書き下ろし時代小説「首巻き春貞(三)御金蔵破り」を公開

一作目「首巻き春貞 小石川養生所始末」、第二作「首巻き春貞 祝言」に続く第三作「首巻き春貞 御金蔵破り」をご笑覧いただく。よくもまあ懲りずに第三作目までたどり着いたものだと思うが、面白いもので書き進む内に新しいキャラクタやストーリーが自然に湧いてくる…。この分では筆者が健康なら十作目くらいまでは持ちそうである(笑)。


さて本編第三作のタイトルは「御金蔵破り」と些か大上段に振りかぶったが、ちなみに「御金蔵」とは「ごきんぞう」と読むものとばかり思っていたものの「おかねぐら」というのだそうだ。
この場合の御金蔵とは江戸城にある文字通りの金庫のことで一日三交代で不寝番が置かれ、金蔵に至るまでには三重の鍵を必要とする厳重な警戒管理下にあった。
いわば現代なら日本銀行の金庫室に侵入し、山と積んである新札(イメージだが)を狙うようなもので普通に考えたらどうにも上手くいきそうもない。

SitePicture600.jpg

※書き下ろし時代小説「首巻き春貞(三)御金蔵破り」表紙イメージ


しかし余談ながら史実として…時は幕末の混乱期ではあったもののその御金蔵に忍び込み四千両という大金を盗み出した二人の男がいたという。
小人目付の藤岡藤十郎とその相棒で中間の富蔵は金蔵の外・中・内の三つの扉の合鍵を作るため数回にわたって忍び込み、警護の人間が交代する僅かな時間までをも把握し、きわめて慎重かつ周到に準備を進めた犯行だった。
二人がお縄になったのは二年後のことで、富蔵の金遣いの荒さから足がつき結局二人は市中引き回しのうえ、小塚原の刑場で磔となったという。

ともかく御金蔵をひとつのテーマとするにはそれがどこに置かれ、どのような規模のものなのか。あるいはどのようなシステムで運用管理されていたかを知る必要があるが、短時間でそれら秘密裏のシステムすべてを知ることは出来なかった。
不明な点は創造力で埋めることができるのが小説のよいところでもある。しかし何のイメージもないのではリアリティに欠けると御金蔵破りをテーマにした先達の小説や映画などをいくつか見て感触をつかんだ。

小説で面白かったのは黒崎裕一郎著「江戸城御金蔵破り(徳間書店)」だ。これは前記した史実をモデルにした作品だが時が幕末ということで坂本龍馬や桂小五郎などが絡んでくるのが興味深いものの個人的には後味が悪かった。

Book20170920.jpg

※黒崎裕一郎著「江戸城御金蔵破り(徳間書店)」


映画では1964年8月公開というからすでに53年も前の作品だ。大川橋蔵と片岡千恵蔵演じる半次と富蔵が御金蔵破りという大ばくちに挑戦する「御金蔵破り」。エンターテインメントとしては面白いしエンディングは無難な作りか…。

DVD20170920.jpg

※1964年8月公開映画「御金蔵破り」のDVD


そうはいっても本編の御金蔵破りは一ひねりしてある。単純な盗みでは面白くないからだが、市中で見つかった偽小判が幕府転覆計画発覚の引き金となり、春貞は急遽危険を冒して江戸城に乗り込む…。とまあ、是非本編をご覧いただければありがたい。
ということでタイトルは御金蔵破りではあるが、本編の見所は主人公春貞の天衣無縫の活躍と春貞ファミリーともいえる夫婦と仲間たちの友情・交流が大きな見所だと意識して書いたつもりである。

さて引く続き「首巻き春貞(四)」の執筆も始めた(笑)。タイトルはまだ未定だが、この刊では後に尾張藩七代藩主となる德川宗春 (登場はじめはまだ通春)との因縁の対面を描こうと考えている。
主人公春貞と宗春、共に尾張に関係しその名に「春」を含んでいるが、実はこの辺までは一巻の書き出しから見通していたことなのだが、現実にストーリーを組み出すとなれば簡単ではない。さてどうなるかは先のお楽しみということでまずは「首巻き春貞(三)松平春貞一代記 〜 御金蔵破り」を理屈抜きで楽しんでいただければ嬉しい。

