ラテ飼育格闘日記(629)

本格的な寒さがやってきた。オトーサンはダウンジャケットにネックウォーマー、そして手袋までして散歩にでかけるようになったが、いま辛いのは寒さではない…。年甲斐もなく無精を決め込んで馬鹿な真似をしたために頬に傷を作り、腰を痛めてしまった…。


押し入れの上の段から箱を取り出し、それをまた収納する際に踏台を持ってくるのが面倒に思い、そこにあった椅子に乗っかった。しかしその椅子はキャスター付きの椅子だったので乗ったまでは良かったが荷持を持って体重移動しようとしたとき椅子がスーツと動きオトーサンは荷物を持ったまま仰向けにフローリングに落ちたのだった。

Latte629_01.jpg

※寒さに強いラテは元気です


為に空気清浄機の角に左頬上部を打ち付け、打撲は勿論切り傷が付いてしまった。またそれだけでなく腰を捻ったのかギックリ腰になりしばらくは荷物を自分の胸に抱えながら動けなかった。
しかし倒れたまま「頭を打ったり、骨折する可能性だってあったわけだからこの程度で済んでラッキー」と思うことにした(笑)。

Latte629_02.jpg

※ラテは本当に子供たちが好きだ


しかし痛いものは痛く、顔の傷はともかくギックリ腰は痛くない姿勢を保持するしかないのだから始末が悪い。ふと思ったが普通これだけ音がして飼い主が叫び「痛い」と言っているのにラテは様子を見に来る気配もない。
女房が大声を出せば飛んで行くし、テレビドラマを見て泣けば顔を舐めにいくのにオトーサンが椅子から落ちてそれなりに呻いているのにまったく顔を見せないのはどういう了見なのかと腹が立ってくる。

Latte629_03.jpg

※さすがに寒いのか、女房がかけたダウンベストをそのままに寝込んだ


ともかくしばらくは動かずじっとしていたが、意識がクリアになると顔の傷が痛むだけでなく腰が痛くて立てないことが分かった。
抱えていた重い箱を胸からなんとか降ろし、仰向けになっていた体を回転し這ってその場を離れた。
手近の椅子に転がり込むように座したが少しでも前屈みになると激痛が…。そしてふと気がつくと「キーン」という音が聞こえることに気がついた。

頭はともかく耳の近くを打ったから耳鳴りかと思ったが、自分でも笑ってしまうほど冷静なのが可笑しい。
顔の向きを可能な限りあれこれと向きを変えてみると「キーン」という音はさきほど落ちた場所の方から聞こえる。であればこれは耳鳴りではないなと椅子から降りて這って現場に戻った(笑)。

Latte629_04.jpg

※大好きなAちゃんのオカーサンと朝のご挨拶


結局思ったとおり耳鳴りではなく落ちた衝撃でその脇に積んであったいくつかの機器のうちテルミンのスイッチが入ったためのノイズ音だった。
この事故があったのが昼飯後だったものの夕刻にはラテを散歩に連れて行かなければならない。腰が動かせないのにこんな事を考えている自分が嫌になるが現実は現実だ。
そもそも台風の日も大雪の日も、39度の熱の時も、さらに白内障手術の当日もラテの散歩は欠かさなかったから、この程度で休むわけにはいかない…。それに少しずつ立ち上がってみたり寝てみたりと試行錯誤をしてみると立っていることは意外と楽なのに気がついた。

ただし前屈と捻ることは腰砕けになるので良い姿勢で歩くなら出来そうだと念のため腰にサポーターを強めに絞めて散歩に出かけた。
この散歩も最初はよかった。この調子ならなんとかそんなに痛い目に合わずに短時間なら無事戻れるぞと考えたのが大間違い。ウンチを拾うことを念頭におかなかった…。

Latte629_05.jpg

※フィッションセンターしまむらの店頭で立ち往生


いつものように屈めば済むというわけにはいかない。完全に膝を折って座り込んでも見たがやはり激痛がきそうだ。結局歩道の隅で路面に片膝着いてなんとか処理することができたが、どこかで人が見ていたらなにやってるのかと訝しく思うに違いない。
ともかくリードを持ちながら、廻りに気を使いながらのことだから余計に辛いもののラテは一向に協力の気配も見せないのだから腹が立つ。

