Apple、欧州のデータセンターに17億ユーロを投資

Apple Japanは2015年2月24日、米国報道発表資料抄訳としてAppleが欧州に2つのデータセンターを建設・運用する17億ユーロ規模の計画を発表した。それぞれのセンターの電力供給は、いずれも100パーセント再生可能エネルギーでまかなわれるという。


ApplePressInfo20150225.jpg

施設はアイルランドのゴールウェイ州、デンマークのユトランド半島の中央部に置かれ、欧州全域の顧客に提供されるiTunes Store、App Store、iMessage、マップ、Siriを含むAppleのオンラインサービスを運用する予定という。

2つのデータセンターはどちらも166,000平方メートル規模で、2017年の操業開始を予定しているが、地域コミュニティに付加的な恩恵をもたらす設計にもなっている。アイルランドのアーセンリー地区におけるプロジェクトでは、Appleは以前に原生以外の樹木の育成と伐採に使われた土地を回復させ、原生の樹木を育ててDerrydonnell Forestを復旧することを予定している。このプロジェクトはまた、地元の学校に野外教育のスペースを、地域コミュニティには遊歩道を提供する。

またAppleは、デンマークのヴィボー地区でデンマーク最大の変電所のひとつに隣接する形でデータセンターを設置することにより、発電機を追加する必要性を省いている。この施設はまた、施設内部の設備から生じる余熱をとらえ、それを引き回して地区の暖房システムに渡すことで、近隣コミュニティの家庭を暖めるように設計されている。

Apple Press Info



関連記事
メイン広告
ネットショップ先行販売
ブログ内検索
New web site
[小説]未来を垣間見たカリスマ  スティーブ・ジョブズ
ジョブズ学入門
WATCH 講座
大塚国際美術館ひとり旅
ラテ飼育格闘日記
最新記事
お勧めの新旧記事
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

appletechlab

Author:appletechlab

主宰は松田純一。1989年Macのソフトウェア開発専門のコーシングラフィックシステムズ社設立、代表取締役就任 (2003年解散)。1999年Apple WWDC(世界開発者会議)で日本のデベロッパー初のApple Design Award/Best Apple Technology Adoption (最優秀技術賞) 受賞。

2000年2月第10回MACWORLD EXPO/TOKYOにおいて長年業界に対する貢献度を高く評価され、主催者からMac Fan MVP’99特別賞を授与される。著書多数。音楽、美術、写真、読書を好み、Macと愛犬三昧の毎日。マネキン造形研究中。日本シャーロック・ホームズクラブ会員。日本リュート協会会員。ゆうMUG会員