書き下ろし時代小説「首巻き春貞(三)御金蔵破り」




1941年製作公開映画「教授と美女」鑑賞

昔、ダニー・ケイとバージニア・メイヨー主演のミュージカル映画「ヒット・パレード」(1948)を見たことがある。後年それはリメイクされたものであり、基はゲイリー・クーパーとバーバラ・スタンウィックが主演した「教授と美女:原題:Ball of Fire」だと知った。機会があればとずっと考え続けて…忘れてしまっていたが、今般やっとDVDを手に入れ観ることができた。


「教授と美女」(原題:Ball of Fire)は、1941年に製作かつ公開されたアメリカのコメディ映画だ。製作がサミュエル・ゴールドウィンというだけで期待が持てるし脚本にはビリー・ワイルダーが加わっている。なお監督はハワード・ホークスだ。
あくまでジイサンの私的な感想だが、これぞ娯楽映画だというのが第一印象であり、この76年も前に創られた映画を見ると昨今の映画はいくらCGを屈指したリアルな映像だとしても子供だましのように思えてくる。

Ball of Fire

※DVD「教授と美女:原題:Ball of Fire」。モノクロ、111分


ストーリーはいわゆるスクリューボール・コメディといったものでたわいないものだ。無論それは映画の欠点ではない。
さて、トッテン財団というパトロンの依頼で宛がわれた屋敷に9年も缶詰状態になっている8人の男がいる。彼らは皆それぞれ専門を持つ教授連中だが協力して百科事典編纂を目指しAから始まる事典はやっとSの項目まで完成していた。
8人の中で最年少の言語学者である堅物の教授ポッツ(ゲイリー・クーパー)はとあるきっかけで生きた言葉を採取しようと街にでる。そこでギャングの情婦でスラングだらけの喋りをする歌姫シュガーパス・オーシェイ(バーバラ・スタンウィック)と出会い、言葉集めの協力を願う…。

しかしオーシェイは最初ポッツの依頼を冷たく断るが、彼女はボスの情婦ということで検察に追われるはめとなり、一時の逃げ場としてポッツらの仕事場である家に恩着せがましく出向き身を隠す。
しかし8人の教授たちは1人を除いて結婚経験がなくオーシェイの色仕掛けに簡単にはまって仲良くなる。またポッツも彼女の思惑も知らずに次第にオーシェイに惹かれていくのだった。

この辺までストーリーを追っていると大概の方はポッツを別にすると皆爺さんたちであり、オーシェイに翻弄されていく様はある物語と似ていることに気づくに違いない。
そう、それは「白雪姫」だ。教授たち7人が小人でありポッツは王子様というわけだ。これはビリー・ワイルダーの原案だそうだが、そう思ってみると余計に楽しい。

結果、この作品は1941年アカデミー賞主演女優賞(バーバラ・スタンウィック)、原案賞、劇映画音楽賞、録音賞にノミネートされ、大ヒットした。それを踏まえ、後年辞書編纂を音楽史の編纂に変えた「ヒット・パレード」が作られたわけだ。
ともあれ原題 "Ball of Fire" がなぜ「教授と美女」というタイトルになったのかは分からないが確かに我々には分かりやすいタイトルだ。
そして辞書好きの1人として辞書編纂という設定にも興味があったが、主役のゲイリー・クーパーとバーバラ・スタンウィックはもとより7人のジイサンたちがキュートで面白い。
理屈抜きで楽しめる映画とはこうした作品をいうのだとつくづく感じた次第。





日本刀の魅力

日本刀は基本的に心鉄(しんがね)、刃鉄(はがね)、皮鉄(かわがね)という性質の異なった3種類の鉄を鍛造し作られる。その結果よく斬れ、折れず、曲がらずを目指す日本刀ができあがる。しかしこの3つの要求は互いに矛盾するわけでありそこが名工の腕の見せ所となる。時代小説を書き、あらためて日本刀の魅力を再認識した。


日本刀は不思議である。確かに刀は武器として生まれ使われてきたわけだが熱田神宮などでは刀剣は御神体であり、また後に「武士の魂」とされた。
特に戦国時代以降、様々な武器が考案され使われてきた。鉄砲はもとより石、槍、弓、薙刀などがあり勿論、刀もそれに含まれる。しかしそうした多用な武器のなかでいわゆる日本刀は特別な存在として扱われてきたようだ。

