ラテ飼育格闘日記(690)

相変わらず劇寒の朝夕の散歩は欠かせないのでオトーサンは完全防寒対策をして出かけるが、それだけに室内も劇寒の外も一張羅の毛皮だけのラテは大丈夫か…などと気になってしまう。しかしお陰様でラテは散歩に出るのを楽しみにしているし寒そうな素振りは微塵も見せない。


特に朝の散歩は早い時刻に出ることが多いので寒さはひとしおだ。ただしオトーサンは頭にはキャップを被り耳当て、そしてネックウォーマーと手袋は欠かせない。しかし手袋はラテの排泄の始末やら細かなことをしなければならないからと指だけ出ているタイプのものを使っている。

Latte690_01.jpg

※ラテは劇寒もなんのその!


そして小型USB充電型アンカをダウンジャケットのポケットに入れておく。指が出ているだけに劇寒の日はリードを持つ指が痛くなり、次第に感覚が無くなっていく…。それをアンカで温めながら歩くわけだがオトーサンの一番の武器は何度もご紹介している通り、ヒートベストとヒートパンツ(ズボン)である。

Latte690_03.jpg

※白梅が綺麗


ヒートベストは一般のモバイルバッテリーを使うがパンツの方は専用のバッテリーなので双方ともにフル充電を忘れないようにしなければならない。
ヒートベストは今年新たに購入した製品で、首の後ろ回りも温めてくれるタイプのものだが実に具合がよい。シャツの上にこのヒートベストを着てネックウォーマーをした上でダウンジャケットを着る。これで体の背中や腰と腹回りはもとより、首もネックウォーマーのおかげでヒートベストの熱が逃げずに常に首周りも温かい。

Latte690_05.jpg

※大好きなご近所のオカーサンにペロリ


したがって劇寒の中でも足腰などが寒いということはないが、両手指と顔は冷気に触れているだけに寒い…。
それなら寒さの中でも散歩も苦にならないだろうと言われるかも知れないが、そうは問屋が卸さない(笑)。散歩といっても静かにもくもくと歩くだけではないからだ。リードを引かなければならないことも頻繁だしオヤツの催促ならまだしも水を飲ませたり、排泄の後始末をしなければならない。

Latte690_02.jpg

※さて、いざ出陣


とくにこの季節は水飲みが辛い…。水は春夏秋冬冷蔵庫に入れてあるものを専用のペットボトルに移し替えて散歩用バッグに入れる。理屈は真冬に冷蔵庫の水は必要ないかも知れないが、浄水器を通して溜めてあるこの水は人間ならずともラテも美味しいと感じるようで、水道水そのままの水より好んで飲むからだ。

ものの本に寄れば冷たい水は胃腸に良くないとも言われるようだがラテはたまたま冷たい水を好んだためにそれが現在でも続いている。無論夏場は冷やした水でなければ飲まない(笑)。
ともあれこの劇寒の中、散歩中にオトーサンの足をマズルでツンツンするから振り向くと自分の口元を舐めているときは「水が飲みたい」という意思表示なのだ。

Latte690_04.jpg

※劇寒の中、ラテに水を飲ますのはなかなか辛い…


オトーサンは安全な場所を見極め、バッグからボトルを取りだしカップ兼用の蓋を取り外し、そこに水を満たしてラテの鼻先に差し出すということになる。どうという事ではないはずだが、この季節だけは結構辛い作業になる。
なぜならボトル自体が冷えているだけでなく外はマイナスの気温の中、指が出ている左手でボトルを保持して右手でカップ型の容器を持つわけだが、ラテは容赦なく水を飲みながらオトーサンの手に水を跳ね飛ばす。

問題は十数秒で飲み終えるのならまだしも、ラテが満足するまで飲ませようとすると結構な時間が掛かるのだ。十数秒ペチャペチャやっては小休止…。ただし飲み終えたわけではなく小休止である(笑)。万一ここでボトルをしまい込むとまた足をツンツンとくる。
よい季節ならゆっくりと思い通りに飲ませてやりたいが、くどいようだが外気温はマイナス。その中に冷たい水の容器を保持するだけでなく手に冷水をかけられるのだからこれは辛い。

Latte690_06.jpg

※子供には寛容なラテだが、しつこいと「お手っ!」も無視(笑)


ただしそれを我慢しつつラテが満足すれば、カップを持っているオトーサンの指を最後にペロリとやってくれる。これは多分に「サンキュー」の意思表示だと思っているが、ここでやっとボトルをバッグにしまうことになる。一二度時間を計ってみたが5分は過ぎていた。
それもこの時期、空気が乾燥しているからか小一時間の散歩中に二度も水を要求されるときもあり、とぼけようかとも思いつつも仕方なくオトーサンは腰を屈める毎日なのでした。




関連記事
広告
ブログ内検索
Macの達人 無料公開
[小説]未来を垣間見た男 - スティーブ・ジョブズ公開
オリジナル時代小説「首巻き春貞」一巻から外伝まで全完公開
ラテ飼育格闘日記
最新記事
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

appletechlab

Author:appletechlab

主宰は松田純一。1989年Macのソフトウェア開発専門のコーシングラフィックシステムズ社設立、代表取締役就任 (2003年解散)。1999年Apple WWDC(世界開発者会議)で日本のデベロッパー初のApple Design Award/Best Apple Technology Adoption (最優秀技術賞) 受賞。

2000年2月第10回MACWORLD EXPO/TOKYOにおいて長年業界に対する貢献度を高く評価され、主催者からMac Fan MVP’99特別賞を授与される。著書多数。音楽、美術、写真、読書を好み、Macと愛犬三昧の毎日。マネキン造形研究中。2017年6月3日、時代小説「首巻き春貞 - 小石川養生所始末」を上梓(電子出版)。続けて2017年7月1日「小説・未来を垣間見た男 スティーブ・ジョブズ」を電子書籍で公開。
2018年春から3Dプリンターを複数台活用中。ゆうMUG会員