しかしまあ、考えるまでもなく元凶は歳も考えず無精決め込んだことだから自業自得。ラテには罪はない。
でもねぇ、こんなときくらいは優しくしてくれよ!と泣きが入ったオトーサンであった。




ラテ飼育格闘日記(628)

朝早い散歩が辛くなってくる季節。もう少し寝ていたいからとほんの5分でもぬくぬくしている時間はなんともいえない至福の時だ。しかしオトーサンの朝はミッションが多いので起きないわけにはいかない。


先週の土曜日の朝、いつものように食後すぐにラテと散歩に出た。土曜日とか日曜は当然ながら学校は休みだし子供たちの姿は勿論、通勤の人たちの姿もほとんどない。したがって知り合いと出会うという可能性も少なくどちらかといえば刺激の少ない単調な散歩になるのが普通なのだ。

Latte628_01.jpg

※少々不満顔


その日もとにかくラテをいつもの公園に連れて行こうと家を出た。そし交差点の一郭の歩道を進んでいたとき、電線のようなものが路面に落ちているのに気がついた。
もしこれが電線であれば非常に危険である。土曜日なので通学の子供たちはいないがもう少し時間が経てば親子連れの散歩といったシーンが見られるから万一子供らが好奇心で触れたりすれば感電事故に繋がる可能性がある。無論被害は人間だけでなく、ラテのようなワンコたちが踏んでしまう可能性も大だ。

Latte628_02.jpg

※電柱からケーブルが落ちていた!


オトーサンは被覆されている箇所を足で動かし、路面の端に寄せつつ目視で辿ってみると確かに電柱に張られた一本が垂れ下がっていることが分かった。
さてどうするか…。このまま通り過ぎようとも思ったが、この道は旧知の子供たちが通る道だし発見者の義務だからと東京電力に知らせようと思った。

Latte628_06.jpg

※寝顔が可愛い(笑)


それにはまずもう少ししっかりと状況を把握しなければならないと携帯しているデジカメで数枚の写真を撮ったが、どうやら送電線ではなく光ケーブルではないかと思った。
しかし自慢ではないがその辺の知識はないし素人が思い込みで判断してはまずい。もし光ケーブルであっても感電はしないものの目に近づけたりすればこれまた大きなトラブルになるに違いない。

ラテのリードを短く保持し、iPhoneから東京電力の電話すべき箇所を検索するが、ラテは早く進みたいとリードを引くし実に落ち着かない。
やっとそれらしい電話番号を調べて電話をした。
電話口の人に状況を話し、求められるままに住所やこちらの電話番号を知らせた。

Latte628_05.jpg

※公園でお馴染みのAちゃから水を飲ませてもらう


オトーサンの役目はこれで終わったと安堵してラテとの散歩を終わり腰を落ち着かせた頃、東京電力から電話が入った。
「より状況の判断をしたいので落ちているケーブルの写真を撮って送って貰えないか」という依頼だった。
しかし通報者とはいえあらためて写真を撮ってきてくれとはいかにも甘え過ぎではないだろうか。確かに事故車を差し向けるのにもしっかりとした判断をしなければ対応が難しいことは素人にも想像できる。事実写真は撮ってあるので快諾したが、もし撮ってなければあらためて現場に出向けということ話しのようだ…。

しばらくするとSNSで先方のメルアドが送られてきたので適当なサイズにした写真二枚を添付して送信した。またまた暫くすると二度目の電話が…。
それによれば断線していたのは送電線ではなくやはり光ケーブルとのことだったが、となればNTTの管轄だからNTTに電話をし直してくれないかという。

Latte628_04b.jpg

※大好きなAちゃんのオカーサンと一緒だと表情が違う


馬鹿を言っちゃあ困る。東京電力の銘がある電柱の設備の上には確かにNTTや他の企業のロゴなどが相乗りしていたが、こちらは素人なので切断されたケーブルがなんなのかなど分からない。であるなら最悪の事故を防ぐためにも発見者はいたずらに触ったりせずまずは東京電力に電話するというのがセオリーではないか。

写真を送ってくれだのNTTのケーブルだと判明したからそちらにかけ直してくれだのあまりに怠惰な対応に腹が立ってきたので、現時点で貴方が一番専門家の立場で状況をよく知ったのだだからそちらから一番良い方法で安全を確保してくれと言って電話を切った。