ボストン美術館や東京国立博物館などで陳列された名刀を眺めたときに「武器がなぜこんなにもよい保存状態で残っているのか」と不思議に思った。勿論、現在博物館に展示されるようないわゆる名刀は作られた時代においても高価であったし大変貴重であり戦場で実際に使われることはなく、だからこそ無傷で現存しているのだろう。しかしほとんどの刀は戦国時代においては消耗品として朽ちていったはずだ。

katana_01.png

※筆者の居合い用愛刀。刃渡り約76センチ、抜き身全体の重さは約930グラム


ともあれ実際刀がどのように使われたのかは歴史書を覗いてもあまりよく見えてこない。私たちの刀に対する認識はテレビや映画で映し出されるチャンバラを史実だと考えているフシがあるが、時代劇の刀による人斬りシーンはまずそのほとんどがウソだろう。
日本刀をフェンシングのように軽々と振り回すことができること自体がウソだし、だいたい徳川時代の半ば以降になれば幕末を除き、ほとんどの侍は本身で戦った事などなかったらしい。また映画やテレビではやたらと人を斬るが、本当のところ例えば侍が町人を斬ったとしてもその後の始末は厄介なものだったそうで、俸禄を失うことも多かったようだ。だからこそ元禄の太平下に起きた四十七士の討ち入りは大変なショックだったのだ。

ともあれ現代の私たちが持っている刀のイメージはこれまたかなり歴史の事実からは遠いものらしい。幕府が武家諸法度を定めるなどの体制化が進み、儒教的な道徳が作法として重んじられる時代になると日本刀は実用の道具・武器としての考え方を超えて武士たちの権威の象徴として意識されるようになる。したがって「武士の魂」となり、ブランドやその拵(こしらえ)すなわち刀の装飾は非常に重要なものになった。

katana_03.jpg

※愛刀の柄部分。約25センチある


刀が歴史上どのように使われたのか、武器としての刀はどのような役割をはたしていたのかについては「刀と首取り」(平凡社新書~鈴木眞哉著)に詳しいので興味のある方は一読をお勧めする。
現在残された幾多の刀を図鑑などで見るとその全体的な拵の見事さはもとより目貫(めぬき)や頭(かしら)といった金属部分の作りやデザイン、そして鞘の塗りなどの素晴らしさに目を奪われると共に日本人の優れた美意識の一端を垣間見ることができる。

katana_04_201708312012439fb.jpg

※愛刀の切っ先部分。刃入れはしていないが扱いを間違えると大怪我をする


現在の刀剣は当然の事ながら実用面ではなく美術的な面で評価されるが、刀も重要と供給という普遍の問題に無関係ではなく名工といわれる匠たちの作は少ないし高価だ。したがって古来から多くの悲喜劇を生むことになる。例えば「名刀の代名詞」ともいわれる"正宗(まさむね)"にも幾多の逸話がある。

一例だがあの奥州六十四万石の太守、伊達政宗がある日、登城すると話がたまたま刀剣におよんだ。「伊達殿の脇差は、定めし正宗でござろうな」と日ごろ反りのあわない加藤嘉明にいわれた。
名前の正宗を刀の正宗にかけた冗談だったのかも知れないがそこは負けずぎらいの正宗、意地でも「無論のことじゃ…」といわざるを得なかった。しかし実際に身につけていた脇差しは正宗ではなく京の信国であったという。

嘉明も戯れ言のつもりだったのか「しからば拝見させていただきたい...」とはいわなかったので正宗は恥をかかずに済んだ。ただし帰邸すると早速家来をよびだし「正宗の脇差があろうの」と問う。
「恐れながら正宗は大刀ばかりでござりまする」
「何?脇差しはないと申すか」
「はいっ」
「では、直ちに脇差になおせ」と一喝。

大切な正宗の大刀を脇差しにするなどもったいないし無茶だと言上したがそこは一徹の正宗。
「だまれっ! 六十四万石の大名が嘘をいえるか」
の一言でお抱え鍛冶に命じて、脇差に直させたという。

当時それだけ正宗が求められたということだが話はどうも胡散臭く、後世の作り話らしい.....(笑)。またそうそう名刀はないから贋作も多く出回ることになる。特に正宗は古来、無銘(銘を記していない)のものが多いといわれていたため都合がよく、作風が似ているものを探し出して銘を消せばたちどころに"無名正宗"が出来上がるという次第。
またいつの世も金次第で鑑定がころりと変わることもあっただろう。かなり以前石器の発掘に際して大変不名誉な事件が起きたが、いくら権威を笠にしても所詮は生身の人間のすること、そんなものであろう。

