ウッディ・アレン脚本・監督の映画「カフェ・ソサエティ」雑感

DVD化を待っていたウッディ・アレン脚本・監督の映画「カフェ・ソサエティ(CAFÉ SOCIETY)」(劇場公開日:2017年5月5日)を観た。ウッディ・アレン監督の映画とえば「ミッドナイト・イン・パリ」にすっはりハマってしまった私だが、だからこそ新作のラブ・コメディにも期待を持った。


「ミッドナイト・イン・パリ」がその名の通りパリが舞台だったのに対し、「カフェ・ソサエティ」の舞台はニューヨークとハリウッドだ。相変わらずその美しいカメラワークで街並みを堪能できるが、年代は1930年代のニューヨークでありハリウッドなのが興味のあるところ。
映画は二人の女と一人の男のもつれた恋を通し、人生の選択という誰もが味わうであろう出来事をテーマにしている。

jmphoto20171109pm_01.jpg


あらすじだが、主人公のボビーが現状の生活に満足できず、もっと刺激的で胸のときめく人生を送りたいと叔父であるフィルを頼ってハリウッドにやってくる。
ニューヨーク生まれのボビーにお上りさんというのも変だが、ボビーにとって華やかで人を蹴落としてまでも名を残そうとする男女が渦めくハリウッドは右も左も分からない別世界だった。
叔父のフィルは映画業界の大物エージェントとして成功し財をなした人物だが、叔父のところで雑用係として働き始めたボビーは叔父の秘書ヴェロニカ(愛称ヴォニー)に恋をしてしまう。

付き合い始めたヴォニーとの結婚を夢見るようになるボビーだったが、実はヴォニーには恋人がいた。
ボビーはハリウッドに嫌気が差し、故郷のニューヨークに戻り成功しつつあったとき彼の前にもう一人のヴェロニカが現れる…。

本作の見所は大別して二つと思っている。
ひとつは1930年代のハリウッドおよび社交界の有様だ。ちなみにタイトルの「カフェ・ソサエティ」とは1930年代に夜ごと都会のお洒落なレストランやクラブに繰り出すというライフスタイルを実践したセレブリティのことだというが、そこに登場する人たちの言動はもとより衣裳や髪型などは興味深い。
事実映画にはシャネルが提供した衣裳や本物のダイヤモンドあるいはホワイトゴールで作られた貴重な装身具が豊富に使われているのも見所である。

二つ目はなんといっても二人のブェロニカの美しさだ。
私は演じた女優、クリステン・ジェイムズ・スチュワートとブレイク・クリスティーナ・ライブリーについて予備知識がなかったが、その美しさには魂を奪われた(笑)。その何とも美しくそして違いがはっきりとした二人のブェロニカをうっとりと眺めているだけでも得がたい映画だ…。

そういえば「ブェロニカ」という名は私に聖ブェロニカの逸話を思い出す。
ブェロニカは、十字架を背負いゴルゴタの丘へと歩くキリストを憐れみ、額の汗を拭くよう自身の身につけていたヴェールを差し出した女性の名だ。
キリストはそれで汗を拭き、ヴェールを彼女へ返した。するとヴェールにはキリストの顔が浮かび上がっていたという。こうした伝承から、絵画などに表される聖ヴェロニカは聖顔布を手にした姿で表されるのが普通だ。
しかし「カフェ・ソサエティ」に登場する二人のヴェロニカは私の心のヴェールにその美しい表情をプリントしてくれた。
俗な男としてどちらのヴェロニカが好みだと聞かれても正直答えられない。それほど二人のヴェロニカはそれぞれ個性豊かで美しい。

さて映画の出来として個人的な感想をいえば正直「ミッドナイト・イン・パリ」には及ばないと感じたが、「カフェ・ソサエティ」は大人のおとぎ話を美しく見せてくれる秀作ではあると思う。またアレン監督が自らナレーションを務めていることも楽しい。
お洒落で夢のような映画であった…。




