ラテ飼育格闘日記(621)

近郊でワンコを飼っている方が随分と増えたように思う。オトーサンたち自身がワンコを飼うためにこの地に引っ越ししてきたわけだから良い環境であることは間違いない。ワンコ好きのオトーサンにしてみれば様々なワンコに行き会え嬉しいが反面中にはマナーを守らない飼い主もいて悩ましい…。


さて、来月は11月はラテと初めて出会った記念すべき月だが早くも12年が経とうとしている。横浜のとある動物病院で開催された里親会に出向いた際にそこで生後8カ月のラテに出会った。
どこから見ても雑種で(笑)。これといって特長があったわけではないがたまたま係の方に「リードを持っていてくれませんか」と言われたのがラテだった…。

Latte621_01.jpg

※気温が低くなりやっと小一時間歩くようになってきた


それでもオトーサンたちは向こうで数人に囲まれているキャバリエに目移りしていたが、気がつくとすでにめぼしいワンコたちは申込み者が重なり抽選といった具合になっていた。しかしオトーサンたち夫婦の間にちょこんと座っているラテは2時間近く経っても売れ残りのようだった。
結局女房の「ワンコらしくていいんじゃあない」という決断でそのラテを貰い受けることにした。それにオトーサンの顔を舐め回してイイコぶりを遺憾なく発揮していたのも好印象だった。
2006年11月12日の日曜日のことだった。

Latte621_02.jpg

※夕日がオトーサンとラテの長い影を映し出す


オトーサンはワンコ好きを自負していたが飼うのは初めてだった。早速十数冊のワンコのトレーニングや習性といった類の本を買い込みにわか勉強をしたし、訓練のノウハウを収めたという高価なDVDなども手に入れた。
その結果、ワンコとはどのような生き物なのかといったことについては大いに勉強になったが、ことトレーニングに関することやワンコとのコミュニケーションの取り方といった類のことについては正直あまり役に立たなかった。というよりほとんどの本が通り一遍の解説だけで疑問は膨らむばかり。
さらに実際に散歩に出てリードを持った感想と多々印象が違うのだ。

Latte621_05.jpg

※可愛がってくださるファミリーのオカーサンと


ただしどうやら大切な事は飼い主としてのリーダーシップを取ることだという点については納得できたので単に甘やかすだけでなくオトーサンの指示にきちんと従うようにと日々努力することにした。
とはいえラテを警察犬とか盲導犬にするわけではなくペット、家族として一緒に生活することが目的でありいわゆる厳しい訓練といったものの必要性を感じなかったがリーダーシップをとマズルコントロールやリードを引くときの歩き方といったあれこれは勉強しながら毎日実践してきたつもりである。

Latte621_03.jpg

※大好きなAちゃんが現れるとこの表情だ(笑)


そうした中で一週間ほど経ったとき、ラテの性格の概要といったものが分かった気がした。
まずは幼犬だったことでもあり好奇心満々であること、その割には臆病であることだ。すれ違う人に興味を持つものの視線を合わせただけで大人には吠えるものの初対面の子供には自ら近づいてお腹を見せる。そして「寂しがり屋の独り好き」というかかまってもらいたい反面、あまりベタベタされるのは好きではないのだ。
とはいえ新米飼い主のオトーサンには結構図々しいところも見せ始めた。

例えば靴紐を直そうとしゃがみ込んだとき、オトーサンの背に両前足を乗せて廻りを見たこと。人混みの中、危ないからとリードを極端に短く持って歩いたのが気にくわなかったようでリードを伸ばすと数回オトーサンの腰を両前足でドーンと蹴りやがった(笑)。
そもそもがラテは誰にでも尻尾を振って愛想良くするワンコではない、あのコンラート・ローレンツ博士の言うところのオオカミ系のワンコに違いないと確信した。それにワンコと一括りにするが我々人間同様に性格がそれぞれ違うことにも気がついた。
本を読んだところでそのすべてがどのようなワンコにもピタリと当てはまるはずもないのだ。

Latte621_04.jpg

※小雨降る中の散歩。ガード下でしばし雨宿り


したがってラテはオトーサンを信頼していることは分かっているつもりだが、何ごとにも素直に言うことを聞くとは限らない。幼犬時から自己主張が強いのだ。
ということで何度も書いているが当該日記のタイトルに「格闘」の2文字をつけたのは大げさでも何でもない。日々知恵比べ、力比べ、根競べの連続なのだ。
「この分からず屋め」「根性悪し」「頑固者め」などと日々オトーサンはラテをなじったりするが、ふと考えればラテはオトーサンの鏡でもあることに気づかされる(笑)。