現在もプラダやヴィトンといったブランドバッグの偽物、それも販売店でも分からないような精巧なコピー商品が出回っているというがいつの世も同じである。
ともかく日本刀の面白さはブランドとその一振りの刀にまつわる来歴いうことになる。
「村正は血を見ねば鞘に納まらぬ」と呪いの妖刀とされた村正や「関の孫六」と大衆にも知られた孫六兼元などはそれこそ文学の世界でも多々登場し私たちの知るところとなっている。
その他知られているところでは「今宵の虎徹は血に飢えている」というセリフで有名な新撰組の近藤勇が愛用した虎徹も名刀中の名刀で知られていたが、本物の虎徹ではなかったという説もある。さらに同じく新撰組副長の土方歳三の愛刀といわれる和泉守兼定の2尺4寸5分の拵も素晴らしいものだ。

刀が好きな私は当然のように時代劇も好きである。特に池波正太郎の「剣客商売」や「鬼平犯科帳」は大好きで、何回も繰り返し読み続けている。
「鬼平犯科帳」の長谷川平蔵にはあこがれるし「剣客商売」の主人公、秋山小兵衛の活躍には心躍るものがある。
長谷川平蔵は実在の人物だが小説によれば彼の愛刀は亡き父から譲られた粟田口国綱であり他に井上真改を使うこともある。
「…その、わずかな間隙に、長谷川平蔵は、亡父ゆずりの粟田口国綱二尺二寸九分の大刀を抜きはらうことを得たのである。『富田。見苦しいぞ!!』…」などと愛刀の名が登場する場面は圧巻である。

勿論そこに登場する刀は実在する名刀であることはいうまでもない。したがって平蔵が愛用している刀はどのようなものなのかを知りたくて「名工遺跡めぐり三三〇選」(雄山閣~福永酔剣著)などを斜め読みすることになる。そうすると自分でも鯉口を切り、名刀を"ぎらり"とやってみたい衝動にかられるがそんな時に私は居合いの真似事をする。
とはいえ私はまともな真剣を手にした経験はない。"まともな"と書いたのは少年の頃に切っ先から10cmほどの折れた日本刀を手に取ったことがある程度だから…。

その折れた部分を眺めると断面はパイ生地みたいに幾重にも層ができていたのが印象的だった。
私自身はといえば日本刀に対してかなりの興味と情熱を持っているつもりだが銃刀法による登録を面倒と思わないまでも、高価な真刀(本物の刀)を手元に置くことには至っていない。したがって現実には数振りの復刻刀で満足している。
復刻刀とは真刀を再現したもので長さや重さ、刃紋、反りや拵えまで再現したものだが先の銃刀法の規制により、刃の部分の焼き入れはしていない。
一般に復刻刀は部屋の飾りや居合いの練習などに使われているが私も自己流ながら居合いの真似事を楽しんでいる。居合いはストレス解消はもとより健康にも良いと考えているからだ。

面白いもので、この一振りを腰に差し、作法通りに抜き放そうとしても体調の悪いときには上手く抜けない。ましてやなるべく早く「抜く手もみせず」とするのはやはり至難の技である。
使う一振りは「五郎入道正宗」の復刻刀でありもう一振りは朱鞘(しゅさや)と呼ばれ文字通り朱塗りの鞘を持つ大小刀である。ちなみに朱鞘は登城などの正式の場では持ち得ないもので普段着のお洒落感覚の差料らしいが、特に幕末に流行ったとのこと。当時の武士達もいろいろと工夫しお洒落を楽しんだようだ。

【関連記事】
NDL所蔵古書、プリントオンデマンドから「武士道」新渡戸稲造著を入手
人生何度目かの「五輪書」を読む
刀剣、特にその"拵(こしらえ)"の魅力
市立米沢図書館発行「前田慶次道中日記」雑記
私的な「十手と捕物帳」物語

【参考資料】
・「鬼平犯科帳~殺しの波紋」文春文庫~池波正太郎
・「刀と首取り」平凡社新書~鈴木眞哉
・「日本刀の鑑賞基礎知識」至文堂~小笠原信夫
・「江戸の刀剣拵コレクション」里文出版~井出正信
・「名工遺跡めぐり三三〇選」雄山閣~福永酔剣
・「入門 日本刀図鑑」光芸出版~得能一男