映画「最高の人生のはじめ方」を観て

原題「The Magic of Belle Isle」がなぜ「最高の人生のはじめ方」になるのかは、「最高の人生のみつけ方(邦題)」にあやかったこと、共にモーガン・フリーマンが主演していることや監督が同じくロブ・ライナーだからということなんだろうが、実にややこしい…。


たまたま無料の動画サイトで広告に悩まされながらも「最高の人生のはじめ方」(2012年)を見始めたらすっかり気に入ったのでレンタル落ちのDVDを買ってゆっくりと鑑賞した。
歳のせいというより個人的に深刻な物語や後味が悪い映画は好みではない。映画くらい、フィクションの世界くらいは心安らかな一時を味わえないでどうするんだ…という気持があって、ラブコメディにしても後味がよい作品を好んで鑑賞している。
ちなみに "Belle Isle" とはアメリカのミシガン州デトロイトにあるデトロイト川の中央に位置している島だという。
DVDパッケージに記されているあらすじに沿ってまずは概要をご紹介しよう。

The Magic of Belle Isle

モンテ・ワイルドホーン(モーガン・フリーマン)は著名な小説家。しかし今は妻を亡くし、アルコールに溺れ、事故で車椅子の生活を余儀なくされ、創作活動への意欲も失い、孤独な日々を過ごしている。
「人生をやめたい」というモンテに、思い悩んだ彼の甥のヘンリーが避暑地で夏を過ごさせ、何とかして執筆への意欲を取り戻させようと働きかける。
向かった場所が "Belle Isle" だった。
そして運命とも言えるその場所で、彼は魅力的なシングルマザーであるシャーロット(ヴァージニア・マドセン)および三人の娘たちと交流を持つようになる。
彼女たちのひたむきさに触れるうちに、モンテの心に変化が訪れ始める。
人生の物語を書き直すのに、遅すぎることなど決してないというメッセージが心に響く。
笑いと涙で続く珠玉の物語…。
というわけだ。

見所はモンテが子供たちと接しながら心を開いていく様子と言うまでもないがシャーロットに思いを寄せ、彼女もまたモンテに引かれていくその過程だ。ジイサンのモニテと美しいシングルマザーの二人が激しく愛し合う…ということでなく、少しずつ次第に心引かれていく演技は自然で観る者に心地よく伝わってくる。

そういえば近年「最高の人生の見つけ方」「ラストラスベガス」「RED」などなどモーガン・フリーマンが出ている映画を結構観ているが、どのような役柄においてもその自然さが素晴らしい。
無論本作品の魅力はそのモーガン・フリーマンの演技と共にヴァージニア・マドセンの魅力も遺憾なく発揮されていることにあるだろう。さらに犬がとぼけた味を出しているのも楽しい。

「最高の人生のはじめ方」は、子供たちと一緒に観るのも良いだろうが、決して子供だましの作品ではない。
私にとって一度きりではなく、時折観たくなる部類の映画だった。



これぞ事典の醍醐味「江戸時代役職事典」

江戸時代を背景にした小説を書いていると普段見聞きしない言葉が多々登場する。そうした中でも馴染みがないだけに分かりづらいのが登場人物たちの役職だ。武家社会は縦割りの社会でその地位や役職は基本世襲だったが、ドラマに出てくる老中/若年寄/勘定奉行などがどんな役目だったのか、そしてその上下関係や禄高が分からないと物語が進まない。


まあウィキペディアでも調べれば大概のことは分かるが、執筆した人や編集加筆した人が誰だか分からないのではそれらの内容を鵜呑みにするわけにもいかない。またより詳細なことを知りたいとしてもネット検索では思うように成果が出ないときもある。

