Apple第1四半期の業績を発表

Appleは本日、2020年12月26日を末日とする2021年度第1四半期の業績を発表しました。当四半期の売上高は1,114億ドルと、前年同期と比べて21%増大し過去最高に、当四半期の希薄化後の1株当たり利益は1.68ドルと、35%の増大となりました。当四半期の米国市場以外の売上比率は64%でした。


ApplefinancialResultsQ12021.jpg

Appleの取締役会は、同社の普通株式1株当たり0.205ドルの現金による配当を宣言しました。配当金は2021年2月8日の市場取引終了時点で株主名簿に記載されている株主を対象に、2021年2月11日に支払われます。
なおAppleは、2021年度第1四半期業績発表のカンファレンスコールのライブストリーミングを、2021年1月27日14時00分(米国西部時間)より、Appleのウェブサイト(apple.com/investor/earnings-call)で配信します。このウェブキャストは、配信開始後約2週間にわたり再生が可能です。

Newsroom



関連記事
広告
ブログ内検索
Macの達人 無料公開
[小説]未来を垣間見た男 - スティーブ・ジョブズ公開
GUI を再発明する: ポスト・ウィンドウ・インターフェイス序論
オリジナル時代小説「首巻き春貞」一巻から外伝まで全完無料公開
ラテ飼育格闘日記
最新記事
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

appletechlab

Author:appletechlab

主宰は松田純一。1989年Macのソフトウェア開発専門のコーシングラフィックシステムズ社設立、代表取締役就任 (2003年解散)。1999年Apple WWDC(世界開発者会議)で日本のデベロッパー初のApple Design Award/Best Apple Technology Adoption (最優秀技術賞) 受賞。

2000年2月第10回MACWORLD EXPO/TOKYOにおいて長年業界に対する貢献度を高く評価され、主催者からMac Fan MVP’99特別賞を授与される。著書多数。音楽、美術、写真、読書を好み、Macと愛犬三昧の毎日。マネキン造形研究中。2017年6月3日、時代小説「首巻き春貞 - 小石川養生所始末」を上梓(電子出版)。続けて2017年7月1日「小説・未来を垣間見た男 スティーブ・ジョブズ」を電子書籍で公開。
2018年春から3Dプリンターを複数台活用中。ゆうMUG会員