ラテ飼育格闘日記(620)

近隣の小学校運動会が雨で中止となってしまったが、翌週にプログラムを組み直した競技が開催されることになったのでオトーサンは勇んで行って来た。さすがに天気も良く気持ちの良い運動会となったがウィークディなので親御さんたちの参加が少ないと思っていたが、意外に若いパパたちの姿が多く見られたのには驚いた。


オトーサンのミッションは前回と同じくAちゃんの雄姿をカメラに収めることだ。あからじめいただいたプログラムによれば「80メートル走」「棒引き」「小玉大玉おくり」と閉会式にマイクの前に立つというのでその心づもりをして事に望んだ。

Latte620_01.jpg

※アタシは元気です


最初は80メートル走に挑むことに。あらかじめゴールに近い場所に早めに席取りしたため見通しはよかったしカメラも望遠に強い機種を持参したものの問題も多いことが分かった。
ひとつはゴールを狙うつもりだがちょうど逆光の時間帯だったこと、そしてなによりも肉眼でフレーミングの当たりをつけたかったが私の視力ではAちゃんがどこにいるのかの判別ができそうもなかった…。

Latte620_04.jpg

※80メートル走のゴールを狙って!


必然的に安全策として6コース全部が入るようにセッティングしたため間違いなくゴールするAちゃんの姿を捕らえることが出来たもののアップの雄姿は無理だった。
これは後の「棒引き」「小玉大玉おくり」でも同様だったが、そもそもこの二度目の運動会は団体種目が多いのだ。
「棒引き」は4年生のみだからまだ良いものの、全校生徒で行われる「小玉大玉おくり」はどこにAちゃんがいるのかも分からず不本意な結果となったが、それでも準備のためにクラスメイトたちと一緒にいるAちゃんの姿のアップをいくつか撮ることが出来た。

Latte620_05.jpg

※4年生の棒引きは紅組の勝利


Aちゃんは運動会スタート前の表情は些か硬かったが、夕方に馴染みの公園で会ったときにはすべてのプレッシャーが無くなったからだろう、いつもの天使の笑顔でラテを迎えてくれた。
そのラテはといえば気温が低くなったために天気であれば随分と歩くようになってきた。ただし歩みそのものはしっかりしているもののスピードはかなり遅い。

Latte620_03.jpg

※登校途中の学童たちに囲まれてご機嫌


オトーサンと違ってラテは「膝が痛い」とか「腰が痛い」などと言わないが12歳を越えたわけだから些か足腰が重いのかも知れない。
そんなことを思わせる行動も目立つようになった。
それは寝ている時、寝返りとは別に後ろ両足を突っ張る動作をすることだ。そしてそもそもが部屋の隅で好んで寝るために壁やときにはサッシの窓硝子を蹴飛ばすこともあって結構五月蠅い(笑)。

Latte620_02.jpg

※可愛がっていただいているファミリーのオカーサンと遊ぶ


こうした動作は幼犬のときや成犬になってからも覚えはないのでここ一年くらいの事だと思う。何故かは想像するしかないが、足腰が怠いとかオトーサンたちでいうところの辛い部分があるのかも知れない。

とはいえ引く力、踏ん張る力も強いし、足を引いて歩くような素振りはない。そして興が乗れば走り回ったりもする。
また今のところ日々注視しているが視力や聴力にも全く問題はないように思う。
ということで、さらに気温が下がればラテも落葉の上などで走り回るに違いない。ラテとの運動会は11月かな(笑)。




ラテ飼育格闘日記(619)

強大な台風が通過した。ピーク時は真夜中未明だったが、眠れないほど強い雨と風が吹き付け窓硝子は大丈夫かと心配になるほどだったが、幸い被害はなく夜が明けた。しかし被害に遭われた方々には心よりお見舞い申し上げます。そんな台風の狭間をぬってラテの散歩もやった…。


無論散歩と言ってもレインコートを着せているし雨風の中だから排泄が済んだらすぐに踵を返すラテなのでものの5分もかからない。しかし歩くのが嫌なのかその歩みはメチャ鈍くてオトーサンをイライラさせる。
普通に歩けば雨の中にいる時間はもっと短縮できて濡れも少なくてすむはずだが、とにかくノタノタして行きも帰りも覇気がないから余計に濡れてしまう。