さて、江戸時代を背景にした時代小説を書いていると当然のことながら武家社会のあれこれを描くことになるが、様々な役職を持つ人物の登場を余儀なくされる。
現代では○○会社の東京支店長とか、財務省○○課と記せば現実の詳しいことは分からないまでもその社会的な地位がどの程度のものでどのような仕事をしているかはおぼろげに想像できる。
しかし例えば、町奉行などは想像ができようが、大目付、徒目付、小納戸、奏者番と聞いても大方の方はその役職がどういう意味を持つのかはなかなかイメージできないに違いない。

こうした役職のあれこれを総括的に知り得るものはないかと探している中で川口讓二、池田孝、池田政弘著「江戸時代役職事典」東京美術刊を見つけた。といっても新刊書ではなく昭和56年(1981年)初版発行の書籍であった。
なお1992年に同名の改訂新版が出ているが、共に古書としてしか入手できないようだ。

esoyakushukubook.jpg

※川口讓二、池田孝、池田政弘著「江戸時代役職事典」東京美術刊


さて本書の凡例に筆者が記していることだが、本事典は江戸幕府とその機構を知るために、代表的な役職とその関連項目を選んで解説したものであること、役職の内容や禄高などは時代や地方によって異なる場合があることなどが書かれているが一口に江戸時代といっても260年の間には様々な機構改革もあったに違いない。したがって本書であっても代表的な例として見なければならないが、小説を書くには十分な内容だ。

例えば「奏者番(そうじゃばん)」を見てみよう。そこには、

一万石以上の譜代大名が任命された職で、年始、節供など旗本や大名が将軍に謁見するとき、取次をし、その姓名、進物を披露するとともに、殿中の礼式を掌った重要な職であった。寺社奉行が兼務することが多く、有識故実に精通し、かつ披露のための記憶力がよいことが条件であった。
なお、八代将軍吉宗のとき、江戸町奉行として大いに江戸市政に腕を振るった大岡忠相も寺社奉行のとき奏者番を兼務していた。

とあり、参考にした資料が紹介されてする。

各項目は五十音順に配列されていて使いやすいし本書は役職だけでなく、役職編と制度編とに大別編集されており後者は江戸時代社会に固有の制度・身分他が収録されている。そして最後に「ひとと役職」として例えば井伊直弼、大岡忠相、近藤勇、桂昌院などなどといった人物紹介からその役割を分かりやすく解説されてもいる。
さらに最後に付録として「江戸幕府役職要覧」の稿があり、主な役職の度次、詰部屋、官位、職禄、家禄、定員、昇進経路、配下の吏員数、支配が一覧となっている。

本書はそれこそ一般受けする書籍ではないかも知れないが、時代劇をより本格的に楽しむためにも目を通しておくと興味が深まると思う。
ともあれ個人的にはこんなに便利な事典はないと思うくらいの1冊であった。


書き下ろし時代小説「首巻き春貞(三)御金蔵破り」を公開

一作目「首巻き春貞 小石川養生所始末」、第二作「首巻き春貞 祝言」に続く第三作「首巻き春貞 御金蔵破り」をご笑覧いただく。よくもまあ懲りずに第三作目までたどり着いたものだと思うが、面白いもので書き進む内に新しいキャラクタやストーリーが自然に湧いてくる…。この分では筆者が健康なら十作目くらいまでは持ちそうである(笑)。


さて本編第三作のタイトルは「御金蔵破り」と些か大上段に振りかぶったが、ちなみに「御金蔵」とは「ごきんぞう」と読むものとばかり思っていたものの「おかねぐら」というのだそうだ。
この場合の御金蔵とは江戸城にある文字通りの金庫のことで一日三交代で不寝番が置かれ、金蔵に至るまでには三重の鍵を必要とする厳重な警戒管理下にあった。
いわば現代なら日本銀行の金庫室に侵入し、山と積んである新札(イメージだが)を狙うようなもので普通に考えたらどうにも上手くいきそうもない。

