまり年齢のことを意識してはいないが、現実問題として体力低下は自覚せざるを得ない。

Latte822_02.jpg


もし子犬を迎えたとすれば、今後15年ほどは一緒の生活を覚悟しなければならない訳だが、だとすれば2代目が虹の橋を渡るころにはオトーサンは90歳前後になっている計算だ。
己の命が後どれほど残っているかについては無論分かりようもないし、現時点で寝込んでいるわけではないがラテを迎えた時代のようにワンコと飛び回ることは無理だから、それではワンコに迷惑がかかるし可哀想だ。

それでは例えば8歳とか9歳の成犬ワンコの最後を看取るという選択肢もある…。しかしそれでも散歩は不可欠だしワンコにとっては適度な運動量が必要だろう。それならいっそ、散歩が必要ないニャンコを飼おうかという気にもなった。体力的にはこちらの方が随分と楽だがニャンコにしても寿命は結構長く十数年から二十歳にもなることもままあるという。

Latte822_03.jpg


まあ結局はオトーサンの年齢からくる不安は払拭できるものではないし命は思い通りに計算できるものではないから何らかの急病などでオトーサンが逝ってしまうことも十分にあり得る。
そんな自体になればこれまたワンコやニャンコに大きな悲しみを与えることになるし後を託さざるを得ない女房に対しても申し訳がない。

Latte822_04.jpg


というわけで迷いに迷ったし、いまでも新しいワンコを迎えたいという気持ちは燻っているがまともに考えれば考えるほど無理な相談だということは明白だ。
やはり、オトーサンたちにとって「ラテというワンコ」は生涯で初めてのワンコであり、最後の飼い犬ということで思いを落とし込むしかないという結論に達した。
残念だが…。

さて…本稿の最後はこの辺で「ラテ飼育格闘日記」の毎週更新は終了宣言することにしたいというお話しである。
ラテのあれこれについてまだまだ書きたいことはあるが、亡くなったからには新しい話題は生まれない。かといって思い出話しばかりでは読んでいただく方々にも飽きられてしまうだろう…。

Latte822_05.jpg


今後は土曜日にアップすることは変わらないにしても毎週ではなくオトーサンの思いついたことがあったら筆をとりたいと思っている。
なおTwitterでは「ラテ・メモリアル」として毎日数枚の写真をアップし呟いているのでもしご興味のある方は覗いていただければ幸いである。
ということになったが…長い間、本当に長い間毎週末にお付き合いいただき心から御礼を申し上げたい。
そしてこれからもどうぞよろしくお願いいたします。





ラテ飼育格闘日記_821

古いラテの写真を多々眺めていると忘れていた記憶が蘇る…。そりゃあ15年間365日24時間一緒に暮らしていたわけだから、日常のことだけに忘れていることが多いのも仕方がない。だからこそ残っている写真を見て「ああ、そうだった」とため息混じりにラテを益々愛おしく感じる…。


一口に15年というが、過ぎてしまえばあっという間にも思える。しかし生まれたばかりの子供が15歳になるということは中学3年生、あるいは高校1年生に成長する年月だ。短いわけはない…。
ラテが元気な頃は真摯に考えもしなかったが、ワンコという存在は今更ながら我々人間にとって特別な存在であったと気付かされる。

Latte812_01.jpg


ペットは猫であろうとオウムであろうと…極端な例だろうがヘビでも、それを慈しんでいる飼い主にとっては可愛い存在に違いない。しかしワンコは単なるペットの枠を超えた特別な存在であろう…。それは人類最古の友であり、とある学説によれば力もないひ弱な現生人類が生き残ったのはワンコとの共存を実現できたからだという話もあるくらいだ。
それほど人とワンコの絆は深く強いもののようだ。

Latte812_02.jpg


ラテがいない寂しさを紛らわそうと、時間ができるとYouTubeやインスタでワンコの映像を眺めることも多くなった。それらの映像を見るとあらためてワンコの素晴らしさ、学習能力の凄さが思いやられやはり我々人間を思い遣ってくれる一番の動物はワンコだという思いを強くする。
そして当然のことだろうが、亡くなったワンコの話しも時折みかけるし飼い主さんたちの嘆きや悲しみは身にしみて理解できる…。

Latte812_03.jpg


オトーサンは今でも「これでよかったのか」「もっとよき接し方はあったのか」「ラテは幸せだったのか」などなどと今更ながら様々な思いが頭をかすめるが、常に心してきたことがある。それは以前一度ご紹介したことがあったが「犬の十戒」として知られている以下詠み人知らずの10の戒めだ。
ラテ…オトーサンは心して守り通したつもりだよ…。

1)My life is likely to last ten to fifteen years. Any separation from you will be painful for me. Remember that before you adopt me.