Latte619_01.jpg

※涼しくなってきたためやっと歩く距離が長くなってきた


スマホで雨雲レーダーを確認し雨量の少ない時間帯あるいは一時的にでも雨雲が切れるタイミングを狙って外に出るようにと考えているが自然を相手にそうそうこちらの思うようにはいかず普段ならどうということもない散歩でもなかなかに厄介だ。

雨に濡れれば帰宅してからラテの体や四つ脚のメンテも念入りにせざるを得ないから時間もかかるし手間も掛かる。ラテ自身は座っていればよいがオトーサンは孤軍奮闘、自分がびしょ濡れなのもかまわず、まずはラテを綺麗にしようと終わった頃にはオトーサンの濡れたシャツは乾いている(笑)。

Latte619_06.jpg

※雨の日の散歩はなかなか辛い


台風と言えば、9月29日の土曜日に近隣の小学校で運動会があった。Kさんのオカーサンから昨年同様お誘いいただいたのでカメラマンとして出向いた。しかしワンコは入れないのでラテは留守番だ。
オトーサンのミッションは小学4年生のAちゃんの活躍ぶりをカメラに収めるためだが台風接近で天気予報は午前中から雨模様となっていた。

Latte619_04.jpg

※雨の気配の中、運動会が始まる


学校の対応も早く、全プログラムのうち団体競技は行わずに表現の演目を優先に午前中のみの開催に変更された。勿論途中で雨が降ったら一時中断あるいは中止となるとのこと。
8時50分から運動会はスタートしたが今にも降り出しそうな空模様だ。しかし子供たちは長い間練習してきたこともあってか嬉しさが顔に出ている子も多い。

オトーサンは望遠に強い一眼レフを持参しとにかくAちゃんを狙い続けたが、まずは大勢の中から一人を見つけ出すのはなかなかに困難だ。さらにオトーサンの視力はかなり落ちている。
それでも当日のメインイベントともいえる「北諏訪ソーラン」は是非ともきちんと動画に収めなくてはならないと三脚に固定したカメラを構える。

「北諏訪ソーラン」の踊りは言うまでも無くあのソーラン節をモチーフにした踊りだが、Aちゃんをはじめ子供たちが時々公園で練習している姿を見ていた。その動きは子供ながらのものと思うほど俊敏でキレがよいものだったが、お揃いの袢纏に鉢巻きをしたその姿は実に凜々しい。
そういえばAちゃんのオカーサンからお聞きしたことだが、袢纏の背にはそれぞれ漢字一文字が書かれていたがそれぞれ皆違った漢字だった。力、愛、海、勇などさまざまだがAちゃんが選んだのは「笑」という一字だった。

Latte619_05.jpg

※「北諏訪ソーラン」の踊りは素晴らしかった


踊りが始まってみると何だかファインダー越しに追っているのは勿体ないという気がしてきた。大変な思いをして長い間練習に練習を重ねてきたに違いないが、キレッキレな動きに笑顔が印象的でオトーサンは不覚にも涙ぐんでいた。それほど素晴らしかった。
しかし非情な台風は確実に近づいていたこともあり、小雨が気になってくる。
無事に「北諏訪ソーラン」のプログラムが終わり、Aちゃん次の出番の80メートル走が迫り、係の人たちがゴール付近で準備を始めたとき…運動会中止の報が流れた。

Latte619_01Latte619_03.jpg

※運動会が無事終了後に公園でAちゃんと会う。ラテの気持ちはその表情に素直に表れている


「ええっ?」という声が目立ったが放送によればコーナーを回るので泥濘みに足を取られる可能性が大と判断したらしい。また雨も目立ってきた…。
尻切れトンポの感が否めないが仕方がなくオトーサンたちは学校を後にしたものの、その後今日できなかった団体競技などは次週の火曜日の午前中にやることになったという情報が舞い込んだ。
二度に分けた運動会というのも珍しいことだろうが、ふとオトーサンは「全校生徒が集まっている中にラテを連れて行ったらどれほど喜ぶかなあ」と不謹慎なことを考えつつ、大人しく留守番していたラテの頭を撫でた。




ラテ飼育格闘日記(618)

涼しくなったが雨もまた多い。ラテにとっては激暑が過ぎたと思ったらレインコートを着せられ、一難去ってまた一難といった感じなのかも知れない。しかし先日は外気温16℃といった清々しい中を久しぶりに散歩したが、やはりオトーサンも夏の暑さよりは冬の寒さの方がよい…。