SitePicture600.jpg

※書き下ろし時代小説「首巻き春貞(三)御金蔵破り」表紙イメージ


しかし余談ながら史実として…時は幕末の混乱期ではあったもののその御金蔵に忍び込み四千両という大金を盗み出した二人の男がいたという。
小人目付の藤岡藤十郎とその相棒で中間の富蔵は金蔵の外・中・内の三つの扉の合鍵を作るため数回にわたって忍び込み、警護の人間が交代する僅かな時間までをも把握し、きわめて慎重かつ周到に準備を進めた犯行だった。
二人がお縄になったのは二年後のことで、富蔵の金遣いの荒さから足がつき結局二人は市中引き回しのうえ、小塚原の刑場で磔となったという。

ともかく御金蔵をひとつのテーマとするにはそれがどこに置かれ、どのような規模のものなのか。あるいはどのようなシステムで運用管理されていたかを知る必要があるが、短時間でそれら秘密裏のシステムすべてを知ることは出来なかった。
不明な点は創造力で埋めることができるのが小説のよいところでもある。しかし何のイメージもないのではリアリティに欠けると御金蔵破りをテーマにした先達の小説や映画などをいくつか見て感触をつかんだ。

小説で面白かったのは黒崎裕一郎著「江戸城御金蔵破り(徳間書店)」だ。これは前記した史実をモデルにした作品だが時が幕末ということで坂本龍馬や桂小五郎などが絡んでくるのが興味深いものの個人的には後味が悪かった。

Book20170920.jpg

※黒崎裕一郎著「江戸城御金蔵破り(徳間書店)」


映画では1964年8月公開というからすでに53年も前の作品だ。大川橋蔵と片岡千恵蔵演じる半次と富蔵が御金蔵破りという大ばくちに挑戦する「御金蔵破り」。エンターテインメントとしては面白いしエンディングは無難な作りか…。

DVD20170920.jpg

※1964年8月公開映画「御金蔵破り」のDVD


そうはいっても本編の御金蔵破りは一ひねりしてある。単純な盗みでは面白くないからだが、市中で見つかった偽小判が幕府転覆計画発覚の引き金となり、春貞は急遽危険を冒して江戸城に乗り込む…。とまあ、是非本編をご覧いただければありがたい。
ということでタイトルは御金蔵破りではあるが、本編の見所は主人公春貞の天衣無縫の活躍と春貞ファミリーともいえる夫婦と仲間たちの友情・交流が大きな見所だと意識して書いたつもりである。

さて引く続き「首巻き春貞(四)」の執筆も始めた(笑)。タイトルはまだ未定だが、この刊では後に尾張藩七代藩主となる德川宗春 (登場はじめはまだ通春)との因縁の対面を描こうと考えている。
主人公春貞と宗春、共に尾張に関係しその名に「春」を含んでいるが、実はこの辺までは一巻の書き出しから見通していたことなのだが、現実にストーリーを組み出すとなれば簡単ではない。さてどうなるかは先のお楽しみということでまずは「首巻き春貞(三)松平春貞一代記 〜 御金蔵破り」を理屈抜きで楽しんでいただければ嬉しい。

書き下ろし時代小説「首巻き春貞(三)御金蔵破り」




1941年製作公開映画「教授と美女」鑑賞

昔、ダニー・ケイとバージニア・メイヨー主演のミュージカル映画「ヒット・パレード」(1948)を見たことがある。後年それはリメイクされたものであり、基はゲイリー・クーパーとバーバラ・スタンウィックが主演した「教授と美女:原題:Ball of Fire」だと知った。機会があればとずっと考え続けて…忘れてしまっていたが、今般やっとDVDを手に入れ観ることができた。


「教授と美女」(原題:Ball of Fire)は、1941年に製作かつ公開されたアメリカのコメディ映画だ。製作がサミュエル・ゴールドウィンというだけで期待が持てるし脚本にはビリー・ワイルダーが加わっている。なお監督はハワード・ホークスだ。
あくまでジイサンの私的な感想だが、これぞ娯楽映画だというのが第一印象であり、この76年も前に創られた映画を見ると昨今の映画はいくらCGを屈指したリアルな映像だとしても子供だましのように思えてくる。