  私の寿命は10年から15年くらい。理由はどうあれ、あなたと離れるのは辛いことです。あなたが私を飼う前にそのことを覚えておいてください。

2)Give me time to understand what you want of me.

  あなたが私に何を欲するか、私にそれを理解する時間をください。

3)Place your trust in me it's crucial to my well-being.

  わたしを信頼してくれることが私にとって極めて大切なのです。

Latte812_04.jpg


4)Don't be angry to me for long and don't lock me up as punishment. You have your work, your entertainment and your friends. I have only you.

  いつまでも私に腹を立てたり罰だからと私を閉じ込めたりしないでください。あなたにはあなたの仕事や趣味もあるし友人たちもいるけれど、私にはあなたしかいないのです。

5)Talk to me sometimes. Even I don't know your words, I do understand your voice when speaking to me.

  時々は私に話かけてください。私はあなたの言葉を知りませんが、私に話をするあなたの声で私はその意味を理解できます。

6)Be aware that however you treat me, I'll never forget it.

  あなたが私をどのように扱うとしても(楽しいことや辛いことも)、私は決してそれを忘れません。

7)Remember before you hit me that I have teeth that could easily crush the bones of your hand but I choose not to bite you.

  あなたが私を殴る前に、私は簡単にあなたの手の骨を噛み砕くことができる歯を持っていることを思い出してください。しかし私はあなたを噛まないことに決めているのです。

8)Before you scold me for being uncooperative, obstinate or lazy, ask yourself if something might be bothering me. Perhaps I'm not getting the right food, or I've been out in the sun too long, or my heart is getting old and weak.

  言うことをきかないだとか、頑固であるとか、あるいは怠け者であると叱る前に、私がそうなった原因があなたにないかを考えてください。もしかしたら、私はきちんと食べ物をもらえなかったか、あまりにも長い間日向に置かれていたとか、あるいは加齢で身体が弱っているのかも知れません。

Latte812_05.jpg


9)Take care of me when I get old; you, too, will grow old.

  どうか私が年老いても、私の面倒を見てください。あなたも同じように歳を取っていくのですから。

10)Go with me on difficult journeys. Never say, I can't bear to watch it or let it happen in my absence. Everythings is easier for me if your are there. Remember...I Love you.

  私のつらい旅たち(臨終)のときは一緒にいてください。見るのが辛いからあなたのいないところで...などと言わないでください。あなたが一緒にいてくれるなら私は平気です。そして忘れないでください...私はあなたを愛しています。



ラテ飼育格闘日記_820

ラテが亡くなってから早くも5ヶ月が過ぎたが、失ってみてことの大きさというか…いかにオトーサンたちにとってラテが大切な存在だったかが次第に分かってくる…。今振り返ればラテを迎えた当初はともあれ、毎日はどこか惰性で過ごしてきたという気もする。


いや、決してラテを疎かにということではない。この15年間はどんなことにおいてもわが家はラテを中心に回ってきたし、ラテ第一にと物事を判断してきた。
だから…恩着せがましい物言いはしたくないが、夫婦揃っての泊まりがけの旅行は一度も行ったことはなかった。

Latte820_05.jpg


それまでは毎年、一度ならずも京都や札幌に遊びに行っていた。無論ラテをペットホテルに預ければ済むことだと思われるかもしれない。しかしオトーサンたちはラテをひとりにしたくはなかった…。
ただ一度、引っ越しの際にラテを怪我させてはならないし荷物の出し入れに邪魔になってはならないからと近所のペットホテルに一晩預けたことがあったが、後悔することになった。

Latte820_02.jpg


それは預けた翌日の夕刻、引っ越しもひと段落ついたからとオトーサンは勇んでラテを迎えに行った。そこで係の女性から思っても見なかった話を聞いたのだった…。
料金を支払った後、係りの女性は「ラテちゃんは結局昨晩の食事と今朝の食事だけでなく一切水も飲まず、短い散歩に連れ出してもこれまた一切排泄もしてくれなかったんです」と困惑顔でそうに言った。