さて、あっという間に時間は過ぎて夕方の散歩時間となった。オトーサンはラテを連れてまたまたその道を通るべく向かったが遠目にも工事車両が止まり工事中であることは明白だった。その工事車両にはNTTのロゴがあったから間違いなく朝発見した光ケーブルの修復だと思われるが、通報から8時間も過ぎているわけで緊急度が低いのかも知れないが随分と悠長な…と思って通り過ぎた。

Latte628_03.jpg

※工事車両が立ち働いていた


しかし興味本位でしばし眺めてみるとクレーンに乗った工事担当者はもとよりだが、車道に車を止めていることもあり交通整理の人員も含めて5人もの人たちが立ち働いていた。
なるほど大変なのだと思いつつ、電気や通信回線はインフラでありどちらにしても支障があれば早急に復旧してもらわなければ困る。
ともあれ、送電線でなかったことを含め二次被害がなかくてよかった…。




ラテ飼育格闘日記(627)

ラテを美容室へ連れて行った。ラテにとっては相変わらずだが動物病院より嫌いらしく震えているし時に店内で緊張の余りオシッコをしてしまったりする。したがって予約時間の少し前に出て排泄を済ませてから向かうが、ラテは自宅を出たときからどこに連れて行かれるかが分かるようですでに尻尾が下がっている。


震えて抱っこして〜モードになっているラテをお店の方に渡して約2時間半、携帯のベルが鳴った。たった2時間少しなのに家の中にラテの気配がしないのはなんとも寂しい…。
勇んで美容室へ入り精算するが、お店の方に「ノミがいました」と小さなビニール袋に入ったノミを見せられる。
すでにこの美容室は12年通っているがノミが見つかったのは初めてなのでオトーサンはちょっと狼狽える(笑)。

Latte627_01.jpg

※よい顔してます


お店の方に「畳の部屋に出入りしてるのではないですか」と聞かれ「はい」と答えと部屋の駆除はもとより動物病院でノミやダニを駆除する薬を出してもらってくださいといわれる。
そういえばここ暫く、ダニ・ノミ駆除の薬を投与していなかった…。

Latte627_05.jpg

※女房の蒲団を敷こうとしたらちゃっかりその上に乗ってご休憩


早速動物病院にいくとこちらは「畳というより散歩中に飼い主が外から持ち込むケースが多いので家に入る時にはズボンの裾などをしっかりと叩くように」といわれた。
ともかく二か月分の薬を買い自宅に戻ると寝ているラテを起こして投与を開始。
ピペット型の先端を折り、皮膚が見えるように肩甲骨の間の被毛をきちんと掻き分けて薬量全部を皮膚に滴下する。

Latte627_02.jpg

※動物病院で買ってきたダニ・ノミ駆除薬剤


まあラテにとっても痛くも痒くもないので大人しくしているから難しいことはないが、2日間はシャンプーは禁止だそうである。
これを一か月経過したら再度投与すれば取り急ぎラテのダニ・ノミ駆除は終わりとなるが、問題は環境の方だ。
というわけで万一ラテが舐めても安全というスプレー型の製品と畳に針を刺して薬液を噴霧するダニアースを買ってみた。

Latte627_06.jpg

※夕方、すでに暗くなった頃にAちゃんらと遭遇


本来なら部屋全体を駆除しなければならないのだろうが我々はともかくラテがいるとどうしても腰が引ける。
それからのみ取りの櫛もこの際だからと買ってみた。
ラテは朝夕の散歩の後、四つ脚は勿論身体全体を拭いた後に十分にブラッシングをしているが、それではノミはなかなか引っかからず発見できないというから、これでブラッシングの最後にノミがいそうな襟首や耳の後ろあたりを梳いてみる習慣にしようと思う。

Latte627_03.jpg

※散歩で近隣の「ひじり館」を通ると学童たちがハンドベルの演奏をしていた。曲はクリスマスソング


まあ、ペットが云々する前に畳の部屋はもとよりダニやノミがいても不思議ではないわけだが、幸いこれまで発見できなかったしオトーサンたち人間様への被害もないので楽観視していたのが悪かったのだろう。
特にラテはアトピー持ちだし、ノミに噛まれた箇所を強く噛んではまたまた血だらけになってしまう。
ともあれ早期発見ということで良かったというべきか…。



ラテ飼育格闘日記(626)