ラテの散歩時にはハーネスを着けて早くも5,6年になるがリードは首輪に戻そうかとも苦慮しているオトーサンだ。そもそもそハーネスは引きが強いラテだからして首に強い負担がかかるのを配慮したことから始まった。
なにしろ頑固な我が娘はオトーサンにリードを引かれ「ケゲッ」となりながらも我を通そうとすることがあったからだ。

Latte618_01.jpg

※「アタシは動かないわよ」とラテ


その点ハーネスなら首だけに力が加わらないため、より安全だろうと思い使い続けてきた。しかし最近とみにオトーサンが辛くなってきたのである。
例えばラテがバッチイ場所に鼻先を向けようとしたとき、リードが首輪に着いていたならちょいと引けば鼻先をポイントから外すことが出来る。また座り込んだりへたり込んだ際に引っ張り上げようとするときも同じくリードが首輪にあればラテの首は首つり状態となるし「ゲッ」としながらも頑固に抵抗するには限界がある。

Latte618_03.jpg

※こうしたリードの引き合いはなるべくしないようにと考えているが…


その点ハーネスはかなり違う。無論幼犬時代のように目に付くものを片っ端から口にするようなことはまったく無いが、ラテの鼻先を外そうとリードを引くとしてもその元は首の下の背中にある…。だから単純に強く引いたとしてもラテはリードが繋がっている支点を中心に体の向きを変えれば場合によっては依然狙った位置にマズルを向けることができる。
ハーネスはリードの引き方にもよるが即効性・確実性が薄れるのだ。

Latte618_06.jpg

※雨の中、レインコートを着た散歩が終わりホットした表情だ


その上にハーネスだと首に力が加わらない分、ラテが抵抗を示すと大きな力がオトーサンの腕にかかってくる。オトーサンはまだまだ片手でリードを引いて20kgほどの体重のラテを宙づりにする力を持ってはいるが、長い間の奮闘からかここのところ手指の腱鞘炎と相俟って左手中指と右手人指し指がいわゆるバネ指状態となり、無理に曲げれば激痛を伴うという辛い結果になっている。

Latte618_04.jpg

※可愛がってくださるファミリーのオカーサンと


そうした大きな原因は日々ラテのリードを手にしていることにあると考えているが本来ワンコとリードの引き合いはやるべきではないし得策でも無いことは知っている。

注意を逸らすにはリードをギューっと力任せに引くより、ツンといった感じで瞬間的にショックを与えた方がよいと言われているしそれは事実だと思う。しかし反面どうしても強く引かなくてはならないときもある…。
ラテが地面に腹ばいになり「動きたくない」と駄々をこねたときツンでは言うことを聞かない。しばらくラテの我が儘に付き合う事にしているが10分とか15分を過ぎると立っているオトーサンも疲れて来るし場所によっては邪魔だし移動させなければならないケースも多い。
そうした時にリードを単に力任せに引いてはラテはアスファルトの上で腹を擦ってしまうことにもなりかねない。
ということで上に引き上げラテをハーネスで地面から引き離し歩かせることにしているが、体重に抵抗の力が加わり結構なパワーを必要とする。

Latte618_05.jpg

※通学途中の女子二名がラテを見つけて駆け寄ってくれる


これを首輪でやったらどうなるか。それは実証済みではあるがラテの首が絞まりゲエッとなり場合によって咳き込む。己が抵抗するから自業自得には違いないがオトーサンとしてはあまりやりたくはない。また首輪の場合、引き合いすると場合によっては首輪が抜けてしまうこともあったからハーネスよりリスキーなのである。

ラテも十二歳を過ぎ、今のところ目立って足腰に問題は見えないが歩き方は確実に遅くなっている。オトーサンみたいに「あっちが痛い、こっちが痛い」と愚痴は言わないがそれなりに衰えを自覚しているからこその怠惰な散歩なのかも知れず、いたずらに急がせたり怒ったりはしたくないが物事に限度があるし時間的にも制限がある。
さて首輪とハーネス両方の利点を活かせるアイテムがあれば理想的だが、そんなものが都合良くあるずもないだろうからオトーサン自身が工夫するしかない…。




ラテ飼育格闘日記(617)

気温も低くなったし、朝夕の散歩時にも子供たちと触れ合う機会が多くなった。したがって特に朝の散歩はやっと散歩らしくなってきた。なにしろ暫くぶりに、本当に暫くぶりにお馴染みの小学生女子たちと小学校の正門まで一緒に歩いたのだから。