オトーサンはそのことを聞き思わず嗚咽してしまった。慣れない食事では口に合わないだろうといつも食べているドッグフードなどを持ちこんでもいたが、ラテはクレートの中で鳴きもせずただただじっとしていたという。
保護犬のラテは推定3ヶ月の時に拾われ、ボランティアの方が面倒を見てくれたとのことだが、我が家に迎えた生後6ヶ月の時まで新しい飼い主との縁を得ようと何度か別々の方々に保護預かりとして世話になったと聞いた。

だから…その引っ越しはラテを迎えてから既に7年近く経っていたものの、想像するにラテはオトーサンさんたちに捨てられたと思ったのかも知れない。また飼い主が変わると考えたのかも知れない。そのストレスで食欲もわかなかったのかも…。
そしてペットホテルの奥から連れ出されたラテはオトーサンさんの姿を見て「グエアア…」と鳴き声というより悲鳴のような声をあげてオトーサンさんに飛びついてきた。勿論オトーサンさんは涙ながらにラテを抱き上げたが、オトーサンはその時のラテが発した声は今でも耳の奥に残っている。

Latte820_04.jpg

※ペットホテルから戻り安心したのか爆睡するラテ


その後、日中近所へ買い物に行くとか、オトーサンさんがクリニックへ行くといった程度を別にしてラテをひとりにしないと決心しこれまでずっと誓いを守ってきた。しかしこうし出来事はもしかしたらラテの信頼を確固たるものにする結果となったのかも知れない。オトーサンたちは自分を見捨てないという思いを強くしてくれたとも考えている。

そんなラテだったから亡くなってからの喪失感、虚無感は言葉では説明できないほど大きかったが、残念なことにオトーサンの年齢や体力を考えれば、どのような形であれ再度ワンコを飼うことは叶わないことだと諦めた…。
まさしくラテはオトーサンたちにとって最初で最後のワンコであったのだ。

Latte820_01.jpg


そんなオトーサンだが、先週体長40センチほどの秋田犬の子犬を求めてきた。いや、これはなかなかリアルではあるが "ぬいぐるみ" である(笑)。
あらあら…オトーサンさん、ついにいい歳しして血迷ったか…と思われるかも知れない。事実日中ふと気づくとラテの気配を追っている己を感じ、続けて寂しさと喪失感でいただまれない時がある。

Latte820_06.jpg


当然のこと、ぬいぐるみがラテの代わりになるはずもないが、その "ぶさ可愛い" 子犬の姿を見ると気持ちが少しでも和らぐのは確かなのだ。
この秋田犬の子犬…名は「きなこ」とつけた。女房の命名である。そしてふとラテが残した首輪をつけようかと思ったが、やきもち焼きのラテだからきっと怒ると思い、新たに買った…(笑)。








広告
ブログ内検索
Macの達人 無料公開
[小説]未来を垣間見た男 - スティーブ・ジョブズ公開
オリジナル時代小説「木挽町お鶴御用控」無料公開
オリジナル時代小説「首巻き春貞」一巻から外伝まで全完無料公開
ラテ飼育格闘日記
最新記事
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

mactechlab

Author:mactechlab
主宰は松田純一。1989年Macのソフトウェア開発専門のコーシングラフィックシステムズ社設立、代表取締役就任 (2003年解散)。1999年Apple WWDC(世界開発者会議)で日本のデベロッパー初のApple Design Award/Best Apple Technology Adoption (最優秀技術賞) 受賞。

2000年2月第10回MACWORLD EXPO/TOKYOにおいて長年業界に対する貢献度を高く評価され、主催者からMac Fan MVP’99特別賞を授与される。著書多数。音楽、美術、写真、読書を好み、Macと愛犬三昧の毎日。2017年6月3日、時代小説「首巻き春貞 - 小石川養生所始末」を上梓(電子出版)。続けて2017年7月1日「小説・未来を垣間見た男 スティーブ・ジョブズ」を電子書籍で公開。また直近では「木挽町お鶴捕物控え」を発表している。
2018年春から3Dプリンターを複数台活用中であり2021年からはレーザー加工機にも目を向けている。ゆうMUG会員