「FileMaker カンファレンス 2013」オンライン事前登録を開始

ファイルメーカー株式会社は9月18日、「FileMaker カンファレンス 2013」のオンライン事前登録の開始を発表した。「FileMakerカンファレンス 2013」は、2013年11月27日(水)〜29日(金)の3日間、東京コンベンションホール(東京都中央区)にて開催される。


今年で5回目となる FileMaker カンファレンスは、「革新を続けるビジネスのプラットフォーム」をメインテーマに、一昨年に続き昨年も最も人気を博した「iPad & iPhone トラック」をさらに充実させるほか、タブレット端末のビジネス導入が急速に普及したことに伴い大きな注目を集めているユーザインターフェイス・デザインに着目したセッションを新たに企画した。
米国本社よりユーザインターフェイス開発の専門家を迎え、デザインの重要性、ユーザインターフェイス設計のための基礎理論と実践までを解説。今年のカンファレンスは、最大規模となる 50 以上のセッションを予定し、年々高まるiPadやiPhoneなどのiOSモバイルデバイスをビジネス現場へ積極的に取り入れたいというニーズに一層応える構成となっている。

オープニングセッションではファイルメーカー株式会社社長のビル・エプリングによるFileMakerのビジネスアップデートと、米国本社 FileMaker, Inc.からシステムエンジニアリング・ディレクターを迎え、最新の製品テクニカルアップデートをプレゼンテーションする。このほか、iPadやiPhone向けビジネスソリューションの成功事例や作成法を詳しく学べる「iPad & iPhone トラック」、FileMaker公認トレーナーやファイルメーカー社員による開発技術講習「トレーニング トラック」(有料)、FileMakerソリューションの作成法や開発技術をレベル別・テーマ別に学ぶことができる「テクニカル トラック」など、多様なトピックをカバーした50以上のセッションが予定されている。

セッションの参加は「フリーパス方式」を採用しているため、参加者は事前登録を済ませるだけで、当日は席に余裕がある限り、どのセッションにも自由に出入り可能。ただし、協賛企業によるランチョンセミナー(昼食付き)は定員制のため事前予約したセッションにのみ参加可能。ランチョンセミナーの予約は他セッションの事前登録とは別に10月中旬より開始される予定。

また、展示スペース「ショウケース」では、FileMaker開発パートナー各社がブース出展し、実際の導入事例を紹介するほか、FileMaker関連パッケージ製品のデモンストレーションを見ることが出来る。さらに最終日のクロージングセッションでは、FileMakerのユーザー同士、FileMaker開発パートナー、ファイルメーカー社員との交流を通じて、ビジネスに役立つネットワーク作りや情報交換ができる。

【開催概要】
日時:
2013 年 11 月 27 日(水)
2013 年 11 月 28 日(木)
2013 年 11 月 29 日(金)

主催:ファイルメーカー株式会社
会場:東京コンベンションホール(東京都中央区)



 
関連記事
メイン広告
ネットショップ先行販売
ブログ内検索
New web site
[小説]未来を垣間見たカリスマ  スティーブ・ジョブズ
ジョブズ学入門
WATCH 講座
大塚国際美術館ひとり旅
ラテ飼育格闘日記
最新記事
お勧めの新旧記事
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

appletechlab

Author:appletechlab

主宰は松田純一。1989年Macのソフトウェア開発専門のコーシングラフィックシステムズ社設立、代表取締役就任 (2003年解散)。1999年Apple WWDC(世界開発者会議)で日本のデベロッパー初のApple Design Award/Best Apple Technology Adoption (最優秀技術賞) 受賞。

2000年2月第10回MACWORLD EXPO/TOKYOにおいて長年業界に対する貢献度を高く評価され、主催者からMac Fan MVP’99特別賞を授与される。著書多数。音楽、美術、写真、読書を好み、Macと愛犬三昧の毎日。マネキン造形研究中。日本シャーロック・ホームズクラブ会員。日本リュート協会会員。ゆうMUG会員