1993年発行大型本「再現江戸時代料理」小学館刊が素敵

江戸中期を舞台にした時代小説を書いているとその時代の食文化に触れなくてはならなくなる。いや、食文化などというと大層なことのように思えるが、何をどのようにして食していたかという至極当然の疑問だ。一汁一菜が基本中の基本で現在の視点からすれば至極貧しいことのように思えるが奥が深いのもこの時代特有のことなのかも知れない。


江戸中期の武士や町人達がどんなものを食べていたかについては様々な資料があるので理解はしやすい。武士にしても白米を漫画みたいに大盛りにし、後は汁物と漬物といった極質素な食事だったようだ。
例えば将軍だとしても朝食を例にすると、おかずは梅干しや煮豆、それに焼き味噌などの一汁二菜で味噌汁には落とし卵といった程度。昼も同様で、急用の政務があれば昼抜きとなる。そして入浴後に夕食となるも、朝昼のメニューにちょっとした煮物や焼き魚が加わる程度だったという。
その上に飯は水洗いした米を湯で煮上げ、笊ですくって蒸したパサパサ状のでオカラ状のもの。魚だって入念に水洗いして脂を抜き去ったデガラシ状だというからご相伴は遠慮したい(杉浦日向子著「一日江戸人」新潮文庫より)。

そうした意味では落語の「目黒のサンマ」ではないが庶民の食文化の方が自由で工夫が工夫を重ね、独特の江戸料理ともいえる食文化が育っていく。
勿論江戸時代と一言でいっても1603年から1867年までという約260年と長く、料理の材料も調理法もその間大きく変化している。
とはいえ普段料理といったものに縁遠い私などには文章で説明されてもイメージがまったく浮かんでこない。そこでいろいろと書籍類を探してみた結果たどりついたのが本書「再現江戸時代料理」小学館発行だった。編集は松下幸子/榎木伊太郎である。

再現江戸時代料理_01

※「再現江戸時代料理」編集:松下幸子/榎木伊太郎(小学館発行)


江戸時代の料理を再現するといった出版物はいくつかあるが、原典の文章が載っていること、家庭で作れるように作り方の過程をカラー写真で示し、分かりやすく解説されているものは本書がはじめてのようだ。
ちなみにな本書は「週刊ポスト」に平成2年4月13日号から翌3年4月19日号まで連載したものを根幹としたもので、江戸時代に刊行された22冊の料理書から、四季の味覚や色彩を生かして作られた50品をオールカラーで再現し、現代栄養学からの検証も紹介。ヘルシーな和食の原点を探求した一冊でもある。

再現江戸時代料理_02

※豊富なカラー写真も秀悦。食器にも注目!


再現料理の一例を記すと、まながつおの生ずし、巻卵、うに田楽、むし茄子、蛤わら煮、かれい大つみ入、はもの刺身も焼松茸、てんぷら焼さんま、蕪風呂吹、ひじき白合などなどだが、巻末には大名の正月料理も紹介されている。

とはいえ本書は1993年3月20日初版の大型本であり手に入れようとすれば中古本となるかも知れない。しかし時代小説でも書こうと思わなければこのような書籍とも巡り会わなかったわけで、そうした意味において個人的には忘れられない一冊になりそうだ。




初めてコードレス電動式ノコギリを使う

この歳になってもまだまだ初めて経験することも多いものだが、先日は電動式のノコギリを初めて使ったのでそのファーストインプレッションをお届けしたい。といってもノコギリはノコギリであるからして作業が楽になるだけだと思っていたら逆に難しい面もあって考えさせられた…。


なぜ電動ノコギリなのか、について事細かに説明する必要はないだろう。ノコギリといえば材料である木材とか金属などを切断するための道具だ。勿論一口にノコギリといっても様々なものがあるものの若い頃からギターなども自作してきた経験から一般的な手挽きのノコギリに関しては糸鋸なども含め自在に使えると自負している。

wintools_01.jpg

※wintools コードレス電動式のこぎりパッケージ


しかし今回私が切断するのはFRPと呼ばれる繊維強化プラスチックだった。要はガラス繊維などをプラスチックに混ぜて強度を向上させた複合材料であり、それだけに一般樹脂などより手強い事を知った。
これまで使ってきたノコギリも切断する幅があるときには苦労していたが、今回は手挽きのノコギリでは正確さはもとより難しいのではないかと思うに至る…。

wintools_02.jpg

※wintools コードレス電動式のこぎり本体。充電式バッテリーは装着


ということで電動式のノコギリをと探してみたが、最近はリーズナブルで結構小型な製品が多数あることに気がついた。
私は片手で操作できるものが希望だったが結局充電式の製品を選んだ。それはやはりコードの取り回しが面倒だと考えたからだし、作業するベランダに引き回すのもコード式だと面倒だったからだ。

