Spigen、アルミ製Apple Watch充電用スタンド レポート

Apple Watchで一番心配したバッテリーの持ちも通常使用なら丸一日以上持つことが分かり、安心して使っているが、現実問題として毎日寝る際には充電を忘れないように心がけている。充電は申し上げるまでもなく付属のApple Watchマグネット式充電ケーブルがあれば済む理屈だが、使い勝手を考えれば何らかの充電スタンドはあった方がよい…。


さてすでにいくつかApple Watch用のアクセサリが登場しているが、充電用スタンドもそうした中のひとつだ。材質やデザインもまちまちだが、最初に入手できたSpigen製のApple Watch充電用スタンドについてレポートしてみたい。

SpigenAWS_01.jpg

※Spigen、アルミ製Apple Watch充電用スタンド S330 パッケージ


SpigenのApple Watch Stand S330はアルミニウム製のミニマルなデザインが特長だ。まあ…そもそもこの種の製品に過度な装飾やらは不要なのでこのシンプルさは好感が持てる。

スタンドの高さは約10センチほどで、Apple Watchを置く部位は45度の角度を持っている。無論それは充電中でもApple Watchが置かれた場所で見やすいことを考慮に入れた仕様だ。スタンドの足の裏側には滑り止めもあるのでベッドサイドなどに置いたまま軽くタップする…といったことは可能だろう。

SpigenAWS_02.jpg

※スタンドのベース材質はアルミ製だ


使い方もApple Watch用の純正マグネット式充電ケーブルをスタンド上部の黒い樹脂製の穴に下からはめ込むだけだ。無論マグネット面を上にすること、そしてApple Watchを乗せる訳だからして穴のフチとマグネット式充電ケーブルの円形フチを同じ高さにするよう注意をするだけだ。

SpigenAWS_08.jpg

※スタンドの下側から取り付けたマグネット式充電ケーブルの円形部分を覗く...


またケーブル自体はスタンド本体の溝へ通すことでApple Watchを装着しやすくなる。Apple Watchはクラスブを巻いた状態でも開いた状態でもスタンドに乗せることが容易だ。そしてApple Watchが乗る部分は樹脂製だからして傷がつくこともない…。念のため申し添えればマグネット式充電ケーブルは当然別売だ。

SpigenAWS_06.jpg

SpigenAWS_07.jpg

※Apple Watchはクラスブを巻いた状態でも開いた状態でもスタンドに乗せることができる


早速愛用のApple Watch SPORTを乗せてみたが、マグネットのおかげでしっかりと保持されずり落ちる心配もないしぐらつくこともない。また私のApple Watchはアルミ製のケースということもあってこのミニマルな充電スタンドの材質ととてもマッチングする。勿論38mm/42mmの双方で問題なく使える。
Spigen、Apple Watch充電用スタンドは安価ながら必要十分な製品だといえよう。





関連記事
メイン広告
ネットショップ先行販売
ブログ内検索
New web site
[小説]未来を垣間見たカリスマ  スティーブ・ジョブズ
ジョブズ学入門
WATCH 講座
大塚国際美術館ひとり旅
ラテ飼育格闘日記
最新記事
お勧めの新旧記事
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

appletechlab

Author:appletechlab

主宰は松田純一。1989年Macのソフトウェア開発専門のコーシングラフィックシステムズ社設立、代表取締役就任 (2003年解散)。1999年Apple WWDC(世界開発者会議)で日本のデベロッパー初のApple Design Award/Best Apple Technology Adoption (最優秀技術賞) 受賞。

2000年2月第10回MACWORLD EXPO/TOKYOにおいて長年業界に対する貢献度を高く評価され、主催者からMac Fan MVP’99特別賞を授与される。著書多数。音楽、美術、写真、読書を好み、Macと愛犬三昧の毎日。マネキン造形研究中。日本シャーロック・ホームズクラブ会員。日本リュート協会会員。ゆうMUG会員