可も無く不可も無いラテとの散歩が続いている(笑)。散歩のコースもほぼ決まっているから後はラテとオトーサンの体調そして天気を考え歩く場所と距離を決めるだけだ。したがって単調ではあるが随分と歩みも遅くなったラテとアイコンタクトして歩くのは満更でもない…。


散歩中の意思表示はもっぱらマズルでオトーサンの足の脹ら脛あたりをツンツンと突く。突く目的はオヤツを強請るとき、水が欲しい時、そして気を引きたいときと大別して三種ある。
ツンツンするのは同じだがその表情が違う。オヤツが欲しい場合はシンプルな、そして執拗なツンツンだ。また水が欲しい場合は口を舐めているので分かる。

Latte626_01.jpg

※またちょっと太った ^^;


興味深いのは気を引きたいとき、甘えたいときはいかにもという可愛い顔をする(笑)。そうした時、オトーサンはちょっと立ち止まり、ラテの頭をオトーサンの足に寄せて掌で挟むように撫でてあげる。
普段はほとんどオトーサンに甘えないラテだからそうしたコンタクトされるとオトーサンもメチャ嬉しい。

勿論散歩中のコンタクトはこうしたマズルのツンツンだけではなく大半はふと視線を感じて見るとラテがオトーサンを見上げているということの方が多い。ただしそのときのラテは総じて笑みを浮かべている感じなのでオトーサンも笑顔を向けたり時に手を振ったりする(笑)。
しかし犬好きはともかく、連れているワンコに手を振る飼い主というのも見栄えの良いものではないかも…。

Latte626_04.jpg

※笑顔でアイコンタクト


Latte626_03.jpg

※オトーサンと一緒に小走り


そう、ほとんど甘えないと言ったが自宅で唯一ボール遊びをせがむときのラテは手練手管を使って甘えた声を出す。しかしオトーサンがそう躾けてしまったのだから文句もいえないが、このボール遊びは些か前準備もいるし本気でかからないとラテも喜ばないので面倒なのだ…。
ラテは食後などのリラックスしたとき急に要求が始まる。

Latte626_06.jpg

※可愛がってくださるオカーサンにご挨拶


パソコンに向かっているオトーサンの後ろに来て甲高い声で吠え始めるのだ。
それは夜のこともあれば午前中のこともある。何しろラテの気分次第なのだから(笑)。しかしオトーサンにも都合があるし疲れているときは動きたくないので無視を決め込むこともある…。
とはいえ我が娘は執念深いというか根気があるというか簡単には諦めない。椅子の後ろに座り込み、時には腹ばいになって待つ。それも時々哀願の声を出すかと思えば文句のような吠え声、そして催促の甲高い吠え声が断続的に続く。

思わず「うるさい!」と言いながら振り向くとラテはキラキラした顔で実に可愛らしい(笑)。問題は夜遅くにこの要望が始まるとオトーサンが根負けしてボールを取りにいくまで吠えるのだ。
これを続けられては近所迷惑なので仕方なくオトーサンはボールといくばしかのオヤツを手に和室でボール遊びに付き合う事に。

Latte626_02.jpg

※散歩途中でお馴染みの柴ワンコ二匹と出会う。遊ぶことはしないがラテもこのワンコたちには吠えない


しかし不思議というか、それほど好きなボール遊びだが一日に二回要求することはない…。別に1日1回と教えたわけでもないがその点はどういうわけか道理を分かっているのか、例えば午前中にボール遊びをしてかつまた夜に…という例はないのだ。
面白いがそうした習慣をわざわざオトーサンが壊す必要もないのでそのままにしているの…。
このボール遊び、実に面倒ではあるがオトーサンにしか要求しない遊びでもあり、ラテとの大切なコミュニケーションになっているし動体視力のチェックにも最適なのである。



ラテ飼育格闘日記(625)

すでに朝は涼しいというより寒いと感じるような季節になってきた。したがって気温の高い夏よりラテは体調が良いようで興が乗れば小一時間は喜んで歩く。しかしそこは歳なのかあるいは幼犬ほどの興味が無くなっているのか歩みが鈍いし時にエンストして止まってしまう。


長い距離を歩いたから一休み…というのなら分かるがものの10分も歩いていないのに路面などに腹ばいになって動かなくなる。
多分気になるワンコやニャンコでも通れば別だが、オトーサンがこのまま放置しているなら30分でも一時間でもそのままでいるような気がする。