Ball of Fire

※DVD「教授と美女:原題:Ball of Fire」。モノクロ、111分


ストーリーはいわゆるスクリューボール・コメディといったものでたわいないものだ。無論それは映画の欠点ではない。
さて、トッテン財団というパトロンの依頼で宛がわれた屋敷に9年も缶詰状態になっている8人の男がいる。彼らは皆それぞれ専門を持つ教授連中だが協力して百科事典編纂を目指しAから始まる事典はやっとSの項目まで完成していた。
8人の中で最年少の言語学者である堅物の教授ポッツ(ゲイリー・クーパー)はとあるきっかけで生きた言葉を採取しようと街にでる。そこでギャングの情婦でスラングだらけの喋りをする歌姫シュガーパス・オーシェイ(バーバラ・スタンウィック)と出会い、言葉集めの協力を願う…。

しかしオーシェイは最初ポッツの依頼を冷たく断るが、彼女はボスの情婦ということで検察に追われるはめとなり、一時の逃げ場としてポッツらの仕事場である家に恩着せがましく出向き身を隠す。
しかし8人の教授たちは1人を除いて結婚経験がなくオーシェイの色仕掛けに簡単にはまって仲良くなる。またポッツも彼女の思惑も知らずに次第にオーシェイに惹かれていくのだった。

この辺までストーリーを追っていると大概の方はポッツを別にすると皆爺さんたちであり、オーシェイに翻弄されていく様はある物語と似ていることに気づくに違いない。
そう、それは「白雪姫」だ。教授たち7人が小人でありポッツは王子様というわけだ。これはビリー・ワイルダーの原案だそうだが、そう思ってみると余計に楽しい。

結果、この作品は1941年アカデミー賞主演女優賞(バーバラ・スタンウィック)、原案賞、劇映画音楽賞、録音賞にノミネートされ、大ヒットした。それを踏まえ、後年辞書編纂を音楽史の編纂に変えた「ヒット・パレード」が作られたわけだ。
ともあれ原題 "Ball of Fire" がなぜ「教授と美女」というタイトルになったのかは分からないが確かに我々には分かりやすいタイトルだ。
そして辞書好きの1人として辞書編纂という設定にも興味があったが、主役のゲイリー・クーパーとバーバラ・スタンウィックはもとより7人のジイサンたちがキュートで面白い。
理屈抜きで楽しめる映画とはこうした作品をいうのだとつくづく感じた次第。





広告
ブログ内検索
Related websites
[小説]未来を垣間見た男 - スティーブ・ジョブズ公開
時代小説「首巻き春貞」公開
ジョブズ学入門
ラテ飼育格闘日記
最新記事
お勧めの新旧記事
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

appletechlab

Author:appletechlab

主宰は松田純一。1989年Macのソフトウェア開発専門のコーシングラフィックシステムズ社設立、代表取締役就任 (2003年解散)。1999年Apple WWDC(世界開発者会議)で日本のデベロッパー初のApple Design Award/Best Apple Technology Adoption (最優秀技術賞) 受賞。

2000年2月第10回MACWORLD EXPO/TOKYOにおいて長年業界に対する貢献度を高く評価され、主催者からMac Fan MVP’99特別賞を授与される。著書多数。音楽、美術、写真、読書を好み、Macと愛犬三昧の毎日。マネキン造形研究中。2017年6月3日、時代小説「首巻き春貞 - 小石川養生所始末」を上梓(電子出版)。続けて2017年7月1日「小説・未来を垣間見た男 スティーブ・ジョブズ」を電子書籍で公開。日本シャーロック・ホームズクラブ会員。日本リュート協会会員。ゆうMUG会員