購入した「wintools 電動工具シリーズ コードレスのこぎり」は木材用と金属用のブレード(替え刃)がそれぞれ一枚ずつ同梱されており市販のブレードも使えるという。そして金属用のブレードであればFRPも切断可能という情報も得たが、肝心のブレードの長さは150mmにしても実際に本体に装着するといわゆる刃渡りは110mmと短めだった。しかしまずはこれを使ってみて刃渡りが不足するようなら別途購入しようと考えた。

wintools_07.jpg

※同梱されている木工用のブレード


実際に手に持って見るとその重量約1kgはバランスがよいからか苦にならない。
ちなみに購入時にウェブに載っていたスペックだが、ストローク数は0~1400minでストローク幅が20mmだというものの深くは考えなかった。
ただしこの電動式ノコギリを使うにあたり、別途用意したのは耐切創性手袋だ。これは別に電動式だからというものではないが、慣れないこともあるし万一刃先が流れたような場合に負う怪我は手挽きとは比較にならないと思ったからだ。

ともあれ早速バッテリーを充電して切断を試みることにした。届いたパッケージに同梱の簡単な説明書がとウェブに載っていたい解説とを併用して要点を理解する…。
まずはブレードをしっかりと取り付け、充電したバッテリーを装着してピストルの引き金型スイッチ(トリガー)を引くがこのとき脇にある押しボタン(ストッパー)を押し込まないとスイッチが入らない。無論これは安全装置という意味なのだろう。

wintools_03.jpg

※ピストルの引き金型スイッチ。すぐ上の楕円形ボタンを押し込まないとスイッチが入らない安全設計


テスト用の樹脂に刃先を当ててスイッチを入れた途端、刃先が大きく流れた。これは予想していたので問題なかったが、本体の振動が激しく切断ラインを正確に保つのがかなり難しい。
本来なら切断する対象物を万力などで固定するべきなのだろうが今回はそうもいかないので床に片手で押しつけて切断してみたがブレが大きい。
しかし何度かトライしているうちにコツが分かってきた。

wintools_06.jpg

※本体にブレードをセットしたところ。取り付けや取り外しも簡単だ


そのひとつは切断するアイテムに電動のこぎりの安全ガードを押しつけることで本体の振動を軽減できることがわかったこと。2つ目は電源スイッチだが当初は知らずにただただ一杯に引いていたが、引き方によりブレードストロークのスピードが可変することが分かった。スペックの「ストローク数は0~1400min」という意味がやっと分かった(笑)。
したがって切断するアイテムにブレードを当てる際には最初ストロークをゆっくりから始めることでブレが少ない切断ができるというものだ。

やはり何かをきちんと成すためには適切な道具は重要である。そんなに使用頻度が高いとは考えていないが、端材や不要品をバラしてから廃棄するなどといったことにも十分活用でき、ひとつあると便利なノコギリだと考えている。





広告
ブログ内検索
Related websites
[小説]未来を垣間見た男 - スティーブ・ジョブズ公開
時代小説「首巻き春貞」公開
ジョブズ学入門
ラテ飼育格闘日記
最新記事
お勧めの新旧記事
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

appletechlab

Author:appletechlab

主宰は松田純一。1989年Macのソフトウェア開発専門のコーシングラフィックシステムズ社設立、代表取締役就任 (2003年解散)。1999年Apple WWDC(世界開発者会議)で日本のデベロッパー初のApple Design Award/Best Apple Technology Adoption (最優秀技術賞) 受賞。

2000年2月第10回MACWORLD EXPO/TOKYOにおいて長年業界に対する貢献度を高く評価され、主催者からMac Fan MVP’99特別賞を授与される。著書多数。音楽、美術、写真、読書を好み、Macと愛犬三昧の毎日。マネキン造形研究中。2017年6月3日、時代小説「首巻き春貞 - 小石川養生所始末」を上梓(電子出版)。続けて2017年7月1日「小説・未来を垣間見た男 スティーブ・ジョブズ」を電子書籍で公開。日本シャーロック・ホームズクラブ会員。日本リュート協会会員。ゆうMUG会員