Latte625_01.jpg

※相変わらず休憩モードが長い


それでは散歩にならないし人間さまにもいろいろとスケジュールもあるわけで、暫くはラテの気持ちを考えそのままにさせているものの途中でリードを引いて強制撤去をせざるを得ない。
特に腹ばいになってご休憩となるラテお気に入りの場所もある。極近所でいうならファッションセンターしまむらの店頭だ。

Latte625_04.jpg

※ファッションセンターしまむらのエントランスでラテとオトーサンの攻防戦が


ショーウィンドウの前に石造りのエントランスエリアがあるが、そこに座ったり腹ばいになるのが好きなようだ。
その店舗の前を通ると必ずと言ってよいほど実行するセレモニーがある(笑)。
ひとつは設置してある自動販売機でペットボトルの飲料水を買いオトーサンが半分のみ、後の半分をラテに飲ますことをやる。

Latte625_06.jpg

※しまむら設置の自動販売機は飲み物オール100円なのが嬉しい


なにしろ水は携帯しているもののラテは自動販売機に近づきオトーサンの足をマズルでツンツンと突いて「この水飲みたい」と催促するのだから。さらにいうならボルヴィックの500mlボトルがこの自動販売機なら100円なので他の自動販売機より格安なのもオトーサンのお気に入りだ。

水を飲み終えるとラテは明るい店内に入りたいのだろうか、それとも近づくと開く自動ドアが面白いのか自動ドアに近づいてドアが開くのを楽しんでいるように思える。
無論ワンコは店内に入れないのでドアが開くとそのままリードを引いて退散するが、その直後に前記した石造りのエントランスで一休みとなる。

Latte625_02.jpg

※大好きなファミリーのオカーサンと


店頭で一休みというと邪魔のようだが、このエントランスはまずまず広いし人の行き来も多くないからオトーサンは様子を見てしばしラテの気が済むようにとそのままにさせてみる。また幸いラテは自分が大切にしている場所で粗相はしないのでエントランスを汚す心配も無い。
問題は逆にお気に入りの場所でもあり車や自転車が通過する場所ではないのでラテの思い通りにさせておくとご休憩は長時間になる。

Latte625_03.jpg

※夕方の散歩に出たらちょうどAちゃんたちが学校から帰ってきたところに出くわした


そこで10分ほど経過したらオトーサンはリードを引くがラテは頑として動こうとはいない。
「おい、ラテ。しばし自由にさせたのだから帰るぞ」と説得するもラテはキラキラした眼で「まだここにいたい」と訴える。しかし最近は日の入りも早くなってきたから当たりは薄暗くなってくるしいつまでもここにいる訳にもいかない。

ふと腹ばいになっているラテの視線を追うと、店内でブラインドを上げようと窓際に近づいた店員さんがオトーサンとラテとの攻防戦を見ていたようで笑っている…。

Latte625_05.jpg

※ラテとの攻防戦を見たらしく、ファッションセンターしまむらの店員さんが笑ってた


ラテはともかく、リードを引き、色々とラテを説得していたところを見られたのだとすればオトーサンとしては些か恥ずかしい(笑)。
店員さんに会釈をしたオトーサンはラテをエントランスから強引に引き剥がして帰路を急いだ。





広告
ブログ内検索
Related websites
Macの達人 無料公開
[小説]未来を垣間見た男 - スティーブ・ジョブズ公開
オリジナル時代小説「首巻き春貞」一巻から十二巻まで全公開
ジョブズ学入門
ラテ飼育格闘日記
最新記事
お勧めの新旧記事
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

appletechlab

Author:appletechlab

主宰は松田純一。1989年Macのソフトウェア開発専門のコーシングラフィックシステムズ社設立、代表取締役就任 (2003年解散)。1999年Apple WWDC(世界開発者会議)で日本のデベロッパー初のApple Design Award/Best Apple Technology Adoption (最優秀技術賞) 受賞。

2000年2月第10回MACWORLD EXPO/TOKYOにおいて長年業界に対する貢献度を高く評価され、主催者からMac Fan MVP’99特別賞を授与される。著書多数。音楽、美術、写真、読書を好み、Macと愛犬三昧の毎日。マネキン造形研究中。2017年6月3日、時代小説「首巻き春貞 - 小石川養生所始末」を上梓(電子出版)。続けて2017年7月1日「小説・未来を垣間見た男 スティーブ・ジョブズ」を電子書籍で公開。ゆうMUG会員