我が家の朝のタイムスケジュールは日によってまちまちだ。女房の仕事が早番なのか遅番なのかによって起床時間が大きく違うからだ。しかしどうせ同じ散歩ならラテを喜ばせてあげたいと親馬鹿のオトーサンは子供たちの登校の時間帯に合わせて家を出るよう努力している。

Latte617_01.jpg

※グータラだったラテも気温が低くなったからかかなり活発になってきた


オトーサンはこれまでの経験上、Aちゃんは何時何分頃に通る…とかBちゃんは何時何分頃にあの角で友達を待っている等などを知っているから何とかすれ違いたいと思っている。またAちゃんやBちゃんもラテに出会うと喜んでくれるその笑顔が見たいと思っている。しかし問題はラテだ…。

Latte617_04.jpg

※Aちゃんのオトーサンとチュー。成人男性で口元を舐めに行く人はこの12年間でたったの三人なのだ


そんなオトーサンの思惑をよそにあっちをクンクン、こっちをクンクンしてなかなか思うようには歩いてくれない。その上途中で排泄したり水を飲ませろとオトーサンの足をマズルで突いたり時間のことなど頭にない(笑)。
先日の朝もそんな気遣いをしながらオトーサンはラテのリードを引いて歩いていたが、幸いAちゃんに出会うことが出来た。

しかしいつもなら頭を撫でてもらって「ラテ、バイバイ」となるところだが、その日はAちゃんとその友達たちの後をついて行くではないか。
「ラテ、学校まで一緒に行ってくれるかなあ」
とAちゃんがいう。
「いかないと思うよ」
とオトーサン。
そんな会話をしながら歩いているとおやまあ、Aちゃんたちの後ろをついて行くではないか…。

Latte617_02.jpg

※登校の女子たちの前になり後ろになりながら学校に向かって歩いた


その狭い道は小学生たちの通学路でもあり、多くの子供たちが小学校を目指して歩く。オトーサンはなるべく邪魔にならないように気遣いながらラテのリードを引くが通り過ぎていく子供たちの中にも顔見知りも多く「おっラテ久しぶりだな」と言いつつ頭を指で突いて行く男子もいる。

Latte617_03.jpg

※結局校門前でさよならするまで一緒に歩いた!


結局そのまま学校の校門前までAちゃんたちに囲まれつつ上機嫌でついていった。
校庭に入り込もうとするラテのリードを引きながら、この広い校庭でラテをノーリードで遊ばせてやりたいという気持ちになったが実現できるはずもなくオトーサンたちは踵を返したがラテは満足したのか素直に帰路についた。

この日、夕方の散歩でいつもの公園に向かったが子供たちの姿も多くラテは誰とというわけではなく尻尾を振っている。やはり子供たちの姿があると嬉しいのだろう。

Latte617_05.jpg

※Aちゃんが遊びに来てくれたが、まずは宿題をクリア!偉い!


そういえばラテを可愛がってくださるファミリーのAちゃんがまた我が家に遊びに来てくれた。相変わらず3Dプリンター向けのモデリングに挑戦しつつ、きちんと国語と算数の宿題をクリアしたAちゃんでした。




広告
ブログ内検索
Related websites
Macの達人 無料公開
[小説]未来を垣間見た男 - スティーブ・ジョブズ公開
オリジナル時代小説「首巻き春貞」一巻から十巻まで全公開
ジョブズ学入門
ラテ飼育格闘日記
最新記事
お勧めの新旧記事
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

appletechlab

Author:appletechlab

主宰は松田純一。1989年Macのソフトウェア開発専門のコーシングラフィックシステムズ社設立、代表取締役就任 (2003年解散)。1999年Apple WWDC(世界開発者会議)で日本のデベロッパー初のApple Design Award/Best Apple Technology Adoption (最優秀技術賞) 受賞。

2000年2月第10回MACWORLD EXPO/TOKYOにおいて長年業界に対する貢献度を高く評価され、主催者からMac Fan MVP’99特別賞を授与される。著書多数。音楽、美術、写真、読書を好み、Macと愛犬三昧の毎日。マネキン造形研究中。2017年6月3日、時代小説「首巻き春貞 - 小石川養生所始末」を上梓(電子出版)。続けて2017年7月1日「小説・未来を垣間見た男 スティーブ・ジョブズ」を電子書籍で公開。ゆうMUG会員